淫的中華巨乳娘

みなさん、あの有名歌手、アグ○スチャンに似ている、中国生まれの可愛い若妻、伝馬ルルちゃんの登場です。早速お部屋で、ルルちゃんの身体を弄くり感度をチェックすると結構敏感な事が判明!!しかも、爆乳の持ち主なんです。そのおっぱいを揉みまくり、おまんこも指やバイブでガンガン責めまくり、お次はお返しのフェラチオ、パイズリでチンコをギンギンに起たせてもらい、ルルちゃんのおまんこにチンコを挿入して、激しく突きまくちゃいます。最後は中出しフィニッシュ!!ルルちゃんの本気の感じっぷりは見応えあり、是非ご覧ください!!
動画:淫的中華巨乳娘

あの人の前で、そんなことしたらかすかに残った理性は、真っ赤な文字で、ダメだと叫んでいる。
だが、身体が、真菜の理性を裏切って、老人の命令に従いたがっているのだ。
「さ、確かめて」
おお、と、そのくせ、うめきに似た声を上げながら、クナクナと、首を振る。拒否の仕草だ。
右手は、ゆっくりと秘部に向かって動いてしまっている。
だめえ。
触っちゃだめえー
しかし、その指先は、早くも、和毛を確かめ、止まらない。
「あううう!」
衝撃がつきぬけるピンク色の、いや、白い津波のような衝撃が、身体を駆け抜けていった。
もう止められるわけがない。
さっきまで、何度もオーガズムに達したはずだったけれども、そんなのは、オママゴトのようにすら思える。
ヌルリとした秘液をまとわせて、クリトリスをクルクルと回すように弄っているそれは既に「確かめる」動きでも何でも無い。
オナニー以外の何者でもなかった。
「あうう、あうう、ああ」
背中をのけ反らしたまま、子宮から、いくつもの電流が怒濤のように押し寄せていた。
だめえ、あの人がみているのにぃ、あああーだけどぉ光太郎の顔が目に浮かんでしまう。
やめなきゃ。あうう、だけど、いいいいい!衝撃波が、何度も何度も子宮から頭のてっぺんに突き抜けている。
それは、ひょっとしたら、歯止めのないオーガズムなのかもしれない。
だが、真菜の頭の中では、依然として、オーガズムの瞬間を夫に見られてはならないことだけは、抜けていないのだあの人に見られているのに、逝っちやうなんて、そんなこと、しちゃ、ダメなのお夫に見られたまま、オーガズムだけは、感じてはならなかった。
どうやったら止められるのか、自分では見当も付かないけれど、とにかく逝ってはならないのだ。
クリトリスを弄りながらも、それだけは、と真菜の最後の「慎み」が、懸命に堤防の決壊を防ごうとしていた。
そこにいきなり、津波がやってきた。
老人の手が、ビクンと飛び出した乳首をいきなり弄り始めたのだ。
「ああうう、いや、1、1、1」
ビクンと身体が反り返って、息がクッと止まる。
さんさんに自分の指はためらった乳首だった。おまけに、予想もしてない衝撃は、真菜の子宮とダイレクトにっながってしまった。
ああ、あう、ああ、だめ、ああああああし乳首から生まれた衝撃波は、クリトリスの快感に飽和していた真菜の快感の堤防を一気に決壊させて、ぺんまで、甘いオーガズムの衝撃が突き抜けてしまったのだ。
頭のてつ背中でブリッジを造り出しながら、真菜は、衝撃的なオーガズムを感じてしまったのだ。
夫が、カメラの向こうで見ているというのに。
もはや、夫の視線は、真菜を感じさせる仕掛けでしかないのかもしれない。

ホロリと涙が一粒11粒ころころと落ちる。
閉じたままでも、開いたときの美しさのわかる瞳から、ころころと、玉のような涙がこぼれ落ちた。
悲しい涙ではない。
もちろん、うれしい涙でもない。

ただ、あまりにも甘やかな衝撃のオーガズムに、真菜は涙をこぼしてしまったのだ。
その涙の持つ意味を、あえて決めるのならば「とうとう」の涙であっただろう。
この先、夫がどう思うかわからない。
しかし、密かに真菜の無意識が望んでいたとおり、本当は被虐の願望すらある、エッチなオンナだということを、とうとう夫に知られてしまったのだ。
軽蔑されるなら仕方ない。
いや、本当は、そうやって、いじめて欲しいのかもしれない。
ホントは「良い子」
なんかじゃない、叱られて当然のエッチな子なのだ、と。
とうとういささかの後悔と、「あん、隠しもできない興奮と、わずかばかりの安堵の中で、身体は勝手に感じ続けている。
あう、あううう、あふうう!」
立て続けに、快楽の声を噴きこぼす。
ほろり、ほろり、ほろり。
涙がいく粒もこぼれ落ちている間も、真菜の指は勝手にクリトリスを弄り続けている。
おまけに、今度は、老人の乾いた手が本格的に、真菜の大きな乳房をせめ始めた。
枯れ木のように見える手は器用に動くなまめかしく白い乳房の柔らかさを、存分に楽しみながら、真菜の快感を掘り起こす。
絞り上げるようにして、やわらかな乳房をもみ上げてくるたとえ母乳は出なくても、もともと乳首からは乳腺が幾筋も伸びているのだ。それが、はっきりと自覚できてしまうほど、乳腺沿いに快楽の電流が生じてしまうのだ真菜には初めての感覚だった。
おまけに、どんな構造をしているのか、老人の指先は、別の生き物のように乳房の表面を這い回る。
その上人差し指は乳首をずっとこね回してくるのだ。
乳房だけでも二重、三重の種類の違う快感が同時に掘り起こされるのだ。
ナイフの鋭さを持った乳首の快感、ずーんと身体の底まで震わせる乳腺沿いの絞り上げられる快感に、乳房の表面からかき立てられる粟粒だっような快感。
既にオーガズムを味わって、オンナの身体はどん欲になっている。
こらえるどころか「ガマンしなきゃ」と思うことも不可能だった。
「ああ、うぬっ、ああ、う、う、う、う」
相変わらず、クリトリスをこねるように動かしてしまう自分の指も、較にならないくらい良い。
慣れ親しんだいつものオナニーなんて、比男を入れられているわけでもないのに、真菜の頭の中は、こんなすごいのガマンしようとしていただなんて快感の電流が真っ白に塗り替えてしまう。
なんて自分がわからなかったんだろうと、いたのだ真菜は思うしかない。

セフレと公開SEXする素人

今回は新しくできたセフレと遊ぶというので見学をお願いして、待ち合わせにいきます。待ってた女の子は少しギャルっぽくて細身の可愛い女の子です。彼女も見学を承諾してくれました。最初は恥ずかしそうにしていたのですが、体を弄り、マンコを見るともうマン汁が半端なく溢れてます。そんなエッチなマンコに玩具をグイグイ挿入しちゃいます。次は剃毛してパイパンにしちゃいます。ツルツルのマンコになったところでチンポを生挿入して激しくピストンしちゃいます。
動画:セフレと公開SEXする素人

これほどの快感を自分はガマンできると思っていや、自分の身体に、まさかこんな快感が隠れていたなんて、知らなかったと思うべきなのかもしれなかった。
ともかくも、快感のうめきを上げながら、それでも、もちろん、身体はどこか満たせない。
もちろん、それは性の味を知っている人妻として、男に挿入されねば満たされないことを身体が訴えているのだ。
だめ、それだけは、だめ。
今、セックスしちやうなんて
この老人がのしかかってきたら自分が拒めるのか、もし、思えてしまう。
拒むどころか、しかし、と思えば、足を閉じることもできないだろうと、いや、自ら迎え入れてしまうだろうと思えてしまって、自分の淫らさを改めて思い知る真菜だっ
だけど、だって、こんな風になったら。
ああ、だけど、あう、も、もし、前島さんが入ってきたら
たやすく浮かんでしまう。
迎え入れてしまう自分の姿が、閉じた目の中に、
だめぇぇ!ああう、あうう、あああ!
その瞬間、もう、何度目になるのかわからないオーガズムの白い津波が、また、真菜の中を駆け抜けていく。
白い背中でブリッジを造りながら、甘い衝撃波に、すべてを現れている数秒間、いや、数十秒なのか。
衝撃が駆け抜けた後も、胎内のどよめきは収まるどころかますます、甘い波動が広がるばかり。
次の津波が、すぐ側に控えているのだと感じながら、自分を弄る指は止まらない。
ふと、その時、横にいる前島が気になって、いや、はっきり言えば、前島の怒張がすぐ目の前にあったことを思い出してしまったのだ。

あれあれ、としか意識できないが、前島のあれが、目の前にあるはずだった。
顔だけ横を向けた真菜は、ばっちりしたその目を開ける。
あ、まだまだ、と言うことは、女体に挿入できるほど硬くなることを前提にしての見方なのだが、そんなことに気がつく余裕などない。
半ばまで硬くなりかけた怒張が、視線がとまり、真菜がつかの間、すぐ目の前にあった、硬直してしまう。
と言うことだ。
ただ、ふと、「ふむ」
老人は、真菜の視線にもちろん気がついた。
わずかに、辛いはずの中腰の姿勢から、怒張を真菜の方に突き出した。
唇の5センチ手前だ。
まるで、その動きに会わせるかのように、真菜は顔を寄せてしまった。
ルージュを塗ったわけでもないのに、真っ赤になった唇が、少しずつ開いていく。
怒張の目の前で、こうして唇を開くのは、フェラしてあげる、のメッセージ。真菜は無意識のうちに、目を閉じまだ、上唇に、硬くなりきってない怒張が唇に当てられるのを待った。
冷たいものが当たる。
て、ヌルリと、表面を動いた。
「え、」
思わず目を開けると、目の前に、シワだらけで、半ば白くなった陰毛が視界を塞いでいた。
老人の、まだ半ば柔らかい怒張は、先走りの滴を真菜の唇に塗りつけるように動いたのだ。
思わず、ぺろりとそれを舐めようとしてしまう。
「あっ」
その動きは、唇に、ふわりとくっつけられている老人の怒張を舐めることにもなるのだ。
一度、ぺろりと先端を舐めてしまうと、後は、まるで一気呵成と言うヤツだろう。
ペロペロと、キャンディーを舐めるようにして、すぐ目の前の怒張を舐め取っていく。
あん、ああ、ん、ん、あう、なんで、いったいどんな心の動きのせいなのか、少ししょっぱい先走りを舐め取る度に、飲み込む度に、子宮に熱い疼きが生まれる。
あああ、もっと甘やかな衝撃が美肉に生まれ、コクリとほんの少しの先走りを舐め取ってし夫のモノでもないのに、真菜の舌はいとおしげに、まえば、舌は、怒張のあちこちをさまようしかない。
先端を舐め取っていく。
真菜にはおいしく感じられて、隅から隅まで舌先が踊るように伸びていく。
わずかに異臭のするカリすらも、ペロ、ペロ、ペロ。
舌先だけでは限界がある。
もっとほしい、ああ、だめえ、でも、ほしい真菜は、それが身体の中に欲しくてしかたなくなっている。
ホントは、濡れそぼつ美肉を貫いて欲しいのだ。しかし、今、目の前にある怒張は、徐々に力を集め始めてはいるが、「芯」
が生まれるほどではない。
真菜のびっちりとしまりが良すぎる美肉より、いや、真菜はそんなことまで考えてはいない今は、こちらの方が入りやすいはずだった。
考えられるはずもない。
本能は、男を一刻も早く迎え入れたがっていた。
なる
ああ、ほ、ほしくて美肉でなくても、かまわない。

ぶっかけ熟女 8 パート 1

美熟女・江波りゅうに無制限にぶっかけちゃうぞ!!パート1から飛ばしてます。「私、精液の臭いに性的興奮を覚えるんです。」という、超ゴージャス女優の登場です!パチパチ!!第一回ゲストに江波りゅうさんをお迎えして、ぶっかけ熟女 ~この1口に命をかけろ~利きザーメン大会で〜す!!とMCさんの軽いノリで始まります。目隠ししたままで味覚、嗅覚、触覚をふんだんに使って発射体を当てるゲーム!罰ゲームは、もちろんっ・・・!「うれしい♥」悲鳴!?そして、眩しいピンクのレオタード姿でローションまみれでぶっかけ!ふんだんにローションを仕込んだドエロボディででパイズリをしたり、尻コキしたりと男を悩殺!みなさーん!ぐちょぐちょファックでぶっかけ昇天の準備は良いですかー!!
動画:ぶっかけ熟女 8 パート 1

今すぐ、もらえなければヘンに真菜の本能は、赤い唇を、そっと開いていた。
ゆっくりとだが、ためらいを一切見せずに真菜の顔は、まだふにやっとした、けれども「オトコ」
の姿になりつつある老人のモノに近づいていく。
ホンのちょっと前まで、フェラは苦手なはずだった。
しかし、いつからだろうか。いつのまにか、ちっとも苦にならなくなった。
ひょっとすると、巧を受け入れたときからかもしれない。
オトコを舐め上げ、唇でしごくことにためらいがなくなっていた。いや、今の真菜なら、苦になるどころか、欲しいとさえ思ってしまう。
以前だったら、たとえ夫のモノであっても、気すら催したのに、だ。
むせかえるようなオトコの性器独特の、むわっとする臭気に、吐き夫のモノでもない、老人の半ば力が集まり始めた黒いモノに、私がエッチなせいじゃないんだもんなぜか、子宮を疼かせてしまう真菜なのだ自分がエッチなせいなのか、思いたかった。
それとも、オンナには、そんな本能が眠っているものなのか。
みんなそうなんだとともかくも、今の真菜には、オトコが必要だったのだ。
目の前の、使い込まれた「黒」の先端から放出されるはずの精液を想像するだけで、頭の後ろにしびれるような快感が生まれてしまう。
欲しいオトコのヒトが真菜の頭には、それしかなくなっていた。
なめらかなピンクの光沢のある小さな唇をそっと開く。
形は整っていても、やや厚ぼったい唇は、オトコをふっくらと迎え入れるためにあるとしか思えない。
硬くなりかけた男を、すぐに迎え入れるなら、これしかないのだ。
真菜はその唇を丸めるようにして、老人の怒張を迎えに行った。
夕涼みの軒先で風鈴の音を聞いたような、涼やかな表情で、真菜の首が伸びてくるのを見下ろす老人。
舌先でぺろりと舐め上げる。先端ににじむ透明な液体を、チロチロと口の中に入れ、コクリと飲み込んでいく。

ほんのわずかな液体を舐め尽くせば、その硬くなりかけた先端をべろべろと舐め回してから、ちゅるりと唇ではさみにいく。
ああ、これが思ったよりもずっとやわらかな怒張だったが、まぎれもない「オトコ」だった。
自分で思ったよりもずっと、ずっと、がっついて飲み込んでしまう真菜なのだ。
ジュルジュルと音を立てて吸い上げて、たちまち喉の奥まで飲み込んでしまう。
よし、よし。
おいしいか?
老人の片手は、自分の股間に吸い付く真菜の黒髪を優しげに、ゆっくりなでつける。
一方で、片手は、相変わらず激しく乳房を揉み、乳首をコリコリ攻め続けている。
極彩色の快楽の渦が、真菜の頭を占領していた。
おいしいか、と言われると、真菜は口いっぱいに怒張を頬張ったまま、コクリと小さく頷いた。
美しい唇は、オトコで塞がっていた。
言葉を出す余裕はないしかし、大きく口を広げながらも、その優雅な顔は、うっとりと陶酔した美しさがひときわ映えて見える。
実際、真菜の中は、たゆたうような金色の快感に満ちている。
オッパイからは切れ味鋭い衝撃のような快感が生まれ、なでつけられる髪に、やわらかな暖かいいたわりの快感口の中の怒張が、自分の身体に指を遣うことを半ば忘れ、おまけに、次第に硬くなっていくことに、メスの本能が悦んでいた。
真菜は、咥えたモノに集中し始めている。
顔が前後に夢中で動き始めてメスの本能は、奉仕の果てに、もっと大きな快楽が与えられることを知っているのかもしれない。
うっとりとした表情のままの真菜の唇を、老人の黒い怒張が深く浅く見え隠れしている。
じゅぶ、じゅぶ、じゅぶ。
湿った音を立てながら。
「さ、私の目を見ながらだ」
こっちを見て優しくとも、ハッキリとした命令だ。
そんな声が聞こえたのなら、真菜のメスは、意のままに従うことを悦びとするばっちりとした目が開く。
潤んでいるオトコに自然な媚びを見せる、ねっとりとした表情だ。
老人の目が静かに見下ろしている。
優しげな表情だったが、すべてを見抜く深い目だ。
真菜はいやらしい自分の姿を見下ろされていることをハッキリと意識してしまう。
そのくせ、止めようとは思わない。ただ、まるで罰を受けているみたいだと思えてしまうのだ。
ああ、私、恥ずかしいことをしてる。見られてるのに…る…あああ、だけど、ああん、な、何か、何か…来地鳴りのような音が子宮からハッキリと生まれていた。

カテゴリー: M字開脚下着