あの人気素人のデビュー前のお宝映像!

お待たせしました!デビュー以来、大反響の大好評の清楚系お嬢様の林檎ちゃんが登場!!今回はそんな林檎ちゃんの初々しいアクメ姿を披露しちゃいます。それでは、参りましょう!!最近マンコを使って居ないみたいで、欲求不満の林檎ちゃん。早速、ローターを渡して、オナニーして貰います!マンコをむき出しにして、激しく指マンでマンコを手淫する姿は清楚な顔からは想像出来ないですよね!?後半はパンストをビリビリ引き裂いて、電マでクリトリスを刺激して、もう大洪水!!敏感でスケベでどこか初々しい林檎ちゃんの丸秘動画はここから!!!!
動画:あの人気素人のデビュー前のお宝映像!

不自然だった。
その時はその不自然さに気がつかなかったのだ。
前島、の名前に気を取られていて、って、ことは、何かがある妻の秘密の匂いを感じた気がして光太郎は、一気に緊張が高まった。
光太郎は寝室の気配を伺ってから、部屋を見渡した。
良く整った室内は、真菜がちゃんと片付けている。
夫に秘密を作らない真菜も、大学生の時までつけていたという日記だけは見せてくれない。
以前、さりげなく家捜しした。日記は発見したのだが、自分のことが書かれているはずだと思うと、やはり、怖くて読めなかった光太郎だった。
だが、真菜が、もし隠そうとするのなら、そこしかないだろう。
クローゼットのソーイングセット。
光太郎は普段、絶対に使わない箱。
アンティークな箱になっているが、その下に、さりげなく置かれた箱が、突然意味ありげに見えてしまう。
「頂き物のシーツの箱だよな。
ひょっとして、これか?
その気になって探しても、天の助けがない限り、絶対に見つかるはずがない。
もし、その手紙を隠したいのなら、真菜はきっと、ここに隠すはずだとひらめいたのだ。
うんここだよな、たぶん」
ソーイングセットを慎重にどける。
後でちゃんと元に戻せるように、しっかり、一人、小さくつぶやいて、方を記憶した「ビンゴ!」
置きそっと開けた箱には、シーツなんて入ってない。
A4を一回り大きくした封筒光太郎は、取り上げる手の震えを止めることができない。
そこには数葉の写真と、ワープロで打たれた手紙が入っていた。
もちろん、手紙も気になるが、写っているものが、思いあたるだけに、不思議なもので、写真を持つ手は、震えが止まった。
A4サイズの大きな写真。
白さが眩しいほどのヌードがそこに写っている。
まるでグラビアか、いや、それ以上に扇情的なヌード。
しかも、映っているのは自分の妻なのだ。
それを後回しにするのは不可能だった。
意外に大人しいな予想したものよりポーズは、大人しいものばかり。
とはいえ、AV女優のどんなポーズより、見慣れているはずの自分の妻のヌードに衝撃を受けるのも男の常なの光太郎は、緊張と興奮で、手に取った写真を持ったまま、1枚目の写真に身動きできなくなる。
ちょこんと恥ずかしそうな笑顔を浮かべる立ち姿だ。
その両手は、秘所の前にさりげなく重ねられているが、形の良い胸は、すっかり見えたまま、それでもカメラの前で背中をすっと伸ばした、含羞の表情。
しばし、呆然とした後、写真を一枚ずつめくり始めた。
大人しく、スツールに座った姿。
恐らくは、座ったばかりの時だろう。
あの時気がつかなかったが、既に、そこに写る真菜は、目が妖しく潤んでいた。

こんないやらしい表情だったっけあの時、自分も画面のこちら側から見ていたはずなのに。
気ぜわしく手が動いて、次の写真。
小さく、ため息とも驚きともつかない声が出てしまう。
バストショットだ。
もし、撮影した順番通りに並んでいるとすると、この時、真菜の両脚は、秘所を隠しようがないほど広げられあからさまになった美肉には、光る愛液が見えていたはず。
感じてる…顔だよ、これ
真菜のパッチリした瞳は、きちんといつものように開かれいるはずなのに、いつもにはない妖しさが浮かんでいる口元は、しかし、わずかに開いて、まるでキスを求めているような風情。
光太郎は首を左右に振る。
違う、キス、じゃないどうしても思えなかった。
頭に浮かぶのは、この唇光太郎には、この唇が、自分の唇を求めているようには、が、黒い怒張にスッポリとまとわりつくシーンだ。
爺さんの、チンポを欲しがってる?
実際にフェラをしていないはず。
しかし、この時、既に真菜の唇は、フェラの恐らくは、この姿勢なら、まだ、カタチになっていた?
自分から求めていたってのか?
この写真を撮ったのは、前島老人だ。
あの時既に、真菜は、こんな表情を見せていたのだ。
あの老人には、真菜が怒張を自ら求めてしまっていることが分かっていたというのか。
光太郎には、分からなかったこと。
しかし、夫のいないあの場所で、真菜は、老人と二人だけの空間を作って、受け入れる場所はともかく、オトコを体内に受け入れることを求めていたというのか。
そんなウソだ真菜が…夫として、そうは思いたくない。
しかし、写真に浮かび上がった妖しい表情は、男を求めて止まない淫婦そのものの表情に違いない。
真菜.。

パイパン娘達と3P露天パラダイス

みなさんが大好きなパイパンおまんこがやって来ました。しかも露天風呂での3Pが拝めちゃいます。その、最高なパイパンおまんこの持ち主は、スレンダーなボディの持ち主、七海伊織ちゃんと霧島真奈美ちゃんの二人です!!露天風呂で二人で汗を流していると男が現われて、身体を弄繰り回して、感じさせちゃいフェラチオまでさせちゃいます。さらには、おまんこにチンコを挿入して、ガンガン突きまくちゃいます。温泉でのSEXは、まじでうらやましい、しかも二人ともパイパンおまんこですょ!!今すぐご覧下さい!!
動画:パイパン娘達と3P露天パラダイス

....写真を持つ光太郎の両手に力が入るおっと、いけね指先が、急にまた震えだし、次をめくろうとした拍子に、写真を滑り落としてしまった。
パラパラっと、硬質の音を立てて、クローゼットの床に撒いたように広がる。上質の印画紙だ。
これは…手元に、残ってた最後の一葉。
全身から力が抜けてしまった真菜の姿。
スツールの横だろう。
ぐったりと寝そべった姿。
脚は、少しだけ内側に捻られているが、それは、陰部を隠す役には立ってない。
むしろ、やや折り曲げたヒザはそのまま男の手のままに、広がってしまいそうな風情だ。
この姿を見た男なら、そのまま、脚を抱えて、ズブリと挿入してしまいたくなるだろう。
男の手のままに、その脚は、広がってしまうのだと告げていた。
一方で、胸にあてられた手は、なぜか、乳房を隠せぬまま、柔らかな膨らみの谷間に、その右手をあて、左手はさらに、その下にあてられているつまりは、乳房も、秘部も、隠そうとしているような風情を見せつつ、何も隠してないのだ。
柔らかな笑みそのくせ、その口元が、男を誘い込むような、たまらなく妖しげな微笑となっている。
まるで男を挑発するかのような。
表情そのものは、穏やかで、少しだけ恥じらいの色がある。そこにいるのは「処女の恥じらいを持った、娼婦」
だとも思えてしまう。
この表情を見た男は、襲いかかるのを我慢できなくなるに違いない。
事実、さっきまで、その写真の本人と、たっぷりセックスしたばかりの光太郎が、今すぐ、寝室に飛んでいきたくなってしまうほどだった。
なんで、こんな、いやらしい顔をするんだ恐らくは、しばらく、手に取った光太郎が最後に見た、あのオーガズムの後に違いない。
その写真から目を離せなくなった光太郎は、ハッと我に返って、写真をかき集め、もう一度、封筒をこれ、いったい、いつ届いたんだ?クローゼットの灯りにかざした。
なんと、消印は先週。その頃は、光太郎の帰宅がたまたま遅い日が重なっていたから気がつかなかったのだろう。
しかし、最もショックだったのは、このことを真菜が黙っていたことだった。さっきだって、わざわざ封筒を裏返していた。
いったいなぜ?その疑問が挟まっていた手紙を光太郎に思い出させた。
慌てて、写真と一緒に拾い上げた手紙をむさぼるように読み始めた。
父から、あなたのことを聞かされておりました。あなたがよりよい人生を送るために父は最後の青春の炎を燃やせたのだと。おかげで父は、人生の最後で、とても良い時間を過ごせたと思いはす。あなたから来る連絡を一日千秋の思いで待っておりましたが、父が逝くひと月前からは、もはや身体が言うことを聞かず、くれぐれもあなたを頼む、と毎日のように言い残して逝ったことだけが悔やまれます。
父の供養もかねて、一度お話をさせていただけませんか?
なお、今回、同封した写真は、父から頼むと私に直接、手渡されたものの一部です。もちろん、私だけしか知らず、データは厳重に保管しておりはす。もし、あなたがご心配でしたら、消去もいたしほすし、差し上げることもできます。

あなたの力になることは、父からの遺言のようなものですから、くれぐれも、ご心配なさいませんよう。
追伸父の趣味を、息子である私は、さらに色濃く受け継いでいるつもりです。父があなたに見せた「新しい世界」を、あなたが覚えていらっしゃることを、いえ、忘れられるわけがないのだと、心から信じております。
手紙には、アドレスと携帯の番号が付いていた。
真菜は、もう、連絡を?どうやら、そこに連絡しろということなのか。
その気になったら、とっくに連絡を取ってもおかしくない。
とっさに、真菜の携帯を見ようかと思った。
しかし脚が動かない知ってどうする?あの老人の息子だという男と、「貸しだと思うと思う」
真菜が密かに連絡を取っているのだとしたら、自分は何を言えるのか。
急に春佳の声が耳に響いた気がした。
光太郎は、虚空を睨んだまま動けない。
ただひとつ、もしそうなっていたとしたら、春佳は連絡をくれると言った。
自分が知らぬうちに、セックスをす
ることはないと言っていた。
あの言葉を、信じる?第一、真菜を信じる気持ちは大きい。
かといってr貸しがあると思っている男が、真菜と何を「話す」
真菜の携帯は、リビングにおいてある。のぞき見するのは簡単だ。
というのか。
真菜のことだから、ロックもかけないはず。
だけど、もし真菜の携帯の履歴に、この番号が残っていたら、何を尋ねればいいというのか。
光太郎は、見えぬ魔物に怯えるしかないのか。
暖房も入れてないクローゼットの中で立ち尽くす光太郎の手に、じっとりとした嫌な汗が流れてくる。

Debut Vol.24 〜老舗旅館の実家から飛び出した口元のユルいお嬢さま〜

キターーー!!久々の金の卵・新人娘の有賀ゆあちゃんがカリビアンコムに初登場!緊張しまくりのゆあちゃん、恥ずかしそうにブラを外してスカートを捲りあげると、緊張のあまり真っ白なスケスケパンティーから愛液が染み出ちゃってます!
動画:Debut Vol.24 〜老舗旅館の実家から飛び出した口元のユルいお嬢さま〜

光太郎の身体が冷え切ってしまうまで、呪縛は、身体を縛り付けていた。
結局、光太郎は、その手紙と写真を、元の通りにそっと収める道を選ぶことになったのだ。
そして二日後。
光太郎は、引き出しの中から、真新しいビルケースを発見してしまうことになる。日付ごとに一粒ずつ。
1ヶ月分、きれいに分かれて入っている「薬ピル」が、風邪薬なんかじゃないことは、初めて見る光太郎にも、わかりきったことだった。

真菜は一足早く冬休み。
小学生が休みだと教師は休みになるらしい。
有休を使うんだとか、言ってはいるが、光太郎からすれば、そんなに休暇が取れるだけうらやましい。
まあ、その分、るというもの家がきれいになるし、うまい晩飯も食える。
おまけに、光太郎さえ帰ればゆっくりセックスでき学芸会の前の時のように、ネズミーランドのダンスを見せられて、婚時代の再来というものだろう。
げんなりすることもないのだから、まさに新恥ずかしがる真菜をさんざんに焦らして、昨夜も、スだった。
あげくは窓に身体を押しつけてバックから犯すようなセックウエストが細いクセに、おまけに、尻を後ろにうんと突き出しながらも、尻が大きいから、立ったままバックから入れると、柔らかな腰をグッとつかみやすい。
身体が柔らかい。
このところ、またちょっと大きくなった白いオッパイは、ちゃんとガラスに当たる「ほら、外から、オッパイ見えちゃうぞ」
「あああ、いやあ、あう、あ、あ、あなたぁ、許してぇ、ああ、見られちゃうぅ」
光太郎の怒張をギュッと締め付けてくる。
嫌がるクセに、クナクナと尻を振り、おまけに、奥から、またとろりとこぼれてくる液体が、ピッチリと締め付けられている美肉の中で、光太郎を自由にさせる「ほら、また、感じてる。見られているのに、感じてるんだろ」
「ああ、違うのぉ、あなたが、あう、あなたが動くからぁ、あん、あうう、ああ、もう、もう、許してぇ」
ヒクン、ヒクンと真菜の尻が震えている。
ああ、あうう、も、もう、あああしもちろん、明かりは消しているから、どこからも見えないはずだが、ここ数日、ますます感じやすい真菜だ。
らかな乳房をガラスに押しつけて変形させながら、またまた、異様に乱れてしまうのだ。
柔嫌がっているクセに、律儀に、オッパイをガラスに押しつけたままひんやりしたガラスに乳首が刺激されるのかもしれない。
ふと気がついて、光太郎は、真菜のスベスベした脇の下に手を入れる
あん!
感じている身体は、そんなちょっとした場所でも、声を上げさせてしまう者なのかもしれない。
うっすらと汗を掻いている腋に入れた手に力を込めた。
「あああ、いやぁぁ!
柔らかな乳房を変形させるように、ガラスに押しつけて、身体ごと動かしたのだ。
もし、外から見ている者がいたら、まるで、白い肉まんじゅうでガラスを掃除しているように見えるかもしれな真っ暗な部屋。
ギュッと押し当てて変形した白い乳房だけが、見えちゃうよと真菜に囁きながらだったから、ぽっかりと浮かびあがって、乱れ方は尋常ではない。
ああうううーあう!離してぇ…」

ゆっくりと動いて見えるはずだった。
ああ、お願い、もう、ああ、許して、離してぇ、目一杯乱れながらも、早く窓から離して欲しいと懇願するのは、オヤクソクというもの。
ブヌブと抜き差しすると、それだけでオーガズムの声を抑えられなくなる。
そのくせ、後ろからヌ感じているから、言うことを聞くし、言うことを聞くから淫らなこともさせられるいや、外から見えちゃうよ、と光太郎が囁く度に、小さなオーガズムが何度も身体を駆け抜けているに違いない。
その度に、ビクン、ビクンと怒張を締め付けてくるのだから。
「こんな恥ずかしいコト、ああ、お願いい、許してぇ、ね、もう、もう、ああ、あなたぁ」
感じているから、恥ずかしさは余計に膨らみ、恥ずかしがるからこそ、余計に感じてしまう。
こうなると、怒濤のように、どんなエッチな命令も受け入れてしまうのが、最近の真菜なのだ。
ふと悪巧みが浮かんだ。
かねてから、目の前で真菜にオシッコをさせてみたかった光太郎だ。
今までは、そんなヘンタイじみたことを真菜がするはずない、めていたのだが、今の真菜には、そんな限度はないはずだ。
いや、下手をすれば怒り出しかねないととあきらニヤリと口元をゆがめてからピストンを一気に速くする「ああああうあうああ、あう、も、もう、あう、い、いつ」
真菜の美肉がヒクついて、ギリギリまで高めた所を、
あああ、あなた、うあああ、な、なんでぇ、ああさっと一気に抜いてしまった。
苦しげなうめきは、目の前まで訪れた灼熱のオーガズムをオアズケされて、だろう。
「ね、真菜」
「ああ、何?あなたぁ、ね、お願いね」
真菜の尻が苦悶にうねる。
無念の証微妙に腰をうねらすのは、本能のように媚びているせいだ。絶頂が目の前だった女体にとって、てもらうのは、何よりも優先してしまうのだろう。
オシッコするところ見たいなぁ「ああ、いやあ、そんなことお、できない。いやあ、お、お願いよぉ」
再び肉を満たし案の定だった。
甘やかな断り方、というより切ない哀願だ。
光太郎が本気で命じさえすれば「そんなことできない」といいつつも、してしまう、ということだろう。
「させないで」
という哀願の方が大きい。
おまけに、尻肉がヒクリと震えたのを見逃さない。
おそらくは、その姿を想像して、真菜は恥ずかしさに、とっさに、柔らかな尻タボを、光太郎はむんずと掴む。
感じてしまったに違いない。
「あん、ああう」
サワサワと尻肉をなでるように指を使うと、ね、見せてよ
「ダメぇ、あなた、いやあ、許してぇ」
もちろん、真菜の身体に電流が流れぬワケがない。
クナクナと尻が動く「ああ、お願い、もう、あなた、ね、あなた、お願い」
見せてくれるって言ったら、すぐに、ズブリ、なんだけどなぁ