地方ナンパ 千葉編

大人気シリーズの地方ナンパがやってきた!今回は千葉県でナンパ決行!!千葉の駅前で声をかけるがことごとく失敗!そこへ可愛いひなたちゃんがとおりかかり、見事ゲット!早速ホテルへ。ホテルでエッチな会話でもりあがる二人。自分でエロいと言うのでそれを確認するべくオナニーしてもらいます。本気でイク彼女に興奮します、指マンと電マでさらにおまんこを攻め立てる!可愛らしい美乳と美味しそうなピンクマンコを生で食べちゃいます!最後は中出しでドロっとザーメン発射!
動画:地方ナンパ 千葉編

ちょっと、ヘンな虫がいるから、片付けてるの、ええ、うん
玄関を指していた。
言葉だけは、甘い香りをさせながら、い力がこもっていた。
「ひぃ」
半歩踏み出したアテナの、しなやか指が、眼には、強腰が抜けたように、山崎は、ほうほうの体で逃げ出した。
それでも、なんとかドアを抜けて、背中でガチャリとドアを閉めた瞬間、ほうっと一息ついた。
赤ん坊のようにハイハイで数歩動くと、まった。
「え、」
もはや、気力が抜けてしまって、へなへなと崩れるように座り込んでし再び、ガチャリと開いたドアから、何かが宙を飛んだ。
山崎の靴が、無造作に道路へと放り投げられたのだ。扉の陰で真菜の声がする。
今、外に出したの。
え?うん、大丈夫そうね、いつだってつぶせるけ「ええ、そうよぉ。つぶすのも可哀想だし、ど。この場でつぶすのもあれだしい」
光太郎に向けて、声だけは甘いが「つぶす」
つぶされるのは、明日の自分なのだ。
というその言葉は、山崎に向かって咆哮するライオンの声も同然だ山崎はおびえるしかない。
ヒョイと覗いた真菜の顔。
夜目にもはっきりと分かる、怒りの光が輝いていた。
危険な肉食獣の眼だ
これでは、真菜を脅すどころの話ではない。
逆に、校長にでも訴えられれば、せっかく主任になったのに、出世どころか、遠くに飛ばされてしまうことになるだろう。
せっかく買ったマイホーム。
単身赴任か?
いや、それどころじゃない下手をすれば、懲戒免職か?
どうやって謝れば何はともあれ、まず、小林を口止めしておかなければならない。
もし、小林が、今夜のことにふれでもしたら明日の我が身はないのは、保証付きだった。
さっきまで、めなほどに縮こまってしまっている思わぬ棚ぼたの果報に、かつて無いほど巨大化していた怒張は、上げきれてないズボンの中で、惨靴の行方よりも、明日起こるであろう悪夢ばかりが頭を占めている山崎の頬には、一匹の蚊が止まっていた。
もちろん、幸運な蚊は、一転して哀れな運命を待つことになった男の血を、心ゆくまで、たっぷりと、吸い込んだのだ。

黄金のひび光太郎は、公私ともに充実している。
人生にはこういうときがホンの一瞬だが、訪れるときがあるという。
黄金と言う。

で舗装された道を歩くがごとく、きっと今が、それなんだろ怖いほど、順調だった。
第一に、初めて任された大仕事、プロジェクトの立ち上げが、すこぶるうまくいっている。
こういうときは、慣例で他の仕事をカットしてもらえるから、普段よりもかえって楽なくらいだ。
おまけに、このところ、何かと夫婦関係がうまくいっていた。
ちょうど、あの、出張以来だった。
もちろん、あの時の光太郎は、狐にでもつままれた気分だったが。
怒っているに決まっていると思いきや、電話の真菜は、これ以上ないというくらい甘い声。
おまけに、うちに帰ってみれば、新婚時代もかくや、と思うほどの出迎えぶりだ。
ただでさえすばらしい真菜の腕が、ことさらに冴え渡った、手の込んだ食卓には眼を見張るばかり。
光太郎を出迎えた、いつも以上に熱い出迎えのキスからこちら、光太郎はいったい何事かと驚くことばかりだ。
それなら、あのDVDは、見つからなかったのかと思いきや、出しっぱなしのDVDは見事に消えていた。もちそのままくずかごに放り込んだに決まっていた。
まじめな真菜のことだから、「お小言」
見つけて、は出てこない。
ろん、言い訳する必要すらないのは、ホッとはしたが、なにやらそれにしては、一言もかしを食った気分だ。
そのうえ、ベッドの中の真菜は、かえっていつもよりHになった気もするほど光太郎の要求を受け入れてくれる今までは嫌がったフェラも、なにやら積極的だったし、嫌がっていたワンワンスタイルも、調子に乗って試してみたらすんなり受け入れたどころか、恥ずかしがりながら、こんなに乱れたのは、初めてじゃないかというほど乱れまくった美しい妻が絶頂に仰け反って、のに十分だった。

ファッションチェックのつもりが・・?

今回はファッションチェックと称してナンパしちゃいます!引っかかったのは、繁華街をあるいてたゆづちゃん。まずは、野外で写真撮影しちゃいます。その気になったところで、下着もチェックして、戸惑ってる内に全部ぬがしちゃいます。身体を入念に見せてもらったところで、ホテルに移動して、さっき見せて貰った身体を思う存分弄っちゃいます!一緒にシャワーを浴びて、オナニーを見せて貰いフェラチオしてもらって、ファックしちゃいます!!
動画:ファッションチェックのつもりが・・?

その揺れるお尻を見ながらの放出は、オトコとしての征服感をたっぷりと味わうだからと言ってはおかしいが、家での生活にもゆとりと、自信が生まれているそうなると、人見知りをしがちな光太郎なのに、真菜の知り合いが、突然家にやってきても、うまく話を合わせるどころか、思いもよらぬ話まで聞き出せてしまうほど絶好調。
一方で、真菜の方は、来週から教育実習生を迎えるとかで、今週は、何かと忙しそうだ。
初めて料理などして、真菜の帰りを待てば、真菜は感激するやら、慌てるやら。
「ね、実習生って、可愛い子?」
「まだ、会ったことないけど。残念でした。男の子みたいよ」
ついでに、結婚以来光太郎の企みを見抜いたと言わんばかりに、ウインクしてみせる真菜には、愛情たっぷりのフレーバーが大盛りになっている。
「何をおっしゃる奥様。実習生をナンパしたりするわけありませぬぞ。むしろ、爺は、姫が、おかわいがりになるには、十分に可愛い男の子なのでしょうか、と申し上げておりまするぞ」
芝居がかって見せるのには、わけがある真菜に見つけられてしまったはずの、あのDVDだった。
光太郎の趣味で、羞恥プレイを中心にした「素人奥さんの調教モノ」
だった。
本格SMは、苦手だったが、ごく普通の奥様が、ダンナの借金の形に調教を受けさせられる話には、ゾクゾクしてしまう。
まして「クスリで眠らされた奥様が、目ざめた時には縛られて、嫌がりながら中年男に身を任せるはめになったあげく、最後は、SMプレイに染まっていく」なんてのは、光太郎のど真ん中のストライクゾーンだったのだ。
もちろん、おまけに、しまうという、こんなビデオを見たら、真菜に「サイテー」と人格を疑われること請け合いだ残りの一つは、奥様は教師と言う設定で、実習生にヤられてしまった女教師が、快感に「開眼」
してあまりにも、オヤクソクなものだった。
つまり、どれ一つを見られても、あまりにも、今の光太郎にピンチの設定なのだ。
もし真菜が、あのDVDを見ていたら、鬼のような角の一つも出しかねない。真菜が怒りを持って思い出す前に茶化しておくに限る。
光太郎は必死だったのだ。
ところが、案ずるよりもというべきか、真菜の反応は、さっぱりとしたもの。
屈託のない、愛情たっぷりの笑顔に翳りの「か」の字さえ見つけられなかった。
これなら、見てない。きっと大丈夫そりゃ、あいつのことだもの。あんなのは、ているよな。ラッキー、ラッキー見た瞬間にゴミ箱行きに決まっにんまりした光太郎なのだ。
そこからは、光太郎には、文字通りの黄金の日々が始まった。

もちろん、山崎とのことなど想像することなどできないが、なぜか、ただでさえ優しい妻が、このところ新婚時代以上に甘い反応光太郎からすれば夢のような一ヶ月だった。
となると、ちょっとした夫婦の会話も、どんどん調子に乗ろうというものだ「えっと、いとこ?はとこ?」
「ちゃんと言うと、父の従兄弟の子どもだから、はとこ、になるのかなあ。でも、一族の子どもたちは、くるめていとこって呼ぶのその従兄弟、だか、はとこだかが、どうしてまた?」
ほら、あなたも知っての通り。年二回の集まりは、一族みんなが顔を揃えるんだけど「うん」
全部ひっ一応は東京出身の人間で、人見知りもする光太郎だ。大勢が集まっての延々と続く宴会など、苦手と言うより逃げ出したいだけの苦行になってしまう。しかし、本家の一人娘を嫁にもらった以上は、義務として義父に出席を厳命されていた。
威厳の違いというのか、何かと、言われるがままになる。
昔気質の義父を嫌いでもない光太郎は、どつゆほども浮かばないのだ。
逆らうことな逃げることもできずに、義父の横で、杯を傾けつつ、ごちゃごちゃになる人間関というわけで、逆らうことも係を懸命に覚えてきた。
しかし、その名前には、心当たりがない。
「タクちゃんだけは、そう、巧っていう字を書くんだけど、ご家族で急に引っ越して、そのあと、お正月も、一族に顔を出さなくなっちゃつたから、こうやって会うのは、ほとんど1◯年ぶりくらいなのよ」
お盆もと偶然会ったという。
空中に鮮やかな手つきで「巧」
という字を鏡字従兄弟だかはとこだかの「タクちゃん」
で書く妻の指先を見つめてしまった。
そう、小学校教師の妻は、も裏返しで書けるのだ。
生徒から見てちゃんとした字に見えるようにすべく、鏡に映したように、どんな字でその妻の職場に、従兄弟が現れたのだという。
それも、真菜が受け持つ教育実習生がそうだ、というのだから、世の中狭いものだ真菜も、最初は気がつかなかったらしい。
名字がいつの間にか「鈴木」になっていたのだ。
鈴木巧君は、なかなかの好青年。スポーツマンタイプで、ガッチリした体格、日焼けした顔に白い歯が似合う.見るからにモテそうな好青年だ。
型どおりの挨拶が終わって、その青年が、あの、とおずおずと切り出した言葉がから、舞台は整って、なかなかの役者ぶりと言うべきだろう。
「真菜姉ちゃん?」
だったのだもちろん、真菜は大喜び。
もちろん、指導教官として、なただし、担当するのが、従兄弟だと知ってしまった以上は、周りにはナイショになる。
手加減は無し。いや、真菜の真面目な性格だと、普通以上に厳しくなるのもしかたがどんなときでも真菜は公平に生きようとしているのだ。
身びいきなどとんでもないことだった。
しかし、一ヶ月にも及ぶ実習を軽々とこなした

パシオン・アモローサ 〜愛する情熱 4〜

美乳・美尻のセクシー美女、水野葵がセックスしたくてしょうがない、セックスマシンと化する!エッチよりゲームに夢中の彼氏に構ってもらいたくてわざと一人パンティを脱いでオナニーして見せたり彼氏の気を引くためにチンポをしゃぶったりと必死な葵ちゃん。チンポまでしゃぶられてしまったらさすがの彼氏も降参気味。パイパンオマンコを広げてみるとぐちゅぐちゅ濡れ濡れ状態のエッチな葵ちゃん。これが欲しかったんだろ?といわんばかり、彼氏からカチンカチンになったチンポを挿れられ満足気の笑みを浮かべる葵ちゃんのセックスに対するパッションはすごい!
動画:パシオン・アモローサ 〜愛する情熱 4〜

「タクちゃん」
は、真菜が思った以上に好成績だった。
さすがに、昔のガキ大将だけのことはあるわね真菜は心から感心したし、従兄弟だけに、そんな巧を密かに自慢する気持ちになったのは当たり前だった。
そんなところに、珍しく、光太郎が、家に呼ぶことにこだわった。
「一族の人間なのに、会ったことがないというのは申し訳ないよ。第一、て上げないとね」
何よ、それじゃ、私がヒドイ先生みたいじゃないの君が手厳しく指導したのだろうから、慰め手厳しく、は余計だったが、光太郎が、そうまで言ってくれるなら、真菜としては願ったりかなったり。
普通は
実習が終われば、学校全体でお疲れ様と、宴を催すが、例の事件以来、ピタリと、その手の集まりに出るのをやめいていたのだ。このままでは、せっかく久しぶりに会った幼なじみの従兄弟に、なにやら冷たすぎる気がした。
ということで、実習が昨日で終われば、もはや公私の区別もいらないだろうと、に、真菜の手料理でおもてなしだ。
「さすが、真菜姉ちゃん。料理もグンバツ!」
今日は、一人暮らしの巧のため昨日までは西川先生、こちらでよろしいでしょういかキ大将の頃の、弟分に戻っていた。
などと、よそよそしい言葉遣いの巧も、いつしか、ガ真菜だって、小さい頃から面倒を見ていただけに、可愛いものだ。おまけにちゃんと昔通りに「真菜姉ちゃん」と甘えてくるのだから、ついつい甘やかしてしまいたくなるんな好青年になって、しかも光太郎の倍は、という量を平らげて、手土産のワインの3本目を開ける頃には、ているように見えて、真菜は心から満足だった。
すっかり、光太郎とも打ち解けだから学芸会後のあの事件以来、ピタリとやめていた酒も、と言っても自宅という気楽さで、ついつい楽しく飲んでいた。
今夜は、光太郎もいるし、相手は巧。
それに、なん光太郎本人は、といえば、真菜とは別の理由で嬉しかったのだ。
ワイングラスを傾ける真菜は、柔らかいニット地の、膝下まであるワンピース姿でリラックスしている。
光太郎が、いかにも真菜らしいさりげなくほめておいた服を着てくれるのは、しかし、真菜自身は、気がつかないが、ニット地は、肌にピタリと張り付くと身体のラインを柔らかく、そのくせ、くっきりと見せることになるのだ。
おまけに、巧の世話を焼こうとテーブルから身を乗り出す度に、ゆったりした胸元は広がってしまう。並んで座っている光太郎からは直接見えないが、向こうに座る巧の目が、じっとそこに注がれている以上、そこにどんな光景が展開しているのか、想像するに固くない。
あの白いブラに包まれたふくらみが、5◯センチも離れていない場所から、ひょっとして、やわらかなすそ野もじっくりと視姦されているかも知れないじっくりと見つめられているのだ光太郎は、はからずも展開している、とってもHなシチュエーションを密かに楽しむゆとりがあっなんと言っても、奥様モノが好きな光太郎は、真菜自身が気がついていなくても、エッチなシーンを見せてくれるのはとっても喜ばしいことだったのだ。

あの捨てられてしまったDVDのように、真面目な真菜が、方をしてくれたらと、何度夢想してきたことだったか。
自分以外の男に嬲られて、これ以上ないほどの乱れ密かに勃起したモノを、真菜に悟られないようにするのに苦労していたもちろん、こんもりとなった光太郎の股間にも気がつかず、完全にリラックスした真菜は、ついつい禁酒の誓いを解いて、楽しい酒を飲んでいる「よし、今夜は泊まっていけぇ、朝まで飲むぞぉ」
長く会っていなかった弟分を、どちらかというと人見知りする夫がことさらに、真菜からすれば、れるのだから、可愛がってくこれ以上ないほどありがたい。
一人っ子だから、きっと弟ができたみたいなものなのかしら
それにしても、光太郎は、弟ができたかのようにはしゃいだせいか、真菜から見て、ついつい飲み過ぎたようだあっという間の高イ酒に弱いから、泊まっていけぇ、と言ったはいいが、ごろりと横になったと思ったら、元々、ビキ。
いつもより速いピッチで空になるグラスに、と空にしていたせいに違いない。
だから、やめた方が良いって真菜がさりげなく、止めようとするが、目を盗むようにして、次々光太郎が勧めるから、一晩、このまま飲むつもりでシャワーを浴びに行っている間のことだったのだ「もう!弱いのに無理するから」
ふわりと、リンスの香りが巧の鼻腔をくすぐったのに、真菜は気がつかなかった。もちろん、真菜の本来の体臭と合わさって、オトコなら誰だって、心を蕩けさせてしまう匂いになっているのにも気がつかなかったのだ相変わらず、ゆったりとした部屋着は、せていた胸のふくらみこそぼかしていたが、身体のラインをしっかりと浮きだた胸元がゆったりとした服だった。
くっきりとしたラインの浮き出た部屋着は、真菜が動く度に、ふわりと、真菜の匂いの混じった空気を放出する。
さっきまでだって、細々と匠の世話を焼く度に、胸元からちらりと白い肌と、やわらかなふくらみのすそ野がち
らりと見えていた。今度は、光太郎を揺するのに夢中で、胸元が大きく広がっているのに気づいていない。
風呂上がりの、淡いピンクに染まった胸を包み込む、白いブラが丸見えになっているだから、いや、ハーフカップのブラだから、も同然だかがみ込んだ真菜の上から見下ろすと、白いふくらみの大半が見えているの真菜はもちろん気がつかない。