旅館でしっとり生ハメ3P 花野真衣

今回、ダイナマイトボディーの持ち主、花野真衣ちゃんが挑む作品は旅館でSEXする内容、まずは、全身愛撫で感じさせ、クンニ、ローター、指マンの連続マンコ責めで、敏感マンコを刺激しまくり、たまらず真衣ちゃんは大量の潮吹く!!さらにはチンコを足でシコシコ、プニュプニュオッパイでパイズリまでしてくれます。男優も我慢出来ずにギンギンになったチンコを真衣ちゃんのピンク色のおマンコにぶち込み、バックや正常位でガンガン突きまくり、真衣ちゃんを感じさ膣内に大量の精子を流しこみます。ピンク色のマンコからあふれ出した、精子がエロすぎる!!
動画:旅館でしっとり生ハメ3P 花野真衣

が旅行中の今日しかないと思うしそれに莉奈先輩に誘われる機会は、お母さん昼休み、出てくる。
芳彦がそう考えながら廊下を歩いていると、突然保健室の扉が開き、夏美が中から引き攣った笑いを浮かべながら問いかけるも、を通り過ぎていった。
夏美はジロッと睨みつけ、そのまま足早に横まさしく取りつく島もないといった感じだ。
な、何だよ。まだブリブリしてるんだ夏美の後ろ姿を呆然と見つめるばかりの芳彦だったが、「芳彦君、ちょっと」
背後から君江が呼びかけてくる。
は、は君江は保健室の入り口に立ち、微笑を湛えながら手招きをしていた。
今のところ、君江からのレクチャーをしっかり実践しているとは言えない。
ひょっとして、またエッチなレッスンをしてくれるんじゃ期待感に胸を踊らせながら、芳彦は君江の下へと歩み寄った。
アパートの修理が終わったわ
え?
「予定以上に早かったけど、運送会社も誠意を見せてくれたみたいね。
しておいたけど、明日からでも戻れるから」
「そ、そうですか。わかりました」
お姉さんにはさっき連絡アパートに帰れることは素直にうれしかったが、なぜか寂しい感情を抱いてしまう。
それと、このあいだは約束を破っちゃつてごめんなさい。私もう情けないわ。さっきね、夏美ちゃんとも話をしたの
えっ?夏美と何の話をしたんですか?
「もっと自分の気持ちに正直にならなきゃダメだって言ったの。私のほうは安心して。二度とあなたに迫るようなことはしないから」
は、はあ「それじゃ、がんばってね」
君江は最後にウインクをすると、保健室の中へと戻っていく。
がんばってって、いったいどういう意味だろう?彼女の言葉がさっぱり理解できないまま、芳彦は小首を傾げ、その場に立ち尽くすばかり六--六
放課後、芳彦は約束を守るために莉奈の家へと向かった。
当然ながら、彼女の家に向かう足取りも軽くなってしまう。
それでも授業が終了したときはヒヤヒヤものだった。
夏美に釘を差されるのではないか、帰宅するまでベッタリと張りつかれるのではないか。
だがこの日の莉奈は新体操部のクラブ活動があるらしく、スポーツバッグを片手に芳彦には一瞥もくれず教室を出ていったのである。
その姿を見届けたあと、芳彦はホッとしながら教室を後にした(でも、莉奈先輩と今日会うことは、昨日しゃべっちゃつたわけだし。
たらどうしよう。夏美より先に家に戻れたらいいんだけど)帰ってからまた追及されただそれだけでペニスが疼いてしまう己の性欲が恨莉奈の家が徐々に視界に入ってくると、めしいゆっくりと屹立していく股間の膨らみを見下ろしながら、小さな溜め息をつくと、から若い女の子の声が響き、芳彦は「ひっ!」という悲鳴をあげた「芳彦君」
突然横道てっきり夏美かと思われた女の子は、莉奈だった。
彼女はすでに家に帰っていたのか、普段着へと着替えている。芳彦はあたりをキョロキョロ見渡したあと、莉奈の下へ足早に近づいた。

莉奈先輩、こんな所でどうしたんですか?
「うん。今日はお手伝いさんが来てるから、裏口から入ろうと思って待ってたの。でも安心して。
パパやママ以外はアトリエには絶対来ないから」
ちょうどアトリエの裏側あたりには小さな木戸があり、そこから敷地内に入れる細い路地、ようだ芳彦はなるべく音を立てないようにアトリエへと辿莉奈に導かれるまま裏口をくぐり抜け、り着いた莉奈の身体からは、甘い香りがプンプンと漂ってくる。
るようで、それだけに芳彦は期待感を膨らませた。
莉奈先輩も、最初からその気なのかもどうやらすでにシャワーを浴びてい多少なりとも心には余裕がある昨日は莉奈相手に11回、今日こそは、夏美相手に1回放出しているので、よし。
僕がイニシアチブを取らなきゃ
そう考えた瞬間、心臓の鼓動が早鐘を打ちはじめる。
やはり相手が年上、絶世の美少女ということで、まだ気後れがあるのだろうか。
アトリエ内に入ると、莉奈はさっそくモデルの催促をしてきた
芳彦君。
悪いんだけど、今日もいいかな?
は、は夏美のクラブ活動は、いつも六時頃に終わると言っていた。その時刻まであと二時間ちょっとある(時間的な余裕はまだあるけど、すぐにエッチな方向に持っていって、少しでも早く家に帰ったほうがいいよな)芳彦は素早く服を脱ぎ捨て、昨日と同じ場所に股間を手で隠しながら佇んだ。
羞恥心はかなり消え失せていたが、それでも緊張してしまう。莉奈は椅子の位置を調整すると、真面目な表情でデッサンに取りかかった。
股間に突き刺さる美少女の視線という点では、昨日と同様、刺激的には違いなかったが、限られた時間が焦りとなり、どうにも気分が乗ってこない。
ペニスに軽い疼きは覚えるのだが、完全な萎靡状態を維持したままだった。
(どうしよう。早く次の展開へと進みたいのに、まさかいきなり襲いかかるわけにはいかないよな何かきっかけを作らないと)デッサンが始まってから十五分。
芳彦が思案に暮れていると、莉奈が躊躇いがちに口を開い
あ、あの…普通の状態は十分デッサンできたんだけど、そのんと描いておきたいの。昨日は中途半端なまま終わっちゃつたし大きくしたところを、ちゃは、はしめたと思いながら、芳彦は自らの股間へ右手を伸ばした。
包皮を捲り下げ、軽くしごくも、やはりまだ緊張と焦りを感じているのか、なかなか勃起し
どうしたの?
え、ええ。

ふしだらの虜 Vol.9 紫彩乃

熟女好きのみなさん、お待たせ!!超有名で熟女好きに知らぬ者はいない!熟女といえば紫彩乃!惜しくも引退してしまった淫乱美熟女がナント、四年ぶりに復帰します!!しかもその淫乱痴女っぷりを充分に堪能出来る人気シリーズ「ふしだらの虜」!舐めるか、舐めないか、焦らしに焦らし、オトコのチンポがパンパンになったところで、そこらの小娘では無理な、高速舌づかいの熟女ならではのヨダレたっぷり濃厚フェラ!「ちょうだい…」とザーメンを口で受け止めごっくん!はかまをもちあげ、縛り上げた男たちの顔にまたがり、その熱く濡れたマンコを快楽を求め押し続ける!無抵抗の男のアナルにまで指や舌を突っ込む淫猥さでそのままチンコを自らのマンコで包みこみ、四年のブランクをも感じさせない腰使いで男たちを唸らせる!中出し後には膣内からザーメンをかき出しペロリと舐めて「おいしい」と一言。 彩乃さん復帰おめでとう!!
動画:ふしだらの虜 Vol.9 紫彩乃

たぶん昨日11回出したからだと思うんですけど芳彦がそう答えた直後、莉奈のしなやかな指が伸びてくる。
肉筒をやんわりとしごかれたその刹那、芳彦は莉奈が舌先で上唇を舐める仕草を見逃さな力1·六頬がちょっぴり赤いぞ!
莉奈先輩、僕のおチンチンを見て、すでにもう昂奮してるんだ!
そう考えた瞬間、全身の血液が股間の一点へと集中していく。
ペニスはグングンと膨張しはじめ、あっという間に完全屹立の体勢を見せた。
莉奈は喉を緩やかに波打たせると、目をしばたたかせた。
「す、いいラブシーンが描けそう」
すごいわ。
莉奈は頬を染めながらデッサンを始めたものの、きっと昨夜の三回の放出が影響しているのか、持続力がない三分ほど経つと、下腹に張りついていたペニスは徐々に頭を下げていった。
「あぁん。昨日は、ずっと勃っていたのに」
莉奈が困惑した顔つきをすると、芳彦は申し訳なさそうに頭を掻いた。
昨日の今日ということもあるんだろうけど、たぶん刺激に慣れてきているんだ君江との二回の性体験はもちろん、夏美からも淫らな行為を二度受けている。
無意識のうちに、さらなる新鮮な体験を欲しているようだった。
よし!今がチャンスだ芳彦の欲望はそう考えた芳彦は、意を決して言い放った。
「り、莉奈先輩のを見せてくれたら、不躾な質問に莉奈は一瞬眉を顰めたが、たぶんすぐに勃起すると思います」
すぐに目を伏せ、恥じらいの表情を見せる昨日だって散々見せているんだから大丈夫のはずだ。

シャワーだって浴びているんだし、芳彦は唾をゴクリと呑み干し、美少女からの返答を待った。
莉奈は答える代わりに、スケッチブックを横の小さな丸テーブルの上に置き、ゆっくりと立ち上がるスカートの中に両手を潜り込ませ、躊躇いがちにパンティを下ろしはじめたその瞬間、は心の中で、やった!という叫び声をあげていた。
芳彦2莉奈は脱ぎ捨てた下着をスカートのポケットにしまい込むと、再びスケッチブックを手に取
り、椅子へと腰掛ける。そしてスカートを鼠蹊部付近までたくし上げ、やや足を開脚させたああ、見える。割れ目が見えるぞ!でも暗がりになっていて、ちょっとわかりづらいや莉奈は頬を桃色に染めながらデッサンを開始しようとするも、瞬間、すぐさまやるせない表情を浮かべた。
萎靡したままのペニスを見た芳彦は意識的に気を逸らし、欲望の自制を試みていたのである。
莉奈の秘園を目にするのは、保健室での出来事を含めて三回目となる。
ただ美少女の花弁を眺めていただけでは物足りない。
もっと莉奈先輩のいやらしい姿を見たいそう考えた芳彦は、ペニスをピクリと震わせたあと、再び懇願した。
もっと近づいて、両足を椅子の上に乗せてくれますか?
え?両足を2「そうです。体育座りのように」
その姿を思い浮かべたのだろう。
を浮かべている。
年頃の乙女としてはやはり恥ずかしいのか、躊躇いの表情それでも意を決したのか、莉奈は椅子を引きずるようにして近づき、ゆっくりと両足を上げていった。
二人の距離はほんの五十センチほど、に絶好のシチュエーションだ。
手を伸ばせば美少女の秘芯を弄ることもできる。
まさ莉奈はもう耳朶まで真っ赤になっており、足を椅子の腰掛け部に乗せると、恥じらうように顔を背けたあああ。おマ◯コが丸見えだ。しかも陰唇がもうぱっくりと開いていて、中心部が濡れている甘酸っぱい淫らな牝の臭いが鼻腔を刺激し、堪えきれない性欲が込み上げてくる。
愛液に濡れ光る合わせ目を視界に捉えた瞬間、芳彦のペニスが再び勃起の様相を見せはじめると、俯き加減でデッサンを開始した。

擦りつけオナニー

精魂込めてハメました95 頭にアクションカム付けて撮影しました
動画:擦りつけオナニー

莉奈は太股の上にスケッチブックを置き美少女の股間を凝視する芳彦の目は、すでに獲物を狙う獣のような目つきをしていた。
にでも押し倒したい気持ちを押し殺し、最後の懇願を試みる。
「莉奈先輩、おチンチン擦ってもらえますか?また萎えそうなんで」
すぐ空いている左手を屹立やや裏返った声で訴えると、に伸ばした。
莉奈は下唇をキュッと噛み締めたあと、勃起の量感を確かめるように、「はぁ。気持ちいいです」
人差し指と親指を使って、亀頭と肉胴を揉みほぐしていく。
芳彦は熱い溜め息を一つ放つと、「あっ」
ここぞとばかり、自らも右手を美少女の秘園へと伸ばした。
小さな悲鳴をあげながらも、莉奈は腰をくねらせ、眉毛を切なそうに歪ませる指先にヌルッとした感触を覚えた芳彦は、夢中になって指を動かした。
「いいやつ。だめっ」
拒絶の言葉を放ちながらも、淫裂から響くニチュクチュという淫らな水音とともに、ペニスを擦る指にも力が込められる。
莉奈の莉奈の唇を強引に奪った。
芳彦は前屈みになり、Aっ!
さすがにこれは拒否されるかと思ったのだが、意に反し、莉奈は舌を微かに蠢かしながら応
えてくる。
やった!
今僕は莉奈先輩とキスをしてるんだ!!
拙いキスから察するに、おそらくこれが彼女のファーストキスなのかもしれない。
さくらんぼのようにぷっくりと膨れた唇を、芳彦は吸い尽くすように貪った。
意識して舌を口腔に潜り込ませると、唾液がクチュンと跳ね上がり、熱い息吹が吹き込まれてくる。熱化した舌を搦めとり、美少女の甘い唾液を啜り上げる。
ああ。プニプニしてて、なんて柔らかい唇なんだ。

もう頭が爆発しそうだよぉ凄まじい高揚感に包まれた芳彦は、空いている左手で莉奈の乳房を弄った。
「うんむッ」
莉奈は両目をギュッと閉じ、鼻からくぐもった声を発する。
あっ。莉奈先輩、ブラジャーをしてない。乳首の位置がはっきりとわかるぞ!芳彦の欲情は、もはや自制できないところまで差し迫っていた。
莉奈がその気で芳彦の訪問を待ち受けていたことは間違いなく、小粒な胸の尖りはすでにしこりさえ見せているのだ。
まるでブレーキの壊れた自動車のように、少年の荒々しい思いは止まらず、もに、意識的に股間の小さな尖りのほうも責め立てた。
芳彦は乳首とと莉奈は啜り泣くような喘ぎをあげ、眉尻を八の字に下げている。
芳彦はいったん手の動きを止めると、美少女を力一杯抱きしめ、椅子から床へ引きずり下ろしたまるで母親に抱きつく幼児のように、莉奈が芳彦の首に腕を回してくる。
床を転がりながらディープキスを繰り返し、芳彦が下になった状態で背中のホックを外しにかかると、莉奈は虚ろな瞳で顔を上げ、そのまま上体を起こし、自らワンピースを脱ぎはじめ「誰にも内緒よ」
か細い声が震えている。それが羞恥心から来るものなのか、それとも情交への期待感からなのか、経験不足の芳彦にはまったくわからなかったが、莉奈の顔が上気していることだけは、はっきりとわかっていた。
慎ましく生えた恥毛、美少女が腕を交差させ、ワンピースをたくし上げる。
おやかな乳房が目に飛び込んでくる。
生白ぃド腹、た芳彦が昂奮から鼻息を荒ららげると、莉奈は頭からワンピースを抜き取り、全裸になった。
芳彦の太股を跨ぐ莉奈の股間は、陰嚢のド付近に押し当てられていたが、愛液で潤っているのか、ヌルっとした感触を覚える。
肉茎はすでに隆々と聳え立ち、ていた。
それはこの世のものとは思えないほどパンパンに膨れ上がっ剛直を見た莉奈が、目を丸くしながら問いかける。
すすごい。こんなになっちゃつて、痛くないの?
「大丈夫です。痛くないです」
芳彦がそう答えると、美少女はペニスに目線を留めたまま熱い溜め息を放った。
このまま入れちやってもいい?
「え?ええ」
ついに憧れの美少女と結ばれる瞬間がやってきた歓喜に打ち震えながらも、騎乗位の体勢での結合を予期していなかった芳彦は戸惑った。
大丈夫なのかな?
てっきり、僕がリードする形になると思ったんだけど
芳彦の心配をよそに、莉奈は頬を林檎のように染めながらヒップを浮かせ、足を広げてくる。