泥棒に濡れた美熟女 前編

綺麗な和服が良く似合う和風美塾女の登場です。清楚でおしとやかな柳田やよいさん!そんな彼女の家に侵入した泥棒たちが、巻き起こす陵辱の嵐!!寝巻きを剥ぎ、理性を無くして襲いかかります!綺麗なお口にチンポをぶち込み、マンコにもチンポをぶち込まれます!ありとあらゆるハメ殺しで潮を吹く!吹く!吹く!快感MAXでいい顔してます!それからしばらくしてお風呂に入った時に泥棒たちに犯されたのを思い出しながらディルドオナニーにでとりあえずマンコの疼きを止めるやよいさん。エロい和服美人の濃厚レイプを見たい人はこちらからどうぞ。
動画:泥棒に濡れた美熟女 前編

たまたま水道局で!
緒に仕事するようになった結果をとらえて、そうした勝手な後講釈をする人がいますが。刑事さんにもそのあたりのことを聞かれましたがね」
と伊知地は持ち前の柔和な顔を向ける。刑事に亜希子との関係をさくられたのだろう。あえてそのことを言うことによって亜希子とは男女の関係になかったと匂わせているのだろうが亜希子の肌を知った身には虚しくひびくだけだ。亜希子の肌に柔和な男がひそんでいた。伊知地は亜希子にとってはじめての男であり、伊知地以外に知らなかったのではないか。亜希子の反応から裕也はそう感じた。
「相良さんのところにも刑事さんが来られましたか」
伊知地にはこの前、奈良県警の刑事が聞き合わせに来たことを言ったのではなかったか。同じ業界紙記者の真柄とそのことで情報交換をし、真柄から耳にした捜査情報をまじえて伊知地に話したはずだ。ソツのない伊知地が同じ事を聞くのは珍しい。あえて繰り返し聞いているようにも思えた。犯人逮捕で事件が決着をみたので刑事に話した事柄を話してくれないかと暗にうながしていた「海野さんとの付き合いを聞かれた程度で、ものの十五分か二十分程度のことでしたが、海野さんの交遊関係が気になるようでした。どんなささいなことでも気づいたことがあれば連絡をもらいたいと言って慌しく出て行かれましたマスメディアが大きく報じていましたから刑事さんも必死だったんでしょう。私も海野さんのことでいろいろと聞かれました。都市整備局時代からの仕事仲間だっただけに何か妙な噂があったらしく、個人的な付き合いがなかったのかどうかと。皆さんご存知でしょうが、仕事上のことはともかくプライベートなことにはあまり立ち入らないようにしていますので。海野さんが誰と付き合っていたとか、そんなことも聞かれましたが、そういうことに私はうとくて」
「海野さんとの噂はぼくも耳にしていました。刑事が関係者からかなり聞き取っているようでしたし、ぼくも聞かれるままに一つの噂としてぼんやりと話しておきました」
「噂話はどうも困ったものでしてね。
根も葉もない事でも人の口にのぼればそれらしく聞こえるだけ,,。..六→そうですか、相良さんが話されたんですか」
伊知地のおだやかな目が一瞬、ぬらりとした。はじめて見る目付きだった。
がり地の眼がのぞいた。噂話を刑事に話したのが気に入らなかったようだ薄膜がめくれあ警察が亜希子の事件を調べなおしているという話が業界紙仲間の真柄から伝わってきた。
全国紙の連中は耳が早い。奈良県警を担当してる記者から逐一情報が入るよってに。なんでも被疑者の男の供述にあいまいなところがあって、それで内々に再捜査してるらしい。刑事がまた聞き合わせに来るかもしれんということや。犯人逮捕で一件落着やと思うたんやが「被疑者の自供と物的証拠が揃っていて間違いないということやなかったのか」
「それが揃いすぎるほど揃うているものの、被疑者に発達障害の傾向があって、その供述の信憑性に疑問が出てきたとかで、捜査本部は補強捜査と言うているが、実のところは再捜査らしい」

「発達障害って」
「意志薄弱というのか、自分にとって不利なことでも取調官の言うことにハイハイと同調する病的傾向があるとか。毛髪などの物的証拠からして亜希ちゃんと接触したのは間違いないとしてるものの、現場状況と殺害方法がどうも一致しないらしい」
「犯人やない可能性があるということなのか」
男の供述と亜希子の体に付着していた毛髪類のDNA鑑定からして犯人に間違いないと、マスメディアが断定的に報じていたため、裕也もその報道を真に受けていた「上杉という男は前科前歴がなく、どこかネジがゆるんでいるようなおっとりした愛想のいい人間らしい。その男が行きずりの女性に襲いかかり殺人と強姦といった凶悪犯罪をおかすものやろうかと、そういう声が捜査員の間で出てるみたいや。上杉の普段の素行と事件内容が一致せず、なによりも死因が窒息死というだけで、その殺害方法がもう一つはっきりとせず、頭を痛めてるみたいや」
「首を絞めたということやったやろう」
「絞殺か扼殺による窒息死ということやけど、上杉ははじめ手で首を絞めた扼殺を言うてたらしいが、上杉のいう扼殺やと甲状軟骨が折れるはずやのに、実際は折れていない。つじつまが合わないということで、紐かなにかで絞め殺したんやろと追及すると、はい、そのとおりですと取り調べに迎合して供述をころころ変える。それに行きずりの犯行にしては殺害現場に争った跡がないのも不自然やということになって、再捜査に踏み切ったとか。記者仲間からのまた聞きやからどこまでがどうか分からへんけど、なんやごたごたしてるらしい。全国紙ならまだしも、業界紙やから1行の記事にもならんし、1円の儲けにもならん話やけど、スポンサー連中が聞きたがるし、それに亜希ちゃんへの供養でもあるしな。相良さんは亜希ちゃんと食事した仲やから格別に協力せなあかんで」
真柄は亜希子にかかわる話題になるとどこかで食事の件を持ち出す。
「海野さんが女性と歩いていたという話、あれは刑事の聞き込みから出てきた話やったな」
女連れの目撃証言が気持ちのどこかで引っ掛かっていた。
「うん、周辺の聞き込み捜査から出てきた話で、刑事も気にしてたけど、それなら山道で行きずりに殺されたまま何日も放置されていたことの説明がつかないし、それに二人連れならそもそも襲われなかったやろう」
「上杉は一人やったと言うてるのかな」
「当然そうやろう。そう供述していたところで、その供述がアテにならないだけに再捜査は大変やろう。靴底をすり減らしてなんぼの仕事らしいから、ちょこちょこっと小手先で記事を書い
てごかましてるわれわれとは大違いや」

熟女ファイル Vol.01

熟した女性は好きですか?大人の色気とセクシーなフェロモンであなたのチンコをガチガチにしますよ。結婚して6年目、2人の子供を持つ富永ひろ美さん、下の子を産んでから旦那とはエッチはしてないそう。日常生活では子供達を保育園に送ってからAVビデオを見てオナニーしたり、パート先の上司やアルバイトの大学生と関係を持ったりと結構忙しそう。そんなひろ美さん、今日は両手と両足を縛り上げて、拷問しちゃいますよ~。色んな玩具を巧みに使い、マンコをグリグリとほじくり回され快感に溺れまくる。指マンしたらヌチョヌチョとスケベな音を出しながら「イクイクー!」と叫んでる。熟女の色気を発揮するひろ美さん、エロイ表情で腰をクネクネしながら、騎乗位をする様はまさに極上美熟女。すげ~エロイぞっ!(ドリームルーム社提供配信:M弟子) ひろ美さん32歳…結婚して6年目。下の子を産んでからは旦那さんとはエッチはしていないみたいで…ただ、ひろ美さんはしたくてしたくて、たまらない!子供達を保育園に送ってからAV鑑賞そしてオナニー!耐えきれずパート先の上司と…アルバイトの子と…とにかく忙しい、ひろ美さん。そんな、ひろ美さんが今日は色んな玩具を巧みに使い、お汁を垂らしまくる!お汁まみれの、ひろ美さんのマンマンはヌチャヌチャと耳から離れないスケベな音を立てながらヒクヒクと呼吸をする!こんなヌルヌルする汁出す人は初めてだよ!ひろ美さん!
動画:熟女ファイル Vol.01

「同伴者がいたとなると、被疑者としての上杉はどうなるのかな」
「同伴者がいたなら、とうに申し出てるはずやろう。これだけの騒ぎになってるのに名乗り出てこないのは不自然。山辺の道のどこかで一緒に歩いただけでも名乗り出てくるはずや。それがないということは、亜希ちゃんに似た二人連れを見ただけやないのかな。警察がこの話をどこまで調べてるのかどうか知らんけど、推理小説ならその同伴者が怪しいとなってストーリーを展開させるところやろな」
真柄の話は明快だった。入手した情報に憶測や推測をまじえて紙芝居風に解釈するためであったが、業界内では分かりやすいと受けがよく、本人は業界講釈師と真面目な顔で自任していた。他人が自分の話に関心を示してくれるのがうれしくて仕方がないといったタイプだ。真柄は伊知地局長の異動情報にも触れた「これはまだ極秘情報やからここだけの話にしといてや」
口外されると困る場合、真柄はこの言葉を枕詞のように1にする。
「来春の異動で都市整備局長になるらしい。半年先のことで気の早い話やけど、有力な筋から得た情報やからほぼ間違いないと思う。伊知地局長にそのことをほのめかしたら、人事なんてものは発令の前日に変わることもあるほどですからと言いながら、満更でもない顔をしてたよ」
「有力筋って?」
「それは企業秘密。ニューソースは秘匿しとかんと、情報が入手できんようになるからな。こればっかりはノーコメント」
有力な市会議員が情報元なのは分かっていたが、裕也はあえて聞いた。真柄は自身の情報に相手が食いつき、情報元に話が及ぶと企業秘密、ノーコメントと記者倫理をひけらかすことをひそかな誇りとしていた。憶測まじりの的外れな話もあり、記者倫理もなにもあったものではないが、真柄は自分なりに筋を通しているつもりなのだろう。
「都市整備局長への異動の条件があって、それが犬猿の仲の工務部長の岩井さんとの和解。あの二人が和解やなんてウソみたいな話やけど、二人のバックにいる市会議員がすすめてるらしい。
今のままやと伊知地局長の異動に岩井部長を支援する議員が横槍を入れる。議員の思惑がからんでるだけに、副市長が調整するにしてもおいそれとはいかない。そうは言うても議員は政治家だけに互いの利益になることであればメンツにこだわっていない。裏で手を握るといった芸当ができる。ところが当人同士は水道局をまきこんでの確執となっているため、議員から言われたからと言うてハイそうですかというわけにはいかない。辛いところや。

それで和解するについては岩井部長にも何らかのメリットが必要やろうということになって、異例中の異例ゃけど伊知地局長の後に岩井部長をもってこようという人事案が出てきた」
「そんなことしたら事務系がおさまらんやろう」
「そう、そこや、問題は伊知地局長にしても事務系ポストとして定着している水道局長を自身の異動と引き換えに技術系に差し出したとなると、この世界ではやっていけない。伊知地さんはそんなことは百も承知していて、そういう条件なら異動を受けないと言うてるらしい」
層部の決めた異動を蹴れば、水道局長から外郭団体に出てそれで一丁上がりになるんやない「そこが悩ましいところや。受ければ事務系から爪弾き。受けなければ体のいい島流しで役人生活のピリオドを迎える。伊知地局長にすれば岩井部長が水道局長を辞退し、事務系が引きつづき水道局長を占めるのがもっとも望ましい。ところが、伊知地局長が土下座して頼んでもそんなことにはならない。技術系にすれば事務系に奪われて以後、悲願の水道局長の椅子が目の前に現われたんやから。二人の和解の取引としてたまたま浮上してきたように見えるけど、技術系のOBらが知り合いの市会議員に地道に働きかけてきたことも大きい。市役所内の技術系職
員の親睦会があり、またOB会はOBの勤務先企業を巻き込んで水道一家としての気風を残している。今回のことで技術系集団がまとまって水道局長ポストを奪還しようと動いていて、さすがの事務系もちょっと手を焼いているというところ。事務系は議会を含め上層部の動向に敏く、雲行きがあやしくなれば伊知地局長の個人的な問題にして手を引く」
ということは、都市整備局長の話は聞こえはいいけど実現性が薄く、結局ところ伊知地さんは外郭団体行きということ「本人に選択させたような形をつくって外郭団体に行っていただくということに落ち着くのやないかな」
「伊知地さんが外郭団体に出た場合、水道局長のポストはどうなる?事務系から来ることに」
そこがまたややこしい話になってて、工務部長を水道局長にという人事草案を示したまま、伊知地局長が外に出たから言うて引っ込めるのかどうか
それなら事務系がおさまらないのでは
事務系は工務部長が水道局長に就いても11,111年で事務系に戻してもらえるなら工務部長の昇格を静観するというニュアンスをただよわせている。

精子掻き出しオナニー

女按摩師を口説いてみましたvol40 隙あらばやり逃げサラリーマン奮闘編
動画:精子掻き出しオナニー

適齢期の事務系人材がいないということにして「さすがやな、真柄さんは有力なニュースソースを抱えているものな」
「伊知地局長、このところ愛想がええやろう。外郭団体に出るにしても評判を良くしておかないと条件のええところに世話してもらえない。事務系は顔の表情一つにしても先の先まで考えてるよ。岩井部長との確執がなければ伊知地さん、すんなりと都市整備局長になり、副市長も狙えただけに腹の中はおだやかやないやろうな。それでいてわれわれにいつもどおり愛想よくできるのやからさすがというか、たいした人や」
亜希子の事件に心を奪われている間に、真柄は水道局長人事を取材していた。真柄のニュスソースは分かっていた。五期目の有力な保守系市会議員、都井純一郎といじゅんいちろうだ。頼ほれて議員の挨拶文やスピーチの代筆をし、そのかわり情報を得ていた真柄情報は衝撃的だった。人事は通常、正月明けから噂が飛びはじめる。まだまだ先のことと高をくくっていた。水道局長に内定しつつある岩井は裕也にそのことを一言も漏らしていない。岩井らしくない。岩井は技術系のボスらしく瑣事にこだわらないあけすけなところがあり部下の面倒見がいい。部下と居酒屋で座談に興じたり、工務部の問題点を自由に発言させるなど磊落なところを見せていたが、水鳥の羽音を聞き分ける繊細な一面のあることを裕也は知っていた。
七「来年の春は、蕾のままやった花がようやく咲きそうな気配やないですか」
工務部長室に入っていくなり裕也はそう言った。岩井は窓を背に椅子にもたれたまま
おッと右手をかるく上げ、机の前にひろげたままになっている折畳椅子を示した。いつものことだ。室には応接のソファー椅子があるが、二人きりのときは机を挟んで話し合った。身内並みの待遇であった。岩井はそれだけ自分に心を許しているものだと思っていたし、また回りもそのように見ていた。にもかかわらず水臭いやないかといくらか詰るニュアンスをこめて裕也は言った「あれから聞いたのか。どうなるか分からん話しやからしゃべるなよと言うておいたのに。都井先生から出た話やと思うけど、一寸先は闇の人事の世界を、今頃から取り沙汰するのは、棚ざらしにして傷むのを待つ場合の一つの手なのや。先生らは選挙さえ通れば気楽な身分やか好き勝手なことを言えるけど、こっちはそうはいかんからな」
岩井は真柄のことだけでなく第三者のことを「あれ」
というのが口癖だった。
岩井があれと
言うと、それだけで何事かを見抜いているような風圧があった。
「伊知地局長は外郭団体に出るという話しでしたよ」
「それもどうなるのか噂話のたぐいで、議員先生も罪な話をするからただでさえ波風がたっているところに余計な波風が加わる。

言うにしても相手を選んでくれればいいものを、よりによってあれに言うものやから頭の痛い話なんや。口止めしたけど相良さんの耳に入ったということは業界の消息通のところには流れているということやろうな。こっちはどうってことはないけど、社長のほうは大変やろ。外郭団体に出るという噂がひろまれば社長のために汗をかこうという者が少なくなるし、身近な人間も離れていく。人情紙風船という言葉には、時代をこえた真実があるものな」
部外者と話すとき、岩井は伊知地局長のことを社長と言う。役所を離れると同僚や部下との間でも社長という言い方を定着させている。役職の呼び方で公務員であることが居酒屋などで知れれば、それを理由にからまれることもあるだろうし、それでなくともほろ酔い気分で世間話もおちおちとしていられない。公務員としての品性や守秘義務が横たわっている。局長を社長に置き換えればあとは民間企業と同様の役職名となる。岩井の発案ではなく水道局の伝統として受け継いでいた「海野さんの事件が一段落したかと思うと、今度は降って湧いたような人事話で、社長は気の休まるときがないのやないか。ちょっと気の毒な気がする。社長はどう思うてるか知らんが、ぼくは社長の経営改革に傾ける思いをさすがやと思うてるし協力もしてる。経営効率化といくら掛け声をかけたところで強いリーダシップがなければ前へすすはない話や組合と協議を重ね着実にすすめている行政手腕は並みのものやないし、市役所の切れ者といわれるだけのことはある。