濡れたくノ一・最終話

ついに人気だったAV時代劇『濡れたくノ一』が、最終話を迎えてしまいます。かなり楽しませてもらいました。最終話の内容もヌキどころ満載!!いろいろなシーンが収録されています。 気になる最終話の内容は見てからのお楽しみ、是非是非、じっくりとご覧ください。春野さくらちゃんの超アクロバットなプレイが炸裂します。みなさん、ガンガン突きまくり、イキまくりの感じまくりです!!
動画:濡れたくノ一・最終話

俺も決して優等生じゃなかったし、おまえらの歳の頃には、る先生に反発して、”や、こんなこと言っちゃいけないか、立場上物分かりの良い兄さん先生を演じる。
上から抑え込もうとす逆光のシルエットは急にくるりと後ろを向くと、ずいぶんとトーンを落とした口調で、首だけの圭介と、正体不明を含めた他の三つの盛り上がりに背を向けた。
まあそいつが誰だか知らないが、適当なところで自分の部屋に戻るように言っとけよ。俺ももうちょっとしたら部屋に戻るわ。バレないようにしとけびしゃん、たのだ。
と襖が締まり、人が遠ざかる気配がして、やがてバタンとドアが閉まった。
若い体育教師は出ていっはああ......。圭介の口から、思わず安堵のため息が漏れた。危ないところだった布団をめくられてもおかしくない状況だった。バレずに済んだのは、ほとんど奇跡に近い。なんとも危うい橋を落ちずに渡りきったものだ。
バッ、バッ、と連続して二つの小山が崩れ、二人の男子生徒が姿を現した。ずっと布団の中にくるまっていた武彦と雅之が、熱気と酸欠で苦しそうな顔で、すーはーと新鮮な空気を吸っている。
「いやぁ、危なかったなぁ、それにしても圭介、おまえがあんなに度胸があるとは思わなかったよ」
武彦の声に、雅之も頷く。
しかし結果オーライとはいえ、いささか無謀な作戦だったな。
うまくいったのは奇跡に近い
いままで何もせずもぐってだけだった首だけ覗かせた圭介は、したり顔の友人たちにいささか腹を立てたのに、終わった後で何を言いやがる。
そのとき、彼の首から下の賭け布団も、がばりとめくられた。そこにずっともぐっていた甘い香りを放つビーナスが、まさしく水から上がった人魚姫のようにがばりと半身を起こし、やや短めの髪を掻き上げて

「ふう」と息をこの人がさっき、僕の股間をあんなに優しく撫でていてくれたのか…圭介は天使を見るような思いだった。
布団の上にぺたんと座った留美先生は、危機を乗り越えたにしては落ち着いた顔で、三人の男子生徒を見回した。
「危なかったわね…私もちょっと甘かったわ。
ね。じゃあ、例の黙ってる件、頼んだわよ」
さすがにこれ以上ここにいるのはヤバいから、私、部屋に戻るわジャージの皺を整えて部屋を出ていこうとする留美先生の手首を、武彦がちょ、ちょっと先生
ひょっとして、これで口止めブレイは終わり?俺たち最後まで満足してないんだけどと掴んだ。
留美先生は煩そうにその手を振り払う「面倒くさい子ね。あれだけしてあげたんだから、もういいでしょう?そりゃ最後までしてあげたいけど、状況がヤバいんだからしょうがないじゃない」
しかしですね、先生。僕たちも治まりがつかないわけですよ。さっきまで舐めたり触ってたりしたわけですからね
雅之が眼鏡をずり上げながら言う。
彼の瞳には、いままでにないほどギラギラとした色が浮かんでいた。
彼らのやりとりを見ながら、圭介はまずいことになったと感じていた。いままでうまくいっていた、奉仕する者とされる者の関係が、ここに至って変化してきている。友人たち二人の言うこともよく分かった。おっぱいを舐め、オマ×コをまさぐって、さあこれからという矢先に、アクシデントによって中断されてしまったのだ。お預けを喰らった11本のチポはもう、疼いて疼いて仕方ないだろう。それは分かる。圭介自身の肉棒も、布団の中の秘め事でもう爆発寸前なのだから。
しかし、彼らと留美先生とどちらの味方をするかといえば先生をかばうように、彼らの前に立ちはだかった。
「やめろよ、二人とも留美先生はここまで一所懸命、僕らのためにしてくれたじゃないか。
うよ」
ええい、うるさい、邪魔すんな最初から答えははっきりしていた。
圭介は留美もう解放してあげよ圭介は突き飛ばされ、部屋の隅に転がった。
に押し倒したのだっ
ちょっと、やめなさい、何するの!
同時に、留美先生の悲鳴が上がった。
武彦が強引に彼女を布団の上ばたばたともがくエンジ色のジャージの脚を、情欲に支配された、ただの獣と化している

早抜きユーザーズチョイス BEST

皆様の投稿で選ばれた早抜きベスト!沢山の有名AV女優も出ており、内容も豪華絢爛!ユーザー投票数がダントツで1位でした!AVから引退してストリップへ歩んで行った葉山瑠菜チャンの引退作でもある痴女プレイを存分に堪能して下さい!あとはプルプルの透き通るような白肌が眩しいカワイイ今時ギャルのさくらのチャンの登場!まだまだいっぱい見所のある女優達による変態プレイや大乱交、中出しプレイの連続です!この中で、また1番を自分の中で決めるのも楽しめます!
動画:早抜きユーザーズチョイス BEST

「いいぞ、雅之、そのまま押さえとけ」
雅之が抑え込みにかかる。
いつもは冷静ながり勉少年も、いまはそう言いながら武彦は、女教師の上に覆いかぶさる。小山のような胸の盛り上がりをぎゅっと鷲掴みにすると痛かったのか、留美先生は「ああああーっ!」と悲鳴をあげた。その口を、大型なスポーツ少年の唇がぶちゅりと塞ぐ
んんん…女教師が強引にキスされる様子を、見ている部屋の隅でむくりと体を起こした圭介は、「ああ、あ…」
と呻きながら憧れの留美先生が。
あのきれいで快活で大好きな先生が押し倒されてあんなことをされているなんて。
彼の内側に、再びカッと熱いものが燃えたぎった。唸り声を上げて武彦の背中に飛び掛かり、渾身の力を込めて引き剥がす。脚にとりついている雅之を突き飛ばし、横たわる留美先生の上半身を抱え起こした。
こいつ、何しやがる!
「なんだってんだよ、圭介!」
そう言う友人二人を、圭介はボクシングのファイティングポーズの構えをとって睨みつけた。全然強そうではなかったがそれ以上先生を襲おうっていうんなら、僕が相手だ。ぼろぼろになるまで戦うぞ。どこからでも掛かってこい!
実をいうと、ほとんど自信はなかったのだ。雅之はともかく、武彦はそのへんの大人もねじ伏せられそうな体格をしている。二人ががりで反撃されたら、本当にぼこぼこにされてしまうだろう。それでもいいと思った。最後まで留美先生を守って戦うつもりだった。圭介のその気迫が、彼を炎の中に立つ闘士に変えていたその気迫に気圧された武彦と雅之が、いささかバツが悪そうに顔を見合わせている間に、サッと別の影が立ち上がった。留美先生だ。彼女は怒りで真っ赤に燃えている圭介の手を優しくとり、残った二人の生徒にも、落ち着いた顔で手を伸ばす「待ちなさい、皆争わないで。君たち二人は要するに、最後までできないのがもどかしいのよね。違う?」
二人は留美先生を向き、武彦と雅之が顔を見合わせた。その通りなのだ。
美貌の女教師は余裕を取り戻していたおとなしくこくこくと頷くそして、君たちが本当にエッチしたいのは、私じゃなくて、バスガイドの静香さん。
そうよね?
またこくこくと少年たち。
留美先生はふっと笑い、圭介の背中に回り込むと、自分よりやや高いその背中にぎゅっと抱き着いた。
圭介が
なん…?と驚くのをよそに、まるで恋人に甘える娘のように、首に巻きつけた腕を前に垂らす。肩から覗いた顔はしかし、甘えた娘のものではなかった。
だったら、この圭介君が私を抱いて、君たちは静香さんとエッチする、という取引でどう?君たちにとってはそっちのほうがよほどうれしいはずだけど
そ、そんなことができるんですか?
武彦がすぐさま反応したのは、この二人にとってそれが最善の形だったからだろう。そしてもちろん、背中から抱きつかれている少年にとっても。でも、そんな都合のいいことができるのか?と圭介は思った。いや、この人ならやってしまうかもしれない。

いままでとてもあり得ないことを実現してしまった、この留美先生ならそれにしても…背中に当たる、この柔かな胸の感触はどうだろう。
ああ少年二人の同意を取り付けたとみるや、小麦色の快活な女教師は、抱きついていた背中から離れると、安心しなさいと言うように、ぽんぽんとその背中を叩いた。それから少年たちの前を離れ、自分の荷物から携帯を取り出すと、勝手知ったように通話ボタンを押す。
「ああ、静香ちゃん。お風呂では楽しかったわね。どう、まだ悶々として眠れなかったんじゃない?あのね。お姉さんが部屋に忍んで行ってあげようか。......やだぁ、そんなにうれしそうな声出しちゃつて。でもね、今度はちょっと変わったことをしたいの。あのね…」
話を終えた留美先生は携帯を切ると、改めて武彦と雅之に向いた。
「というわけ。お望み通りバスガイドの静香ちゃんとエッチさせてあげるわ。だからその前に、さい。一時間経ったらあの娘の部屋に一緒に行きましょう。私の見ている前で抱かせてあげる」
「い、一時間の間、僕と武彦は、ここでじっと我慢してろってことですか」
一時間だけ待ちな雅之の問いに、女教師は指を左右に振った。
そうよ。いい思いをさせてあげるんだから、それくらい待てるでしょう?
る。「この子に特別授業をしてくるから。じゃあ、一時間後にね」
その間私は-
と、圭介の腕をとそう言うと留美先生は、圭介の腕をとり、あっさりと部屋を出た。
手首を掴まれて外に出た圭介は、いまさらながら自分が夜の廊下に憧れの人と一緒にいるのに気づいて、しばし暗い旅館の廊下いつたい何が起こったのだろう。

絶頂の嵐

四十路妻の隆子さんは旦那と7年ご無沙汰で激しくされたい願望を持つエロ妻!マ○コをいじると「男の人でイキまくりたかった」と高揚し指を入れられ「激しく」と要求すると大量に潮を噴射する!激しく男根で突かれると溜まった性欲を吐き出すようにイキまくる!
動画:絶頂の嵐

よく理解できないまま、年上の女性に手を引かれ、呆然とした。
を歩く勇敢な騎士からただの生徒に戻った男子を導き、留美先生は歩き続ける。
どけない女子高生のような笑みだった。
「さっきはありがとう、助けてくれて」
え、いや、そんな私が好きだから、必死で助けてくれたのよね?
「え?あ、いや、まあ、そのはい、そうです」
ふと振り返って、にこりと笑った。
あふふ、と笑う女教師は、手を引いたまま黙々と歩く。彼女の教師部屋に行くのではなさそうだった。
をしたら、それこそ問題であろう。
「えぇと、たしかこの辺りだったわよね…あ、あった」
そんなこと躍動するような健康的な肢体が、何かの倉庫のようだった。
ぴたりと止まった。
それにしても留美先生は、つられて止まった圭介も、どうしてこんなに目の前の扉を見上げる。客室での旅館の内部に詳しいのだろはなく、美しい-。
小麦色の肌に赤い唇頭髪かその彼女が振り向いた。相変わらず健康的なみずみずしさをたたえた、ら立ち昇る、甘やかな香り薄い唇がつぶやいた。
圭介君、まだ童貞でしょ?
「えぇっ?あ、あの、はい」
私としたいでしょう。それとも、「そ、そ、そんなことないです」
「じゃあ、好き?」
こんなエッチな先生はいや?
返事ができず、十七歳の童貞少年は、ただ頷くだけだった。
ふふ、ともう一度笑うと、小麦色の若い女教師は、目の前のドアをバァンと開けた。中には、客室に収まりきれなかった、予備の布団がたくさん積んである。その一部を床に敷けば、二人の男女が横たわるくらいの寝床は作れそうだった。
「貴方の童貞を、私が奪ってあげる」

午後十一時旅館の片隅にある布団部屋は、暗く、湿っていて、シーツの漂白剤の匂いに満ちていた。そのくせ、を思わせるような安堵感がある。一人で忍び込んでいたら、そのへんに積んである布団にダイブして、顔を埋めたくなったかもしれない。
どこか胎内ぬくぬくとしかし、いまの圭介にはそんな余裕などなかった。なにせ小さな照明ひとつもない狭い闇の中、童貞を奪ってくれるという年上の女性と向き合って、立ち尽くしていたのだから。

いまから自分のその憧れの女教師、二十三歳の留美先生はいま、どこか余裕のある表情でこちらを見つめて薄く微笑んでいる灯りのない部屋ではあるが、立てつけが悪いのか扉を閉めても隙間からうっすらと灯りが差し込んでくるので、目が慣れればすぐ前にいる相手の体の輪郭や動きくらいは見えてくるのだ。細かい表情まで読みとるにはもう少し経たないとダメだろうが、彼女が余裕のある表情でうっすら微笑んでいることは、雰囲気で分かるその影が動いた。
シャツの上を這い、エンジのジャージに包まれた腕が伸び、圭介の肘の辺りにふれる。そのまま細い指先が彼の胸で止まると、男の乳首を布の上からくりくりと撫でてきた。弄んでいるような指使いだっ「あっ」
思わず声を漏らした彼に、若い女教師が暗がりでふふ、と笑う。
「かわいいのね、女の子みたいな声出しちゃつて。男の子も、ここ感じるでしょう?
さわってあげるわ」
後でもっと感じるところを圭介は闇に溶けたその微笑を見ながら、泣きそうになっていた。感じているというだけでなく、こんな異様な状況になっていることへの混乱、体の奥底から湧き上がってくる情動、そして思い続けてきた女教師と結ばれそうだという感動が未熟な彼の感性を揺さぶり続けている。
ああ、ああ、留美先生......。
僕、どうしていいか分かんないよ。
本当にこのまま先生とエッチしてもいいの?
軽くジャブ魅惑の細い指先は、逞しい男になりかけの胸板の上を、嬲るように動き続ける。その指の持ち主は、を繰り出しながら相手の出方をうかがっているというふうだったが、さっきは剥き身で吠えた圭介が、の新妻のように震えているのが、やや意外でもあるようだった。
どうしたの?初めてのエッチは怖い?私じゃ役不足ってわけじゃないわよね?
いまは初夜何度も何度も唾を飲み込み、圭介はようやく声を絞り出した。
「先生、なんで僕と、その僕でいいの?」
やや短めの髪をふっと揺らして甘い香りを振りまくと、女教師の影は口を開く。
「だって、身を挺して私を助けてくれたでしょ?本当は三人を相手にしてもよかったんだけど、当にヤバかったし、だったら君ひとりでもいいかって」
あの状況じゃ本その言葉が、童貞少年の影をぶるんと揺らしたようだった。
先生はエッチに抵抗ないの?その…あんなビデオに出たり、