美★ジーンズ Vol.22 藤井未来

藤井未来ちゃんが『美★ジーンズ』に登場!!エロくて可愛いさらに、スタイル抜群の彼女のオマタの部分を、ハサミで切り取り、丸見えのマンコでオナニーしてもらいます。可愛いお顔でフェラして、お口に精子をたっぷり出して、本番シーン突入!!本番でも、ジーンズを履いたまま、おまんこを刺激されびっしょびっしょ!!おまんこだけ見えてるのも、全部見えてるのと違いまた興奮します。
動画:美★ジーンズ Vol.22 藤井未来

「そりゃそうよ。だって原液をそのまま使ってるわけじゃなくて、水で薄めてるんだもん」
「あ。そうなの?」
「まあ、そのときの状況にもよるんだけど、基本的にローションと水の比率は一対二。もちろん固めが必要なら水は少なめ、緩めに作るなら水を多くするわけ。
今回は1対1でいいわ。ちょっと作ってみて」
亜衣は箱から計量カップを取り出し、桶とともに圭佑に手渡した。
ちゃんと覚えときなさい。
この桶、一杯に作っちゃっていいの?
「いいわよ。たぶんそれでちょうど一本分になるはずだから、こちらの空きの一本に詰め替えてほしいの。
まずは水を十カップ分桶に入れてみて」
「それでローションを五カップだね」
「そうそう。
ちゃんと計算できるじゃない」
バカにしないでよー!
亜衣がおかしそうにクスクスと笑う。その様子を見た限りでは、どうやら機嫌は直ったようだ。
圭佑はシャワーの栓を捻り、カップで計りながら、水を桶に溜めていく。そして同様の手順でローションをカップに注ぎ入れた。
ローションはかなりの粘着力を持っており、一見すると、まるで水飴のようなイメージを受ける
それは食べられるローションだから。
あとで試してみる?
ホントに食べられるの!?
「まあ食べられるっていうか、口の中に入れても問題はないわよ」
そういえばビデオで、ローション塗れにされた男の身体を、複数の女性が舌で舐めているシンを見たことがある。
ローションもアダルトグッズの一つには違いないだろうが、食すことさえできるとは、よくぞいろいろと考えるものだ。
桶の中に滴り落ちたローションは水に溶けることなく、中央の部分で寒天のような状態になっている

「そのあとは、手でかき混ぜるのよ」
亜衣の指示どおり、桶の中のローションを指先で伸ばすように混ぜていくと、ロッとした粘液が、やがてトロリとした感触に変わっていった。
固形物に近いドなるほど。確かにビデオでは、こんな感じだったかな中央に固まっていたローションの塊が失せ、水に馴染んでくると、寄ってくる。
突然亜衣がゆっくり歩み
それでいいわ。じゃ、「確かめるって…」
ちょっと仕上がり具合を確かめてみようか?
訝しげに見上げると、亜衣の手にはいつの間にかバスタオルが握られており、る中、彼女はタオルをそのまま床に敷き詰めていった。
圭佑が唖然とす「さ、この上に寝て」
ぼ、僕が実験台?
「あんたの他に誰がすんのよ」
で…でも圭佑は困惑した。いくらアダルトビデオの製作会社とはいえ、ほぼ全裸状態のまま社内でローション塗れになってもいいものかそれ以上に理名がシャワー室に入ってきたらと思うと、躊躇してしまうのも無理はなかった。
5
何やってんのー早くしなさい。どうせ掃除中だって、しょーひょっとして、その相手は理名さんじゃないの!
いやらしいことばかり考えてたんで
そ、そんなこと?
なぜ亜衣は、こうも図星を突いてくるのだろう。
圭佑は背中に冷や汗を垂らしたものの、次の亜衣の言葉に、一転してきょとんとした顔を見せ
自分のパンツ、「えっ?
見てごらんなさいよ」
言われるがまま股間に視線を落とすと、大きなシミが広がっている。
パンツの中央部、ちょうど亀頭の先端が当たる部分に
どうやら先ほどの理名との淫らな妄想は、先走りの液を湧出させ、いつの間にか尿管から滲み出していたようだ。
亜衣の眉はすでにキッと吊り上がり、口調も刺々しくなっている。これ以上怒らせたら、金蹴りプラス往復ビンタの洗礼を受けそうだ。
その場面を想像した圭佑は恐怖のあまり、身体をぷるっと震わせると、すぐさまバスタオルの上に寝そべった。
(こうなったら、なるようになるしかない。どうせローションを塗られるだけなんだから、そのあいだ我慢していれば)そう考えた圭佑だったが、事態は予想外の展開を見せはじめた。
てっきりローションを手に取るかと思われた亜衣は、突然デニムのスカートの中に両手を潜りこませると、薄桃色のコットンパンティーをするすると脱ぎはじめたのである。
それはフロントの上部に小さなリボンをあしらった、亜衣にしては質素な下着だったが、布地が薄く、かなり股間の切れ上がったハイレグ仕様のパンティーだった。

舞妓アハーン!!

本物の舞妓さんの丸見えオマンコを拝めるのはココだけ!千春ちゃんは元舞妓さんで、しっとりとした雰囲気の清楚なお嬢様系の美女で、和服は本当にお似合いです!どんなプレイが好きかと聞くと、縄で拘束されたり、首輪を付けられたりなどなど、完全なドMです。そんな、千春ちゃんはザーメンが大好物で甘酸っぱい精子が好きとかいうNewタイプのお嬢様!そんな変態千春、ローターをクリにそうっとあてられ、チンコで顔をゴンゴン突付かれると、クリが巨大に!そんなクリを見て興奮したのか男2人がかりで千春に押さえつけ、クリをガンガン攻めちぎる。はだけた着物にポタポタ愛液を垂らしながら舞妓千春がアッ、アハーン!と鳴き叫ぶ。前から後ろから豪快に突き刺されつつも、くわえたチンコは離しません。ジャブジャブ音を立てながらジャンプするように騎乗位する千春。絶頂面で顔をしかめて、イキっぱなし!!
動画:舞妓アハーン!!

な、なんだ!亜衣お姉ちゃん、何をしようというんだ!?圭佑が驚愕の眼差しを向けると、亜衣は口元に妖しげな笑みを浮かべた。
ふふ。果たして、理名さんはこんなことしてくれるかしら?
そう言いながら、亜衣は脱いだばかりの下着を手に、ゆっくりと近づいてくる。圭佑が目を大きく見開いた瞬間、それはまるでプロレスラーのマスクのように、スポリと顔全体へと被せらえ!えぇぇぇぇぇぇっ!!亜衣はパンティーのウエスト部分を両指で引っ張り、圭佑の顎に引っかけると、クロッチ部分を鼻先へと押し当てる。
今まで亜衣が直穿きしていたパンティー。それは猛烈な刺激となって、圭佑の昂奮を喚起させていった。
亜衣の体温をそのまま伝える生温かい布地の感触と、甘酸っぱさと潮の香りが入り交じったような湿っぽい媚臭が鼻奥を突いてくる。
その芳醇な香りに脳幹を痺れさせ、圭佑の瞳は驚きの色を隠せなかった。
子供時代から、亜衣にはいつも淫らな行為を受けてきたが、これまで指一本はおろか、服の上からでさえその身体に触れたことがない。
彼女はそれを決して許さなかったし、圭佑はあくまで完全受け身不必要な接触は論外だった。
それが亜衣の化身でもある直穿きパンティーを、あろうことか顔に被せてきたのである。
これは嘘だ。僕は夢を見てるんだ!圭佑はこの現実をにわかには信じられなかったが、亜衣の行為はこれだけに留まらなかった。
「今日は、特別に大サービスしてあげるから」
亜衣はそのまま圭佑の身体を跨ぐと、胸の上へと腰を下ろした。
やや小振りだが、柔らかいヒップの感触が胸に広がる。だが圭佑の関心は、それよりもデニムスカートの奥へと注がれていた。
当然のことだが、今の亜衣は下着を身に着けていない。まだ見ぬ彼女の秘芯が、手の届く場所にあるのだ「見たい?」
昨夜の真理子に続き、目の当たりにする11度目の女陰。それがまさか、れでも男の性なのか、見たいという欲望が猛烈に込みあげてくる圭佑がコクコクと小さく頷くと、亜衣はツンと唇を尖らせた。
従姉妹の亜衣とは。
そ「ちゃんと言葉に出して言って」
見たいです
震える声で呟くと、亜衣は満面の笑みを見せながら、徐々にスカートをたくしあげていった。
あっ!あああああああああ!!圭佑は心の中で喫驚の雄叫びをあげた。
なんと亜衣の秘芯は、すべての恥毛が剃り落とされていたのだきっきょうつ、ツルツルだああああ!ぷっくりと膨れた恥丘は、まるで幼女のような様相を呈している。
恥肉全体の大きさは、真理子よりもやや小さかったが、中心部の肉びらは押しつぶされたようにくねりながら捲れており、膣口から覗く内粘膜は多彩な色の饗宴を見せつけていた。
その部分だけを見れば、真理子の花弁とほぼ変わりはない。それだけに、恥毛のない真っ白な美丘とのギャップが大きく、圭佑はただただ惚けた顔つきをするばかりだった。

亜衣は恥ずかしげもなく、パイパンにした理由を告げる。
来週海に行くつもりで処理してたんだけど、面倒臭くなって、全部剃っちゃつたのよ。どう?感想は?
言葉が喉に詰まって出てこない。金魚のように口をばくばくさせると、亜衣はさらに股間を圭佑の顔に近づけた。
あああ!亜衣お姉ちゃんのおマ○コが3若い女性特有の、ムアツとするような体臭、そしてふしだらな淫臭が鼻先にまとわりついてくるなぜに女陰は、こんなにも胸を焦がすような蠱惑的な魅力を発するのか。まるで鉄が磁石に引き寄せられるように、顔がどんどん秘芯へと近づいていく。
やだ。すごい鼻息。舐めたいの?
「舐めたい。舐めたいよぉ」
圭佑のペニスは完全勃起し、ブリーフの中央にさらに巨大なシミを作っていた。
すでにここが会社などという事実は消し飛んでしまっている。
頭の中からは、
あらあら、辛そう。
パンツ脱いじゃったら?
肩越しに振り返りながら亜衣が呟くと、圭佑は両膝を折り曲げ、素早くパンツを引き下ろして「やぁぁぁん。青筋がこんなに立っちゃって。ほら、脱ぐの手伝ってあげるよ」
後ろを向きながら、亜衣が片手で圭佑の足首からパンツを抜き取る「ふふ。まるで犬みたい」
鼻息がバフッバフッとパンティー越しに轟き、ペニスがズキズキと甘い疼痛を訴える。
亜衣は顔に被せたパンティーを捲り上げ、圭佑の口を露出させると、股間をグッと押しつけた。
「ほら、たっぷり舐めなし言われるまでもない。もはや性欲は、雨が降ろうが槍が降ろうが、止まらないところまで来ているのだ。圭佑は生唾を呑みこんだあと、舌を極限まで突き出すと、亜衣の秘園を下から上へと舐めあげた。

オッパイを武器に極上ギャル Part One

男の潮吹きを体験させてくれるデリヘル嬢!刺激に刺激を重ねるドM必見のスゴ技とは?その研修生と一緒にやってみせてもらいました 前編
動画:オッパイを武器に極上ギャル Part One

舌全体を使い、縦筋に沿って丁寧になぞりあげていく。
しょっぱい味覚が口腔に広がり、それ
は鼻からツンと突き抜け、さらに圭佑の脳髄を痺れさせた二度三度と舌を往復させると、それまでその姿を肉鞘に隠していた肉芽が尖りを見せはじめるそれはやはり真理子のものよりひと回りもふた回りも小さかったが、半透明の小粒な蕾をツンと突き出させていた。
Aっ!ああ、気持ちいい!」
亜衣が両目を閉じ、甘い溜め息を放つ。これまで決して圭佑が見ることのなかった表情ださらなる歓喜の姿を見たいという欲望が、舌の動きを徐々に速めていく。果肉を縦横無尽に舐り倒すと、ぱっくりと開いた秘裂から愛液がこんこんと溢れ出し、圭佑はそれを夢中になって喉奥へと嚥下していった。
「うン。どこでそんなこと…覚えたの?な、生意気よ」
すでに亜衣の声は、鼻から抜けるような吐息混じりに変わっている。
突くと、内股をピクンと震わせ、亜衣はひと際甲高い嬌声をあげた。
舌先で肉芽をツンツンと「はぁあああああン!」
交差した腕がキャミソールを引き上げ、髪の翻りを見せながら頭から抜き取られる。細い指がフロントホックのブラを外していく。
まるで白陶磁器のような形のいい乳房が露になると、圭佑は心の中で歓喜の雄叫びをあげた。
亜衣お姉ちゃんのおっぱい!おっぱいだぁ!半球形の小高い盛り上がりの先端は、すでに固いしこりを見せているこれまで決して見ることの許されなかった、神聖な桜色の頂。一度見せてと懇願したときは有無を言わさずにビンタを張られたものだ。
まさかこの日、この状況で願いが叶うとは夢にも思っていなかった。
亜衣がデニムのスカートのホックを外すと、圭佑のペニスは早くもしゃくりあげを見せたすっくと立ち上がった亜衣のスカートがすとんと落ち、そのまま片足を投げ出すようにスカトを放り投げるクンニリングスの中断は余儀なくされたものの、仁王立ちする亜衣の一糸まとわぬ姿は、凄まじい迫力に満ちていた。
下腹部からこんもりと突き出た恥丘、陰毛がいっさい生えていない土手肉は、圧倒的な淫猥さを際立たせている。口唇愛撫で綻んだ花弁は熟れてぱっくりと開き、その全容を余すことなく見せつけていた

「続きよ!」
亜衣は再びどっかと腰を下ろし、さらに両足を左右に開脚した(ピンク色のひだひだが折り重なって、なんかお肉が蕩けてるみたいだ。しかも濡れて、ジュクジュクしてる!)亜衣を絶頂まで導きたい。その光景を瞼に焼きつけることで、これまでの彼女に対する鬱憤を晴らしたいという願望が突き上げてくる。
圭佑が頭を起こし、再びクンニを試みようとした瞬間、亜衣は思わぬ行動に打って出た。横に置いてあった桶からローションを掬い、自らの眼前へと掲げたのである。
手のひらから緩やかに、透明な粘液が滴り落ちてくる。それは亜衣の乳房に滴ったあと、糸を引きながら圭佑の首筋へと落ちていった。
ひんやりとした感触に、圭佑は一瞬身を固くしたが、亜衣はヒップを後方にずらしながら続けざまにローション液を目の高さから滴らせた。
「ふふ。ローションの仕上がり具合は、ちゃんと確かめておかないとね」
首筋から胸へ。さらに亜衣はヒップを浮かせながら後ずさり、圭佑の太股に腰を落とした
やぁぁん。おチンチン、もうビンビン!
腹に垂らされた粘液は、やがて屹立したペニスにまでまとわりつき、まるでオイルサーディンのような赤黒い輝きを放っていく。
亜衣のバストから下腹部にかけても、ローションは蛍光灯の光を反射し、魅力的な艶を発していたが、圭佑はその光景を見ているだけでも怒張を激しくいななかせたにやりと口角を上げた亜衣が、屈み込みながら顔を近づけてくる。
えっ?まさか…亜衣お姉ちゃんが僕にキス!?一瞬そう思った圭佑だったが、予想に反し、亜衣は抱きつくように身体を密着させた。
バストの膨らみが胸に重なり、何とも心地いい感触を与えてくる。
裏茎に当たる部分はお腹だろうか。