真っ暗闇は露出天国!

今回はエロゲから飛び出てきたような、リアルロリっ子が登場!名前は沙莉奈ちゃん20歳のピチピチロリギャルです!早速インタビューして、おっぱいを揉み揉みして、マンコを弄くってローターをぶち込んで、羞恥散歩開始!野外露出だけでも、興奮してマンコ濡らしてるのに、ローターをブーンと回されながらの野外露出プレイにもう大興奮!ホテルに入ると、バイブオナニーを見せてくれたり、ネットリフェラチオをしてくれたり、肉棒を存分に味わった、彼女はチンポが欲しくて堪らないようなので、チンポを挿入してあげたら昇天しまくり!可愛い女の子ほどエロイですね!
動画:真っ暗闇は露出天国!

「単なるガムテープだよ。後で剥がしてあげるから、心配しないで、あ、ついでに言うとさ、今、ているのは、特別な布を幅広に縒って作ったローブだから、縛った跡があんまり残らないんだ」
お姉ちゃんを縛っ耳元で声がした。あの頃の「たくちゃん」の気配が消えたていた。間違いなく、それは「オトコ」の声だった。
耳元に囁いてくる空気が、なぜか、真菜の背中にぞくぞくと響いてくる気がした。
動けないなんて「だから、大丈夫、少し跡が着くにしても、後で、ゆっくり風呂にでも入れば、すぐに消えちゃう。だから、さ…」
言葉がいったん切れて、耳に、衝撃が走った。真菜は耳をカリっと甘噛みされたのだ。背中をぞくぞくした電撃が走った気がした。その感触が、決して嫌悪感ではないのが恐ろしい「黙っていれば、お兄さんにはわからないよ。僕だって、お姉ちゃんの生活を壊したいわけじゃない。離婚がどんなに悲惨なのかを一番知っているのは僕だからね」
真菜は、いやいやをするように首を振るが、細い顎を掴まれて、ふたたび耳元に息を吹きかけるような声を背中をぞくりと粟粒立てながら、聞かざるをえない。
「今日はね、さっき、真菜姉ちゃんのビールにクスリを入れさせてもらったよ。大丈夫強いけど、効き目は短いからね。さっきお姉ちゃんが寝てから、まだ、3◯分くらいしかたってない」
クスリと聞いて、さっきの異様な眠気の訳がわかった、のようなものを感じて慄然となる。
ま、まさか、彼も…同時に、そこまで用意周到に準備してきた巧の執念深さぎくりとした真菜の様子に気がついたのだろう。巧の、笑いを含んだ声で、絶望的なことを告げる。

「そうだよ、ダンナさんにも、飲んでもらった。もちろん、真菜姉ちゃんとは別のクスリ。効き目はそれほど強くはないけれど、こっちは逆に、たっぷりと十二時間は寝てると思うよ」
「大丈夫僕が、ウツの時に使っているクスリだから副作用なんてほとんどない。明日の昼には、きっと、熟睡して、キモチよく目が覚めるからね」
ひとつつも「大丈夫」ではない話を、巧は、言葉に笑顔が浮かぶほどの、飲み過ぎばかりではなく、クスリを飲まされてしまったなんて陽気さで告げている。
寝てしまったのだろうに、そこにクスリが使われていたとしたら、起きてくる可能酒だけでも充分、光太郎は、性なんて、考えるまでもない。
だから声を抑えてないんだあの強烈な眠気を経験した真菜には、光太郎が、万に一つも起きてくる可能性がないと身をもつてわかってしまどうしたら…寒くもないはずなのに、鳥肌が立っていた。
囚われの身ってことよね鳥肌が立っていた。
そのくせそれは恐怖のためばかりではないのだと分かっている。
お腹の下の方から、低い響きのような快感の予兆が立ち上ろうとしてるのを真菜自信は認めたくなくてもだ。
だって、このまま逃れられなかったら泡粒立つような背徳の香りのする絶望感が、えへへ、どうやら、わかってきたのかな?
真菜の頭をゆっくりと振らせている。
絶対的な立場で「お姉ちゃん」を自分の自由にできる、この状態を、巧は心から楽しんでいた。
逃れられない運命を悟った獲物が、それでも、ときおり、逃れようともがく姿は、これ以上ないほどのご馳走だ長い間待ち望んできたんだからね。
じっくりと味わうよ、お姉ちゃん
じっくりと獲物が戦慄する姿を味わった後で、さらに、ショックを突きつける。
そうそう、今日のような記念日だもの。ちゃんと記録しないとね。記念のビデオ撮影だよ
ビデオと聞いて、真菜の身体は硬くなる。

素人むすめVS天然隊どっちがイク!?

今回は「素人むすめVS天然隊どっちがイク!?」をお送りいたします!まぁ簡単に言えば、痴女VS変態と言ったところでしょうか(笑)登場してくれる素人娘は、現役大学生のりょうこちゃん!あどけない表情でロリ顔なのにムチムチのフェロモンボディの持ち主です。まずは、りょうこちゃんの焦らしフェラチオが炸裂!かなりのダメージを与えられたので、今度はこっちがバキュームジュルジュルクンニをお見舞いしちゃいます!見ごたえ抜群で両者一歩も譲らない名勝負をご覧あれ!!
動画:素人むすめVS天然隊どっちがイク!?

そんなこと許せない
動かない腕の戒めを意識した途端に、まさかこんなところを撮す気なの、今の真菜にはどうしようもない。
ビデオって、改めて、自分が縛り付け許せなくても、られていることを意識せずにはいられない。
抵抗できないついこの間、見てしまった巧と言えども「男」だ。こうやって身動きできないようにされた女がどうなるのか、光太郎のビデオで、真菜は「学習」済みなのだ。
子宮の奥に、じーんと響く何ものかがあった。
「緊張しないで、大丈夫口の硬いヤツだから」
え?口の硬い、ですって…ヤツ?ヤツって、え?え?まさか?
思わず、見えない目で、部屋中を探すかのように首をきょろきょろさせる真菜「大丈夫今日は、お手伝いだけだからね。何も喋らないし、僕がOKしたことしかしない約束だから、は、無視してくれて良いよ」
そんなこと!お姉ちゃんこの部屋に、巧以外のオトコがいるというのか。それは、恐怖以外の何者でもなかった。
うもない下着姿をさらしているわけだから、本来、羞恥を感じるべきなのかもしれないが、オンナの本能は、恐怖を感じてしまうのだ。
ウソ、まさか、そんな、他の人がいるなんて、え?でも、これ…見知らぬ男に、リクツ抜きに、隠しよ真菜のもちろん、巧だけなら良いというわけではなかったが、で、素朴な恐怖が生まれるのは当然だ。
見知らぬ人間が、いつの間にか我が家にいるというだけ気配を感じない、しかし、敏感な真菜の鼻腔が、微かに、違和感のある空気を嗅いでいた。
ちろん、夫のでもない男物のコロンが、微かに混ざっていたのだ。
巧でもなければ、も一気に増幅した恐怖そのくせ、その増幅された「オトコ」
という恐怖は、縛られているという現実を、なぜか真菜の中で不思議な感覚に変換してしまうのだ。
重苦しい感覚が、真菜の腰の奥で生まれようとしていた。もちろん、真菜は、そんなモノを認めようとするはずもなかったが。
「ほら、お姉ちゃんのこの色っぽい姿。ちゃんときれいに撮るからね。うん、すっごくきれいだよ」
やめて、解いて!見ないで!自分の下着姿が誰とも知らないオトコの目にサラされている。そう思うだけで、背中に冷たい汗が噴き出る気がした。それなのに、不自由なまま、わずかに身動きする度に、ブラの中で布地とわずかに、こすれるように胸が揺れる。その揺れる胸の動きが、なぜか、強く意識されてしまうのだ。
先端から、真菜が味わいたくもない、甘い刺激が生み出されてしまうのが恨めしい。

「ほら、久々の再会に、久々の改造ごっこだよお姉ちゃんは、縛られているから仕方ないんだ。
は、好き放題に、弄られる」
捕らえられた捕虜っと、脇腹を撫で上げる指を感じた。
贅肉のない、ピンと張りつめた脇腹を、巧が爪先だけで撫でしげたのだ。
イヤイヤをした。
屈辱と、くすぐったさ。
そして、決して認めたくないが、甘やかな刺激。
「ほら、どう、お姉ちゃん、感じる?今日はたっぷりと感じさせて上げるからね」
何で、そんなことをされなきゃだめ!やめてったら!目一杯の声を張り上げよぅとするのだが、塞がれた口ではもごもごした声にならないうめき声が漏れるばかりだ。
そうそう、せっかく撮る、このビデオだけどね。僕の宝物にしておこうと思うんだ。たけど、もし、お姉ちゃんが、暴れたりしたら、いくらなんでもお義兄さんも起きてくるかもしれない。ううん、近所の人が気にするかもしれないよね
「むぐう」
ガムテープの中でうめきを漏らした。再び、脇腹を甘やかな刺激が襲ったのだ。
真菜は、いやあと、叫んだつもりだったのだ。
僕、逃げなきゃいけないよね
そうなったら、さらさらとした指遣いが、
ね、宝物にする前に、真菜の二の腕をたどっていた。
びりびりした、甘やかな感覚が、真菜の背中に響いてくるなんで、ああ、なんでなの、身体が敏感すぎる耳元で囁く巧の声は、どこか妖しげな淫猥さを持っている気がした。
「途中で逃げ出すくらいなら、このビデオを、僕だけのモノにしないで、みんなに見てもらおうかなぁって」
え、どういうこと?
ブラの肩紐だけが残って、むき出しになった、白い肩がヒクリと震えた。
つきながら、さらに真菜を驚かす言葉を続けた。
あのさ、今、自分で撮ったビデオをネットで公開できるのって知ってる?
巧の指先が、ねっとりと、肩紐に絡みさすがに、その程度のことは知っていた。
まさか、そこに、今撮っているビデオを載せるというのだろうか。
真菜の身体は凍り付いたように硬くなった。
「大丈夫,お姉ちゃんさえ、協力してくれたら、誰にも見せない、僕だけだよ。おっと、こいつも見てるけど、クチの硬いヤツだから心配ない。お義兄さんだってよく寝てるよ。お姉ちゃんさえ、協力してくれたら、誰にも知られない。みんな上手くいくからね」
ネットリした巧の声に、真菜は怒りを越えて、不気味な恐怖を感じ取っていた。

ふぇざあぐう、だめえ、やめて、もうやめてぇ白い身体に脂汗を流していた。
視覚と自由を奪われた真菜をからかうかように、身体のあちこちを、何かが這い回っていた。
それは、巧が両手に持った、羽根ぼうきだったのだが、恐るべき微妙さで撫でつけてくる感触は、くすぐったさと、そしてなにがしかの、感じてはならぬ快感をもたらす。
おまけに、首に、腕に、太ももに、そして、脇腹にと、自由に場所を変えてくるから、見えぬ真菜には、身構えような「だいぶ良い感じだね。うん、同じ絵をずっと撮っていても仕方ないな。よし、ビデオはちょっと中止。そのまま三脚で撮っていればいいからおまえも来いよ」
おまえも、って、やっぱり誰かいるのね自分の家の中に、自分が見知らぬ誰かがいるなどということは信じたくはない。
寄ってくる、ほんのわずかな空気の動きを、真菜は全身で感じている。

マジックミラーギロチン 〜見えないといつもより感じちゃう〜

遂にキタ!大人気AV女優おみくこと青山未来ちゃんがカリビアンコムで無修正デビューしちゃいます〜!早速インタビューをすると、最近ハムスターを飼い始め観察してるらしい。動物園も一人で行って、ぶらぶらしてるんだって。そんな動物愛好家の未来ちゃんのプリプリオマンコを今日はジックリ観察させていただきます。しかもマジックミラーギロチンでね!
動画:マジックミラーギロチン 〜見えないといつもより感じちゃう〜

しかし、忍びやかな気配が近両耳が、密やかな絹擦れの音を聞く間もなく、人が実在するのを示していた。
真菜のヘソをくすぐる羽根が増えたのは、紛れもなく
もう一4本の羽根箒を同時に使われて、真菜は、身体を硬くして、ひたすら耐えるしかないのだが、を次々と襲われては、縛られた身体を身もだえさせるだけだった。
思いも寄らぬ場所もはや、事実は、始まって、その苦行がどれだけ続いているのかも分からなくなっていた。
1◯分も経っていないのだが、真菜にとっては、それが、何時間も経ったようにも感じたし、抵抗しようという気力を奪うには十分な時間でもあった。
「お姉ちゃん、騒がないって約束するなら口のテープを剥がしてあげるけど、どう?」
もはや、大声を出してどうにかしようとする気力は残っていなかったおまけに、追い詰めた身体が空気を要求していた。口を塞がれたままでは、喘ぐような呼吸をすることもできないのだあいかわらず、嬲るような羽根の動きを、一刻も早く止めて欲しいと、そればかりが頭にある真菜は、と、懸命に肯くしかない。
だめえ、お願い、騒がないから、ああ、早く、早く止めてぇ!もうだめぇ

「ははは、だいぶ、真菜姉ちゃんも参っているみたいだね。じゃあ。剥がすけど、その前にね」
え?あ、だめコクコク今まで忘れていたが、下着姿なのだ。
巧みの手が、素肌にあたり、胸の谷間のブラに指をくぐらせてくる。
次の瞬間、無防備な胸を、それでも頼りなげに覆っていたブラが、いきなり、肌から持ち上げられたかと思うと、ブチつという音がして、胸を締め付ける力がいきなりなくなった。
INNKn·え?ああ!いやぁしブラが取り去られてしまった。
乳首までもが、部屋の空気を感じていることに、真菜は絶望の悲鳴を上げていた。
かすかに、シャキッという音がして、スッと腕から抜けてしまったということは、ヒモが切られてしまったのだろう「おお、これはぁ、すっごい。
お姉ちゃんのオッパイ最高つス。
改造ごっこ、最高っス」
感極まった声を出しながらも、巧は、いきなり素手で触るのではない。
のオッパイを集中的に責めたのだ。
ああ、あう、はぐう、だめえ、ああ、はう、く、苦しい、息がただ、羽根箒を使って、こぼれ出た両方重力に逆らって形を保ったままの白い乳房を責められては、たまらなかった。
てこないが、直前まで撫で上げてくるから、その度に身構えなくてはならない。
ツンと尖った乳首にこそ、触れおそらくは明るい部屋のはず。その明かりの下で、光太郎以外にこんな風に胸を一方的に胸を見られているのだ。
おまけに、乳首へのフェザータッチは、光太郎が真菜を泣かせる最大の武器となる。
夫婦の営みでも、乳首をやさしく指先で転がされ、あるいは舌先で舐められると、途端に真菜はメロメロになってしまう。
真菜の乳首を襲っているのは本物の羽根だった。
おまけに、どんな風に触れられるのか、暗闇の中の真菜には、わからない。
闇からのフェザータッチを、本物の羽根でやられては、真菜にはたまったモノではなかった。
まず、捕虜へのお仕置きからだもんね
これは、裾野から、る。何度も、どこまで我慢できるかなあ。
サラサラと撫で上げてくる感触だって、たまらない微妙な感触で、真菜に甘いシゲキを送り込んでく何度も、そうやって繰り返されて、今度は乳首の寸前で、また最初から。
さ、改造ごっこは、そんな愛撫をJ、まるで、乳首への刺激が焦らされているかのごとく繰り返されると、闇の中に置かれた真菜の甘やかな期待が無意識の中に浮かんでも仕方がないというものだ。おまけに、さっきまで、その羽根は乳首をサラサラとなでつけて、甘い衝撃を身体に覚え込ませていたのだからたまらない。
真菜の意識とは無関係に、乳首がツンと突き出て、ときおり、乳首を羽根の方向に動かそうとしてしまう微妙な仕草は、嗜虐者達を心からわくわくさせる。
だめよ、こんなことで、ヘンになったりしたら、あう、だけど、ああ、これ、ああ、だめ。負けちゃダメ、でもぉ、あう、つ、つらいわこんな辱めを受けながら、不思議と怒りのパワーがわき上がってこないのも、しきりに「改造ごっこ」と囁かれているせいかもしれない。これのどこが「改造ごっこ」なのかと思えるが、あの日の、甘いオーガズムの記憶、子どもの頃の巧との戯れが、どこか、ごっこ遊びの感覚を持ち込んでいるせいなのだろうか。
大人になった巧の、心憎いまでの女を感じさせる手技しかし、今、だったのだ。

カテゴリー: マン汁股間