カーセックス初体験!ドッキドキの車内恋愛!

今回は、出会い系で知りあった、みなみゆきちゃんとラブラブデート気分を味わえちゃいます。ゆきちゃんと車で合流して、ドライブデート開始!!最初は楽しくドライブを楽しんでいたら、可愛いすぎる、ゆきちゃんに興奮してしまい車を止めて、ゆきちゃんの身体を弄繰り回しちゃいます。おまんこをグチョグチョに濡らして感じまくる、ゆきちゃんにフェラチオしてもらい大きくなったチンコを狭い車の中で挿入して、激しくガンガン突きまくちゃいます。しかも、最後は中出しフィニッシュ!!初めてのカーセックスに大満足なゆきちゃんのイキっぷりをご覧下さい!!
動画:カーセックス初体験!ドッキドキの車内恋愛!

いや、その前に、ダメと言って拒んできた、その先までいじり倒して、汚れを知らぬ唇に、イクっと言わせるのもいいかと、心の中で舌なめずりする処女の婚約者相手に、要求できるはずもないこと本当は、アダルトビデオで培った光太郎なりの趣味はあるが、くらい知っている。
浴衣の帯に手をかける。
ゆっくりと、光太郎は、緊張の瞬間だあ、手のひらをあてて、「あの、ちょっとだけ、あの、待って、え、あの、お、お待ちください」
光太郎の手を拒んだのだ。
真菜は、急に丁寧な言葉になりながら、「え、え、え、」
光太郎は、意外な抵抗に仰天するまだ、ダメなの?しかし、それは光太郎の誤解だった。
真菜としては、この旅行を承知してからずっと悩んできたことがあるのだ。
今だって、本当は光太郎を待って布団に入っていたのではない。
親に嘘をついての旅行ではそれもできない。
誰に相談することもできないま本来なら母親に聞くべきだろうが、ま今日を迎えてしまった。
恥ずかしくて布団に隠れていた、というのどうするべきか悩んだ末に、が正解だったのだ。
とうとう光太郎の顔も見られなくなり、しかし、こと、ここに至っては、もはや、どうすることもできない。
こうなれば、夫となる相手に相談するしかない夫婦の悩みは、きちんと夫に相談しなさいからの母の教えだったのだ。
「ちょ、ちょっと、あの、お待ちに、あの、なって、あの、く、ください」
そんなぁと言うのは日ごろ光太郎は、この期に及んで、また、ダメと言われるのかと驚いてしまった。ここまで拒み続けられたのは、真菜が魅力的なだけに、それなりに悪夢のようなものだったのだ。
「あの、えっと、こういう時って、ふつつかですがって、ご挨拶をした方が良いんでしょうか?でも、まだ結婚前だし…でも、あの、これから、妻としての…だし…」
真菜としてはいたって真面目な悩みだったのだが、もちろん光太郎はあっけにとられるしかない。
まさかと思うが、挨拶をするしないで、しかも、大時代がかった、こんなセリフを言うか、悩むなんて。
真菜の「お嬢」ぶりには慣れてるはずが、やっぱりあきれるしかない。
それをずっと悩んでたの?
ね、ひょっとして、「はい」
コクリと頷く真菜の瞳は真剣だ。
なにしろ、真菜は真菜なりに、光太郎を好きだからこそ、ずっと悩んでいたのだ。
嫁として挨拶もできない女を光太郎がどう思うだろうか。しかし、結婚前に、そんな挨拶をするのはおかしくはハシタナイ女と思われていないだろうかこうやって布団の中で夫を待つなんて、思い切って切り出したのに、ないか。
いや、そもそも、光太郎はそれ以上、真菜なりに真剣に悩んだ末に、
真菜愛してるよ何も言ってくれない
光太郎がしゃにむに抱きしめてくる抱きしめてくれる腕に力が込められたから、きっとこのままでいいと言うことだろうと、思うしかなかった。

確かに、守り刀のないところでご挨拶しても、しきたり通りにならないし嫁として受け止められなかったら相手の喉を突いてから自害せよ。
まさか、そんな古いしきたりを真菜に本気で教えた人間はいないが、真菜の祖母までは、そう言って実家から送り出されたのも本当だだから、蔵の中には、祖母と母の名が入った短刀があるのを真菜は教えてもらったことがあるし、日に備えて、真菜の短刀もちゃんと用意されていることを、ずいぶん前に知っていたのだ。
いつか、そのそういう物騒なしきたりなど知るはずもない、光太郎は驚きもしたり、愛しくも鳴っている。
ただ、恥ずかしそうに胸に顔を埋める真菜を抱きしめながら、どうやら、どこまでもテンポが違うらしい女と結婚することに少々不安を感じたということでもある。
いささか古風なテンポのズレも可愛い部分に思しかし、真菜の身体を抱きしめてしまえば、えてしまうのも当然だ。
そんな不安よりも、古来、これが「あばたもえくぼ」というものなのか。
うやむやのうちに、初めてのヌードを拝み、可愛らしい声で啼かせた後、いよいよ真菜の処女地に挿入する緊張に震える真菜の長い脚は、破瓜の恐怖におびえつつも、光太郎の言うとおりに広がった。
怖さよりも、夫に従わなければならないという真菜の意志が、羞恥と恐怖を克服したのだろう。
ヌルヌルになった秘唇に、光太郎はこれ以上ないほど硬く勃起した怒張をゆっくりと押し当てる。
「行くよ。
真菜」
一度光太郎の目を見つめてから頷くと、ゆっくりと目を閉じる。
しっかりと見つめ返した真菜は、ヌルッと怒張がめり込んでいく。
「んっ」
痛みに歪み真菜の顔可愛いあれ、あ、でも、あれ、なんで、え?どうして?あれ?え、そ、そんな怒張を包む感触がちっとも実感できないのだ。
おかしいなあ。そんなはずはないんだが焦るほどに、怒張から力がみるみる失われていく。
どうしよう。
「ゴメン。
なんだか、おかしいんだよ。
なんか、感触が分からなくて」
優しい表情の真菜は、パッチリとした黒目がちの目を開けると、般若に変わったのだ。
「あなた!あんなヘンなものを見ているからこうなるのよ!
一瞬、怪訝な表情を浮かべてから、次の瞬間普段、これ以上ないほど優しげな分だけ、めっぽう美しいが、コワイ。
真菜の怒ったときの顔は、ごめんなさい夜叉のように、まるで、しかられた子どものようにヒラ謝りするしかない。

初めてのAV!(ホテル編)

ロリフェイスの可愛いあすかちゃん、公園での野外を終えて、ホテルにやってきました。そして、あすかちゃんに全裸になってもらい、いやらしいオナニーを披露してもらいます。のローターを使い激しく感じまくる、あすかちゃんのおまんこはすでにビショビショに濡れちゃいます。そして、お風呂でフェラチオしてもらい、ベッドに戻り、おまんこを指マンで濡らしお返しのフェラチオでギンギンになったチンコをおまんこに挿入して、激しく突きまくり最後は、あすかちゃんの可愛いお顔に精子をぶっかけフィニッシュ!!
動画:初めてのAV!(ホテル編)

燃え上がった。
ごめん、ごめん、ごめん真菜の目が、きりりとつり上がり、何とか逃れようと身体が動いたのかもしれない、ガクッと頭が窓にぶつかって、光太郎は、いきなり目を覚まし新幹線の見慣れた景色隣席のサラリーマンと目が合ってしまった。
どうやら、うなされていたのかも知れない。
ホッとするやら、どうせなら、処女膜を破る瞬間まで夢に出てくればと残念がるやら、恥ずかしいやらで、ぬるくなった缶コーヒーをぱちりと開けた瞬間だった。
しまった!」
大失態に気がついたのだ。
話は昨日にさかのぼる。
このところ、もうすぐ学芸会があるだとかで真菜の帰る時間が次第に遅くなってきた。
今日などは、もうすぐ光太郎が自宅に着こうかという時に、メールが入って、先に自分で何か作って食べてくれ
と言う。
夫を愛していて、古風なしつけを受けた真菜は、一面で、仕事に夢中になってしまうクセもある。
太郎のことが第一だったが、子どものことになると夢中になってしまうのだ。
普通なら、光結婚7年目ともなると光太郎も、そんな妻のことがわかっている。
あいつは、こうなってくると、夢中だからなあ苦笑いを浮かべながら、クルリときびすを返した。
今なら、駅前のスーパーで何か惣菜が買えるだろう
どうせ、仕事にかかりっきりになった時に何を言っても無駄なのだ。
それなら、こういう時は大人しくして、恩を売っておくに限る。
あまり酒も飲めない光太郎は、こんな時に、ちょっと飲み屋にとは思わない。
買って、サッカーでも見ながら、缶ビールを空ける程度だ。
せいぜいが、出来合いの惣菜でもそれに、実は明日、久々に泊まりの出張ということで、早めに帰ったのだ。
緊急の仕事でもないので、普段の仕事から逃れられる分、少しだけうれしかったりする。
こうなると「にわか独の晩に何をしようかとワクワクしてしまう。
ワクワク気分のついでに、いつもの道を少しだけ離れ、身」
小さな裏通りを寄り道すれば、ふとビデオ屋の看板が目に入ってしまったりもする。
こんなところにあったっけ普段なら、気にも留めない店だ。
「ビデオかぁ。そう言えば、だいぶ見てないな」
もちろん、光太郎も学生時代に、それなりにコレクションも持っていたが、かった時を考えると、新居に持っては来られなかった。
ちょっと覗いてみるだけなら、いいよな古風で、真面目な結婚相手に見つ誰に言い訳するのでもなく、やかし半分に入ってみる独り言を言うのは、実は妻が怖いからなのかもしれないが、つい懐かしくなって冷光太郎にとっては小さな冒険だ

「いらっしゃい」
やる気のなさそうな、オヤジがいるだけの店に、かえって、リラックスできた。
こうでないとな。だいたい、なんで、レンタル屋はバイトに女の子を使うんだよ実は、光太郎の「趣味」は、研究し尽くしたあげくに、ちょっと守備範囲が偏っていたりするだから、とてもじゃないが、大学生か高校生かと思うバイトの子がいるような大手のビデオ屋でアダルト物を買ったり、借りたりする気になれないのだ。
かといって、買ってしまえば、すぐに捨てるのも惜しいが、真菜に見つかるのもヤバイ。
買うつもりなんて無い「へぇ、だいぶ、お値段もお安くなりましたね、と。おっと、最近はDVDばかりか」
もちろん、今日だって、明日から、遠出ということで、いささかウキウキしているところに、妻からから、ムリヤリ気分を変えたため、逆に妙に浮かれた気分になっていた。
帰るのは遅くなる
というメールだから、ついつい、久々に、3本セットで買ってしまった。
そういえば、真菜としたのは、先月だったっけ決して、セックスレスでも欲望がないわけでもないが、妻は、早く帰る分だけ仕事を持ち帰ってくる。
せっかく「さあ、今日は」と密かに思っていると、光太郎の欲望に気がつかない。
真面目だが、いささか、そう言うところが鈍い真菜は「運動会の振り付けは」などと始めてしまういくらなんでも「ネズミの国」の踊りを真面目な顔して、ああでもない、こうでもないと始めてしまった妻に色気を感じろと言うのは無理な話だ。
というわけで、酔いも手伝って、3本のDVDを見ながら、久しぶりのそのまま、寝てしまったのだ。
「自家発電」
をすほすと、食事のついでに飲んだビールの平和で、なんだか満ち足りた眠りだった。
光太郎が目を覚ますと、いつもの通り出張の泊まり支度がすっかりできあがっていた。
その上、なにかとひとつずつのやりとりが妙に優しい。
きっと、光太郎が目醒めるずっと前に起きていたのだろう。
妻は夫の仕事に口を出さない。
普段のブこれが真菜の受けた躾だから、もちろん、仕事用の墡類その他は、まったく手を触れてない。
リーフケースから移しておいてくれるだろうが、真菜自身が勝手に手を触れることはない頼めば、この辺は、さすがに旧家の娘と思えるところだ。
それに、普段だって、どんなに忙しくても夫に朝食だけは食べさせるのが信念の真菜は、朝にしては、いつもけっこう手間をかけたものになっている。
この後の出張にばかり気を取られてしまったのだあわただしく二人で朝食を食べながら、光太郎はついつい、かくして、光太郎は、夢から覚めたその手が震えている。
DVD、あのままだ…
久々に買ったDVDは、自分のミニ書斎にでも隠しておこうと思っていたのに、直感で買ったにしてはなかなかに掘り出し物で気に入ったのだ。
妻に見つからないよう、すっかり忘れていた。
しっかりと、パッケージごと、ブレーヤーの上に置きっぱなしだった。
もちろん、妻に知られれば、ただではすまないに決まってる。
あの真面目な性格にくわえて、躾に厳しいお嬢様育ちだ。眉をひそめるだけなんて程度ではすまないだろう。
ほっそりした外見と大人しそうで整った顔立ちから

Debut Vol.9

ロシア系のクォーター、小さな顔にスラリと伸びた長い手脚、爽やかな甘い笑顔が魅力の安城アンナちゃんがカリビアンコム初登場。彼の為に裸エプロン姿で夕食の準備をするアンナちゃん。「もう少しで準備ができるからね。」と準備が遅くれていることを彼に告げると裸エプロン姿に欲情した男はアンナちゃんを夕食代わりに試食。テーブルの上でM時開脚で座らせマンコを貪る男。締まり心地よさそうなマンコを刺激。後ろ向きにエプロンからはみ出す小ぶりながら形のいいお尻。男のコスプレ願望ナンバーワン、裸エプロン姿の安城アンナちゃん。元セクシーアイドルグループとして某テレビ局の人気番組出演経験のある美女も今やマンコの膣奥までバッチリ見せてくれちゃいます!
動画:Debut Vol.9

「お人形さんみたい」という評判に騙されてはいけない!
度怒れば、体育館中の悪ガキどもが一瞬で凍り付くという声の持ち主でもあるのだ。
その声が、光太郎をつんざくに決まっている。
逃げ出させたのださっき、夢に出てきた真菜の顔は、それだけで、光太郎を夢から夫婦ゲンカの時でも、光太郎が悪いときは、小学生のように叱りつけてくるのが真菜の悪いクセだった。
怒るときは、確かに光太郎が悪いことが多いので反論もできない真菜がそれにしたって、真菜が小さいときから厳しい躾をされているのは、夫の立場からすれば痛し痒しだった。
身の回りのことに関しては満点だ。
料理だって本格的に習ってたから、家庭料理からここぞという時の一品料理まで、何でもうまい。真菜が作ったまずいものなんて記憶にないほどだ。
もし、真菜がこの先仕事を辞めて家庭に専念したら、その辺のカリスマ主婦なんてもんじゃないだろうと、郎はいささか身びいきしてコーフン気味に思ってしまうのだ。
光太しかし、こと「身の下」のことになると…大学時代、光太郎の部屋に初めてやって来た時も、わざわざ扉を15センチほど開けたままにした。
母から、そうするように申しつかりましたのでまったく悪びれずに、きょとんする、その顔。
もちろん、手土産は、お手製のパイをなにやら由緒ありげな風呂敷から、すっと取り出されるって光景が展開されるわけだ肩を包み込むような、さらさらストレートヘアのロングヘアをたなびかせて頭をかしげながら、クリクリとよく動く子どものような瞳の中に、光まで湛えて見つめられると光太郎は自分がまるで酷く汚れているかのような錯覚を起こす真菜はあくまで、真面目で素直な瞳を持った、育ちの良さが浮き出てくるような顔立ちなのだファッションだって、決してブランドを見せびらかすような着こなしをしないが、着ている一つ一つがしっかりしているものだと、光太郎にすらわかる。
たとえば、傘一つにしても、ビニール傘どころか、スーパーの安売り品ですら遠い世界だ。
で職人が作った12本も骨のある、特注品なのだから、あとは推して知るべし、だろう。
どこぞの御用達の店だから、そうやって育てられてきた真菜の行動は、とだけに余計に始末が悪かった。
初めての時だって、大変だったモンなぁ光太郎を信じる、信じないというより、躾の良さから来るこさっきの夢を反芻するように思い出していた。

恋人時代は、ガンとしてセックスは受け入れず、婚約してからやっと受け入れたのだ。
もちろん、きっちりと処女だったのは当然のこと。
今どき、あれはないと思うよと、今でも、「ま、処女にしては、よく耐えたけどさ」
妻にチクチクと愚痴るが、妻は取り合ってくれない夜の生活は夫に従うもの、という旧家の躾の通り、痛いとも言わず、みを感じさせて、それでも懸命に耐える姿はいじらしかった。
そのくせ、身体に走る緊張は、目一杯の痛その後も、光太郎の要求が真菜の認める「ノーマル」
の範囲内なら、真菜はいたって我慢強かった。
しかし、一度「ノーマル」ではなくなると.なんと言っても、地元の名門女子校から地元の国立大に通っただけあって、バイトもろくにしたことのないお嬢様の妻は、生来の真面目な性格もあって、いかがわしい物とか、猥褻な物を特に毛嫌いするのだ。
さすがに、教師になってからは「性教育」についても「お勉強した」成果で、男の子がアダルトビデオを見たがることがあるというのまでは理解したようだが、結婚した男が見るなんてヘンタイだ、というのが、妻の解釈だいや「だろう」
だ。
そんなこと聞けもしないのだ。
そんなこと想像するだに恐ろしい。
光太郎は恐ろしくて、しかし、そんな妻が、我が家にアダルトものが置いてあるのを発見したら…悪いことに、ビデオ、いや、DVDは、光太郎の趣味が思いっきり入った物だった。
普通のアダルト物でも、ただではすまないのに、アレを見られたら、どうなるんだろ「ムリヤリ押しつけられたことにでもするしかないか」
小学校以来の悪友は、遊び人で有名だったといううわさは有名なだけに、妻もあまり良く思っていないようだが言い訳するなら一番、通りそうだった。
「まあ、真菜なら、きっとDVDなんて見ないから、大丈夫かもしれないしな」
テレビの下に置いた、プレーヤーは、ラックの扉を閉めると、真菜が見つけることなんてないかも、と思えたのだ。
中は見えない。

カテゴリー: 痴漢肉棒