獄畜9 ~美女の恥肉塊~ 滝沢あんな

滝沢あんなちゃんが大変な事になってます。地下室に引きずり込まれ、手錠をはめられ服を破かれ体中を揉みくちゃにされちゃいます。オシッコを漏らしてしまい、マンコはずぶ濡れ状態、しかし、容赦なく洗濯バサミを両乳と舌に挟みます、そんな状況でもバイブをオマンコに入れられると感じてしまう、超ドMな、あんなちゃん、相当、エロいです!!挿入シーンもいろいろな体位があり楽しめます!!SM好きの人にはたまらない1本です!!
動画:獄畜9 ~美女の恥肉塊~ 滝沢あんな

な、なんて柔らかくてあったかいんだ。おチンチンが溶けちゃうよぉ芳彦は、肉筒に走る快美に早くも口元を歪めていた。
「たっぷりと気持ちよくさせてあげる」
君江はそう告げたあと、上体を小刻みに上下動させ、その合間にまたもや口から唾液を滴らせていった。
(き、気持ちいい。お口もオマ〇コもいいけど、おっぱいの感触も全然負けてないぞ。ああ、おチンチンが隠れちやって見えないよぉ。なんて大きなおっぱいなんだ)砲弾状に突き出た円錐形の乳房は、芳彦のペニスを覆い包むように挟み込んでおり、ドのたびに、ようやく亀頭の先端が見えるという豊乳ぶりだった。
スライたわわに実った果実が、ゆっさゆっさと揺すられる。
が、肉胴の表面を苛烈に擦り上げる。
唾液の潤滑油をたっぷり含ませた柔肌君江は乳房に添えていた手に力を込めると、さらなる反復運動を繰り出した。
「どう?気持ちいい?」
気持ちいいです。そんなに激しくされたら、「いいのよ。イッちやって」
イッちゃいます
前回と同じく、しれない。
君江は1回放出させてから、このあとの情交を目一杯楽しむつもりなのかも芳彦の射精願望は急カーブを描きながら、悦楽の白い稲妻が何度も全身を貫き、へと昇りつめていった。
一気に頂点左右の乳房が互い違いに揺すぶられ、怒張が激しく揉み込まれる。
グマが、怒濤のように射精口へと向かう。

腰の奥底で滾る欲望のマ会陰を引き締めて堪えようにも、溶解してしまうような快楽だ。
そんなものはまったく役に立たない。
まるで全身の筋肉がヌッチャニッチャという猥音を聞きながら、芳彦はバストの谷間から精液を一直線に迸らせ
きゃっ!-一発目が君江の顔を掠め飛び、二発目は顎をしたたかに打ちつける。そして続けざまに111発、四発と間欠させると、人妻は苦笑混じりの言葉を放った。
「いやだわ、相変わらず凄い量ね。まあ慣れてくれば、もっと射精をコントロールできるようになると思うわ」
君江のセリフを遠くで聞きながら、芳彦は心地いい射精感に酔いしれていた。
人妻の秘芯を指で責めている最中、性感度数も相当高まっていたようだ。芳彦は大きな息を一つ吐くと、ようやく全身の筋肉を弛緩させた。
「ふふ。やっぱりまだ勃ってる」
君江が側にあったティッシュ箱を引き寄せながら、を見下ろした。
含み笑いを洩らすと、芳彦は自身の股間大量射精したという実感はあるのに、ペニスはいまだ臨戦態勢を保っている。
いや、気持ちが落ち着いてくると、まだ放出し足りないという感覚さえ覚えてしまう。
我ながら呆れ返るほどの性欲だ。
芳彦が気怠そうに上半身を起こすと、君江はティッシュで胸に飛び散っていた精液を拭いな
がら問いかけた
どうする?インターバルを置いたほうがいいかしら?
「ふふっ。
その様子だと、このままいけそうね。
芳彦君のおチンチン、もうビンビンだもの」
君江は丸めたティッシュを床に放り投げると、四つん這いの体勢になり、ヒップを向けた。
「後背位は、男の人が一番征服願望を満足させられる体位らしいわよ」
そのまま芳彦にそう言いながら、セクシーな人妻は再びスカートをウエストまでたくし上げ、ヒップを左右にくねらせる。
まろやかなどうやら君江は、情交の段になっても、芳彦にリードさせる腹づもりのようだ。

cinnamon #be8f68 種村美咲

小麦色の健康的なツルツルボディーが眩しい、可愛いロリ系と見せかけて、実はギャルビッチな小悪魔キャラの美咲ちゃん!ちょっと生意気なコはつるしあげて、電マを当ててビクビクさせてやりましょう!華奢な体と思いきや、脱がせて見るとカタチのイイおっぱいに、鷲づかみしたくなるようなプリプリのお尻!舐めまわしてやりたくなる!挑発するように上目使いで、じゅぽじゅぽチンコを吸う様子、やっぱりこのコはただのロリっ娘じゃありません!欲張り娘はチンコも2本欲しいみたい!キスをされながらも手と足で2つのチンコをスリスリ。バックでズッポズポと突かれているのに、口にも入れて欲しいのかな。じゃご要望にお答えして激しく串刺し!こんなちっちゃいコをこんなに激しく突き刺しちゃって、壊れてしまわないでしょうか?心配になるぐらい突かれまくる、美咲ちゃんを見てあげましょう!!
動画:cinnamon #be8f68 種村美咲

豊臀の割れ目の下から覗く二枚貝は、誘うようにひくつき、いまだ妖しく濡れ光っている。
その光景を見た芳彦の性感は、早くもレッドゾーンへと飛び込んでいた。
鼻息を荒らげながら歩み寄り、がっしりとしたヒップに両手を添える。ペニスの切っ先を濡れそぼった窪みに当てがう。
はンっ゜そこよ結合の瞬間を今か今かと待ちわびているよ肩越しに様子を窺う人婪の瞳もしっとりと潤み、うだった。
腰をグッと送り込むと、込んでいった。
膣内粘膜はうねりながら、まるでペニスを手繰り寄せるように引き肉筒にまとわりつく肉襞の感触に、芳彦は呻きながら眉間に皺を寄せるそのままなんとか根元まで埋め込んでいくと、君江は尾を引くような熱い溜め息を放った。
「はぁあぁああああ、気持ちいいわぁ」
「ぼ、僕も気持ちいいです。おチンチンが蕩けそう。動かしたら、すぐにイッちやうかもしれません」
相手が年上、しかも1回経験しているという余裕があるせいなのか、心を正直に吐露することができる。
この状況でも自分の本そんな少年の気持ちをなだめすかすように、人妻は優しげな言葉を放った。
慌てないで。今、私は犬みたいな恥ずかしい恰好をして、あなたにバックから責め立てられてるのよ。気持ちを落ち着けて、最初はゆっくりと動いてごらんなさい
君江のアドバイスを受けた芳彦は、言われたとおりに腰を蠕動させた。
あああ、すごいや。入ってるところが丸見えだ。しかもお尻の穴まで!
た窄みがヒクヒクしてる
キクのような形をし膣から抜き出されたペニスが愛液をたっぷりと纏わせ、ヌラヌラと照り輝いている。
のような抽送を開始すると、君江は咽び泣くような喘ぎ声をあげた。
「ふぅぅぅン。そう、芳彦君、上手よ」
さざ波ピストンのたびに陰唇が膣内に埋没し、はたまた外側に捲れ出てくる。芳彦はその淫景を注視しながら、腰のスライドを徐々に速めていった。
なるほど。犬のような恰好か。確かに男のほうから見れば、いやらしい所がすべて丸見えの状態なんだから、女の人にとっては、これほど恥ずかしいことはないよな後背位という初めて体験する体位が、が、芳彦の心に余裕を生じさせる。
そして人妻を組み伏せているというシチュエーション自分でも気づかないうちに、芳彦は大きなストロークで痩せた腰を打ち振っていた。
両の指先が、みっちりと脂肪の詰まったヒップに喰い込む。生白い臀部の柔肌が激しく波打ち、愛液が白濁の塊となってペニスにまとわりつく。
(君江さんのおマ○コがうねりながら、ぐいぐいと締めつけてきてる!ヌメヌメしてて、なんて気持ちいいんだ。まるでおチンチンに吸いついてくるようだよ)さらに至高の快楽を極めるべく、芳彦は必死の形相で膣奥を穿っていった。
「ああああ。ちょっ芳彦君、すごいわ!」
君江がふだんより1オクターブも高い嬌声を轟かせながら、ほど前後に揺すぶらせる。
豊満な肉体をこれでもかという結合部からニッチャニッチャと、粘膜の擦れ合う猥音が聞こえてくると、が響かせているような感覚に陥っていた。
はぁああああンっ!気持ちいいいい芳彦はまるで自分人妻のソプラノの声は、まさしく彼女が本気で感じていることを裏づけていたが、当の芳彦はそんなことにはまったく気づかず、ひたすら人妻を絶頂に導くべく、律動を繰り返す。

やがて君江は、まるで盛りのついた牝犬のような泣き声を放った。
「い·いやソつ。イクッ、ホントにイッちゃううっ」
その言葉に後押しされるかのように、さらに腰の動きを速める。
を極め、欲望のマグマは下半身を荒れ狂わせた。
ああ、僕も、もう限界です!
イッて。一緒にイッて!中に出してぇぇぇ!
イクううううううううやがて芳彦の射精感も頂点芳彦は最後にペニスの先端を子宮口にガツンと叩きつけると、の中へと注ぎ込んだ。
ありったけの欲望の証を君江二人は床に寝転がったまま、荒い吐息をいっまでも放っていた。
全身が汗と体液でベタついていたが、心の中は妙に爽やかな風が吹いている。
呼吸がようやく整ってくると、君江はうつ伏せ状態のまま口を開いた。
「驚いたわ。二回目で、こんなに凄いセックスができるなんて。ひょっとして、他で遊んでるのかしら?」
「そ、そんなことありません」
「芳彦君は、根っからの女泣かせなのかもしれないわね。もし私があなたに夢中になったら、どうするつもりなの?」
「そ、それは…」
君江は大人の女性としての魅力があるし、もちろん好きな気持ちはあったのだが、妻であることを考えると、先々に不安を覚えてしまう。
やはり人それ以上に、今の芳彦の心の中は莉奈に占められているのだ。
その気持ちを君江はすでに察しているのか、それ以上は何も聞かず、仰向けになりながらポツリと呟いた。
「稲垣さんは学園のマドンナだし、あなたが彼女のことを好きになる気持ちもわかるわ。でもね女を外見だけで判断したらだめよ」
「え?そ、それはどういう…」
「ふふ」
その問いかけには答えず、舞った。
君江は意味深な笑みを浮かべながら、芳彦の頬に軽いキスを見
とにかくいろいろな人生経験を積むことだわ。
エッチばかりじゃ「あなたはまだ若いんだから、なくてね」
君江がゆっくり立ち上がり、脱ぎ捨てたショーツを手に取る。
「やだわ。腰がまだ抜けているのか、足がふらついてる」
困惑げに言い放つ人妻を、芳彦は照れ笑いで見つめるばかりだった。
4翌日の日曜日、芳彦は自室の畳の上に仰向けになりながら、君江の放った言葉の意味を考えていた。
女を外見だけで判断したらだめよ!
もちろんその言葉の意味はわかるものの、なぜあのタイミングで出てきたのかが理解できな力1·六まさか君江さん、自分のことを言ってたんじゃ。
うん
いくら考えても、答えは見つからない。
芳彦は思考を切り替え、莉奈の姿を思い浮かべた。
彼女との今日の逢瀬で、いつたい何が起こるのか。いやが上にも期待感を抱いてしまう。
昨日は禁欲するつもりが、君江相手に二度も射精してしまった。

夏休み人気動画総集編 Best of Summer Vacation

3人のオナニー( 敬二・昌継・泰史 )
動画:夏休み人気動画総集編 Best of Summer Vacation

もったいなかったという本音はあるものの、かえってよかったのかもしれない。
気持ちがすっきりしていることはもちろんのこと、セックスの経験を積むことができたのである。
女性の身体を存分に探求でき、さらにそれでも、もし莉奈と淫らな雰囲気になったら、余裕を持って対処することができるだろう5そんな展開になるかどうかもわからないのに、今から気「はは。僕、何を考えてるんだろう。
負っててもしょうがないよな」
芳彦が思わず苦笑しながら上半身を起こすと、引き戸の向こうから夏美の声が響いた。
「芳彦いる?」
「え?う、うん」
あのさ、藤美神社でやってる縁日、一緒に行かない?
芳彦はポカンとしたあと、そんなイベントが毎年この時期に行なわれていることを思い出し子供のときは毎年のように行ってたっけ。
ここ何年かはご無沙汰だったそうか。
けど
そういえば、ちょうどいいかもしれない。
気分転換には「どうなの?」
いいよと言いかけたとたん、芳彦は莉奈との約束を思い出した。
今は…十一時半過ぎか。莉奈先輩との約束の時間まで、あと11時間ちょっと。
うしょう
困ったな、ど扉の向こうの夏美の声がやや甲高さを帯びてくる芳彦が逡巡していると、
ドア開けていい?
「い、いいよ扉が開けられると、芳彦は呆気に取られた顔つきをした。
夏美は最初から行く気満々だったのか、すでに浴衣へと着替えていたのである。
真っ白な布地に花柄模様があしらわれ、優美かつ清廉な印象を与えてくる。
夏美はセミロングの髪をアップにまとめていたが、その容貌を見た芳彦は、再び唖然とした表情を浮かべた。
(えぇっ?な、夏美が化粧をしてる!
ピンクの口紅まで塗って、もちろん化粧をした姿など一度も見たことがない。

唇がツヤツヤしてるぞ)男勝りの夏美はふだんからがさつで、薄化粧ではあったが、幼馴染みのあまりの変貌ぶりに、芳彦はただ唖然とするばかりだった。
夏美はやや照れているのか、恥ずかしそうに目を伏せている。
それで、なかなか扉を開けようとしなかったのか。な、なんだか、いぞねえ、一緒に行こうよ」
今日の夏美はかなりかわい上目遣いに、チラリと視線を向けてくる仕草も愛くるしい。
(ああ、どうしよう。こんなにきれいに着飾っているんだから、完全に僕と行く気なんだよな。
断るのは、なんだかかわいそうだし。あぁ、なんでもっと早く言ってくれないんだよ!)人の都合を考えない夏美のやり方には、いつも閉口してしまう。
あ、あの…今日は午後から用事があるんだけど申し訳なさそうに告げると、「用事って何?」
「と、友達と約束してて」
「断れないの?」
「う、うん」
夏美の眉がピクリと震えた。
夏美の顔が徐々に険しくなっていき、頬がプクッと膨らんでいく。
や、やばいな。怒らせたら、またやっかいなことになるぞ芳彦は間髪を容れず、妥協案を投げかけた。
でも友達との約束の時間は11時だから、それまでなら
「そう。じゃ11時間は遊べるわね」
強引に部屋から連れ現金にも、夏美はニッコリと笑顔を見せる。
出したやれやれ。ホントにわがままな性格だよなそして芳彦の腕を取ると、苦笑いを浮かべたあと、夏美の髪から甘いシャンプーの香りが漂ってくる。
だ瞬間、芳彦はなぜか胸をキュンとときめかせていた。
その匂いを嗅い藤美神社は藤美町の東側、山の麓にある。
日曜日の昼間ということもあり、石畳の広い一本道は、光客と、縁日に向かう人々で大変な賑わいを見せていた。
「あ、あの夏美」
「何よ」
山の中腹に位置する温泉に向かう観夏美はべったりと張りつき、腕を組んで離さない。
クラスメートに出会ったりしたら、またからかわれるぞ芳彦は気が気家を出てからはずっとこの調子で、でなかった。
この腕、どうにかしてくれない?
いつ知り合いに見られるのではないかと、困惑げに言い放つと、夏美が謎めいた微笑を浮かべる。

ふふ。恥ずかしいの?
べ、別に恥ずかしくなんかないけどさ
じゃ、いいじゃん。子供の頃は、いつもひっついてきてたでしょ?
ひっついてたのは、夏美のほうでしょ。しかも、苛めることが目的だったんじゃないかどうも今日の夏美はテンションが高く、芳彦の言うことなど、聞く耳をもたないようだ。