初めはそーっと慣れたら強めにしてください!

今回は素敵な癒し系美女のみなちゃんが登場!ロリ顔で幼い体型でとってもエッチな女の子です。早速ホテルに入り、ベッドの上で真っ裸!ローションで濡れ濡れのバイブをキツソウなキチマンにぶち込みます!クリトリスにはもちろん電マを直当てしちゃいます。後半は小さいマンコと大きいチンポの絡み合いの激しいSEXです!顔射でロリを汚すのはマジたまらないですね!!
動画:初めはそーっと慣れたら強めにしてください!

もちろん、それは男のシンボルに何かがあるということだろう。
「あら、どうかしたのかしら?良いのよ。
若いんだもの。
たまにはこうなってしまうことだってあるわよね」
おおかた、自分を見て、勃起したことを恥じているのだろうと、えって真菜には好ましく感じられてしまう。
「いいのよ。気にしなくて」
「いえ、あの、そうじゃなくて、あの…」
「じゃあ、何かしら」
善意で解釈してみると、小林の真面目さがかふと顔をのぞき込もうとすると、小林はうつむいている。こうなってくると、真菜よりさらに若い小林の緊張が痛々しく感じられて、真菜の親切心は、フルに働いてしまうのだ。
ここ、どうかしたのさいいのよ、男性なんですもの。かまわないわ。ちょっと、ね、ほら、見せてごらんなささっと、しなやかに動いた手が、い素早さだった。
IN^.何?これ
濡れたタオルを、素早く奪い取ってしまった。
とっさに小林の手が隠しきれなさすがに教師をしている。
とっさに驚きの声を押し殺した。
目の前の小林の怒張に実は驚いていたのだ。
長さは、充分だろう。
巧のモノには及ばないが、夫のものと、遜色ないか、かえって長いくらいだ。
問題なのはその先端だった。
これって、包茎ってやつ、よね。
うし
それも、先端まですっぽり。
亀頭だって、これじゃあ、十分に発達できないだろ見慣れた夫のものとちがって、先細りというのだろうか。

皮を被っているのに、明らかに細くなっている。
まるでマジックインキの形ね根本の方は、夫のものより相当、太いのだが、先端が両端部が、細字と太字になっているマジックがあるが、ちょうど、そんな感じなのだ別に形がどうでも、皮を被っていたとしても、真菜は、かまわないんじゃないかとしか思わないが、人妻としてオトコの価値観は、なんとなくわかる。
これを真菜に見られることを気にして、小林が緊張していたのは明らかだったから、にかしてあげたくなるのは、母性本能の発現に過ぎない。
「ずいぶん太いのね。長さも、すごいし」
え?あの、いや、えっと真菜としては、それをどうさりげなく、小林の怒張を優しく握ったのも、真菜からすれば、なっている怒張を見て、苦しそう、と感じたに過ぎない。
別にHな意味があるわけでもなく、目一杯硬くもちろん、性教育の知識は充分持っている真菜からすれば、オトナになったら、になりやすいと知っているし、包茎にも、二通りあることも知っている。
この部分は剥けていないと不潔一つは、真性包茎。もう一つは、これって、どっちかしら仮性包茎だ相手が何かを恥ずかしく思っているときは、の気持ちが楽になることを知っている。
あの、ひょっとして、気にしてるの、これ?
さりげなく、しかし、直接的に聞いてしまった方が、その後、相手真菜は怒張を、少しずつ、ゆっくりと、上下に動かしながら尋ねた。
あら、ちゃんと剥けるじゃないの。これなら大丈夫視線は、その先端に向けられていた。
粘膜と、包皮が癒着してたり、医者が必要だ先端の皮が充分伸びなくて向くことが不可能なのが真性包茎という。
これにはしかし、小林のは、手首の動き一つで、先端が、簡単に覗いたのだ。中身は意外に黒ずんでいる。
「もうひょっとして、こんなの気にしてるの?日本人の男性の大半が、多かれ少なかれ、こうなのよ」
するすると包皮をしごき降ろすと、ますます、油性マジックのキャップのようなカタチになってしまったが、にくらべて細いとはいえ、ちゃんと亀頭部分もあったのだ。
幹降ろした包皮が余ってしまうせいか、手を離せば、また包皮が先端を包み込んでしまいそうだったから、は、そのまま、何となく、しごき続けて、小林の顔をのぞき込んだのだ真菜か、気になること、あるの?

おんなのこのしくみ ~マンコとアナルにズームイン~

なんと今回は、女の子のしくみを丸分かりにしてしまいます!!その丸分かりにされる女の子はお色気ムンムンの超エロ女!!柚原のどかちゃんです。それでは、早速しくみを見て行きましょう。いきなりお外でアナルを触りチェックした後は、ホテルに移動して、のどかちゃんのアナルとおまんこを調査して、その二つの穴に玩具を挿入して感じさせたら、チンコを舐めさしてギンギンにさせて、チンコをドーンと挿入してガンガン突きまくちゃいます。のどかちゃんも大満足の様子です。そんな、のどかちゃんのおまんこに最後は中出しフィニッシュ!!おまんこから流れ出る精子がたまらなくエロイです。
動画:おんなのこのしくみ ~マンコとアナルにズームイン~

真菜としては、相手を気遣っての言葉を使ってきたつもりだったのだが、ふと目があった小林は、泣きそうな顔で傷ついた表情をしていて、うろたえてしまったのだ。
え、わたし、何かひどいこと言ったのかしら
とっさに、自分が裸なのもすっかり忘れて、真菜は両手を広げて、傷ついたオトコの肩を包み込むように抱きしめてしまった「どうしたの、ね。私、何か悪いことを言ったのかしらね、何か気に障ることを言ったのなら、謝るわ」
真菜の柔らかなふくらみは、小林の二の腕にピタリとあてられながら、優しげに、その右手が背中を撫でていた。
要は、転んで泣いている子どもを介抱している姿なのだし、真菜自身の心の中もさして変わりはないのだがとっさの動きで、タオルは落ちてしまっている端から見れば、裸のオトコに、裸のオンナが絡みついている姿そのものだった。
光太郎から見れば、さぞ刺激的なカタチだったはずだが、今の真菜には、そんなことを気にする余裕がない。
落ちたタオルを拾うことよりも、小林をどうにかしてやりたいと思う方が先だったのだかくして、裸の、それも怒張をギンと張りつめた男に、真菜は裸のまま寄り添うことになっていた。
ひょっとして、自分の言葉が小林を傷つけてしまったのかと。
しかし、真菜は、真面目で、弱いものに親切心がフルに発揮されてしまう性格だから、気がつかなかった。

落ち怒張を目一杯そそり立たせることなど、できるはずもないことを込んでいる男が、こうやって、やった、勝った
真菜の柔らかな膨らみを二の腕に感じながら、小林は、勝利を確信していたのだ。
確かに、いまだに包茎で、先細りのモチモノには、いささかコンプレックスを持っている。
しかし、大学時代に、何人もの女の子と付き合っていれば、見かけへのコンプレックスは残るものの、一度見られてしまえば、かえって度胸が据わるものなのだ。
そうなれば、ここまできたら、真菜と最後のセンまで持ち込むにはどうすればいいのかという計算の問題だった。
自分のコンプレックスを逆に利甼ることを、とっさに思いついていたのだ。
今夜の西川先生、積極的だよな。
どうやら、酒も入っているし、ご主人のヘンなコダワリもあるから、きっと、なんとかなるはず
真菜は優しく「傷ついた」小林を抱きかかて、その右手は、小林の右肩を優しく抱いている。
しきりに、こちらを気遣っている吐息は、いささかのアルコールの匂いが混ざっていても、甘過ぎるほど、甘やかなのだそろそろ頃合いだろう。
「酉川先生」
「なあに?」
先生もやっぱり、汚いって思うんですよね?俺のこと「え?どうして、どうして?そんなこと無いわよ」
「だって、女の子と付き合って、肝心な時になると、いつつも、包茎はダメ、汚いって」
「やあね、そんなことないわよ」
「口でならいくらでも言えますよ」
だって、ほら、こうして、触ってるわよね?こうして。ほら、大丈夫でしょ?
やむなくではあったが、人妻の指先の動きで、小林の怒張を、さりげなく皮をひっぱって、中身を剥き出しにする真菜なりに、ちゃんと相手が感じるような優しげな動きだった。
「仕方なくしてくれてるんでしょ。ボクが落ち込んでいるから」
「そ、そんなことないのよ。ただ、なんとなく、ね、ほら」
そんなふうに、すねたような口調に、左手で半ば扱くように動かしている動きをやめるわけにはいかなくなる。
いけない今、手を離しちゃったら、きっと、もっと落ち込んじゃうわよね。

女熱大陸 File.044

AV業界の第一線で活躍している人気女優にスポットを当て、演技ではない本当の素顔を晒すエロドキュメンタリーシリーズ「女熱大陸」に今、最も色気のある美熟女AV女優・篠田あゆみちゃんが無修正デビューしちゃいます!Iカップ95センチの美巨乳に黄金比率の完璧な肉体をビクビクさせて淫汁、愛汁をだらだら垂らす卑猥なあゆみちゃん。小さなお口で巨根を頬張るも太すぎて顎が外れそうなあゆみちゃん、それならばと自慢の乳肉を曝け出しガッツリ挟んでたわわシャッフル!
動画:女熱大陸 File.044

でも、どうしたらこのまま、ずっと、ってわけにも行かないし
先生、ひょっとして、ボクの、ヘンですか?
「そんなことないわ、立派なものだと思うわ」
「じゃあ、先生は、ボクのを触りたくって触ってるんですよね」
小林が、やや希望を込めた口調で、気なんて無い。
訪ねてきたから、こうなってしまうと、真菜には、それを「違う」
という勇落ち込んでいる人が希望を見つけかけた時には、多少の間違いくらいはいいと思えてしまうから。
だから、とっさに、真菜は「ええ、そうよ」と生返事をするしかない。
そうなんですか、うれしいです。
ボクも西川先生のことを触りたかったんです待ってましたとばかりに、裸の真菜に抱きついてしまう。
余分な脂肪のない真菜の背中に、その手を這わせながら、豊かなオッパイを胸に感じる小林は、ここぞとばかりに突き進む。
「ほら、先生、触ってください。
その代わり、ボクも」
すっかり、甘え声を出しながら、真菜のオッパイを右手で揉み始める「ちょっ、ちょっと、ちょっと、小林クンったら」
まさか、いきなり、そうなるとは思っても見なかったが、落ち込む小林に遠慮してついつい、せいだと思えば突き放すこともできない。
「ほら、先生も、どうぞ、触ってください。もっと、ボクも、遠慮しませんから」
だ、だめヘンな返事をした小さな声で抗うことしか思いつかない真菜だった。
何でこうなるのか、真菜には、ちっとも分からない。
しかし、落ち込んでいる小林を慰めているつもりが、いきなり抱きつかれて、おまけに、胸を触れば気が済むのかと思えば、また勝手に小林が落ち込んだ。
胸を触られてしまっている。
落ち込んだ小林の言い分はどうせだった。
つまり、真菜もおざなりに触ってはいるけれど、どうせ、心にもないことを言って慰めるつもりだろう。
本当は包茎のボクのなんて、汚いと思っているに違いないと。
そんなことを言われれば、ますます、
汚いなんて思うわけ無いでしょ慰めようと

「サービス」
せざるを得なぃ行きがかり上、それを態度で示すには、もうこれしかなかった。
ツンとオトコの匂いが鼻を突くホントは、お湯の一つもかけてからにしたいが、そんなことをしたら余計に傷つけてしまうはずだ。
このまま、しかないよね。
えい、しかたない!
オトコの匂いがツンとする怒張を、思い切ってパクリとくわえてしまったのだ細太、両方付いたマジックの形の「細」のキャップの部分に、たっぷりと舌を使いながら、一気に頬張って、舌を絡めていた。
「ああ、西川先生…」
せめてもの救いは、小林が、いかにも、たまらないという声を上げて感激してくれることだろう。
縁に座り込みながら、やや仰け反るようにした背中を後ろ手のつっかえ棒で支えながら、小林は、股間をすっかり真菜に任せている。
真菜は、下半身を湯につけながら、これなら、舌、動かしやすいかもいつの間にか、思わぬ熱心さで、舌を使っていた。
夫にする時とも、いつか、巧にさせられた時とも違う、不思議な余裕があるのが可笑しいくらいだった。
先端だけ含むと、まるで、グミキャンディーのように舌先で、転がせる目一杯奥まで入れると、巧の時には、口の中が占領されたみたいだったが、小林のはまったく違う。
喉の奥に余裕があった。
口の中で隙間が空くと気持ち良くないよ、と夫に教えられていたから、懸命に舌の付け根を膨らませて、亀頭にこすりつける何度も試した結果、唇で挟むようにこすりながら、中に入ってくる亀頭を舌全体で包み込むことにした。
繰り返し。繰り返し小林の股間に頭を打ちつけるように熱心に振る真菜の身体から、半円を描くように、波紋が広がっていた。
波紋の広がりは、まるで、小林の快感と重なるように、次々と生まれ、そして次第に大きくなっていた。
あ、なんだか、膨らんで、やだ、このままじゃあれ、口のナカに出されてしまうと思った瞬間だった。
上から小林の手が、真菜の頭を押さえつけてきて、口を外すタイミングを失ってしまったグッと上からの圧力で、喉の奥に、先端が入り込んでしまう。

カテゴリー: 乳首股間