たくさんイッちゃった

クリクリの綺麗な大きな瞳にロリボディが大人気の潮吹きおもらしっ子、櫻井ともかちゃんのおもらし動画!スーパー敏感なともかちゃんのピカピカボディを弄んでたらも潮吹いちゃった!?どんだけ敏感!?ならオマンコ直触りなら・・やっぱり潮吹いちゃった!クンニでも当然潮吹き。とにかく潮吹きまくり!!しかも声もまた可愛い、超エッチな櫻井ともかちゃんが濃密濃厚フェラでチンポをズリュー、ズリューと咥え、絡みでは生でファック!ファック!ファック!潮!潮!潮!清楚な顔で相当スキモノ!最後は中でドローっと中出し!!
動画:たくさんイッちゃった

そ、そんなすでに欲望の塊は、輸精管の入り口で今か今かと射精の瞬間を待ちわびている。
芳彦が会陰を引き締め、歯列をギュッと噛み締めると、君江はトランポリンをしているようなピストンを繰り出した。
「あ、ぐううううう」
肉厚な陰唇が肉幹と雁首を強烈に擦り上げる。
とても十代の少年が耐えられるような抽送ではない。
芳彦は子供のような泣き顔で、我慢の限界を訴えた。
も、もうダメです!
いいわー出して!たくさん出してぇ!!
がっしりとしたヒップが派手に揺すり回され、柔肌が汗でしっとりと濡れ光る。
「いくつ」
ペニスが肉襞でキュッキュッと締めつけられると、芳彦は深奥部に残るありったけの樹液を膣内に迸らせていた。
7ッちゃう!イクううううううううう
2君江は咽び泣きながら、まるでエンストした車のようにグラマラスな肉体を前後させる。
芳彦はその下で、実験解剖された蛙のように、全身の筋肉をピクピクと痙攣させるばかりだった。

幼馴染みの精液手コキ搾りその日の夜、芳彦は寝床で夢を見ていた。
しなやかな指で手コキをされ、可憐な上下の唇でペニスをしごかれ、騎乗位の体勢から一つに結ばれるその相手は君江ではなく、明らかに若い女の子だった。
に、ぼんやりとしてはっきりとはわからない。
君は誰?その子の顔は正面に見捉えているの霧のかかった向こう側で微笑みを湛えながら、柳芳彦が問いかけても女の子は何も答えず、腰を振ってくる。
君江に勝るとも劣らない凄まじいピストンに、芳彦は苦悶の表情を浮かべていた。
あまりの激しさに、息をすることさえままならない。
な、何だよ、これ!
く、苦しいよ!?
この世のものとは思えない息苦しさから、芳彦はようやく現実の世界へと引き戻された微かに目を開けると、眼前にはキャミソールにデニムスカートと、た一人の少女の顔がうっすら見える。
「芳彦」
ん君が夢の中の美少女?
「何寝ぼけてんのょ。起きなさいよ」
スポーティーな恰好をし芳彦は寝ぼけ眼で、少女の容貌を仰ぎ見た。その輪郭が、徐々にくっきりとしてくる。
あ、夏美!うわっ!
「何よ、せっかく迎えに来た美女を前にして、幽霊を見たみたいに」
夏美は掛け布団の上から、全体重をかけるように芳彦の身体に跨がっている。
しいはずだ。
「ちょ重い。ど、どいてよ」
どうりで息苦芳彦は頭をふらつか夏美が布団から下りると同時に、せたなんとか上半身だけ起こしたものの、身体全体が妙に気怠く、頭の芯が霞がかったようにボーッとしている。
まるで全身が鉛みたいだ昨夜は君江相手に童貞喪失したあと、さらに一回精を搾り取られてしまった。

射精回数は、計四回。睡眠不足のうえに、これでは頭が目覚めないのも仕方のないことだっそんな芳彦に、夏美は訝しみの視線を注いでくる。
どうしたのよ。まさかあんた、お酒呑んだんじゃないでしょうね?
「の、呑んでなんかいないよ。昨日帰ってきたのが遅かったし、バイト疲れが一気に出たんだと思う」
「ふん」
芳彦がごまかすと、夏美はそれには答えず、でも…なんで夏美がここに?
唇をツンと尖らせた。
「まだ寝ぼけてるの?あんたを迎えにきてあげたんじゃない」
あ、そうか。今日から夏美の家にやっかいになるんだっけ思考回路がようやく動きはじめると、芳彦は困惑げな顔つきへと変わった。
これからしばらくの間、夏美と一つ屋根の下で暮らすとなると複雑な気分になってしまう。
夏美は勝ち気な性格で、芳彦は幼い頃からよく苛められ、いつも子分扱いだったのだ。
(確かに子供の頃は夏美のことが大好きだったし、ままごと遊びの中で、結婚の約束も交わしたんだよな。未来の奥さんだなんて思ったこともあったっけ。でも…顔は十分かわいいんだけど、性格がなぁ)芳彦はそう思いながら、夏美の顔をまじまじと見つめた。
やや卵形の輪郭に、セミロングの髪型がよく似合っている。
ばっちりとした瞳に長い睫毛愛らしい鼻に桜の花びらのような可憐な唇は、美人というよりは可愛いタイプだ。
頬などはツルツルとし、街を歩けば、若い男なら誰もが振り返る顔立ちをしていたが、はそればかりでなく、ふっくらとした身体つきも大きな魅力の一つだった。
彼女夏美は中学に進学してから急に発育しだし、胸もヒップもまろやかな曲線を描くようになっ高校に入ってからはウエストがやたら括れはじめ、るほどのプロポーションを誇っていたのである今ではグラビアアイドルとしても通用す身長百六十三センチ、バスト八十九センチ、ウエスト五十九センチ、ヒップ八十八センチ。
臆することなく、自分のスリーサイズまで堂々と公表してくるのだから、よほど自分のスタイルに自信があるのだろう。
夏美とは幼稚園から高校まで同じ学校に通っていたが、時々眩しくて顔をまともに見れなくなるときがある。
(このごろは夏美の前に出ると、なぜか自分を出せなくなっちやうんだよな。背が僕より高いせいかな?自分が貧弱すぎるせいもあるのかも)いずれにしても相手が幼馴染みだけに、成長の違いをまざまざと見せつけられているようで、それが芳彦に劣等感を抱かせているのは間違いなかった。
「何よ。人の顔じろじろ見て」
あ、いや。百合子さんは、本当に泊まっていいって言ってるの?
「もちろんよ。部屋だって空いてるんだし。それに運送会社から宿泊代が出るんでしょ?それを賃料としてもらうから」
ちぇっ!ちゃっかりしてら男勝りでサバサバした性格。
それが夏美のいいところでもあり、悪可憐な外見とは裏腹に、いところでもある芳彦が苦笑した瞬間、夏美は待ちきれなかったのか、
さあ、早く起きなさいきゃあああ!

ポルノスターハンタープールプル Gカップ

遂に出ました!葵ぶるまちゃん!でっかいおっぱいに可愛いお尻!乳首もピンピンなぶるまちゃんの無修正のおマンコ動画が初登場!!今までモザイクで見えなかった、オマンコが糸を引いてるのまで丸見えに!!インタビューが終わり股を大開脚して、ついに、ついに、オマンコ様のお披露目です!綺麗なオマンコなのに糸引っちゃってる!やっぱりヤラシイオマンコだったんだね!キラキラの目で、上目使いしながらおチンポを美味しそうに食べる!はぁ~かわいい!早くそのチンポをマンコが入ってるのがみたいっ!続きは、自分の目に焼き付けて、いっぱいオナニーしてください!では、僕も・・アレ誰かきたようだ・・タイミング悪いっす(`・ω・´)
動画:ポルノスターハンタープールプル Gカップ

え?
掛け布団を強引に捲り上げた。
夏美が空気を切り裂くような悲鳴をあげ、芳彦も、また目をひんむいた。
口に両手を当てる。
何気なく下腹部を見下ろしたいつの間にか寝ている間に浴衣がはだけ、大きなテントを張っている。
ひゃああ「変態!」
下着が丸見えの状態だったのだが、その中心部は慌てて股間を両手で押さえたものの、間髪を容れずに夏美の平手が頬に飛んだ。

やっぱり!
「ち、違うよ。
いやらしい夢を見てたのね!
これは男の生理だよ。
仕方のないことなんだから」
そう答えたものの、昨夜四発も放出して、まだ朝勃ちの元気があるとは我ながら、びっくリするほどの性欲だ。
ふん。まあいいわ。それより身の回りの物は、もうちゃんと揃えたの?
「あ、うん。そこのデイバッグに必要な物は入ってると思うけど。あと必要なのは、学校の制服や勉強道具かな」
「わかった。それじゃ部屋の鍵貸して。私が用意しといてあげるから、あなたは服を着なさい」
「え?でも教科書とかノートとか、たくさんあるし」
「何言ってるの。どうせ夏休みに入ってから、学生鞄は一度も開けてないんでしょ?教科だってロッカーに入れっぱなしのくせに」
夏美には、すべてお見通しのようだ。まるで弟に対する姉のような口調で、ポンポンと言いたいことを言ってくる。
夏美は全然勉強してるようには見えないんだけど、僕と違って、いつも成績がいいんだよな学業成績でもスポーツでも、彼女にはまるで適わない。
芳彦はバツの悪そうな顔をすると、布団の横にたたんであったズボンのポケットから鍵を取り出し、夏美へと渡した。
「それじゃ、先に行ってるわ。
日用品なんかも買いにいかなきゃね」
夏美が廊下側の引き戸を開けて部屋から出ていくと、浴衣を脱いでいった。
(ああ、芳彦は布団からゆっくりと立ち上がり身体がだるいなぁ。
そういえば、君江さんはどうしたんだろう?)昨夜はひどく酔っており、てまだ寝ているのかもしれない。
脳乱の姿までたっぷりと見せつけていた。
ひょっとすると、疲れ服に着替え、襖を静かに開けると、芳彦はハッとした。
君江がリビングの椅子に腰掛け、こめかみを指で押さえている。辛そうな表情は、どこから見ても二日酔いの症状だやっぱり、相当酔っ払ってたんだな。ひょっとして、昨日のことをまるで覚えてないんじゃ?
昨夜は、君江相手に童貞を捧げたのである。
まるでペニスがもぎ取れそうなほどのフェラチオ、騎乗位からの背骨が折れそうなピストン。
口や膣の中の粘膜は、ペニスが蕩けそうな快美を与えた。
その光景を思い出すと、朝勃ちのペニスがまたもや疼いてしまう。
あ、あの大丈夫ですか?
芳彦は両手で股間を隠すようにしながら、「あ、ああ。芳彦君。おはよう」
「おはよぅございます」
君江に問いかけた。
今朝の君江は人妻らしく、袖ありのシャツ、昨夜の艶然とした笑みもすっかり影を潜め、膝まであるスカートを穿いている儚げな微笑へと変わっていた。

ごめんなさいね。
ついさっき、夏美ちゃんに起こされたばかりで、朝ご飯の用意してないの「いいんですよ。
そんなことより、昨日はお世話になっちゃつて、ホントにありがとうございました」
そう挨拶すると、君江は再びこめかみを押さえ、深い溜め息をつく。
やはり昨夜のことを思い出し、後悔しているのかもしれない。高校生相手、しかも自分が勤める学校の教え子でもあるだけに、常識で考えれば、無理もないことだとは言えた。
そ、それじゃ僕、夏美と一緒に行きますんで「ええ。気をつけてね」
芳彦が玄関口へ向かっても、君江は椅子に座ったまま微動だにしなぃ。
この様子だと、もう君江さんとの体験は無理かな?昨夜の激しいセックスを思い出すと、またグラマーな人妻とエッチしたいという衝動が込み上げてくる「ちょっと残念な気持ちもあるけど、でも…これで念願だった童貞喪失は叶ったわけだから」
玄関を出ながら独り言のように呟くと、に佇んでいた「遅い。もう行くよ!」
「あ、うん」
すでに夏美は学生鞄と学生服を両手にアパートの前夏美の呼びかけに、芳彦は足早に彼女の下へと駆け寄っていった。
2夏美は母親の百合子と二人暮らしで、百合子は一軒家の1階部分を改築し、店は自宅とひと続きになっていたが、父親は夏美が幼い頃に亡くなっている。
小さな喫茶店を経営していた。
店内はアットホームな雰囲気で、この日も近所のお馴染みさんらしき顔が、大きな窓ガラス越しに見える。
しょうしゃ白いモルタル調の瀟洒な建物が近づいてくると、芳彦は感慨深げな顔つきをした。
となりの家に住んでいた頃は、この店で何度モーニングを食べたことだろう。その側には、いつも百合子の優しげな顔があった。
母親を小学生のときに亡くした芳彦にとって、百合子は本当のお母さんのようだった。
そういえば、百合子さんに会うのも久しぶりのことだな胸をウキウキと弾ませながら喫茶店の入り口に向かったところで、「何やってんの?こっちだよ」
「え?でも、百合子さんに挨拶を」
「そんなのあとでいいよ。まず必要な物を買い出しにいかなきゃ」
夏美が呼びとめてくる。
自宅の玄関は、喫茶店の入り口とは別にある。
夏美は芳彦の意見も聞かず、裏口の門を開け

フルロード29 新潟ギャル

大村 シェーン
動画:フルロード29 新潟ギャル

「とりあえず、玄関に荷物だけ置いといて、スーパーに行きましょ」
夏美はほるで姉さん女房気取りで、のは、単なる気のせいだろうか。
テキパキと指示してくる。
はしゃいでいるように見えるもちろん、夏美の言うことには逆らえない。
声が返ってくる。
文句など言おうものなら、その何倍もの金切り芳彦は言われるがまま玄関口にディバッグと学生鞄を置くと、夏美と一緒に商店街へと向力1·六藤美駅の前には、商店が連なるアーケード街がある。
そこは海へと通じる道順にもなっているため、若い男女や家族連れでいつも賑わっていた。
芳彦と夏美は11階建ての小ぎれいなスーパーに入ると、衣料雑貨のある二階へと向かった。
歯ブラシはあるの?
「うん、携帯用のやつを持ってきたよ」
タオルは?パンツは?
「タオルは一枚。パンツは11枚だけ」
「タオルはうちのを使えばいいけど、パンツはそれだけじゃ足りないでしょ?あんた、一週間に11回だけしか取り替えないの?きったなあい」
「ち、違うよ。バイト先で穿いてたやつは、帰ってきてからまだ洗濯してないし。新しいのはもう一枚しか残っていなかったんだ」
「どっちにしたって、下着は必要よね。私が選んであげる。これにしなさい」
男性用の下着売り場の前で、夏美がビニール袋に入ったパンツを無造作に掴み上げる。
「これって…ブリーフじゃないか。しかもこんな際どいのやだよ。僕はトランクス派だし」
「あら。あんたは見かけがパッとしないんだし、せめて下着ぐらい凝らないとダメよ。うん、うしなさい。四枚ぐらい買っておけばいいわね」
そ芳彦の好みなどまるで無視、夏美は青や紫色の下着を手にし、すたすたとレジへ歩いていく。
これから先も、彼女の性格が変わるなどということは、天地がひっくり返ってもなさそうだ。
小さな溜め息をついた芳彦は、ふととなりにある女性の下着売り場へと視線を向けた。
男性用と違い、デザインも色も、そして店内スペースも華やかな造りになっている。
かわいらしい下着や大人向けの下着が置かれているなか、芳彦はマネキンに着せられているランジェリーに目線を留めた。
ビキニタイプのレース模様のショーツは布地が薄く、ではないか。
下手をしたら女陰まで透けてしまうの君江のベビードール姿を思い浮かべた芳彦は、一瞬にして心臓をドキドキさせた。
あんなエッチな恰好で迫られたら、絶対拒否できないよな人妻との禁断の関係に不安はあるが、どうしても昨夜の淫らな体験が忘れられない。それでも芳彦はふと、夏美のことを考えていた。
(そういえば…夏美はどんな下着を穿いているんだろう。あの勝ち気な性格だと、まだコットンの白パンツかな?それともかわいらしい動物のプリントが入った幼女パンツ?)その姿を想像した芳彦は、思わずクスリとほくそ笑んだが、その直後、

「アイタタタタ」
「何やってんのよーにやにやしていやらしい。さっさと行くわよ」
耳朶に激痛が走った。
いつの間にか会計を済ませた夏美が、「ちょっと、眉尻を上げながら芳彦の耳を強く引っ張っている。
耳がちぎれちゃうよ」
周りの客たちの失笑に顔を真っ赤にさせながら、夏美!
痛い。
芳彦は夏美とともにスーパーを後にした。
夏美の·自宅へと戻った芳彦は、その足で廊下側から喫茶店へと向かった。
まだ昼前ということもあり、店内はそれほど混んでいない。芳彦は、すぐさま百合子への挨拶を済ませた。
「ご無沙汰してます」
百合子は昔と変わらない、マリア様のような温かい笑みを送ってくる。
母親のいない芳彦にとって、いつも優しい百合子は特別な存在でもあった。家事全般から人生の悩み事まで、何度相談に乗ってもらったことだろう。
「ホントに久しぶりだわ。それにしても大変だったわね」
「ええ。飛び上がるぐらいびっくりしました。それよりいいんですか?僕なんかが泊まっちゃって」
「もちろんよ。
だって、子供の頃は何度も泊まりにきてたじゃない」
百合子はそう答えたものの、やはり年頃の娘と一つ屋根の下に住むということを考えると気後れしてしまう。
(ひょっとして、僕が中学生みたいに見えるから、安心しきっているのかなあ。もっとも百合子さんは、昔から細かいことを気にしない大らかなところがあったけど)百合子は微笑を絶やさず、言葉を重ねてきた「芳彦君は私の息子みたいなものなんだから、遠慮することなんて一つもないんだからね」
「お母さん、だめよ。甘やかしちゃ。お金だって、ちゃんと取らないと」
それまで横に佇んでいた夏美が、突然横槍を挟んでくる。
また、あなたはそんなことを言って。それよりも、芳彦君を早く部屋のほうへ案内してあげな百合子にたしなめられ、頬をプクッと膨らませた夏美は、芳彦の顔をキッと睨みつけた。