すっぴん巨乳にうずもれたい!

前回好評だったあの企画がやって来た!すっぴん素人企画第2弾!今回は20歳で田舎系ロリ娘で巨乳のみゆちゃんがマンコを見られるより恥ずかしいというスッピンを公開してもらいます。インタビューが終わり、今回の企画の説明をすると、嫌がってます!なんとか口説き落とし、スッピン披露!さすがに、恥ずかしすぎたのか、中々見せてくれないのですが、やがて観念します。スッピンをさらしながら巨乳を揉みしだかれながら、感じるみゆちゃんは必見!
動画:すっぴん巨乳にうずもれたい!

「ほら、大人の1M遊びだもの、このくらいはね。
そっちの方が簡単なんだからね、どっちが良いの?」
やめて、もうでも、あんまりいうこと聞かないとホントに入れちゃうよ。
「ほら、捉まったお姫様は、改造される前に身動きできずに弄ばれるんだよ」
巧の焦らすような言葉一つ一つが、子宮の奥に響く気がしていた。
身動きできないということがこれほど、真菜の官能を刺激するとは、自分でも知らなかった。
それに「遊び」
と繰り返される度に、真菜の気持ちは、絶望から一筋の希望に向かうように仕向けられていく。
追い詰められた者の当然の心理だった。
いくら真菜でも、この状況で男が女を犯さずに済ますとは思わない。
抵抗しようにも、身動き一つできない上にオンナの身体が、たっぷりと蜜を吐き出してしまっているのだ。
しかし、相手は、身動きできぬように縛られているが、ひょっとしたら、小さいときから可愛がってきた巧なのだという思いがこのまま犯されずにすむかもしれないどこかしら真菜に期待させるのだ犯されないかもしれないごっこ遊び…さっきから、カメラを操作しているはずのもう一人の男は、真菜の意識から消すことができた。
巧の言葉通り、一言も言葉を発しないから、今は、自分を見つめる眼は、少ないほど、真菜にとっては、好ましい以上、無意識のうちに、頭から消し去っていたの本能的なものだったのだろう。
巧が相手なら、それが絶望的な今の真菜にとっての、も、ひょっとして。
せめてもの救いなのだ。
「遊びだから、大丈夫。ホンのちょっとの時間さ。それに、お姉ちゃんは、だよ、それなら、犯されないようにした方が良いんじゃないの?」
縛られているんだ。
どうしようもないん縛られている、どうしようもないという言葉が、なぜか甘美に響いてしまうがなぜなのか、真菜は、自分を責めるがどうしようもない。
「そんな勝手が通ると、あう!」
パンティ越しに、恥ずかしく濡れきった場所を撫で上げられたのだ。怒りを見せた蓮の身体の中を、う甘やかな感触が地響きのように響いてしまった。
「遊びで済ませる?それとも、ダンナさんを裏切っちやった方が良い?」
ズーンといパチンと、軽い音が響いた次の瞬間、「ああ!だめえ·見ないでぇ」
真菜のシンプルで品の良いパンティは、腰の両側で切り離されていた。
真菜が、か細い声で、哀願したのと、ヌルヌルに濡れきった女芯が、部屋の空気にさらされたのは、きっちり同

「きれいだなぁ、ここ」
いやあ、見ないでぇ、だめ普通なら、とっくに爆発させるはずの怒りも、きれいに吹き飛んでいた恐らく、部屋の明かりは付いているはずだった。
自分は目隠しされて、何も見えぬままに、身体の奥底を、しかも、これ以上ないほど、恥ずかしくも、淫らな反応をしてしまった場所をさらしてしまったのだ。
懸命に身体をすくめようとするのだが、もしないそれほど強く縛られている感じもしないのに、両手も両脚も、びくと首を振るのがせいぜいの抵抗で、そのわずかな動きは、見ている二人に、嗜虐的な快感を与えるだけだったのだ「じゃあ、遊びに付き合ってくれないお姉ちゃんがイケナイんだよ、このまま入れちやうからね」
巧の身体が近づく気配がした。
真菜のお尻にはクッションが後ろからあてられている。
思いっきり両脚を広げたこの体勢は、オンナを差し出したのも同然だった。
男がその気になれば、いのだ濡れきった真菜の中に簡単に入ってしまうだろう。
真菜にはそれを防ぐ方法は、何一つな助けを呼ぼうにも、せてはならないのだまさか、この格好で近所の人を呼ぶわけにもいかない。
いや、むしろ、こんな姿を他人に見玄関の鍵が開いている以上、騒いで困るのは真菜の方なのだ。
このまま、どうぞ入ってくださいと言わんばかりの体勢に、真菜は絶望の中で、改めて焦るしかない「やめて、ねえ、お願い、遊びに、ごっこにして、ね。
お願い」
相手が巧とは言え、こんなヒドイことをする人間に、真菜がおもねる口調になるのも理不尽だった。
ごっこ遊びに付き合えば、最悪の事態は防げるかもしれないという思いが真菜を必死にさせるのだ。

素人面接ドキュメント~みゆきちゃん~

ロリロリフェイスの可愛い、みゆきちゃんの登場です!!最初は、喫茶店で面接が始まります。みゆきちゃんの全てを聞き出しちゃいます。そして、ホテルに移動して、みゆきちゃんの服を脱がせながら身体を弄繰り回しちゃいます。おまんこも指マンでガンガン責めまくりビショビショに濡らしちゃいます。さらには、お返しのフェラチオでチンコをギンギンに起たせてもらい、ビショビショに濡れた、みゆきちゃんのおまんこにチンコを挿入して次々に体位を変えながら激しく突きまくちゃいます。最後は、みゆきちゃんの可愛いおっぱいに精子をぶっかけフィニッシュ!!
動画:素人面接ドキュメント~みゆきちゃん~

しかし、
夫以外のモノを、我が身に受け入れるわけにはいかないのだ。万に一つの可能性であったとしても、すがりつかないわけにはいかなかったのだ。
「へぇ、どういうい風の吹き回し?じゃあ、ごっこ遊びの方が良いわけ?恥ずかしいコトをされるのが良いの?」
恥ずかしいコトなんていやあいやいやをする真菜に、巧の声は、たたみかけるように降り注いでくる。
だって、ごっこ遊びだもの。捉まったピンクは、敵の基地で、洗脳されて、ずかしいコトをされて。それでもいいの?
ダメぇ、いやあ、お願い、許して、改造なんていやあ改造されちゃうんだよ。
たっぷりと恥思わずオウム返しにした言葉だったが、巧は、それが気に入ったようだった。
「改造はいやなのかぁ。うんうん、その調子。ちゃんと、ごっこ遊びだからね、このまま、調子が外れたら」
お願い、やめて「調子が外れたら」
調子を合わせてもし目隠しされたしたままの真菜の顔がピタリと止まった。
「二人がかりで犯してやるよ」
いやあ悲しげに、頭を振るしかし、このまま、巧を満足させるべく「ごっこ遊び」
を頑張れば、ひょっとして夫を裏切ることだけは、しなくてもすむかもしれない。
希望が、ほんの少しだけ生まれたのは、巧の作戦なのかどうか。
「じゃあね、まず、改造直前のピンクは、全身を記録されちゃう。ま、オッパイとオ◯◯コを、アップで撮っちゃうとしよう」
「ダメ、お願い、撮らないで、撮っちゃいやあ今さら余計なところを撮っても仕方ないからしかし、カメラは、とっくに真菜の股間に向けられて、液晶画面には、真菜の神秘がアップで映し出されていたのだ人の気配が、恥ずかしい部分に息がかかりそうなほど近づいているのが気配で分かった。
スS、ピンクは、こんなところに黒子があるよ。ほら、ここ」
巧の声が真菜の恥ずかしい場所のすぐ側から聞こえてくる。どうやら、巧まで覗き込んでいるようだ。
イヤーと声を出す間もなく。秘肉の入り口のすぐ脇を指先でつつかれて、真菜の不自由な身体はビクンと伸びる。
どうやら、真菜はピンクと呼ばれるらしい。戦隊モノの女性隊員の定番の色だった。
「えっと、眠っているお義兄さんが、ブルーね。僕はレツだこいつは、けど、どうせ、イエローはカレーを食ってりやいいだけだし」
「はっ!」
グリーンってことにしよう。
一人足りないおもしろ半分に、秘唇をつつかれると、それだけでうめいてしまう。
「ふふ、じゃ、始めようか、4人揃って、しれんじゃー、なんてね」
すっかり、身体が敏感になっていた。
調子よく、自分はレッドになっている。
主人公の色だった。
おそらくは、巧は乾いた笑い声を立てる。
既に敵に捉まったという設定などどこかへ行ってしまったが、

「試練」
場違いな巧の言葉に腹を立を掛けた◯◯レンジャーと真菜は、下手な洒落が、たいそうツボにはまったようで、てる余裕はないグリーンに指名されたカメラマンは、秘裂に惹かれてしまう。
苦笑いを一瞬浮かべたが、すぐに、ライトに照らされて、グショグショの女の秘所を見たことがないわけでもないが、商売女でも、こんなに、しかも、こんなに濡れて、あからさまな姿など見たことがない。
あからさまに見せることなど無いだろう。
本気で濡れた秘唇をむき出しにされて、抵抗すらできない状態なのだ。
まして、相手は真菜だった。
初めて見る、こんなスケベなシーンをアップで撮るのに夢中になって当然だった。

あなたのしらない私「よし、グリーンよ。ブルーに後でこの画像を送ってやれ。
エッチ黒子があるってこと」
う、く、つはつく、あう
知ってるのかなあ、ブルーは。
ピンクのこんなところにきわどいところを指でつつかれると、それが、て、子宮の奥がキュウンとしてしまうのだ。
どんなに腹の立つことであっても、身体の奥に切ない戦慄が走っどうやら、そこに、自分の知らない黒子があると言うことらしい。
それが本当なのかどうかは、真菜自身が、自分のそこをしげしげと見たことなど無いから、あるいは、光太郎なら、それを知っているのもしれないが。
確かめようもない。
こんな恥ずかしいところを、こんな風にじっくり見たがったりううん、そんなこと知ってるはずないもの。彼は、しないわ。ダメって言ったらやめてくれるものしかし、今、夫にも見つめられたことのない場所を、明るい部屋の中で、隠しようもなくさらけ出していまったのだおまけに、ビデオで撮っているという。
目隠しされた闇の中で、恥ずかしい場所のすぐそばに、人の気配がする度、身体の奥底まで見られてしまっている恥ずかしさがこみ上げてくるその恥ずかしさは、真菜の子宮をキュウンとしめつけるような甘い衝撃を次々と作り出してくるのが、真菜自身でもはっきり悟らねばならなかった。

ぶっかけ熟女 8 パート 2

奇跡の美マン熟女にぶっかけアゲイン!フェラでぶっ掛け!オナニーでぶっかけ!そしてちんぽ二本相手にフェラ中のちんぽも離さないまま手マンで潮吹きしまくり、どの淫穴も大忙し!ピストン猛攻で滅茶苦茶になっていくりゅうちゃん! 中にも外にもゲリラザーメンぶっかけ特盛り汁ダクだっ!
動画:ぶっかけ熟女 8 パート 2

もはや巧の眼を意識する度に、股間の気配を意識する度に、恥ずかしい声を出さないようにこらえるので精一杯なのだ。
「ほら、ピンクよ、ブルーは知っておるのか、と聞いておる」
あ、はうう、あう、な、何をお「このHぼくろのことじゃよ」
「し、知らないっ」
光太郎が、自分の恥ずかしい場所を、こんな風にじっくり見たことはない。
見たがるはずもないわ。こんな恥ずかしいところもちろん、それは真菜の勝手な思い込みだ。愛する女性の全てを見たがらない男なんてイナイだろう。
実際、見たくてうずうずしているし、実は、真菜が寝ている間や、舌を遣っている合間にも、ちょこちょこ見たことはあるが、こんなにあからさまに見たことはないだけだ。
しかし、考えるよりも早く、夫が知っているかどうか、知らないと、真菜は答えていた。
巧だって、そんなことは先刻ご承知の上で、さらに真菜の羞恥を広げようとしているのだ。
ふふ「ほほう、知らないのかということは、ピンクの秘密の黒子を知っているのは、我々だけと言うことになる。
49夫の知らない妻の秘密ってヤツを、ピンクは知られてしまったというわけだなぁ、ぐふふ」
わざと下卑た笑い声を聞かせると、広がりかけて、濡れそぼった大陰唇は、何かをくわえ込むようにヒクリと動グリーンは、こんなにも猥褻な、初めて見る光景に目を丸くして釘付けだ。
あう、もう、恥ずかしくて、あう、お願い、もう、やめて、見ないで「始まったばかりだぞ、ピンクよ。もっと、がんばらねば。それとも、見るだけなくて、か?そんなに淫乱では、ブルーに顔向けできまい」
「そ、そんなことお、み、見ないでほしい、だけよぉ」
「今、弄れば、あっという間に、また恥ずかしい、昇天姿を見せることになるぞ」

早く弄って欲しいというのしょうてん、という言葉は、すぐに、真菜には変換できないが、ことくらいは、すぐに分かる。
「いやあ、だめ、だめ、そんなこと、やめてえ、さわらないでぇ」
それがオーガズムを指しているんだろうと言う身体の中に、熱が籠もった気がした。
子宮の奥に熱い固まりがあるのだ。
光太郎との、大人しいセックスでは味わったことのない、危険な快感の予兆だった。
かつて、縛られただけでオーガズムに達した真菜の、被虐の素質が呼び覚まされようとしているのだ。
もちろん巧は、真菜の羞恥を徹底的に責め上げて、真菜自身すら意識から封じ込めようとしてきた被虐の素質を呼び起こそ
うとしているのだが。
「あうう」
熱い視線を受けた場所を、秘毛をサラサラとなでつけるように、それにしても、意外にボウボウじゃなあ指が這ったのだ。
サワサワと何度も秘毛を撫で上げられて、真菜は悲鳴を上げてしまう。恥ずかしさと、こみ上げてくる快感に真菜の頭はいっぱいだ。
ああ、だめえ、あう、そこは、あう、明日、あん、処理しようとお、あうう、思ってたのにぃ教育実習が終われば、来週からプールが始まるのだ。脇の下は、れば、こっちの方の処理は、ついサボってしまう真菜なのだ。
ちゃんとしているが、水着になることでもなけそこをずばりと突っ込まれると、オンナとしての別の恥ずかしさがこみ上げるのも当然だった。
こみ上げてくる恥ずかしさにはどこかしら甘美な衣がまとわりついてるのだ。
「よし、手術の前には、テイモーがつきものだ。では、いまから、ピンクのテイモーを行う」
ディモーって…
「ここの毛を剃っちゃうことだよ、お姉ちゃん、いや、ピンクよ」
さらりと秘毛を撫でられながら、声にならない悲鳴を上げたのは、快感を我慢しているせいだけではなかったの「ほら、動くと怪我をするよ」
やめて、ね、やめて、そんなことお
ほら、大人しくして。まず、ぼーぼーの毛をざっと切りま「いやあす」
激しく嫌がりながらも、そこにはさみが使われていると思うと、動けぬながらも、「お願い、やめて」
「おい、ちゃんと撮っておけよ。剃毛シーンなんて滅多に撮れないからな」
身を固くするしかなかった。
ジャリ、ジャリと、わずかな振動と、湿った音がしている。
らと切り取られていくのがわかるぼう、くぅ、そ、それ、ね、それは