妹みたいになかよく遊んで下さい!

メチャクチャ可愛いロリ系の、あやちゃんの登場です。あやちゃんスレンダーなボディーで綺麗なおっぱいが魅力的なんです!!あやちゃん、いきなりパンツの上からおまんこを弄くりオナニーを始めちゃいます。さらに、全裸になりローターを使っておまんこを刺激しまくちゃいます。おまんこをビショビショに濡らして感じまくる、あやちゃんにフェラチオしてもらい、まずはお口に精子を発射!!最後は、おまんこにチンコを挿入して、いろんな体位でガンガン突きまくり中出しフィニッシュ!!あやちゃんのおまんこからあふれ出す精子がたまらなくエロイです。
動画:妹みたいになかよく遊んで下さい!

思わず、そうつぶやいた光太郎に、春佳はチュポンと怒張から離れると、さっきまでの淫靡なフェラの雰囲気とはうって変わって、また、真面目な表情となる。
そうよ。可哀想。オカシクなっちゃってる。でも、あなたの決断がないとダメなの「決断」
重い言葉だ「許さないなら、るなら」
あなたが自分で抱いて上げて。
ここにも二人っきりになれる場所もあるわ。
でも、あなたが決断すゴクリと光太郎はツバを飲み込んだ「真菜さんも、そうして…あなたも、これから、最高の快感を得るはずよ」
熱い視線で春佳が見上げた。
そして、永遠の夫婦の愛をその澄んだ瞳は、ウソを語っているようには、とても見えない。
「そうよ。夫婦の最高の関係が続けられる、って私も思ってる。ホントよ」
光太郎も、もはや断れないと思いかけている。
春佳の言葉にウソはなさそうだ。
しかし、コトは重大なのだ。
もし、ウソって言ったら?
「そうね。
今日は、5人ですもの。
真菜さんは、欲しくて欲しくて仕方の無かった、これを、それも全員のグッと、怒張を扱き上げてくる春佳の右手うっ」
光太郎は思わずうめく。
あやうく、発射しヌルッとした動きと、てしまいそうだった。
「これを」
微妙な握り具合が、絶妙な快感を生み出して、
コレを、手に入れることになるの「みんなって…」
そうよ。全員が、真菜さんの快楽に奉仕するってことよ
もちろん、分かっていたことだったかもしれない。
しかし、そうやって、改めて言われれば、さすがに、稲妻に打たれた人間のように、髪の毛が逆立ってしまう。
全員が、真菜とヤルってことかよいや、期待か、いや、何とも知れない鮮烈な衝動が、光太郎の背中を駆けぞわぞわと、上ってきた。
悪寒のような恐怖が、
ろ第37話目を見開いたまま硬直している光太郎に、したから、ためらいがちな声が聞こえる。
そしてね…えっと、やっぱり、言うべきよね、先に言うべきだわ
ハッと見下ろすと、うん?
春佳は決意した表情だ。
春佳が、申し訳なさそうな目で見上げてきたのだ。
ウソと言った時の、あなたのこの後、なんですけど「おれの?」
コクリと頷いてから、春佳は、リモコンで横にあるディスプレイを点けた。
「これ、その時の画像です。縛られたまま、夫に責められている時です」
「真菜!」
私達の仲間に、入ってくれたら、なんですけどもはや、全てが吹っ飛んでいた。目の前の、画像に、光太郎は集中してしまう。
どうやら録画した画像なのだろうが、あの美しい真菜の顔が、見たこともないほど、まるで地獄の拷問で設けているような、激しい苦悶の表情に見える。
歪んでいた。
この後、いっちやったんです
真菜さん、「逝く?」
とっさに、春佳は戸惑った様子を見せて、あと気がついたように再度説明し出した。
「ああ、えっと、あの、実は…夫はそのとき、加減をしたらしいんです。さすがに、公開、お、お初めて会を経験する人にオナニーは、って」

恥ずかしそうに、オナニーと口にする春佳も新鮮だが、そんなことにかまってはいられない。
加減を?
「ごめんなさい。純粋に、夫は親切のつもりだったの。でも、あの、結果的に」
リモコンが操作された次の瞬間、画面が動き出す。
ああ!もういやぁ中ああ!いやぁし真菜の鬼気迫る声だった。
「この、ちょっと前に敦子さんが、逝ってしまって、それで、真菜さんも、影響を。
良くあることなのよ」
そう言って、またジュブリと怒張を飲み込んだ。
ああう、もう、もういやああ!
真菜の絶叫が響く顔のアップに過ぎないが鮮明な画像だ。
どうやら、あの時老人が見せてくれたカメラを、今回も使っているのだただし、コレを操作した者はいないらしい。
真菜の鬼気迫る表情のアップだけ。
「手加減が悪かったの。
真菜さん、たまらなくなっちゃったみたいで」
一瞬、口を離した春佳は、それだけを言うと、また喉の奥に当たるまで飲み込んだ。
吸い尽くすような激しいフェラ。
もはや、光太郎にも、次に何が起こるのか、分かってしまった。
わなわなと、真菜の唇が、歪んだカタチのまま、広がりかけ、また、懸命に閉じられる。
やめろ、やめろ、真菜、やめろ光太郎の声は届きはしない。
一瞬、唇を噛みしめて、激しく顔を振り立てた真菜は、くわっと目を見開いて、画面の下を見るおそらくは、達也がかがみ込んで、秘唇に指を使っているのか、あるいは、舌を遣っているのか。
ともかく、自分の股間の方を血走った眼でにらみつけた、その視線は、鬼女とでもいうべき迫力がある「やめろお!」
光太郎が思わずつぶやいてしまうのと、真菜が、絶望の表情で、眼を閉じて仰向くのは同時だった。
春佳が、フェラのスピードを上げたことに、少しも気がつかない光太郎意識が集中している画面の中で、真菜の唇は、光太郎が恐怖した、哀願を口にする切ない声だった。
「ああ、もういやあ、い、逝かせてぇ、
おい!そんなことを叫んだらああう、いかせてぇ!」
真菜が、自ら、「逝かせ罰ゲーム、と言う言葉が頭のどこかに浮かんでいる。
て」と叫んだこと自体だった。
だが、それ以上に衝撃的なのは、けっして、誘導されたのでも、強制されたのでもない。
ただひたすら、真菜は、本気で、逝きたくて懇願してるのだ。
「真菜」
その時、一瞬、真菜の目が見開いて、百年の恋慕の相手に抱きしめられたかのような喜悦の表情を浮かべたの恥じらいも、淫猥な唇が、慎みも、そして、見事に広がって、いいわ、妻という立場も忘れた純粋なオンナの悦び叫んだのだ。
いぐっ、「ああ、いい、い、い、いぐっ、いぐっ、い、いくうう!」
微妙なビブラートがかかった壮絶な、絶頂を告げる声甘やかで、そして、脂ぎった淫らさに満ちた声。
どれほど淫らなことをされてもどこかしら鮮烈で、清らかさを持っていたはずの真菜の声は、ドロドロの、激見たこともない淫らさそのものだった。
しい快楽の中で、そんな…光太郎の怒張から、勝手に快感の塊不意に、股間から、熱いモノが脳へと走った。
が爆発してしまっていた。

居酒屋ナンパ ~酔った巨乳娘を口説いて3P生ハメしてやりました~

みんなの大好きなあの企画がやって参りました!某居酒屋で一人で飲みにくるとの情報を入手!早速向かうといました!すでに結構酔っぱらってます!綺麗な瞳で、巨乳で、可愛いです。名前は明日香ちゃん。さらに飲まして酔わして、お持ち帰りしちゃいます。プレイが始まると、マンコをドロドロにして感じちゃうし、潮吹きするし、チンポはやらしく美味しそうにフェラチオするし、エロすぎです!もう酔っぱらってるし、チンポぶち込めばオールOK!中出ししてもバレなそうだし、中出しまでしちゃいますか!!濃厚な3Pも見どころの一つです!
動画:居酒屋ナンパ ~酔った巨乳娘を口説いて3P生ハメしてやりました~

「んぐつ」
それが射精だと分かる前に、ゆっくりと頭を前後に動かしながら、ドクン、ドクン、と打ち出してくる、精液の波状攻撃に耐えている。
春佳は、舌と唇で怒張を扱き続けてくれていた。
目の前では、真菜がのけ反って、何度も繰り返すオーガズムの最後の波に持ち上げられているところだ。
「あう、あう、あう」
快感の声を搾り続けていた。
壮絶なオーガズムのきらめきが、
真菜ああ!
真菜の唇から、陶酔と満足の笑みが浮かんでいた。
高みから、フワリと降りてくる妻の表情には、それを見るのが精一杯だった。
光太郎は、下を向いた世界がにじむ。
泣いているのだ春佳がそっとタオルを差し出した。
顔を背けたまま黙って受け取る光太郎「はっ」
百メートル競走を全力で駆け抜けた後、崩れ落ちたランナーのような声が漏れた。
肘をヒザについたまま、手にタオルを載せ、光太郎は、そこに顔を埋める素早くモニタを切るカウンターの端にあるボタンを押してから、春佳は光太郎の横に正座した。
光太郎の股間で、既にしなびた男根が、垂れ下がっていた。
どうしたら?射精の残滓は全て吸い上げ、そっと背中をさする。
舐め取って、舐めた跡も既に乾こうとしている。
今は、これだけがいいよね歴とした男が、まるで、ペットの小鳥が死んでしまった朝、泣き続ける小さな子どもみたいだった。
その背中を撫でる母のように、春佳の目は優しさに満ちている。
女は時に母となり、男は時に、小さな子どもとなる。
そして母は、無言で癒しの時間を与えるものなのだ。
いいよっ柔らかな手が、光太郎の背中をゆっくりと撫で下ろすだけ。
こんな時に女が何を言っても、男は傷つくだけだと知っていた。
あの時も、そうだったのかな光太郎の背中を、慈母の表情でさすりながら、記憶が、あの時へと飛んでいく。
初めて自分が、あの遠藤と当時の会長だった今は亡き相澤に抱かれた日を思い出しながら、背中をそっとさすりあの時、あなたは、泣いてくれてた目の前で嗚咽する光太郎に、達也の、あの泣き顔がダブっている。

その涙が、春佳には、鮮烈に嬉しかった。
背徳を犯してしまった恐ろしさよりも、夫との絆が、やっと切れることがなくなったのだと安心できた気がしたのだやるせないセックス。
泣きながら、達也が射精したあの瞬間がありありと思い浮かんでしまう。
達也の怒張は、二人によってドロドロにされた美肉の中で、今まで感じたことがないほどの勢いで動き回り、よくぞこれだけと思うほどの量を、最後に注ぎ込んでくれたのだ会長とふたりがかりで、失神するほどのセックスをされようと、その時の夫との行為以上のセックスはありえなカ-·あれ以上のセックスはない、と断言でいや、今までも、そしてこれからも、きるきっと、わかってくれるよねどれほどのセックスをされようと、春佳の手を知ってか知らずか、光太郎の嗚咽が、時に高まり、下がり、また高まる。
そのまま5分も経っただろうか。
シーンとした室内で、男の嗚咽を、春佳は、優しく背中をさすって受け止めている。
もし、今の春佳の表情を、島津が絵に描くのなら、それはまさしく「慈母」そのもの以外には描けぬに違いない。
いつしか、嗚咽が止もうとしていた。
春佳の手の舌で、背中が大きく動く。
スーハーと,息を整える音。
春佳は、男の足下で正座したまま、黙って見上げていた。
タオルがごしごしと顔を拭った後、ゆっくりと光太郎のはれぼったい目が現れる。
「すみません」
黙ったまま、春佳はゆっくりと首を振った。
微かに、光太郎の目が微笑んだ気がした。照れくさかったのかも知れない。
子どものように泣いた姿を、春佳は、そのまま包んでいた。
「妻は真菜は、下に?」
澄んだ眼だった。
もはや、何も聞く必要はないのだと、しかし、決意を口にしてもらわねば、春佳は知っている。
後で、真菜が後悔するだろうと春佳は「知って」
いた。
「ええ。あなたの言葉を待ってます」
「言葉」
「あなたがはっきりと、決断なさるべきだと思いはす。
そうじゃないと…」
後悔する。
もし「会」に入っても、光太郎が、自分の意志をはっきりと口にしない限り、後々まで真菜は、春佳の瞳は、そう言っているのだ。
しばし、春佳の目を見つめた光太郎は、そこから、意外にしっかりとした声を出した。
私達夫婦、酉川光太郎と酉川真菜は、入会させていただきます
その瞬間だった。
パチパチパチと拍手が聞こえた。
目を瞬いた光太郎に、男達は、逸物をぶらぶらさせながら、にこやかに拍手をしながら、階段を上がってきたの
歓迎!歓迎!感激い!
これは森だろう。
巨漢が陽気に笑顔を見せる。

夫婦喧嘩が原因で家出をしてきた隣の奥さん

ぴんぽ〜んと、突然大きな荷物を持って隣の綺麗な奥様・立花美涼がヤッテキタ!事情を聞くと夫婦喧嘩で家出してきたらしい・・・。部屋も空いてるし、ま〜いいかなぁと泊まらしてあげたら、掃除や料理なんか作ってくれちゃって結構幸せ。この前なんか奥さんが風呂に入っている時にコッソリ覗いたら真っ白な肌、ふんわりしたオッパイが溜まらなくイヤらしくって興奮しちゃったぜ!そんな奥さんが来て1週間が経とうとした時、突然奥さんから「今日、私ノーパンなの。この前ノーパンが好きって言ってたでしょ」と言い、ミニスカートをゆっくり持ち上げると、プリプリのキャメルの蹄マンコがストッキングに食込んでるではないかっ!
動画:夫婦喧嘩が原因で家出をしてきた隣の奥さん

「ようこそ。会へ」
生真面目そうな、どこか、するどい目を持った男。これが島津か。
思わず、ぺこりと会釈を返しながら、案外、冷静に男達を見られるのに驚いている。
「やあ、いらっしゃい。
待ってましたよ」
優しげな笑顔と、人なつこい仕草。
春佳の言葉だけに存在した人々が、田野倉だろう。
目の前に、現れたすると…拍手をしながら現れたのは、白い塊。
ゆっくりと、達也と並んで、女達だ巨乳の彩子と微乳の紀美。
なるほどね、はっきりと分かるものなんだ光太郎の視線に気がついたのか、彩子は、片目を瞑って見せた。
思わず、視線を逸らした先は、同い年くらいの女性。
ということは、真ん中が敦子さんかその時、「いやんっ、彩子が叫んだもう!」
後ろに手を振り上げるマネ笑っている「ははは、歓迎いたしますよ」
目だけは、深い光を湛えて現れる彩子の尻をヒョイと撫でて、いかにもひょうげた仕草をした遠藤が、その後ろに達也が、ゆっくりと拍手をしながら登場した。
真菜は?和やかな雰囲気を作り出している、愛する妻だけが、そこに現れない。
裸の集団。
「あの、真菜は…」
ためらう前に、光太郎の口は勝手に愛妻の名前を呼んでいた。
一斉に、人々が階段の方に振り向いた。
さりげなく、敦子と彩子が左に動き、紀美が右に動く階段を覗き込むようにした紀美は、微笑みながら、その手を階段に差しのばす。
視線が集中した。
しばしの沈黙。
紀美が笑顔で、階段の下に頷いて見せている。
真菜?黒い頭が、手すりの隙間から覗いた瞬間、それが愛する妻であることを光太郎は確信した。

しかし、頭はこちらを見ようとしない。
麗しくも、オトコを魅了して止まない乳房まで、手すりの隙間から見えて、真菜がそこで立ち止まった。
光太郎の気づかぬうちに、女達が互いに目配せをして、紀美が、ゆっくりと迎えに下りる。
何を言ったのだろう。
真菜の手を取るようにして、微笑みながら覗き込んでいる。
真菜.。....二度、三度と首を振った後、紀美に支えられるようにして再び登り始める魅惑の乳房と、そのピンクの先端。白い背中.痩せているのに、クリンと丸く張り出した尻。
そして、長い脚が、すべて階上の人となった真菜は、上がりきった場所で立ちすくむ。
全員の注目を集めたまま、美しい乳房も、秘毛も隠しもせぬが、ただ、その美貌を両手で覆っている。
「真菜」
妻の名が思わず口を突く小さな声だが、愛する人の耳にはちゃんと聞こえるのだ。
ピクリと白い肩が震えた。
薄い肩だった。
覆ったままの顔をクナクナと振る。
女達が、光太郎に向かって頷いた。
男達が、目線でものを言う。
促されるようにして、光太郎は、一歩、また一歩と前に出る。
そばで支えていた紀美が、さっと真菜から離れた瞬間、光太郎は我慢できなくなった。
五歩の距離を駆け寄ると、グッと妻を抱きしめたのだ。
「真菜あ!」
とっさに、夫の抱擁から逃れようとした。
力がつかの間ぶつかり合った。
しかし、しょせん、本気で逃れる気持ちもない。
夫の胸へと「強引に」抱き寄せられなければならなかったのだ。
小鳥が、抱き留められるように。
しなやかな裸体が、夫の腕の中にスッポリと抱きしめられている。
「真菜」
「あ、な、た」
ギュッと抱きしめあった二人の唇は、いつしかむさぼるように重なっている。
「真菜」
「あなた」
キスの合間に、お互いを呼ぶ声だけが静かに響く。
光太郎の頭をかきむしるようにすがる、真菜。