リアルお嬢様の私生活拝見!

ロリカワ少女、遠藤あずさちゃんのひとり暮らしのお部屋にお邪魔しちゃいます。なんと、あずさちゃん高級マンションにひとりで暮らしてるんですょ!!早速、あずさちゃんのお部屋に潜入して、シャワーを浴びる、あずさちゃんにフェラチオしてもらい、ベットに戻り玩具でおまんこガンガン刺激して感じまくりのあずさちゃんにまたまたフェラチオでチンコを大きくしてもらい、ヌルヌルになったおまんこにドーンと挿入して激しく突きまくちゃいます。リアルお嬢様、あずさちゃんのマジSEXを得とご覧あれ!!
動画:リアルお嬢様の私生活拝見!

「本番」という言葉の意味を、真菜は正確に理解した。
怒張を美肉に挿入することを「ホンバン」というのだ、などと知らなくっても、巧のはしゃいだ声が、全てを語っていた。
「ダメぇ、それだけはぁ、だめぇ」
弱々しくだが、必死の気配のこもった懇願だった。
子宮が美肉が、いや、女の肉体そのものが怒張を求めていても、妻として、それだけは許してはならないのだ。
「大丈夫だよ。
お姉ちゃん」
巧が、目の前に跪く気配がある。
さっきまで口淫させられていた、あの、どこまで長いのか分からない、巨大な物が、今にも突き刺さってくるかという恐怖がある「ダメ!やめて」
巧の指が、二本重ねられて、「あう!いやぁ」
ぬぷりとぬかるみを軽くかき回した。
たったそれだけで、ネットリした淫声をこぼしてしまう。
確かに、これ以上、身体を弄ばれるのは嫌だった。
それは真実。
しかし、真菜の身体はさんざんに焦らされていた。
オスの欲望を飲み下した身体は、灼熱のオーガズムを求めずにはいられないのだ。
熟した身体をかき分ける、熱い固まりを求めてしまうのは、オンナの本能にすり込まれたサガだった。
ホンの1◯回だけ。
ね、お姉ちゃんが、それで、声を出さなかったら、それで「大丈夫生涯の宝物にするからね。
やめるから」
指が離される。
指の次は…ダメ、ああ、でも、おかしくなっちゃいそう、1◯回って、ああ、1回だけなら…ダメよ、そんなの。いったい何を考えてるの。絶対にダメ
そんなオカシクなっちゃう、でも渾身の気力を振り絞って真菜は拒絶の言葉を口にする。
「ダメに決まってるでしょ。タクちゃん。私、夫がいるのよ」
あれ?じゃあ、夫がいなければいいの
違うの、そう言う問題じゃないのあぁ、あうう、そうよ、夫がいるのに、他の人とするなんて、絶対にダメ、ああ、でも、く、苦しくて…いやよだめえ、ああ、でも…

「大丈夫、あの頃に戻ろうよ。里に僕もお姉ちゃんと一緒に住めた頃の、あの時にさ。お姉ちゃんを、初めて縛ったあの頃に、ね」
「ダメなのお、タクちゃん、ダメダメダメ」
懸命に首を振るが、かといって、大声を出して抵抗する力も残されてない。
いや、きっぱりと拒絶できているのか、真菜自身が分からなくなっているのが不思議だった。
秘唇に、熱い気配が近寄ってくる。
「あーだっ、あうう!」
ダメ、と言おうとした瞬間、光太郎のモノしか知らない真菜の秘唇に、巧の膨れあがった先端が、ヌルっと触れたのだその瞬間、真菜が思ってもみなかったほどの快感が固まりとなって背中を貫いて、真菜は仰け反ってしまった。
仰向けになった真菜の顔は、懸命に唇を噛みしめていて、ほとんど、最後の意地のようにして甘い淫声をかみつぶしていた。
あう!すごい!でも、ダメぇ、入れちゃ…くわっと眼を見開いた真菜が、最後の懇願を吐く前に、一気に、巧の怒張は真菜の奥ましかし、目隠しの奥で、置いてしまったのだ。
うつ、くつ
真菜の美肉も子宮も、とっくに欲しがっていたのだ。
身体の奥まで届いた怒張は、コントロールができないほど痛烈に貫く快楽の電流を生み出した。
子宮が持ち上げられた気がするほど、身体の奥底まで届いてしまった。
長大な巧の怒張は、その瞬間、なお、あまりある長さだったのだ。
真菜の子宮口にまでたっして、オーガズムの津波が駆け抜けていってしまた一気に埋め込まれた、感じたことの無いほどもっと欲しくなってしまう種類の背中がヒクヒクの仰け反って、の快感なのに、そのくせ、ちっとも快楽だった。

何も知らずに・・・

今回はなんと18歳のロリ系の童顔りこちゃんが登場!しかし、身体はロリでは無くはち切れんばかりの巨乳の持ち主です。インタビューを軽くした後は、フェラチオをしてもらうのですが、これもまたエロイフェラチオをしてくれて、一向にチンポを放す気配もありません。もう興奮した男優は、すぐさま生ハメしちゃいます!ガンガンに突かれて、おっぱいをブルンブルン揺らしながら喘ぐりこちゃんはマジでヤバエロ!後半はさらに玩具を使ってはめちゃいます!お見逃しなく!!
動画:何も知らずに・・・

あうう!すごいい!いい!満たしてくれない、いや、一度感じたら、懸命に声を學のだけは、こらえていた。
むしろ、一度、オーガズムに達してしまったからこそ、嬌声をこらえられたのかもしれない。
背もたれの後ろから伸ばしたヒモに、しっかりと縛り付けられている真菜の白い手が、何ものかを掴もうとして、目一杯広げられた後、無念を語るように、握りしめられ、そして、力が抜けるようにゆっくりと広がる衝撃が真菜の中を駆け抜けるのを、たっぷりと楽しんで、巧はじっとしていた。
あまりにも余裕のある動きだ。
オトコが、余裕を持って責めれば、陥落寸前の女体など、面白いように操れるに決まっていた。
真菜は、真面目で潔癖だったが、持って生まれた豊かな性感を持っている。人妻として、既にしっかりそれが開縛られるだけでも濡れてしまう、真菜の奥底には潜んでいるのだ。
という、発されていた。その上、されてしまうマゾ性が、ひとたび受け身になったら無限の快楽を絞り出こんな風にオンナの反応をじっくりと楽しむ相手にだったら、どれほど乱れてしまうのかわからない。
真菜だって、それをうすうす知っているからこそ、光太郎とのセックスは、努めて控えめで、ノーマルなモノにしようとしてきたのだ。
なにしろ、夫に、淫乱だと思われれば、生涯の伴侶に恥ずかしさを感じなくてはならない。
決して夫に知られてはならないのだ。
しかし、これまで無事に隠し通してきたはずの、秘められた真菜の真実が、夫以外の人間の手で、いや、その肉棒で、ムリヤリ引きずり出されそうな恐怖があった。
身体を満たした圧倒的な肉の感触は、たのだ。
どこまで真菜が自分を守れるのか、絶望させるには十分すぎた存在感だっオーガズムに一度持ち上げられた後も、落ち着くことを許してはくれない。
お姉ちゃん、感激だよ。お姉ちゃんのナカ、あったかい動いてるよ、お姉ちゃんも、

「だめぇ」
気持ちいいんだね
それ以上は言葉にならない。
抜いてと言おうとしたのだが、奥までたっぷりと満たしている怒張が、それを許さうかつに口を開くと快感のうめき声を上げてしまいそうなのだ嫌、何よりも、真菜の肉体自身が、抜いてと口にするのを許してくれないのだ。
うっかりすると、真菜の熟れた肉体は、理性を裏切って「もっと」と口走ってしまいそうなのだ。
ごめんなさい。
あなたぁ、ああ、だって…
夫を裏切ってしまった。
罪深さに恐れおののくしかない。
しかし、一方で、縛られて一方的に犯されたと思える真菜にとって、その罪の意識すら、甘いフレーバーとなって官能を押し上げてくるのだ貞淑な妻が、急速に崩壊しようとしていた。
ああ、こんなことって、あう、あなた深々と入れたまま、動きまでしてくれるのだ。
巧は動かない。
動かなくても、真菜の秘唇が、ヌメヌメと蠢き、時には、キュッとすぼまるじっくりと、真菜の感触を楽しんでいる巧が落ち着いている分だけ、真菜の方は追い込まれてしまう。
光太郎の笑顔を思い浮かべてこらえようとするのだが、ぬらリぬらりと、脳裏に描きかけた笑顔は、怒張がわずかに動くだけで簡単に白い閃光に変わってしまう。
ああ、だ、だめ、に、なって、あう、だめになっちゃう、もう、ああなんと言っても、ヌメヌメと濡れそぼった美肉が奥まで満たされているのだ。巧の長大な怒張は、出し入れする動きをしなくても、真菜のヒダヒダを刺激し、子宮の入り口まで届く、圧倒的な存在感で、まさかのよぅに大きな性感を呼び起こしてしまう。
じっとしていられるだけでも、快感の電流が何度も、なオーガズムを覚えてしまっていた。
何度も、頭に届いてしまう。
身体は、ついさっきの圧倒的その分だけ、真菜の理性は、形勢が不利なのだ貞淑な妻の理性は、フライパンの上のバターよりも急速に、蕩けて、ふつふつと泡立っていくしかない。
おまけに、巧は、深々と貫いて安心したのだろう。

縛られたがるヤンデレ女子

「わたしのこと縛ってもらってもいいですか?」と内股で制服姿で現れたロリ巨乳の夕城芹ちゃん。縛って欲しいなら縛ってあげましょう!ということで、縛り甲斐のある芹ちゃんのむちむちなエッチなカラダを縄で縛って拘束プレイスタート!おねだり上手な芹ちゃんに極太バイブに電マ責め、更に手マンで潮を吹いて絶頂アクメに酔いしれる!縛られる快楽に溺れたド変態な芹ちゃんのエッチな痴態をご覧あれ!
動画:縛られたがるヤンデレ女子

膝立ちの不自由な姿勢のまま、器用にも、胸の先端を刺激してくるそれは、時に、指先で転がされ、時に生暖かいペロペロとされ、時には尖った歯が、やわやわと甘噛みしてくる。
いつの間にやら尖りきってしまった先端から、鋭い快感が生み出され、それが、怒張を無か入れた美肉と鋭くっながってしまう「ほら、ピンクのナカは、ちゃんと改造されてるよ。温かくて、ぬるぬるで、これ以上ないほどいやらしく動いてる」
うっ
口を開けば、言葉ではなく嬌声になってしまいそうなのを恐れたのだ。
イヤといいたいのだが、「掴まっちゃったお姫様だよ。
掴まっちゃったお姫様は、乳首をツンと弾かれると、セックス奴隷に改造されちやうんだよね」
声を我慢するので、それすら気がつかないほど追い込まれていたのだ。
イヤイヤと首を振るが、のけ反って、かろうじて、精一杯だった。
いや、絶えず、小さな声が漏れていたのだが、「ほら、仕方ないんだよ。お姉ちゃんは、んだよ。ほら、こんな風にされても」
「はぐう」
掴まっちやったんだから。
僕の思うまま。
奴隷にされちゃった。
動けないぐっと、胸を絞り上げて、先端をチュッと吸われた。真菜は、歯を食いしばって耐えるしかない。

そのくせ、自由を奪われて、巧の思うがままにされていると思うと、それだけで、快感が増幅されてしまうのを否定できなぃ縛られて、濡らす。
濡れたところに、深々とオトコに差し込まれ、乳房を吸われるたったそれだけだ。
それだけのことなのに、声を我慢するだけで、精一杯なほど感じてしまっている自分がいたのだ。
もはや、どうすればいいのか、真菜にはわからない。
一方で、それを無視して灼熱の快楽を与えて欲しいと願っただ、早く過ぎ去って欲しいというむなしい願いと、ている真菜のオンナがいた。
ほらほら、どうこれ「あっ、くつ、やめ、たくちゃ、あうう」
「あれ?感じてるね、お姉ちゃん」
らが…はう!
違うと言いかけた瞬間、巧が大きく動いたのだ。
懸命にクチを閉じたが、大きくのけ反った真菜の悲鳴に近い言葉は、感じている声そのものだっただろう。
だが巧は、その程度では、満足しなかった。もちろん、完全に屈服する声を出せる自信があったのだ。
「1回目。お姉ちゃん頑張るね。でも、こっちは、すっごくしめつけてる。うれしいよ。感じてくれて」
もう、口を開けば、ピンク色の声しか出ない。
黙って首を横に振るしかないのだ「さあ、2回目だよ。
グッと入れるからね」
わずかに動かしてから、言葉で予告されるだけで、真菜の身体は、甘い予感におののいてしまう。
ダメ、感じてはダメよ、我慢よ、頑張れ、ワタシ!え?あれ?え、あうううそっ!
快感をこらえようと身構えたのだ、ところが、一瞬だけ巧はズラしてから、ゆっくりと入ってきたので、た分だけ、気持ちがはぐらかされ、かえって快感を大きく感じてしまったのだ。
身構えヒクヒクと怒張を締め付けてしまうのを止められない。
微妙に怒張を迎えに行ってしまう。
いや、腰までもが、真菜の意思を裏切って、ウネウネとゆっくりと入ってきた怒張が、また、真菜のナカに深々と収まってしまった時、りが背骨を貫いて、頭の中に吹き上がってしまった気がした。
どうしようもない、何かの固ま快感の津波だった。
縛られる姿を想像しながらのひとり遊びで到達するオーガズムをとっくに飛び越えていた。