鬼の更正員 ~家出っ娘の末路~ 前編

家出娘の超カワツンデレ娘みくちゃんの登場。両手を縛られ最初は嫌がってたがバイブで責められ電マと激しい手淫で奇麗なワレメから大量潮吹き!!その後もパイパンおマンコをねっちょり舐めまわす鬼家出更生員!最期は激しいピストンで中だし、奇麗なおまんこからこぼれる精子は圧巻です!
動画:鬼の更正員 ~家出っ娘の末路~ 前編

玉田よりひと回り下の四十そこそこ見えたが、第一線の捜査現場の緊張感を身にまとっていたビジネスホテルではなく航空会社系列の高層のシティホテルだった。梅田の繁華街のど真ん中にあってビジネスや水商売関係の客の出入りが多く、多少のことでは目に立たない。警察に呼んで事情聴取するほどでないケースにこうしたホテルを利用しているのだろう。大阪府警との連携をうかがわせた室は二十一階の南側にあった。大きな窓ガラスの直下に土佐堀川が流れ、遠くに目をやると林立するビルの間から通天閣が見える。玉田刑事がお茶をいれてくれた。窓際の向き合った肘掛け椅子に座ってお茶を飲み終えると、佐々井係長が通天閣が小さくなっていくようでさみしいですねと、意外なことを言った。聞くと、奈良で生まれ育ったものの大阪の大学に入り、新聞配達をしつつ下宿から学校に通っていたとのこと。
「夏はいいんですが、冬の朝は夜明けが遅く真っ暗なうちから自転車の荷台に新聞を積んで配らなければならず、手袋をしていても手がかじかみましてね。しかし、それもいい経験になりました。配達だけでなく集金もしましたよ。あの頃、通天閣を見上げていろいろ夢を抱いたものです。高層ホテルからこうして通天閣を見ると、目線の位置のせいでなんとなく貧弱になったような気がしますね」
通天閣に寄せる感傷なのか、あるいは参考人をリラックスさせるテクニックなのかと裕也は佐々井係長の顔を見た。初対面の印象と違い、佐々井は商売人のような話の振り方をする。新聞配達を通じて大阪での商売人の呼吸、人との接し方を身につけたのだろう。
「海野さんとは長いお付き合いだったのですか」
言葉がすっと流れてきた。世間話のついでのように佐々井は何気なく口にする。
話してあるので承知しているはずだが、おさらいのつもりなのか玉田刑事に
が、互いに好意を持たれていたということですか

「まあ、そうです」
「大人としての付き合いをされていたと」
「はぁ…」
「肉体関係にあったということですね」
1度だけですがそういうことが…
「相良さんは参考人ですので、海野さんとの関係をオモテに出すつもりはありません。話を聞くにしても事実関係をしっかりと把握したうえでないと事の脈絡があいまいになりますのでねその関係にいたる経緯と、どういう会話をかわされたのか、そのことを話してくれますか。事件の解決にどういうかかわりがあるのかと思われるかもしれませんが、怨恨による犯罪の場合は被害者のちょっとした言葉に事件解決のヒントがひそんでいるものなんです。ことに体を許した相手には親兄弟にも話せないようなことを漏らしていることもあって、今回のような難事件の場合はなおさらなんです」
佐々井はプライバシーにかかわる聞きづらいと思われる事を実にさりげなく切り出す。泌尿器科の医師が性器にまつわる病状を淡々と聞き取るようなものだ。
「海野さん、職場の人間関係について何か言ってませんでしたか」
「そういうことはあまり話さない人でした。こちらからもそういう事は聞きませんでした」
「冗談を言ったり愚痴のひとつも漏らすのが人情だと思いますが、そうしたことがまったくなかったのですか」
「ないことはありませんでしたが、プレス発表の説明資料の作成に時間を取られて、なかなか思うように仕事がすすまないとか、そんなことでした。特定の誰かの名前をあげて言うということはなかったように思います」
「伊知地局長のことはどうですか聞いたことはありませんか」
伊知地さんのことかどうか分かりませんが、相良さんはいいわ、分かりやすくって紳士然としてなにを考えているのか分からない人もいるからとぼそりと言ったことがありました単細胞だと揶揄されたのかと思ったのですが、言葉のニュアンスからして理解し合えるという意味のようでした「なにを考えてるのか分からないと言ってましたか。…そうですか。伊知地局長は人当たりもよく、いかにも紳士といった風貌をされていますが、なにを考えてるか分からないという一面もあるのですか。すくなくとも海野さんはそう見ていたわけですよね。身近な人間の評価ですから、外見からは分からないそうした一面があったことは事実でしょう。…ええ、伊知地さんのことかどうか分からないということはさきほどお聞きしました。

カリペン先生 英検4級編

この不景気で仕事も簡単に見つからないから、資格の一つでも取ろうと、家庭教師を家に派遣してもらいます!先生が家にやってきて、パンツをチラッと生徒を刺激します!先生はタイトスカートが似合うセクシーなお姉さん!こんなの勉強がはかどるわけがありません!先生に淫語を言って貰おうと英語でチンコはなんていうの?なんて質問。逆に自分がムラムラしすぎて、スッキリしないと集中出来ないので取り敢えずチンコ出してみました。さすが先生、美味しそうに舐めてます!調子に乗った生徒は先生のマンコを弄り、ソファの上で潮吹き!次はテーブルに移動してバックで突いてあげます。カリペン先生はやっぱり犯りやすいです!
動画:カリペン先生 英検4級編

我々も調べていますからそんなことは気になさらなくてもいいんですよ。ところで、山辺の道に行くことについて、海野さんはなにか言ってなかったですかあまり自分の行動を語らない人だったようですが私になにか、容疑がかかってるんですか」
「被害者について何らかの事情を知っておられるという参考人の立場です。ですから、こうしてホテルでお聞きしているのです。ま、ご心配なさらないでください。こうした事件の場合は関係のあった方々に念入りにお聞きするのは普通のことなんです。相良さんの場合はアリバイがしっかりしているし、まず問題がないと見ています。怨恨の線が出てくると痴情や金銭のもつれが動機となるだけに、どうしても関りのあった方々に踏み込んでお聞きしなければならず仕事とはいえ辛いところがあります」
佐々井は痴情のもつれによる犯行との見方をしているようだ。
うと、佐々井の話を聞きながら裕也は漠然と思った。
自分も容疑者の一人なのだろ
「ところで山辺の道に行かれたことはありますか」
裕也は「はぁ」と佐々井の顔を見た。聞かれた意味がとっさに分からなかった。事件後に亜希子の霊を弔うために訪れたことがあるのかどうか、あるいは事件前のことなのかどうか、その質問の意味がつかめなかった。裕也はいずれにしても行ったことがない「そうですか。とすると、テレビや雑誌で見る程度ということですか。古代、万葉人が歩いた道といっても狭くて木々が生茂り昼なお暗いところもありまして、女性の一人歩きはどうかとテレビでは歩きやすく明るい道を紹介していますが、歩かれれば分かりますが実際はそんなところばかりではなく、海野さんはそんな道をなぜ一人で歩いたのか、そこのところがどうも引っ掛かるんです。それに、海野さんが以前、山辺の道を歩いたということを聞いた人がおらず、おそらくは初めて歩かれたんでしょう。海野さんは結構、用心深い性格だったようですね」
ええ、用心深いといえば、そうだったかもしれません。レストランで食事したときのことですが分からない食材があると係りの者に聞いていました。その聞き方が食材に興味があるというより、食材を理解したうえで食べたいというふうに見えたものですから、そのことが用心深さとして残っています。別に佐々井さんに迎合して言うてるのではなく、記憶のなかの思いを率直にお話ししてるだけなんです。ちょっともってまわった言い方でお分かりにくいかもしれませんが「いや、分かります。そのようにざっくばらんに話していただくと助かります。用心深い性格の三十半ばの女性が、歩いたことのない山辺の道を一人歩きするとは考えにくく、一人歩きにこだわらず同行者がいたとしたらどうなのか、その線でも追ってきました。その結果、女の同行者がいたことはほぼ間違いがなく、大柄な女というところまで詰めています。身長は一七OS一七五㎝と高く、太っているのではないものの、何かごわごわとしたところがあったようです。
ヒールを履いていたとのことですので、実際の身長よりは幾分高く見えたはずです。相良さんを容疑者だと見ていれば、こんな話はしませんよ。当初から同行者が浮かびあがっていれば回り道をしなくても済んだのですが、逮捕した上杉信二がやりましたとぺらぺら喋り、物的証拠も揃っていて間違いないと気をゆるめたことがあとあと響きましたが、だいたいヤマを越え、事件の構図がほぼ見えてきました。今日、相良さんにお聞きしたのは補強捜査なんです。身持ちのいい海野さんが相良さんと関係を持ったのは何かのメッセージだと思ったんです。

海野さんにすればある人物に精一杯のメッセージを発したつもりだったのでしょう。それが結果としてうまく伝わらず不幸なことに。いやいや、相良さんには責任はないのです。海野さんが相手を甘く見ていたのでしょう。相手はそんなことをする度胸も気力もないと。だからこそ、誘われるままに山辺の道に行ったのでしょう。相手は山辺の道を歩いたことがあって土地勘がありあるいは現場を下見していたのかもしれません◯A市に道歩きの会というグループがありまして、調べたらすぐに分かりましたよ。七、八年前に山辺の道を歩いている記録があり参加者のリストも残っていました。ま、こうしたことは状況証拠に過ぎませんが、確たる証拠がない以上、そうした証拠を積み重ねて詰めるしかないのが実情でして。上杉がおかしな事をせずに通報していてくれれば死亡推定日時が特定でき、証拠も散逸せずに済んだのにと口惜しい思いがしますが、所詮は繰り言にすぎません」
私と関係することで、海野さんはある特定の人間にメッセージを伝えたということですか
その思惑があったようです。調べた結果、海野さんはその人物と別れたがっていたようです。
なかなか別れてくれず、逆に不穏な空気を感じて相良さんと関係を持ったと。ヘタなことをすれば、相良さんが黙っていないわよというようなメッセージを暗黙のうちに発していたのでしょう。それが相手に伝わったのかどうか、伝わっていても生かしておけないものがあったのかどうか。相良さんとの関係に逆上してという線もなくはありませんが、調べてみるとそうい
です。承諾いただくかどうかにかかわらず、このことは内密に願いますから秘密の事を聞いていると相手にカマをかけてもらいたいのです。伊知地局長にカマをかけてもらいたいのです
実は、海野さん佐々井の狙いは分かった。なるほど宿泊先のホテルに呼ばなければ頼めない事柄だ。伊知地が真犯人かどうか分からないが、そのために作り話で伊知地を揺さぶらなければならぬほど裕也は警察に借りも恩義もなく、また伊知地に悪感情を持っていない。亜希子の無念を晴らすといったところで、あるメッセージのために関係を持ったものならばそこまで義理立てすることもない。裕也にとっての亜希子はなまめかしい声と微妙な感触がすべてであり、伊知地との関わりは実際のところどうでもよかった。伊知地が真犯人ならば、亜希子の感触を奪った男として許しがたいものがあるが、伊知地を恨んだり憎んだりというほどに裕也は亜希子と親しく交わっていない。記憶の埋火として肌の感触が残っているだけであった。
裕也は断った。
佐々井は意外な顔をした。

緊縛!イキまくり 洗面所で縛られた私!

デリヘル呼んだら会社の女性上司がやってきたので内緒にするかわりに本番までしました
動画:緊縛!イキまくり 洗面所で縛られた私!

裕也が二つ返事で引き受けるものと思っていたよ「海野さんの無念を晴らしたくないんですか。あんな無残な殺され方をし、犯され、腐敗して顔かたちが分からないまでに放置されていたんですよ。
良さんに恨みを晴らしてもらいたいと、そう思っているはずですよ」
「捜査のためとはいえそういうことはしたくないのです」
そのうえ地元の男に海野さんはきっと相佐々井がいくら言っても裕也は肯んじなかった。
伊知地が警察に呼ばれて事情を聴かれているという噂が耳に入ってきた。水道局では箝口令が敷かれているようだった。ずいぶんと口が軽くなった幕間に聞いても「へぇ、そんな噂があるんですか」ととぼけていたが、そのとぼけた物言いが普通でないことを白状していた。幕間は亜希子と同様、都市整備局時代から伊知地の部下であり、二人の関係にも通じていることから、佐々井らに厳しく聴かれたのではないか。岩井部長にすり寄っている幕間のことだからこれ幸いにと洗いざらい喋ったのだろう。その後ろ暗さもあってとぼけているのだろうが、水道局の職員はこの件については押しなべて口がかたい。
岩井部長の室をのぞくと、椅子に座ったまま机に背を向け、窓の景色に目をやっていた「椿の咲く季節になったね。雪がちらちらしてても春は間違いなくやって来るってことや人間はカレンダーと温度計で季節の変化を知るけど、自然はそんな物がなくてもちゃんと季節に向けて歩む。えらいよ、自然は」
自然との一体感は岩井の持論の一つだった。
「季節の歩みに合わせて春の異動の噂が聞こえてくるようになりましたね」
「うん。ぼくは社長の柄やないけど、めぐり合わせには勝てんわ。技術系の社長は十六年ぶりやOBや職員は期待してくれてるけど、建設事業華やかなりし頃と違って今は維持管理の時代で財源に乏しく、思い切った事業ができない。守りの仕事ばかりやろう。期待倒れになりそうや」
岩井は内々定が出ていることを隠さなかった。次期局長にほぼ間違いないとなると、OBや業者が引きも切らずやって来る

「気の早いのは花を持ってこようとするから辞令をもらうまでは待ってくれと言うてるのや。そんなもの貰うてひっくり返ったらええ笑い者やもんな」
「事情聴取受けてる方もおられるようですよ」
「それそれ。ややこしい話になってるみたいやで。大きな声では言えんけど岩井は裕也を机の前の折畳椅子に座らせ、額を寄せるようにして言う企画の水増し請求を、社長のクラブ費用に当ててたやろ、あれが収賄罪になるのやないかと
警察はほんとうは海野さんの件で引っ張りたいらしいが、これという証拠がないよって、とりあえず収賄で身柄を押さえておいて、そっちを取り調べようという腹らしい」
それやと別件逮捕になるのでは
海野さんはR企画の件にからんでるから、事件として一連のものやと捉えれば問題ないよう「海野さんの件、そこまでいってるんですか」
「警察はかなり詰めてきてるらしい。社長には芝山浄水場の一般公開のイベントに参加していたというアリバイがあるけど、中抜けの可能性があると見てるようや。ところが本件では引っ張るだけの証拠がなく、それで関連するR企画に目をつけて事情聴取してるとか。そういう話が聞こえてきてる」
動機はどうなんですか。海野さん事件の「それはよう分からないが、可愛さ余って憎さなんとかいう諺があるけど、自分から離れていき思うようにならなくなった苛立ちと、それに口封じもあったのやないか。これはあくまでも社長が真犯人であった場合の話として言うてることやで。相良さんの話につられてついつい口をすべらせてしまうけど、海野さんがぼくに情報提供してるのを知って、なんとかせなあかんとあり公金やから、海野さん、それに加担することにだんだん嫌気がさしていたのは間違いない気持ちが滅入りますと、ぼくに言うてた。水道局長になるまでは業者と一線を画していて、おかしなことはしてなかったらしいが、水道にきて皆が局長局長とちやほやするものやから箍が外れたようになったと。環境によって人間は変わるもんやからな。海野さん、それで社長にっいていけんようになったんやろう。そのむしゃくしゃしたストレスがスーパーマーケットでの軽率な行為に結びついたのやないか」
裕也は、伊知地局長にカマをかけるよう佐々井係長に頼まれたことを話した。
「発見されるまでに時間が経過していたから有力な証拠が散逸したり消えたりして、警察も困ってるのやろ。そういう状況なら海野さんの件での立件はむずかしいかもしれんないずれにしても近々、辞表を出すのやないか。海野さんのことは別として、R企画の問題で上から圧力がかかってるようや。オンブズマンの団体がR企画にからむ公文書開示請求をかけてきていてまたマスコミが報道のタイミングを見計らっていることもあって、上が相当かりかりしてるよってにな」