2次面接はコスプレで!

今回は大人気企画のAVスカウト出張面接で1次試験に合格した、笑顔が可愛いロリっ娘のあいちゃんの2次試験の様子です!2次試験は場所を移して、山の別荘にて撮影です。別荘に着いたら、台所に溜まってる洗い物をしだす、家庭的なあいちゃん。そんな姿に欲情して、後ろから、胸を揉みしだきます。軽くイチャついた後は、シャワーでラブラブ洗いっこ。シャワーが終わればJKコスプレして貰い、おしっこ放尿プレイ。恥ずかしそうに、ほほ染めながら、黄金水を滴らせてる、あいちゃんはメチャ可愛いです!最後は中出し生ハメでマンコの奥にザーメンを注ぎ込んじゃいます!アレ?面接はどうなったのか!?続きは動画をお楽しみください。
動画:2次面接はコスプレで!

「きゃ」
首の後ろから回り込ませた右手で、真菜の左手を押さえてしまった右手を身体で背もたれに押さえつけながら、のだ「離して!」
懸命に、訴えるが、そのくせ、こんな時間に大声を出せないのは、真菜は悲しいほどに思い知っている。なんと言っても、ここは真菜の家なのだ。近所に知られて困るのは真菜の方だ。
「おっと、西川先生。大丈夫だ。確かめるだけだからね。うん。大丈夫きっと、赤くなってるよ。もしなってなくても、大丈夫たしかめたっていうだけでいいんだからね」
「え、」
さっき、言ったろう?仮にダニなら、もう、跡はないかもしれないんだ。大丈夫、ちょっと確かめるだけ。それで、みんな忘れる。ま、医者に診せるようなものだ。できるでしょ?少しの我慢くらい乱暴するつもりなんてないんだから、ちょっと大人しくしてよぅね両手を押さえつけているという乱暴な行為と正反対のことだったが打って変わった、なだめるような口調は、真菜の懸命な抵抗から力を抜くには十分だ。
第一、ただでさえ、酔いも手伝って、力が入らない。
「ほら、じっとしてないと、スカートが。ほら、見えちゃうよ」
「え、あ、いやあ、離して」
普段の凛とした真菜はどこかに行ってしまって、そこには弱々しく、な女がいるだけだ。
「じっとして、そのまま、ほら、大丈夫、少し我慢すれば終わるよ」
むしられるのを待つだけの一輪の花のよう白い太ももの半ばを見せてしまっていた。
あと、ホンのちょっとで、茂みがずり上がってしまったスカートは、姿を現しかねない。
裾を直そうにも動かせぬ手を思い知らされるだけだ。
いつもなら、怒りを浮かべるところだろうが、さんざんに、山崎の手管にかき乱された真菜のココロは、今、ひたすら逃げることだけしか浮かばなかった。
既に真菜のブラウスの動くに動けぬ身を潜めようとするばかりの真菜を見透かして、第二ボタンを外していた。
山崎の左手は、器用にも、ハーフカップのブラからこぼれんばかりの豊かな胸が、
ああ、だめ夫でもないオトコの目にさらされてしまったのだ。
抵抗の声が弱々しい。
大丈夫、確かめるだけだからね。仮に跡が残っていなくても、確かめることが大事なんだよ。
との辛抱だ

「いやあ、見ないで、お願い、いやぁ」
大丈夫、すぐ終わる。ほら、嘘つきのヘンタイじゃないって証明しましょうよ、ね?
すぐ終わる、ちょっ力が抜けてしまっていた。
それは、アルコールのせいなのか。
刺激され続けた官能のせいなのか。
「我慢すればすぐ終わる」
真菜自身にも分からない。
甘く響いていたのだ。
はたまた、た「逃げる」
という言葉がだ、今の真菜の頭の中で「あっ」
ことより、不意に、ピンク色の電流が脳髄を貫いた。
グッと降ろされたブラからこぼれた乳首をすかさずつままれたのだ。
感じやすくなっている真菜の身体は、容赦なく、快楽の電流を発してしまう。

だ、だ、「大丈夫、だめすぐ、終わりますよ、ほら、動かないで、ほら、動かないで言葉だけはあやすように優しくとも、指先は容赦なく、乳首を弄び始めた。
もはや絶対的な立場となった山崎は、IA、くぅ」
いくら我慢しようとしても、唇の間から、甘やかな声が漏れてしまう。
真菜の白い胸が、その先端のピンクの乳首まで、部屋の明かりに、さらけ出されていた。
相変わらず、動けぬままの両腕は、一切を隠すことができない。
霞がかかった真菜の頭に、「早く終わって」という言葉だけが浮かんでいた酔いが回った頭では、どれだけ時間が過ぎたのか、一瞬なのか、何分も経ってしまったのか、分からなくなって「まだですか」
「いくら、すぐすむといっても、ないと」
おざなりに確かめたんじゃ、確かめたことにならないだろう、少し我慢してもらわ何度聞いても、まだまだ我慢しろという返事が返ってくるだけだ。
頭の中で、白かった霞は、ピンクに変わろうとしていた。
恥ずかしくて見られない。
相変わらず、両手はがっちりと押さえられて身動きできない。じたばたすれば、スカートが捲れてしまう。
直すことができないスカートの下に、あるべきはずの下着は着けてはいないのだ。
身を固くするしかないではないかだから懸命に、石のようにじっとしようとするのだが、じっとしてなどいられない。
敏感な胸が、中年男のネットリとした手つきで弄くり回されているのだ「確認する」などと言っては見ても、その指先はピンクの乳首をひねり回し、豊かな膨らみを裾野の方から、さらさらと刷毛で撫でるように揉み上げ、時に、親指と人差し指で、やわやわと乳首を挟み付けるように転がしている。
これは、愛撫に他ならない。一番敏感な胸をじっくりと弄り回されるのだ。
結婚して7年もたつ人妻なら、これで何も感じるなと言うのが無理なことだった。
ただでさえ、アルコールが入った身体は、敏感になっている。おまけに、あの、信じられないような羞恥を体験タクシーの中でまで、さんざんに、いやらしい触り方をされてしている。その上、トドメのように、バーから、ビショビショに濡らしてしまった身体だ。

未開発ロリ娘、マナ18才

今回登場してくれる素人娘はなんと18歳でピチピチボディが美しい娘です。しかも、すーっごい恥ずかしがり屋でロリ顔でそんなに恥ずかしがられると、こっちも悪い事してる気分になりますね。早速マナちゃんのボディを全身愛撫して、クリトリスをコリコリクネクネしてると中からキラキラの愛液があふれてきます。マンコが暖まったところで今度はマナちゃんの生温かいお口でフェラチオを頑張ってしてもらい、濡れ濡れのマンコに一物をぶっ込みます!!
動画:未開発ロリ娘、マナ18才

感じまいとして、どれほど、心を閉ざそうとしていても、胸から湧き上がる、菜の身体と心を徐々に蝕んでくるのだ。
「ああ、だめ、あう」
我慢しようとしても、恥ずかしい声が止まらなくなっていた。
電撃以上のピンク色の衝撃が、真もちろん、止まらないエッチな声を聞けば聞くほど、元気になるのが山崎だ。
なんて、きれいなオッパイなんだ。おまけに、こんなに感じやすいなんて押さえつける力を少しだけ弱めながら、遥かに年下の美貌の後輩のオッパイを夢中になって弄り回しているプールの授業で何度見ても、勃起しそうになる形の良いオッパイが、白い乳房も、先端のピンクの蕾も、小さめの乳輪も、丸出しになって、山崎の手の中だ。
形の良さは、水着姿を目にした時から想像していた通りだが、形が崩れてないクセに、て、これ以上ないほどの柔らかさと弾力性を持っていることまで、想像していなかった。
さすがに、人妻だけあっ手を離せば、瞬く間に、尖った三角錐を取り戻す弾力性。
グニュリと握れば、絶妙の感触を残して、小さめの乳輪から、ツンと突き出た乳首。
形を変え、さっき、トイレで、これを目撃したのツキの初めだ。
こんなにじっくり拝めるなんて、思いもしなかった。
それなのに、今、現実に、指先で、かわいいピンクの先端をころころと転がしている。
ツンと尖った乳首を硬くさせながら、目の前の真菜のソプラノの声まで上げさせているのだ。
もう、両腕も、押さえる必要はないかな。ほとんど力は入ってないじゃないか。口では、やめてだなんて、さいているが、さっきからスケベな声ばかり出して、ぜんぜん、本気で逃げだそうとしてないからなまだほ真菜のかぐわしい匂いを嗅ぎながら、もはや、確認する振りをすることすらオッパイのすぐ近くに顔を寄せて、忘れて、ひたすら弄り回していた。

ああ、もう、我慢ならん目の前に、これだけ見事なオッパイがあって、乳首を吸わない手はないだろう。
チラリと見上げると、真菜は目を閉じたまま、山崎の手に反応するまいと懸命に耐えようとして、に失敗して、恥ずかしい声を漏らさずにはいられなくなっていた。
しかも、それあの整った唇からは、山崎の心の底までもトロかすような、いやらしいうめき声が絶えず漏れているのだ。
ほど真面目で、頭の切れそうな美貌が、欲情に歪むとこんなにオトコをそそるのかと思わずにはいられない。
ないやらしい表情だったあれそん山崎のいやらしい手つきを、少しも非難しない真菜に安心して、レロレロとなめ回した
え?あ、ああうう、何?え?あうう、だめえ、あん突き出た乳首をパクリとくわえ、舌先で一気に懸命に押さえようとして、甘いうめき声を漏らすだけだった真菜の唇から、はっきりと快感の淫声が噴きこぼれてしまった。
山崎は夢中で舐めていた。
舌に転がる感触が、グミキャンディーを転がすのにそっくりの、柔らかな弾力性だった。
もっとも、グミキャンディーの硬さは乳首の硬さをまねて作られたそうだから、絶妙の官能を与える、順番は逆かもしれない弾力性と形だ。
とにかく、舌先で転がすだけで、プラノの淫声だ。
おまけに、真菜の出す声は、きれいなソオンナを感じさせているのに、これ以上ないほどの、くっきりした反応だけに、男としての征服感は、燃えに燃える舐め、吸い、方は、左手がそっと舌先で転がしては、引き受けている。
甘噛みして、左右を自由に換えてしまう。
もちろん、吸い付いていないあらん限りの手管を使って、快感を送り込もうとしていた。
目一杯やりたい放題にされて、その感覚を送り込まれている真菜はたまったものではない。結婚7年目の敏感な女体は、ただでさえ、異様な体験に濡れていた。おまけに、さんざんにタクシーの中から、感じさせられて、焦らされた快感を一気に爆発させようとしていた。
「あうう、いやああうう」
相変わらず両手を押さえられ啼き声に近い淫声を上げながら、何とか、快感地獄から抜け出そうとするのだが、て、わずかに身じろぎできる程度にしか動かない「ああ、やめてぇあうう、ああ!」
頭の中がスパークする胸からの甘い感触は、毒薬のように、ピンク色の闇を作り出そうとしていた。
ダメ、我慢しなくちゃ、こんなことで、感じちやったら頭では懸命に、こらえようとするのだが、身体が、理性を裏切り続けている。
ああん、ああ、あれよ、あれのせいよ。昨日、あんなの見るんじゃなかった動けないまま、これ以上ないほどの辱めを受けているのに、なぜか、ていた。ビデオの女優が、いつの間にか真菜の顔になっている。
昨日見た、SMもののAVが頭の中に蘇っ現実とビデオの恥辱が頭の中で混乱していたいや、頭の中をよぎるのは、遠いあの日、見たテレビの悪代官に裾をめくられる娘の姿だったし、高校生の頃巧に縛られて感じてしまった、初めてのオーガズムかもしれない。

視界侵入!たちまち挿入! 〜ピンクサンタもびっくり!〜

人懐っこい笑顔と触りまくりたくなる美肌の持ち主、中西早貴ちゃんこと「さきっちょ」が、ピンクサンタのコスチュームを身にまとい性なる夜の為に登場!ハ○プロとふな○しーをこよなく愛する一見純情に見えるさきっちょだが、実はちんぽの先っちょを入れるまえから濡れ濡れになっちゃう極エロマンコの持ち主だった!ちんぽ出したまま撮影するカメラマンにびっくりしているうちに、勃起男乱入!えっ?えっ?と言ってるうちに生ちんぽを難なく奥まで挿入されるさきっちょ!ガチびっくり3Pファックの行方は如何に?!
動画:視界侵入!たちまち挿入! 〜ピンクサンタもびっくり!〜

気がついたら、いいように誘導されて、腕を押さえられて動けないまま、乳首を見られることになっていた。
こうやって、両腕をしっかりと固められて動けなくされてしまうと、ここまでのいきさつが、なまじ暴力的ではなかっただけに、大声で騒いで逃げだそうとどうしても思えなかったのだ。
頭の中は、アルコールで霞がかかったままだった。
それに、酔った身体で、男の力にはかなうはずもない。
力も入らないのだ。
真菜は自分がこんなに酒に弱かったのかと、今さらに愕然とするが、山崎が仕組んだ、ウォトカのせいだとは気がつくわけもない。
こうなったら、一刻も早く終わるのを待つしかないそう思ってしまった瞬間から、真菜の負けだったのかもしれない。
動けない身体のまま、ボタンをひとつ開けられてしまう度に、なぜか、甘やかな衝動が子宮の奥に、妖しげなピンク色に変わってしまったのだ。
キュンと送ブラを下げられた瞬間から、いつもの、だった。
り込まれ、頭の中の白い霞が、ここにいるのは、ひとりの「オンナ」
強気の真菜ではないか弱く、男のなすがままに、恥辱に耐えなければならない、だから、乳首を弄くり回されながらも、やめてと言えず、山崎が「確認」
を終えてくれることをひたすら願うし
かなったのだもちろん、いくら、清楚で、純情そうな容貌を持つ真菜とて、結婚生活も長い人妻だ。
こういう時に、果たして、男が見るだけで、途中でやめてくれるものなのか、きっと、頭の奥では分かっていたはずなのだ。
だが、子宮から生み出される甘やかな衝撃が、いつもの冷静な真菜を眠らせていた。
第一、真菜自身も気がつかない、いや、そう思いたくもない真実があった。
真菜の中には「動けないようにされてエッチなことをされる」というエッチな妄想が期待のように存在していたのだ。あの日、年下の巧に、縛られたまま、幼いオーガズムを感じてしまったのは偶然ではないのだ。こういうマゾヒズムは本当は誰にだってあるのだが、あの体験が、真菜の中に澱のような埋み火を埋め込んでいたのだその上、昨夜、生まれて初めて見た、光太郎が買ってきたSMもののAVが真菜の官能に火を付けていたアルコールの入ったその理性では、この後の身の危険より、その甘やかな身体の埋み火が燃え上がる快感に抵抗できなかったのだ。

だから、真菜自身は、自分にひたすら言い訳するしかなかったのだ。
恥ずかしい。
ああ、でも、仕方ないの
ひたすら、それだけだった。
光太郎以外の男性に、「確認」という名で、胸を弄られてしまう。
しかたないの、と自分に言い訳するためには、オンナとしての反応を示してはならない。
だから、懸命に、甘い声が漏れるのを我慢しようとしていたのについさっきも、頭の後ろ側で、一瞬、何が起きたのか分からなかった。
何かがスパークして、声を出してしまったみたいだった。
強烈な刺激が、胸の先端から送り込ま子宮を直撃して、れて、ピンク色の霞にいくつもの稲光が走った。どうじに、強烈な甘い固まりのようなものが、恥ずかしい場所が、キュウンと、何度もケイレンしてしまった。
何が起きたのか、分かった時には、夫以外に聞かせてはならない破廉恥な声をさんざんに上げてしまった後だっどうやら、オンナとして、最も恥ずかしいあの瞬間に達してしまったらしい光太郎とのセックスで、最後の瞬間に、達してしまうオーガズム。あれほどではない気もするが、とにかく、頭の後ろ側がスパークして、逝ってしまったのだ。
ようやく自分の乳首が、さんざんに、舐められ、吸われていることに気がつくとあわててずだったが、甘い声が噴きこぼれて、言葉にならない。
「やめて」
と叫んだはジタバタと動こうとすればするほど、感じてしまうことになる。
逃げようもないほど、押さえられていることを思い知らされて、余計にそれでも、懸命にいやいやと、足を動かしているうちに、た下半身は、すでに、スカートがまくれ上がっていた。