チャットで知り合った中華むすめにドッキリ決行!

今回はチャットで知り合った、チャイニーズビューティーのルルちゃん。以前からチャットでやり取りしてて、今回はエッチな事をする約束を取り付けてます!車内では男を誘惑するように、下着をチラチラ見せてきます。ホテルに着いて、洋服を脱いで貰い、巨乳が露わになります。おっぱいをワシ掴みして、オナニーを見せて貰い、マン汁溢れるマンコをジュパジュパ舐めまわします!チンポを差し出せば、美味しそうにフェラチオしてくれるし、最後は大きく膨らんだチンポをキツキツマンコにぶち込んで中出ししちゃいます!
動画:チャットで知り合った中華むすめにドッキリ決行!

うわっ、どろどろ室内の空気に冷やされ、ほんのりヒヤッとしたが、くちゃりと押しつけた瞬間から、秘唇の熱表面は、が伝わってくる。
早くも、真菜のぬかるみに、すぐ脇で、悠然とこちらを見ている男の精液が混ざっているはずだった。
しかし、光太郎には、いささかもひるむ気持ちは生まれない。いや、男に汚された真菜の美肉を、今こそ、知りたいという思いだけでいっぱいだった。
ズルッ。
いつものような抵抗感がないのは、気を失っているせいなのか。
あるいは、巧のものにさんざんに蹂躙されて、締め付ける力を失ってしまったのか。
いくぶんは、巧のものより太く、しっかりと張り出しているはずのカリの部分もあっさりと真菜に飲み込まれてしまう。
ぬるぬるだ。うん、こんなに濡らして、でも、中はいつもと…いや、これは!光太郎は、愕然としていた。
スワッピングということを、話には知っているどころか、その種のサイトまで、実は見たことのある光太郎だ。
そもそも他のオトコを知った妻の身体が何一つ変わっていないことを確かめるのは、スワッピング初体験の夫は誰もがすることらしいとは知っている。
妻の身体が自分以外の男を記憶してもちろん、確認することになる。
その倒錯した欲求は、どこかしら違和感を覚えてしまうことを嫉妬の炎が燃え立って、さらなる夫婦の愛をかき立てるのだという。
光太郎も確かめようとしていたのだ。
しかし、そこには、違和感どころの変化ではない妻がいた。
これ、長い年月の、度重なる交合の内に、は、変わってくるのだという。
うわ、おい、ほんとに真菜なのか…おい、夫婦の性器は、それなりにしっくりするカタチに変化するものだという。
特に女性の「ナカ」
長年、知っているはずの真菜のナカは、違う女のそれだったのだ。
こ、これは、こんなに濡らして、でも、濡れてるだけじゃない、何だ、この動きは?知っているはずの美肉は、光太郎をびっちりと隙間無く包み込んでくる。その上、とわりつくようなうごめきがナカで始まって、最高に気持ちいいと思っていた。
思いっきり感じてくれば、まそれなのに。

光太郎とさして変わらぬ太さとは言え、さんざんに蹂躙された美肉の締め付けが緩くなるのなら、それはそれで分かることだった。
しかし、今、美肉のナカに、別の軟体動物が何体もいるように、ヌメヌメと怒張にまとわりついてくる。締め付けそのものは、決してきついとは言えないが、その緩みがある分だけ、軟体動物が自由に蠢いて、光太郎を包み込む全ての肉が、快楽を生み出すのだ。
これは、気持ちいい、真菜、いつたい何が起きたんだ妻の美肉が驚異的な変化をしたことに驚きながらも、味わっていた。
感じたこともない様なうごめきに、腰が蕩けそうな快感をじっと、オアズケ状態のままだった怒張は、爆発を要求していた。
れほど絶妙に締め付ける美肉は初めてだ。
く、あ、あいつが、これを、これを味わっていたのかどのみち長く持つはずもない。
おまけに、こ蕩けそうな快感に、男の欲望が、ともすると早く引き金を引きたがるが、男としての嫉妬が、相変わらず、身体をくっつけないように気をつけながら、大きく腰を使い始める。
再び、美肉の中をかき回されれば、快楽の余韻冷めぬ身体が反応しないはずがない。
それを許さない。

素朴素人~ヴィ○だ~い好き~

ロリフェイスの山吹かおるちゃんの登場です!!最初はデートを楽しみ、ホテルに移動して、早速服を脱がしちゃいます。そして、ローターでかおるちゃんのおまんこをガンガン刺激しまくちゃいます。お次は、かおるちゃんがお返しのフェラチオでチンコを一生懸命舐めてギンギンに起たせてくれます。そのギンギンチンコを指マンでグチュグチュに濡れたかおるちゃんのおまんこに挿入して、いろいろな体位でガンガン突きまくちゃいます。本当にエッチなかおるちゃんのイキっぷりはたまりません!!
動画:素朴素人~ヴィ○だ~い好き~

「え!あう、またなんて、あう、もう、許してぇ、あう!あう!」
目ざめるのと、「あふう、官能の色の濃い声を上げるのは同時だった。
ああ、あう、あう、だめぇ」
腰を使う度に可愛らしい声を噴きこぼしながら、自然と腰がうねっている。
光太郎は、光太郎でうめきをこらえないといけなかった。
Inああ、これ、すごすぎる
淫声を上げた瞬間から、ヒダヒダの全てが、怒張めがけて殺到するようにまとわりついてくる。
思わず、一気に出してしまいたい欲望が光太郎を襲撃するが、男としてのプライドが、かろうじて早すぎる放出をこらえさせていた。
その時、
え?あう、真菜の首が、いったん持ち上がり、見えぬ目を凝らすような仕草をした。
た、たくちゃん?ね?あうう、ね?たくちゃんじゃ…あん!
怯えた表情をする間にも、のだ色気のある声は止まらない。
しかし、真菜は、相手が巧ではないことを敏感に察した
「なんだい、ねえちゃん」
巧ののんびりした返事は、ベッドから1メートルも離れたところから、真菜にだって、今、自分に乗っている男が巧ではないことに気がつく。
え?あうう、いやあ、あう、いや、いや、もう、いやあ!誰、誰なの!
ぼんやりと帰ってくれば、目隠しをした相手が巧なら良いというものでもないが、一度身体を許した相手に、慣れが生じて当然だった。
夫でもなく、巧でもない誰かに挿入されながら、真菜は怯えと快感の狭間で、どうしようもなく身体が震え出すのを止められなかった。
しかし、それこそが、成熟した女が覚える快楽のプレリュードだと言うことを身を以て知ることになる。
激しい快感が身体を次々とわき上がっている。
「あうう!」
我慢しなきゃいけないのに。
真菜は、ちっとも言うことを聞かない身体を呪うしかない。
「はうう、あう!」
立て続けに、淫声を放ってしまっていた。
これほど淫らな快感に満たされてしまった以上、夫に合わせる顔など、あるはずがなかった。

拒めなかったなんて巧に犯されて、拒めなかった。
いや、それどころか、今まで感じたことのない「肉欲」に負けて、最後は自分から求めてしまっていた。
真菜の人生で、あってはならないことだった。
いや、夫以外の怒張など、金輪際、二度と他のオトコを受け入れてはいけないはずなのに。
それなのに、見ず知らずの男が、今、自分の身体に入っているのだ。
許せることではなかった。
しかし、オンナの身体は、一度受け入れてしまったオトコをはじき出すことなどできない。
怒張だけがつながっていた。
オトコの身体は感じないけれど、秘所に目一杯、巧とは違うオトコが入り込んでいた。このままじゃ、抜かなきゃ手足が動かないままでは、どうしようもないかもしれない。
それなのに、目一杯怒張を受け入れたまま、真菜の股間は、閉じられなかった。
でもせめて、拒否の動きはできるはずだった。
もっとと言いたげに広がりきっていた。
せめて、拒否だけはしなくっちゃ。
言わなくっちゃ、抜いてって
抜いてと言おうとするけれど、怒張を動かされる度に、何か鋭い錐のようなモノが腰から背中を貫いて、一杯広げたこの形をくずせない。
ううん、オトコの身体に、これ以上触れたくないからよ脚を目自分に言い訳しながら、さらに身体を広げていた。
腰がヒクヒクと蠢いてしまう。
オンナの哀れさを思い知らずにいられない。
それなのに、さっきから、ほとんど下降していない性感が、突き抜けるような鋭いきらめきを放ちながら、しきりに脳髄を蝕んでいた。
くちゃくちゃと湿った音とベッドが軋む音が響くなか、真菜の淫らな声は、媚びるように、少しも押さえることができないのだ。
「あう!だめ、お願い、あうう、あおおおおお、あうううううつうう」
怒張だけを侵入させているオトコにやめてと言いたいはずなのに、既に「抜いて」と言えない自分がいた。
腰を突き上げ、ストロークする間に、腰を振っていた。
あろうことか、男が突き入れてくる度にまるで、淫乱女のセックスのように、快感をむさぼってしまう自分が止められないのだ。
してはならないはずなのに、オンナの本能がそうさせずにいられないのだ。
いや、あう、また、あう、あう、真菜の切羽詰まった声は、またよ、逃れようのないオーガズムが迫ったことを、

AV女優さんに撮影後にエッチを求めたらどうなる?

AV女優さんに撮影後にエッチを求めたらどうなるんだろう〜?という事で撮影スタッフが有賀ゆあちゃんにエッチのガチ交渉!スタッフはゆあちゃんの控室で仕事の話をしつつも少しずつ下ネタの話題に。そしてスタッフとの話で徐々に打ち解けてきたゆあちゃんに本腰入れてフェラの交渉!断れなくなったゆあちゃんは、「口では出来ないけど、手だけだったらいいよ」と渋々オーケー。ゆあちゃんは、スタッフの硬くなったチンコを擦っているうちに職業柄か口を開いてフェラしたそう。スタッフは、「お願いですっ、フェ、フェラしてください〜」とゆあちゃんに交渉すると、ヨダレを啜って「ちょっとだけだよ」と嬉しそうに尺っちゃいます!
動画:AV女優さんに撮影後にエッチを求めたらどうなる?

「あ、あう、ああ、だ…」
聞く者、全てに分からせる響きを持って一気にスパートをかける光太郎も、もはや限界が迫っていた。秒の単位で、放出が待っている。
うわぁ、なんていやらしいんだ。締め付けが、うんこれ、まさか、ミミズ千匹とか言うヤツか、いや、それなら、
こんな風に何段にも締め付けてこないだろうし、いやいや、そんなことはどうでも…ああ、持ちそうもない背中を射精感が駆けしっていた。
「あう、あう、い、いく、いく!」
間に合った。
真菜の背中が猛烈なブリッジを造る。
ヒクヒクと、何段にもなる締め付けは、強烈なクセに、軟体動物がうごめくようなヒダの動きは一向に止まらなほら、あ!真菜、いけ、いけ、逝ってくれ、そうだ、そのまま、さっきより、もっと強く!ああ、出る、出すぞ、真菜祈りを込めた光太郎の怒張は、真菜の美肉の中でドクドクと精液を放出していた。
ビクン、ヒクンと美肉が、包み込みながら収縮し、男を搾り取る動きをするのは、真菜自身の快感に直結してい「あ、いくう!いく!いっちゃう!あ中あうううう!」
身体の中でドクドクと何かが流れ込んでくるのを真菜はその瞬間感じ取っていた。
嫌悪を感じなければならぬ、その感覚は、オーガズムをさらに、さらに、どうしようもないほどの快感を膨らませていたオーガズムの浮遊感は、身体が浮き上がってどうしようもない不安感を与える。
「その瞬間」は、やはりオトコに抱きしめられていたいと、本能が告げていた。
ああ,2もはや、理性は働いていない。
真菜の縛り付けられた手足は、思わず目一杯伸ばされる。わずかに届いた身体を引き寄せ、真菜に引き寄せられたオトコが、一気に身体を重ねてくる。
怒張がさらに深く入ってきた。
抱きついていた。
あう、感じるう確かに射精したはずなのに、さらに大きくなった気がした。
巧の怒張に合わせるかのように、引っ込んでいた子宮が降りてきていた。
その動きすら、真菜の快楽をどうしようもないものにする。
ああ、淫らなの、誰ともしれぬ相手に、ワタシ快楽をむさぼろうとする自分の身体が恨めしいクセに、最高の快楽が、幾度も幾度も身体を駆け巡っていた。
いつまでも降りることを許されぬ絶頂のナカで、意識が、また遠くなろうとしていた。
その時だった。
快感に蕩けている真菜の脳裏に急速に何かが浮かんできたのだ。
え?何、この感覚、何なの、思わず相手を抱きして、これってあまりにもしっくりしていることにビックリしたのだ。

あん、あう、あう2そのくせ、鋭い快感を掘り起こしてくる。
登りつめた絶頂から、なぜか少しも降りられない。
硬いままの怒張は、再び、真菜の美肉をかき分けすぐ答えが出るはずなのに、頭がピンク色の霧にそまって、
でも、これ、あう、あ、また、感じて、逝っちゃうぅ
快感ばかりが真菜の能を占領してしまう。
もはや、出せないどこからがオーガズムで、どうなったら降りられるのかもわからない。
身体の奥が、ドロドロに溶けきって、かき回されているみたいだ。
オーガズムじゃない自分が思い目一杯の力でしがみつきながら、求められもしない絶頂の言葉が口を突いていた。
「あう、いく、また、い、いっちゃから、いく、いくう、あなたあーいくぅぅー出してえ!
あなたぁ!」
オーガズムを告げる言葉は、真菜の口から、勝手に飛び出していた。
自分でも何を言ったのか意識していなかったのだった。
だが、真菜が「あなた」と叫んだ瞬間は、光太郎の人生で一番びびった時でもあったのだ。
やっぱりわかっちまったか。
さすがと言うべきかな、ろうなあそりゃ身体に触れれば、正体なんか簡単に分かってしまうだ事実は、無意識の言葉だったのだが、ひょっとして、無意識が夫を正しく見分けたのかもしれないから、あなが
ち、光太郎の誤解ばかりとは言えない。
しかし、真菜は、光太郎が入っていると分かっていながら、文句も言わず、怒りもせず、あまつさえ、これ以上ないほどいやらしい声を上げて逝ってしまった。
たしかに「あなた」と呼びながら、光太郎を求めたではないか。
こうなれば、光太郎の思うままだ。
結婚前から望んでいた理想が実現するのだ。
真菜、
真菜、ありがとう、うれしいよ、「え?え?あなた?あなたなの?」
真菜あ!
真菜にすれば、何が何だか分からない。
見知らぬ男に目一杯感じさせられているはずが、今、自分の中で動いているのは愛する夫になっていた。

カテゴリー: M字開脚盗撮