熟れ頃セーラー娘をヤッちゃいました!

今回は萌え萌え女子がやってきてくれました!名前はひめちゃん、セーラーコスプレがかなり可愛いですね!制服といえばやはり、パンチラですよね!?ベッドの上に立ってもらい、カメラを回されます!その後は制服を捲られ、おっぱいを弄られ。乳首もコリコリされて、勃起必須!!後半はローターをマンコに突っ込まれて感じまくり!!続きは動画で確認して下さいね!!
動画:熟れ頃セーラー娘をヤッちゃいました!

いいんです。
お気になさらないで。
私がいけないですから。
驚かせてしまってすみません。
あの、大丈夫ですかその女性は、大丈夫ですから、と光太郎を落ち着かせようとする。
しかし、初対面の、しかも、相当な美人にこんな所を見られて、光太郎としては、見えになってしまう。
大丈夫だと思えるわけがない。
先にズボンを穿きたいのだが、目の前で女性が跪いている。
両手を離せば、大事なところが丸あのちょっと、と股間を隠しながらおまけに、膝に絡まったズボンのすぐ上に、女性が右手を置いているからズボンを穿くこともできそうにない。
「あの、ちちが、すみません、ご無理を言ってしまって」
父?えつと、あの、前島さんの、お嬢さん?
ええ、義理の、ということですけど「というと」
つと、夫の父が、ほら、あそこで、奥様を解放しているのですわ
「父がって、えっとあの、かいほう?別に、倒れてはいないような…」
巨大なモニタの中では、こちらの騒動も知らず、クナクナと首を振る真菜は、自らの太腿を撫で上げている最中相変わらず、その両脚は、18◯度の角度に広がっているもちろん、中心の赤い美肉は、アップにしなくても、これ以上ないほど、濡れているのがわかる。
奥様の心の奥底を、解き放っているんです
解放ですわ。
「解き放つ?」
膝に絡まったズボンを解くように降ろしてしまったええ、と言いながら、前島の息子の嫁だというその女性は、のだ「春佳と申します。季節の春に、にんべんの土ふたつです」
そう手短に説明した後、春佳はいきなりかがみ込んできた。
何が何だか分からない。
キツネにつままれたようだ、とはこのことだ妻の淫らなオナニーを止めに行くはずが、自分まで、下半身を脱がされてしまった。
光太郎の前に跪いているのは、春佳という名前の卵形の輪郭を持った人。
真菜とは違って、純和風の美人。クリンとしたおでこと、明るい栗色に染めたショートヘアが明るい雰囲気を作っている。
控えめな仕草で、おとなしめの印象だが、下半身丸出しの光太郎の姿に、少しもたじろいでない。

まるで、いたずらつ子を見つけた優しいお姉さん、と言った風情で、恐縮する光太郎を、にこやかに微笑みながら、見上げている。
前島の息子の嫁だという。
「驚かれたでしょ?」
股間を押さえた手が、柔らかな手を添えて、そっと、しかし断固としてどかされてしまう。
さっき、見つかってしまったパニックで縮こまっていた怒張は、既に半ば回復している。
それもこれも、目の前の春佳のせいだ。
まず、こんな所を見られたのに、爽やかな五月の晴れ間のような表情に、驚きも、嫌悪も、責める気配もないこれだけでも、ある意味、驚くべきことなのに、春佳は、光太郎を心底驚かせた行動に出た。
ついさっき、光太郎のズボンを脱がしてしまった後、脚を流して横座りになりながら、白いブラウスのボタンをあっという間に外してしまったのだ。
光太郎が止める間もあろうか、ブラジャーはしていなかった。
「奥さんより小さくてすみません」
あっという間に脱いでしまたのだ。
そう言いながらも、隠そうとしない胸は、ちょうど、光太郎の掌にスッポリ覆えるほど。
お椀を伏せたような、と良くある形容だが、日本的な顔立ちにふさわしい。男なら、何のためらいもなく、触ってみたくなる優しげな、膨らみだ。
おまけに、ほどよく、コリンと突き出した乳首は、オトコの唇を誘うのにぴったりだろう。
光太郎も、一瞬、我を忘れてしまった。
目の前のオッパイは、つかの間、オトコに危機を忘れさせるものなのかもしれない。
ついさっき、何をしようとしていたのかも忘れて、立ち上がる気力を失ってしまった。
見つめる光太郎の視線を遮りもしなかったが、じっと見つめる光太郎が、ふと、視線を合わせると、春佳はちょっと恥ずかしげに微笑んでくる咎められたわけではないが、自分が賤しい人間のような気になって、ちょっと、気まずい。
光太郎は、視線を逸らしてモニタを見るちょうど、モニタでも、再び、真菜の手が乳房に戻っていたのも、立ち上がれなくなった光太郎が、自分に言い訳するのにちょうどよかった。
もちろん、美肉の際まで、指を伸ばしながら、結局、美肉の乾きは、激しくなっているはずなのだ。
その手は胸に戻されてしまったのだから、疼いてしまっ光太郎は、それを「知って」いた。しかし、無意識のうちに気がつかないフリをしてしまった。
目の前の初対面のオッパイは、そんな魅力を持っていた。
「オンナは、ああなっちゃうと切ないですものね」
小首をかしげた春佳が、膝の上にそっと、優しく手を当てながら見上げる瞳は、柔らかな光を湛えている。
一方で、男が下半身丸出しでいるすぐ目の前に跪く春佳の表情に、淫靡な匂いはない。柔らかい微笑みは、清楚な人妻のたたずまいそのものだった。
柔らかに流れている。
いかにも人妻です、と強調しているかのようなシックなロングスカートは人妻らしい、シックな長いスカートの上半身が裸なのが強烈にエロティシズムを感じさせるその人妻の装いと、お椀型のオッパイ丸出しのアンバランスさは、金木犀の匂いのような過剰さで芳しく光太郎を包み込むまるで、中学生が初めて生のオッパイを見たかのように、ドキドキしてしまう。
「ご主人も、たまりませんよね。奥さんがああいう風になっちゃうと。奥さんの身体が恋しくなりました?」
柔らかな声静かな言葉ではあるが、意味していることは過激だ。
何と答えた物か一瞬ためらった瞬間、春佳の手が、そのまま太腿を滑ってきた。
え?っと思った瞬間には、光太郎の怒張は、小振りのやわらかな手に、握られてしまっていた。
ゆっくり見ていていただけるようにと、

現役ストリッパー娘と3P体験!

なんともセクシーな現役のストリッパーの登場です!!その女の子の名前は、水谷マリアちゃんで~す!!早速、3P開始、マリアちゃんの身体を弄繰り回して、マリアちゃんのおまんこをグチョグチョに濡らしちゃいます。そして、フェラチオしてもらい、チンコをギンギンに起たせちゃいます。そして、おまんことお口の両方でチンコを咥えこみガンガン突かれまくちゃいます。二本のチンコに突かれまくり、大満足のマリアちゃんのおまんこに中出しフィニッシュ!!現役ストリッパーのエッチな絡みを得とご覧あれ!!
動画:現役ストリッパー娘と3P体験!

「いいんですよ。男性なら、このままでは、ちから申しつかっておりますわ」
「そんな」
たまりませんよね。
義父ち
光太郎が、困惑するのは当たり前。
初対面の人妻が、足下に跪いて、怒張を扱いてくれるなんてことがあって良いものだろうか。
そんな話、想像したこともない。
まして、それを、あの老人が命じたのだという。
いったい、この家はどうなっているのか、という疑問が湧くのも野当然なのだ。
一方で、真菜のオナニーが画面一杯に映っているのは変わりがない。
ついさっきは、もう少しで股間に指を走らせるところだったのだが、老人の命令らしく、またもや、しなやかな手は、尖ってしまったオッパイを愛撫していた。
こころなしか、さっきよりも、真菜の表情に切実な何かが浮き上がっているように見える。
ついさっき、老人に何かを囁かれて、きょろきょろと挙動不審になったのだが、そのあと、すっかり、しっとりとした表情になってしまった。
そして淫らな淫楽そのものに浸りきってしまいそうな表情だ。
羞恥におののき、快感に溺れそうな予感に怯え、いやらしい。こんな表情をこんなに、エッチな表情の真菜は、光太郎でさえ見たことない。
光太郎がため息をついてしまうような、男をそそる表情の真菜の指は止まらない。
かといって、指が激しく動くから、満足そうかと言えば、むしろ、じれったさが指先ににじむ様にも見えるあるいは、怒張に我が身を差し出しても、大きなオーガズムを求めてしまう、人妻の本能なのだろうか「ああああはうう」
声までもが、さっきまでの色気だけの声から、なにか、一種のもの悲しさが籠もっている気がする。
すんでの所で、美肉をかき分けての快感が「オアズケ」された女体の、切なさのせいだろうか。
そんな声を聞いてしまったら、光太郎のオトコも反応しないわけがない。
おまけに、さっきは驚いて縮こまってしまったのだが、欲望を咎められるどころか、たおやかな指は怒張を優しく握ってくれているのだ。
光太郎と怒張を交互に見ながら、栗色の髪が、サワサワと太股をくすぐるが、ちょくしてあげたいと言いたげな風情なのだ。
やわらかそうだよな。

この胸その瞳は優しげに、少しでも気持おまけに初対面の人妻のやさしいオッパイもすぐ目の前だった。
寒いわけはない。
コリンと突き出た乳首は、春佳自身も、それなりに興奮していると言うことなのだろう。
あっという間に、光太郎の怒張は、さっきの、やんちゃな姿に回復してしまった。
「あの、あえっと、その、す、すみません」
かといって、怒張を扱かれながら、言うべきセリフも見つからない。
風俗に行った経験も数えるほどなのも、そうなのだが、そもそも真面目そうな人妻に、いきなり怒張を扱かれて、普通の対応ができるはずがない。
「あの、緊張なさらないでください。
私の役目は、ダンナ様が、苦しくないようにって言うことです」
クスリと小さく笑って、裸の薄い肩をすくませて、春佳は続ける「あの、西川さんてずいぶん礼儀正しい方なんですね。これがウチの主人だったら、きっと、とっくに襲いかかってますわ」
「え、」
「奥様が、あんな風になったら、お苦しいですよね。だから、やっぱり殿方は、慰め役が必要なんです。今回は、私がその役目。お好きになさっていいんですよ」
っと、身体を近づけて、
どうしますか?
光太郎の所在なげな手を、自分の胸に置いてしまう。
手をそのままにしておくなんてことは光太郎からすれば、不可能だった。
久しぶりの妻以外のオッパイだ。
柔らかな手触りに、真菜よりは、ふたまわりも小振りなオッパイも、その柔らかさに魅了されないわけがない。
「あん、あん、ああ、お上手。でも、こうなっちゃってますから。先に、失礼します」
柔らかな香りが、光太郎の股間にやってくる。
「あ、あ、わ、わ、ちょっ、ちょっ、ちょっ」
再び元気を取り戻した怒張は、あっという間に、春佳の口の中
ヌメヌメした舌が、亀頭を包み込むように動きながら、唇が一気に扱きながら、奥まではいってしまう。
そのまま、陰圧のかかった状態で、舌と軟口蓋に亀頭をこすり上げられながら、唇がジュブジュブと、幹を絞りEげてくる。おまけに、カリのあたりまで来たら、一気にチュポンっと、可愛らしい音を立てて、抜き出されるのだから、たまらない。
良いんですよ、お好きになさって。でも、今は、このくらいの方が良いかしら。あ、下も脱いだ方が?
潤んだ瞳で、光太郎を一度見上げてから、そのまま、唇は再び、怒張を締め付けながら、飲み込んでいく。
左手は、そっと動いてシックなスカートのホックを外してしまう。緩んだウエストから、白いシンプルなパンティーがちらりと見える。

目指せ!憧れのAV女優!我慢汁選手権

あのパンチラしながら「踊ってみた」のIchikaが絢森いちかとして無修正解禁!超有名人の成瀬○美に憧れオーディションに参加して、審査員であるここみんからお墨付をいただいたいちかちゃんがついに無修正に上場することとなりました。憧れのここみんに追いつけ、追い越せということで、おなじみ我慢選手権に挑戦してもらいます。 一般男子3人を誘惑し、唇を奪えるのでしょうか?!?こんな可愛い女の子に迫られたら拒否れるわけがないですよね!と思いきや、なかなかのつわものが紛れ込んでいた。初々しさがまだ残るこれからが楽しみな19歳の女の子です!
動画:目指せ!憧れのAV女優!我慢汁選手権

その白さが、ないのが、逆にたまらない。
いかにも、普通の人妻だと言いたげで、人妻離れしたフェラテクとそぐわよく動く舌が、亀頭も、カリも、舐め上げながらのフェラだった。
おまけに、春佳のフェラは、抜き出す動きの時に、口の中の息を吸い込んで陰圧を掛けてくる。
怒張から中身を吸い出されそうな快感の中、舌と、唇と、軟口蓋、おまけに、陰圧に引っ張られた、ほっぺたの内側にまで、ヌメヌメとこすり上げられるのだから、たまらない。
バキュームフェラ、というものを光太郎は初めて経験した。
光太郎は、一気にこみ上げてしまう射精感を押さえ込みながら、いったい、なんで初対面の人妻にこんなことをされているのか、わけがわからなくなっていた。
巨大なモニタでは、切なげな吐息を吐いた真菜が、前島に後ろから囁きかけられて、大きく頷いた顔が映ってい「真菜?」
一瞬自分が何をされているのか忘れて、光太郎は、画面に見入ってしまう。
いつのまにか、カメラに向けて、縦に置かれた台の上。
真菜は、脚を大きく広げたまま、静かに仰向けに倒れていったのだ。
大きく広がった、長い足の間では、ライトの光を反射して、コーラルピンクの秘部が、ヌメヌメと、ゆっくりうごめいていた。
ろ第25話前島は、ちゃんと、見る側のことを心得ている白い裸体を腰まで横たえている真菜仰向けになっても、重力に逆らって型崩れしないオッパイが、ちゃんと上からのカメラに写るように、前島は真菜の顔の横にヒザで立っている。
すげぇ光太郎は、興奮するというレベルを超えてしまった気がする。
正面から見れば、両脚は、そのまま床に着いてはいるが、正面から見ればMの字型。
いくら見慣れたはずの妻の身体でも、こんな光景は見たことがない。
さらに光太郎を刺激するのが、真菜の横。
前島のまだ半ば柔らかい怒張が、真菜の口元を狙っているようにも見えるのだおまけに、すごいのは、真菜の指が、とうとう、あああ、ポーズだけじゃない。
大事な部分に届いてしまったのだ。
あぁん
ああん、あん、初めから、真菜の声には、快感のビブラートが混じっている。
Eからのカメラには、顔をのけ反らせながら、淫声が止まらない真菜が、しっかりと映っている。
前島老人に、すぐ横で見つめられながら、真菜は、本格的なオナニーを始めてしまったのだ。
光太郎は、口がぼーっと開いたままヌブっと怒張が口から抜けて、春佳の声がする。
奥様を幼なじみに、イタズラさせたとか。
そんな体験をしちゃったら、オンナは、そのま

「聞きましたよ。父からまではいられませんわ」
「え、うっ!いや、その」
ジュブジュブと、バキュームフェラをしながら、合間に、こうやって話しかけてくるのだ。
しかし、光太郎が、何か返事をと考える度に、激しいフェラの攻勢にあって、まともに返事をするゆとりがない。
油断すれば、あっという間に出てしまいそうだった。
いや、油断しなくても、目の前の妻の激しいオナニーと、巧みなフェラのW攻撃に、もはや、時間の問題だ。
それも秒単位でゾワゾワと背中を駆け上ってくる刺激に、光太郎の怒張はわずかに膨らんでしまったのだ。
もう、これで、あの、うつ、あの!
あの、中学生がフェラされているんじゃあるまいし、早すぎる光太郎は、快感と男の恥の狭間で「出る」の一言が言えない。
チュッポンと怒張を扱き上げた春佳は、ちらりと、光太郎の顔を見てにっこり笑った。
光太郎が「出る」と言おうとしたのを悟ったのだろう。
逆に、春佳は、いっきに深くくわえ込むと、頭を激しく動かして、フィニッシュを促してくる。
あ、「ああ、もうダメで出る」
それでも、最後の最後で、射精を予告はしたのだ。
だから、発射寸前の怒張をさらに深くくわえ込んでくれたのは、射精を喉の奥で受け止めてくれようとしたのだありうべからざる春佳の好意に違いない。
いうのかそれとも、男の精液なら、誰のモノでも喜ぶ、とんでもない婬女だと栗色の髪の間から見える、知性的なおでこからは、とてもそうとは思えない。
ごく普通の人妻の、全く普通ではないフェラの果て、光太郎は、引き金を引いてしまったのだ。
ドクン温かな口の中で、光太郎は、溜まりに溜まっていたモノを、一気に放出してしまう。備えていたはずの春佳が一瞬、うつとうめきを漏らしてしまうほどの勢いで、喉の奥に当たってしまった。
ともかくも、一気に動いた春佳は、一転しての優しい動きで、光太郎の怒張を根本から、何度も扱き上げてくれるそれに合わせるようにして、二度、三度と、後から後からこみ上げてくるマグマを噴出させるように、ドロドロ
と濃い精液を放出してしまう。
コク、っとかすかに喉を鳴らす音をさせて、ゆっくりと春佳の口が動いている。
舌を絡め、唇がシゴキ上げてくれるから、射精の快感がいっまでも続く気がした。
射精している間も、ゆっくりと腰が抜けてしまいそうな気がするほどの、全てを絞り尽くした射精だ放出してしまった光太郎は、満足と、安堵の息を漏らして、背もたれに沈み込む。
一方で、たっぷりと出されてしまった春佳は、コクリコクリと時間を掛けて、濃い精液を飲み下す。
義父に頼まれた「お世話」の相手だ。まさか、放出したモノを吐き出すなんてことは、ありえないのだ第一、義父の趣味にはめられて、妻のあられもない姿に勃起してしまうこの男性は他人事だとは思えない。
その上、さっきの、あわてぶり。

カテゴリー: アソコ拘束