カリ高サッカー部同窓会 新垣セナ

元サッカー部員たちの同窓会に美人マネージャー事、新垣セナちゃんが現れる、これが悪夢の始まりである。酒が入りテンションが上がった男たちは、王様ゲームを始める、何故かセナちゃんばかりに指名が行き、次第に指名が過激になっていき、おっぱいは吸われるは、マンコに電マで刺激を与えられさすがのセナちゃんも激怒し帰ってしまう。しかし、男達は諦めず、セナちゃんの家に乗り込み、またもや、セナちゃんに淫らな行為をするのである。フェラ、ぶっかけ、中出しありの作品是非ご覧ください!!
動画:カリ高サッカー部同窓会 新垣セナ

「いえ、いいんです」
いつもは癒しを与えてくれる百合子の言葉も、
夏美と何かあったの?
このときばかりは効果がない。
百合子に問いかけられると、芳彦は唇の端を歪めた。
「昨日、ちょっとひどいこと言っちゃつて。百合子さん、ごめんなさい」
あら、私に謝ることなんかないわよ。どうせあの子が、また無茶なことを言ったんでしょ?
苦渋の顔つきで黙り込んだ芳彦から、百合子はただの喧嘩ではないと気づいたようだ。
と小さな溜め息をつくと、儚げな笑みを浮かべながら呟いた。
「あの子は…芳彦君のことが昔から好きだったのよ」
え?えぇっ!まさか!
フッ百合子の放った言葉は、芳彦に大きなショックを与えた。これまでの夏美の態度を振り返っても、とてもそんな感情を抱いていたとは思えない。
「あの子はああいう性格だから、わかりづらいとは思うけど、私はずっと前から気づいていたわ。
だからといって気にしないでね。芳彦君の気持ちだって、大切なことなんだから」
衝撃的な事実を告げられ、頭の片隅にしかなかった夏美の存在が急激に膨らんでくる。
(まさか、あの夏美が僕のことを好きだったなんて。それなのに、どうしてあんなひどいことを言っちゃったんだろ)「それじゃ、私は君江の所へ行ってるわね」
いつの間にかアパートに到着し、百合子は涼やかな笑顔で門扉を開けていた。
「あ、どうも。本当にお世話になっちゃつて。ありがとうございました」
「いやだ。そんな他人行儀なこと。またいつでも遊びにいらっしゃい」
軽く手を振り、を下げていた百合子は母屋へと歩いていく。
その後ろ姿に向かって、芳彦は再度深々と頭その夜、芳彦は一人部屋の整理をしていた。
窓ガラスとひび割れた壁はすっかりと修繕され、以前とまったく変わらない様子を取り戻しているそれでも芳彦の胸は、まるで鉛でも呑み込んだように重苦しかった。
僕は…夏美のことが好きなのか?

芳彦は何度も自問自答を繰り返していたが、夏美の気持ちを知ってしまった以上、喧嘩別れしたままの状態ではいけないという、漠然とした不安感に襲われてしまう。
どうするのが一番いいんだろう。とにかくまずは一度会って…でも会ってくれるかなあ?あれこれと思案しながら散乱していた本を棚に戻していると、母屋のほうから君江の声が聞
こえてきた。
「あら、夏美ちゃん。
え?夏美わざわざご苦労様」
芳彦は全身を硬直させ、耳に全神経を集中させた。
「叔母さん、これ。お母さんが届けてくれって」
もともとどこも悪くはなかったのかもしれない。
体調は良くなったのだろうか。
ひょっとして、いや、百合子さんが気を利かせて、夏美に用事を言いつけたのかも夏美は君江の家に上がり込んだのか、それ以上の会話は聞こえてこない。
十分、二十分。いても立ってもいられず、まるで動物園の熊のようにソワソワと部屋の中をうろついてしまう。
何を話したらいいのか頭の整理がつかなかったが、考えても不自然だ。
と、とにかく、まずはちゃんと謝ろう最後の挨拶を済ませていないのは、どう三十分後、母屋の玄関の引き戸が開く音が聞こえてくる。
と走っていった。

ウサギ年だヨ!全員挿入

総勢5人の可愛い女優さんがエロエロなバニーの格好でピョンピョンちんこを貪りつく!!腹が減ったと雌ウサギどもが唸っていると、男が人参をバニー達に与える。「でもなこの人参の方がもっと美味しいぞっ」と、太っといチンコをギン立ちさせて、ウサギ達に突き出すと、ピョンピョン跳ねてチンコにむさぼりつく。ウサギ達もチンコしゃぶりながら、お尻をクネクネ感じてきちゃった~。ストッキング破いてマンコを開いてみると全員びしょ濡れでマン汁泡立ってるっ!全員準備が整ったところでウサギを横に並べて巨根を挿入!一斉にウサギ達の喘ぎ声が部屋中にこだまする。男達の豪快な高速シャッフルでウサギ達の足腰はもうガクガク。うさぎは寂しかったら死んじゃうので、チンポで構ってあげましょう!!
動画:ウサギ年だヨ!全員挿入

「それじゃ、お姉さんによろしくね」
「うん」
芳彦は脱兎のごとく、ドアの前へ夏美が門扉へ歩いてくる気配が伝わってくる。
ていこうとする夏美を呼びとめた。
「あ、あの。夏美」
「何?」
芳彦は意を決すると、ドアを開け、門から出まだ昨日のショックを引きずっているのか、
ちょっといい?話があるんだけど夏美の顔の表情は固い。
夏美はしばし間を置いたあと、ドアまでゆっくりと歩み寄り、芳彦はすかさず部屋へと招き入れた「ごめん。昨日はひどいこと言っちゃつて」
「いいのよ。私より稲垣さんのほうが、全然きれいでかわいいもんね。私なんか足下にも及ばないお嬢様だし」
夏美は拗ねたように、顔をプイッと横に向ける。芳彦は額の汗を手の甲で拭いながら、必死の弁明に終始した。
「そんなこと言わないで、もう機嫌を直してよ。僕と稲垣先輩はそんな関係じゃなくて、もともと絵のモデルになってくれということだったんだから」
「ふん。それでエッチまでしちゃったの。いやらしい!不潔!」
口調が徐々にー々しくなってくる。
感情が昂ってきたのか、「夏美だって、僕にすごいやらしいことしたじゃないか」
芳彦が軽く反論すると、夏美は言葉を詰まらせた。
そ、それは…私は稲垣さんとは違うわ。
芳彦のことが好きだからしたの初めて夏美の口から本音を聞かされ、胸が締めつけられるように苦しくなってくる。それは愛の告白といってもよく、身体の奥底から湧き起こる喜悦は、芳彦にとっても信じ難い感情六--六(まさか気の強い夏美が、自分の気持ちを告げてくるなんて。
ろう。女の子のほうから告白させるなんて恥ずかしいよ)なんで僕ってこんなに鈍感なんだ自己嫌悪を覚えながらも、芳彦はこのとき、夏美を心の底からかわいいと感じていた。
昔から一緒にいて気を使うこともなく、自然と会話を交わせる女の子は、彼女以外に一人もいない。芳彦は今はっきりと、夏美のことが好きなんだという、自分の気持ちを確信していた。
4今度は自分がイニシアチブを取らなければ、じゃまたしてくれる?
という気持ちが込み上げてくる。
芳彦が甘い口調で懇願すると、夏美は唇をツンと尖らせた

「いやよ。今の芳彦じゃ」
「稲垣先輩とは、もう二度と二人きりで会わないようにするから。
辞めるよ」
どうせまた嘘をつくんだからンっし絶対約束するから。
美術部も口を塞ぐように芳彦が軽いキスを見舞うと、
信用してね?
夏美は一転して少女のように頬を赤らめる。
無言のままの夏美の口元に、芳彦は何度もキスを繰り返した。
徐々に情熱的な口づけを仕掛けると、夏美がうっとりとした表情を見せはじめる。
軽く胸を触っても抵抗を示さず、芳彦は自然とペニスをジンジンと疼かせたデニムスカートのホックを外すと、さすがに夏美はやや目尻を上げながら、その手を制した。
ちょっと待って。芳彦、なんかごまかしてない?
ごまかしてなんかいないよぉ。莉奈先輩に対しては、アイドルを偶像視するようなものだったんだって、ようやく気づいたんだ。僕が本当に好きなのは、夏美だけだってことも
それって調子よくない?
「調子よくないよ。僕の本当の本音なんだから。そうじゃなきゃ、美術部だって辞めるわけないでしょ?」
夏美は芳彦の真意を探るように見つめていたが、した表情を見せる。
最後のセリフが効いたのか、ようやく納得再びスカートのホックに手を伸ばすと、夏美は小さな声で呟いた。
今日は稲垣さんと会ったの?部活のあった日でしょ?
「会ってないよ。部活には出てないもの。だから夏美の家にも、早く帰ってきたじゃない」
「ちゃんとシャワー浴びた?私…いやよ」
どうやら夏美は、今日も芳彦が莉奈と淫らな関係を結んだのではないかと疑っているようだ。
鈍感な芳彦にも、夏美の気持ちはさすがに理解できた。
仮に莉奈と情交があったとしたら、そのあとに抱かれるのはとても納得ができないだろう。
「もちろん浴びたよ。あくまで汗を流すためにね。
らいい香りがするもん」
夏美だって浴びてきたんでしょ?
髪の毛かそう問いかけると、夏美はこれまで見せたことのないほど、顔を真っ赤にさせた。
「ご、誤解しないで。今日は特別暑かったから、シャワーを浴びてきただけなんだから」
「わかってるよ」
ひねくれた性格も、このときばかりは可愛く見えてくる。
芳彦はまたもや唇を重ね合わせ、ぷっくりとした可憐な唇を貪りながらスカートのホックを外していった。
すでにハーフパンツの前面部は、するほどの勃起力だ。
布地が張り裂けそうな膨らみを見せている。
自分でも驚愕
スカートがバサリと床に落ち、続いてキャミソールをたくし上げていく。
取ると、真っ白い上下の下着姿が、芳彦の眼前へと曝け出された。
夏美の頭から抜きカップとパンティの縁にフリルがついた可愛らしい下着、そしてムッチリとした豊満な身体つきに思わず目を奪われてしまう。
(やっぱり夏美の身体ってすごいや。莉奈先輩とは比べ物にならないし、君江さんよりも肌に張りがあって、つやつやしている。あぁ、下着の縁が股間にあんなに喰い込んじゃって、なんてエッチなんだ!)芳彦がうっとりしながら惚けていると、向けた私だけこんな恰好させて。ずるいよ
夏美は両手を胸のあたりで交差させ、身体を斜めにその言葉に我に返った芳彦は、慌ててシャツを脱ぎ捨て、ハーフパンツを下ろしていった。

平成生まれ黒GAL〜♪エロ淫写!_Two

女子校生をお貸しします_前篇
動画:平成生まれ黒GAL〜♪エロ淫写!_Two

夏美が選んでくれたセクシーブリーフの前部分は、これ以上ないというほどの勃起を見せている。すでに先走りの汁が滲み出しているのか、中心部には十円玉ほどのシミが浮き出ていた。
パンツを引き下ろすと、怒張が下腹をペチンと打ち叩く夏美には子供の頃から何度も見られているので羞恥心はなく、すでに芳彦の性欲は我慢できないほど昂っていた。
その間、夏美はブラジャーを外し、電気消して
「だめなんだ。壊れていて」
「そんなわけないでしょ…あっ」
やや前屈みになりながらパンティに手をかけている。
肉感的な肢体が見られなくなるのは、あまりにも惜しい。
夏美の言葉を遮るように力一杯抱きしめると、芳彦はまるで布団に包まれたような心地よさを感じたすべすべとしたまろやかな肌と乳房が合わさり、ペニスがビクンと疼いてしまう。
「なんかお腹に硬いモノが当たってるよ」
「だって、今すごくエッチな気分なんだもん」
本当は、溜まったモノを出したいだけなんじゃない?
ち、違うよ。相手が夏美だから、こんなになっちやうんだ。夏美だったら、何度でもこうなっちゃうよー!
それはまごうかたなき、本心から出た言葉だった。
冗談ではなく、二度三度と射精しても物足りないのではないか。
そんな感覚にとらわれてし夏美をベッドの上にそっと押し倒し、キスをしながらパンティを引き下ろしていく。
口の中に舌を滑り込ませると、夏美は目を閉じ、軽く吸い返してきた。
舌と舌が絡まり合い、突き合いながら再び吸引される。甘い蕩けるような感覚が全身に拡散していき、それは今までの性的刺激とは明らかに違うものだった。
二人の性感は手を取るように上昇していき、舌を通して互いの体温が伝わり合う。
芳彦はこのとき、キスだけで異様に昂奮している自分に気がついていた。
すごいや。
キスだけでこんなになっちやうんだ
著しい高揚感が全身に満ち満ちている。
異質のものだった。
それはこれまでの君江や莉奈との体験とはまったく温もりの残るパンティを足首から抜き取り、耳から首筋にかけて唇を這わせていくと、夏美
白い肌を紅潮させていった。
は全身を小刻みに震わせ、
ソっ..寝そべっても決して型崩れを見せない、ら甘い吐息が洩れる。
お椀型の乳房をゆったり揉みほぐすと、夏美の口か桜色のちょこんと突き出た乳首が、何とも愛らしい。
突端の実を口に含むと、それはすぐに硬くしこりはじめ、夏美は唇をキュッと噛み締めながら顔を背けた舌先で可憐な肉豆をたっぷりと愛撫しながら、右指を夏美の股間へッッッと這わせていく。
しっかりと閉じた両太股の隙間から中指だけを滑り込ませていくと、夏美がピクンと身体を弾ませ、指がしっとりと濡れた二本の肉帯を捉えた。

縦筋をなぞり上げただけで、秘裂の狭間から男根を迎え入れる泉がしとどに溢れ出てくる。
感じてる。夏美も気持ちいいんだ!芳彦は無意識のうちに、小さな肉芽を指で責め立てた。
夏美の眉尻が下がり、吐息が鼻から抜ける。
初めて快美に翻弄されている夏美の様子を目にした芳彦は、執拗にその部分に愛撫を繰り返した手が太股で挟まれているため、指の動きはぎこちないものではあったが、を煽らせているようだ。
「あ、ダメ、芳彦。そんなに動かしたら」
確実に夏美の性感早くも限界点を感じたのか、夏美は慌てて芳彦の手を片手で押さえ込む芳彦はいったん手を股間から引き抜くと、今度は乳房から腹、腰へと唇を這わせていった。
下の過敏そうな肌が透き通って見えて、すごくエッチだよぉVゾーンに形よく生えているあそこの毛がすごい薄いや。
芳彦が指で繁茂を優しく掻き上げると、恥毛が逆立ってくる夏美の総身が粟立ち、芳彦は上半身を起こしながら身体を下方に移動させ、いい両足を広げていった。
膝頭に手のひらを添えると、肉づきの夏美は相も変わらず足に力を込めていたが、やはりこれまでぞんざいな態度を見せてきた幼馴染みが相手だけに、羞恥心のほうが勝っているのかもしれない。
なんとか強引に両足を開脚させると、「あっ、いや」
芳彦は自らの身体をその狭間へと押し込んだ。
夏美は腰を捩らせて抵抗するも、芳彦の身体が邪魔をし、足を閉じることはできない。
芳彦は口を半開きにさせ、夏美の秘芯をびっくり眼で凝視していた。