10代ピチピチギャルとハメ撮り!

ロリ好きのみなさんお待たせしました。メチャクチャ可愛いロリガールの登場です!!幼すぎる顔の、るなちゃんとたくさんエッチな事をしちゃいます。早速、服を脱いでもらい、るなちゃんの身体を弄繰り回しちゃいます。そして、るなちゃんにフェラチオさせて、チンコをギンギンに起たせ、次々に体位を変えながら激しく突きまくちゃいます。激しい突きに感じまくりのイキまくりな、るなちゃんのおまんこに大量の精子を注ぎ込みフィニッシュ!!本当に可愛いすぎる、るなちゃんのマジSEXを得とご覧あれ!!
動画:10代ピチピチギャルとハメ撮り!

「あううう、あう、あ、ああうう」
真菜の声は一気に切迫する。
島津の動きは、その声に調子づく。
繊細な指先がギュッと乳房を絞り上げ、小気味よく突き出した先端をチュッと唇で挟みながら、反対の乳首は指でころころ転がしていく。
「あっ、く、くく、くぅう」
悲痛な声が、違うんだからあー
苦痛に苛まれでもするかのような、歯を食いしばった唇から漏れてきた。
ダメ、感じちゃ。
私は、違うの、精一杯、自分を縛めようとする真菜は、歯を食いしばり、唇を噛みしめ、己を縛り付けている鉄のフレームを、しっかと握り締めている。
だめえ、感じちゃダメさ耐えようとしていたのだ。
しかし、快感を知り尽くした人妻の身体だ。
真菜の意志とは無関係に、腰がうねるのを止めることはできない。ともすると、ヒクリと空腰さえ使ってしまう。
そこを、優子がしゃがみ込んで、腰をガッチリと抱え込んでくる島津をフェラするはずなのに、そんな気配は全くない。しかし、それに気がつく余裕など、真菜にはない。
あ!え?あーあーあーいやあーああ!
真菜の反応が一気に鋭さを増した。
何と股間に優子がしゃがみ込んだ、優子は、真菜の腰をガッチリと捕まえて顔を寄せている。
島津のフェラをするはずが、あろうコトか真菜の股間に、赤い舌を送り込んできたのだ。軟体動物が、とっくに濡れてしまった真菜の秘所を、さらに、ヌルヌルとうごめく。
女はオンナの弱点を知る。
強烈なクンニリングスは、あっというまに、真菜の子宮に白い炎を灯してしまった。
おまけに、島津の繊細な指は、真菜の弾力たっぷりの乳房から、見事な快感を紡ぎ出し、その先端は、吸われ舐められ、クニクニと甘噛みされている。

あう、あう、あう、あう、あああ悶えるしかない。
白い炎が、子宮に宿っていた。
優子は「少しだけ」と言ったはずだった。だが、もはや、そんな言葉を思い出す余裕もない。
島津をフェラするはずだった。なのに、なぜ、優子が自分に舌を遣うのか。そんな疑問すら浮かべる余裕もない。
淫らに、快感を叫ぶなんて恥ずかしい考えたこともないほどの大勢に、淫らな姿を見られているはずだ。だが淫声をこらえることなんて不可能だし、第一、こらえようと考える余裕もない。
ただ、灼熱の快感に煽られるしかない。
あうう、い、いやあ、あう、あう2真菜の狂乱ぶりは、一瞬、「いいなあ。島津さん」
男達を振り向かせるに十分だった。
森が、手を止め、ポツリとつぶやいて、バカっと紀美がすねたようにつぶやいた。
もちろん、慌てて、森は、紀美に集中するしかし似た展開は、全ての「カップル」で起きたことなのだ。
もちろん、真菜は気づかない。
そんな余裕もなく、奔流となって流れ出しそうなオーガズムの予感に、身を焦がすだけだ。
ああ、だめ、もう、もう、イキそう恥を曝してしまう。
今日初めてあったオトコに、身体を好きに弄ばれ、オンナの頂点を見せてしまうのだ。
いや、ここにいる全員の前で、オンナが最も秘すべき瞬間を見せてしまうのだ。
しかし、もはや身体が言うことをきかない。
え?あああええええー!
白い炎が、いっきに子宮からほとばしろうとしたその瞬間だった。
思わず、縛り付けられている手を伸ばして、島津に抱きつこうとしてしまった。
だめよ。真菜さん。あなたもゲームに参加しているんですもの下から声がする口の周りにべっとりと付いた真菜の秘液を、軽く手で拭いながら見上げてくる優子の声は、妖しく真菜に響いた。
「逝かせてって、言わないと、最高の気持ちよさは、味わえないのよ」
まるで小さい子どもに言い聞かせるような、「そ、そんなしゃべり方だ。
そんな…」
にっこりと笑ってから、今度から一回休みは、一同を振り向いた。
なくなったけど。
茫然と見つめる優子は、
さ、みなさん、交代よ。
殿方は、大丈夫よね?
よっしゃあと田野倉が叫んで、敦子にじろりと睨まれ、任しとき!と、叫んだ森は、あなた!と彩子に叱られニヤリと微笑み、それを見た春佳は、そのかわいらしさの残る頬で、そんな達也に、小さな声でそっと囁いてくる。
ちょっとふくれて見せた。
達也は、遠藤は、
オレの番まで、回るかな?
いえ、多分、それは目だけで、ぺこりと会釈する。
「そうだよなぁ」
その動きは、真菜からは見えない。
ちょっと残念そうに首をすくめた遠藤は、まあ、いいか、と小さくつぶやいていた。
もちろん、そのやりとりが真菜に聞こえるはずもない。
近寄ってきた達也に丁寧な挨拶をされて、逆に面を喰らった真菜だ。

おんな友達と一緒 ~色白の先輩と微乳の後輩、2人まとめて食っちゃいました~

今回の「おんな友達と一緒」に出てくれるのは、先輩と後輩の間柄の2人です。2人とも整った顔に細身のスレンダーな体型で、脱いだ時が楽しみですね!まずは、ソファーに座って2人M字開脚でマンコをチェック!綺麗な美マンでビラビラも可愛らしいですね。指マンで弄るといい顔して喘いじゃいます!クリトリスに電マを当ててマン汁垂らして感じるやらしい先輩に負けじと後輩はやらしいフェラチオを見せてくれます!可愛い女の子2人をサンドイッチファックで見応え抜群!お得な作品です!
動画:おんな友達と一緒 ~色白の先輩と微乳の後輩、2人まとめて食っちゃいました~

春佳の亭主の達也です
これから自由に弄ぼうとするオトコが、
改めて初めまして。
最初にかける言葉ではなかった。
縛られた身体を、「は、はい」
慇懃な挨拶をした下半身は、硬く勃起しているのが目に入る。
真菜は、目を背けようとしながらも、ついつい視線がそこに行ってしまう自分に、密かに驚いている。
はち切れんばかりの怒張が、今にも身体に突き立てられそうな距離で揺れながら、縛られた裸で挨拶などできるはずもない。
戸惑う真菜
真菜さん、まだためらってますよね、「あっ、うつ」
ご不安なんですよね
親切そうな笑顔を見せながら、そのくせ、この上なくいやらしい動きで乳房をやわやわと撫で上げて人の良い、きたのだ。
真菜はのけぞって、それに耐えた。
さっき、イキかけた身体には、行き場を無くしたマグマがドロドロとうごめいて、出口を求めて子宮を蝕んでいるのだ。
ホンのちょっと触れられただけで、マグマは噴出するチャンスかと活力を取り戻してしまう。
苦しげなうめきを漏らす真菜の向こうで、優子の声がした。
さ、今回は、全員が違うわ。いつものように、最初の5分は、「ひぃ」
いやあ「いやいやいや」
バイブタイムよ!殿方、用意をなさって!
悲鳴を上げているのは確かだった。
誰が何を言っているのかわからないが、オンナ達が全員、ドキリとする真菜に、達也が耳に口を付けて囁いてくる。
「あん」
たったそれだけでも、「違う、背中を貫く衝撃が来るのだ。
全部の組み合わせが、って言うのは、本来の夫婦じゃないってコトだよ」
それは何となくわかっていた。
「あのね、ドキリとしたのは、ロイヤルストレートフラッシュのようなモノでね」
その後の、悲鳴の方だ。
まあ、真菜にはよくわからない例えだ。
「こういう時は、最初の5分間。どんな道具を使っても良い、ってことになってる。
ほら、向こう」
達也が目で示す方を見ると、なるほど、端にワゴンが出ていて、いろいろなモノが並んでいる。遠くから見ただけで、羞恥に目を背けてたくなってしまうようなモノまで載っている。
バイブタイムっていっても、まだバイブは禁止なんでね。それはまた後だよ。まあ、みんなに人気なのは筆かローターなんだけどさ!
チラリと見ると、ている。森などは、確かに、見るも恥ずかしいバイブを持っている人間はいない。筆やローターを思い思いに持つ大きな手に、筆もローターも二つずつぶら下げていて、ニコニコしている。
逆に、真菜にとってはいや、森ばかりではない。
びっくりだった。
どのオトコも、まるで子どものような無邪気な表情なのが、自分の立場も忘れて、思わず男達を見回してしまう。
「男の人って、子どもみたいでしょ?こういうところが可愛いって言うか」
優子が不意に、後ろから囁いてきた。
ハッと振り返る真菜を置いて、達也もワゴンに向かった。
あの、
ああ、みなさん、なんで、あの、なんだか、怖そうなあのね、バイブタイムって、呼んでいるこの時間だけは、ルールが逆になって、罰ゲームも別になるの

「そこの5分間、オンナは、絶対に逝っちゃいけないの。だから、男の人全員が、他の人の奥さんを逝かせるために頑張るわ。だって、自分の奥さんだけさせられたら、可哀想って思うんでしょ。みんな必死よね」
自分の奥さんだけ?させられる?
「ルールは単純だけど、罰ゲームは、結構ハードなのよ」
楽しそうに微笑んでから、戻ってきた達也をチラリと見ながら、囁き続けた。
「あのね、逝っちゃった人は、このゲームの後、みんなの前で、オナニーして見せなきゃってことになってるのみ、みんなの前でって…」
「バイブを自分で遣ってね。さすがに、恥ずかしいわ。だから、みんな必死よ」
「はうぅ!」
ビショビショになった場所を優子の細い指が、さっと指が撫でてきたのだ。
「意外かもしれないけど、女同士で見られる方が恥ずかしかったりするのよね。
ながら逝くって、どのみち、すごい体験だけど」
あう、あ、は2まあ、みんなに顔をのぞき込まれ乳首をつっと摘まれたのだ。
細いおとがいを仰け反らせながら、真菜は戦慄している。
男達が全力で逝かせようとしてきたらふと、目の前に経った達也を見た。
オンナ達の上げた悲鳴の理由がわかった。
「どうも」
人の良さそうな笑顔の両手には、筆と、ローターが両方とも握られていた。
真菜もまた、耐えねばならぬと思い知った。
耐えられるの、私?あれに耐えねばならぬさっきから、甘美なオーガズムのきらめきが、としても、それが可能なのだろうか。
甘やかに、真菜を誘っているのだ。5分間、オナニーして見せなきゃってことに…優子の声が脳裏でこだましている。
耐えなきゃ、絶対に身体を硬くしながらも、子宮から響く、甘やかなオーガズムへの渇望が、真菜を絶望的なキモチにしてしまう。
これだけ大勢の前でオナニーをしなくてはならない。
そんなこと考えることもできないほど、あり得ないことだだが、もし、そうしなくてはならなくなったら、つまりは、自分が達也にイカされてしまったら、ということだオナニーをしちゃうって…
この人達の目の前で、羞恥に赤くなっていた真菜は、いっきに青ざめながらも、拒否の色が浮かばない。
むしろ、甘美な羞恥に陶酔していく表情そのものだ。
その表情は、しっかりと、その場にいる全員に見定められていることに気が付く余裕などなかったのだ。
私、もちろん、どれほどの淫靡な表情なのか、春佳にしっかりと目撃している。
伝えるのは難しくても、その顔を、言葉と心を尽くして、真菜の夫に、つまりは光太郎に話したのだ

夫は知らない淫らな私

アダルト界の実力派女優、希咲あやが淫らな妻を演じちゃう!年を重ねる毎に性欲は増すばかり。夫の居ない間に別の男を連れ込み、淫らに誘惑して強烈バキュームフェラで精子を根こそぎ搾り取る!肉欲に溺れた熟女が他人の固いチンポに酔いしれる姿をたっぷりとご覧あれ。
動画:夫は知らない淫らな私

「それで!真菜は?」
ついつい、なじるような口調で詰問してしまう光太郎だ。
光太郎にしては珍しい表情だった。
「あ、あの、ちょっと、痛くて」
「中ごめんなさい」
春佳の乳房を握り締め、身体の奥からわき上がる嫉妬と興奮をかろうじてこらえていたのだ。
その手に力が入り過ぎてしまった。
それで、真菜は?
でも、ここから先を聞く前に、決断して欲しいの
決断?
あなたが、奥様を愛しているのは分かっています。
ないけど、そうなれる人よ、あなたはそして、私達の仲間になる資格って言うと、ヘンかも知れ春佳は、光太郎のヒザから降りる。
一糸まとわぬ姿のまま。光太郎の目の前に跪く形の良いおっぱいが、目の前でわずかに揺れる。
すでに、下半身裸の光太郎の怒張は、これ以上ない硬さでそそり立っているさっきからヒザの上に春佳は乗っている。そそり立つ怒張を秘唇にこすりつけていたから、挿入してもいないのに、びっしょり濡れていた。
春佳もまた、興奮していた証拠だった。
しかし、快感に潤んだ瞳には、真剣な光が宿っている。光太郎もまた、にやけるどころか、真面目にならざるを得ない場面であることをよく分かっているね、あなたは、入会しますか?
「それは、妻と話をしないと…」
ダメ!あなたが決断して上げて。あなたが決断したら、真菜さんは、どちらでも従うわ。忘れないで決断するのは、あなたの役目なの柔らかな印象の春佳が、きっぱりと言い切る、その迫力に光太郎は気圧されてしまう。
「オレの、役目」
「そうよ。夫が決断してあげないと、真菜さんは一生あなたに負い目を感じることになるわ」
それはそうかもしれないけど真菜の性格からすれば、郎も思う。
YESでもNOでも、どっちにしろ、光太郎に対して

「責任」
を感じるだろうと、光太だからといって、勝手に、光太郎が答えて良いものかどうか。
逡巡を見て、春佳は続けた。
「あの、真菜さんは、まだ、あなたが入会してない。
だから…」
愛情とも思えるような光があるその瞳には、悲しみとも、慈しみとも、そして、不思議ではあったが、不思議な瞳だ。
光太郎は、淫欲を忘れ、じっとその瞳を見つめた。
あなたが認めるまで、してもらえないの「え?って、だって、その、さっき、真菜がイキそうって…」
「あのね、えっと、なんて言うか、あの、逝ったわ。確かに。でも、あの、それは」
何か言いづらそうな春佳が、息を精一杯吸ってから、一気に喋った。
「指と舌で、確かにイカされたけど。でも、オンナは、それじゃダメなの。
妻ですもの。オトコの人に最後をしてもらえないと」
だって、真菜さ…ううん、私達、人真菜が、と言わず、私達、と言ったのは、「オトコの人のこれが、必要なのよ」
せめてもの優しさなのだろう。
悲しげに、怒張を、つぶやくように喋ると、春佳は、まるで、照れたのをごまかすように、自分の秘液で濡れた光太郎のぬぷりと飲み込んだ。
ジュブ、ジュブ、ジュブ。
光太郎を扱き上げる。
すすりしげながら春佳の唇が、イカされて、湿った音で、指と、舌で、それだけじゃダメって…光太郎は、思わず時計に目をやった。
真菜が、そうなってからかれこれ、2時間以上は経つはずだった。
電話で呼び出されてからですら、1時間は経っている。
怒張でとどめを刺されたがっている、というのが、本当なら、2時間オアズケをくった真菜がどうなっているの光太郎は、嫉妬と言うより、真菜のことが純粋に心配になった。
「大丈夫なの?」
しかし、ジュブジュブと天国のような舌になめられ、快感の魔法のように唇が扱き上げてくるから、ち上がることもできない。
「あなたに電話したのは、真菜さんが、そうなってしまったからなのじゃあ、1時間ってとこか。でも、それでも、長いいきなり立真菜をじっくりと焦らして、オアズケをさせることはあっても、1時間も続けたことはさすがにない。
その前に、真菜は、淫らと言うより、何かに取り付かれたような鬼気迫る状態に鳴ってしまうからだ。
でも、そんなにオアズケをさせたら」