麗しの白肌美人 波多野結衣

大人気女優、波多野結衣ちゃんが登場!!白く美しいお肌を堪能できます。オナニーでマンコをグチャグチャに濡らしながら、男優のチンコをパクリと咥え、ペロペロ舐め回し、ギンギンになったチンコを胸の谷間で挟み込みパイズリしてくれます。1本のチンコじゃ物足りず2本のチンコを同時にペろり、3Pファックが始まり、結衣ちゃんは男優の顔面におマンコを押し付け感じまくりながらも上のお口で濃厚フェラ、そして、ギンギンチンコを挿入!!正常位やバックで思う存分突かれ、イキまくり、感じまくりの結衣です!!
動画:麗しの白肌美人 波多野結衣

)ペニスを穴が空くのではないかと思える莉奈は時々鉛筆の手を止め、ほど注視している。
前屈みになりながら、懸命に気を逸らした。
芳しい息が陰茎にまとわりつき、「ねえ、芳彦君」
芳彦はそのたびに瞼をギュッと閉じ、は、は「ど、どうぞ」
「あのその。
これって剥けるんだよね」
莉奈は頬を林檎のように真っ赤にしながら、恥ずかしそうに問いかける。
に胸をときめかせながら答えた。
「え、ええ。仮性包茎ですから」
む、剥いてくれる?
え?
「そっちのほうもデッサンしておきたいの」
芳彦は、その表情莉奈は、肩をもじもじさせながら懇願してくる。敏感になっている逸物は、自身の手で触れても勃起しそうな状態だけに、芳彦は躊躇った。
そっと触れば大丈夫だとは思うけど、でもさっきから、どうにもあそこがムズムズしてるんだよな慎重に包皮を剥うだうだ考えていても仕方がなぃ。
いていった。
芳彦はなるべく刺激を与えないように、だが亀頭を覆っていた包皮が反転すると、雁首に甘美な微電流が走ってしまう。慌てた芳彦が顔を上げると、その視線の先には好奇心に満ちた表情を見せる、莉奈の愛くるしい顔が迫っていた。
ああだめだもたペニスがグングンと鎌首を擡げていく。
必死に気を逸らそうと試自分の意思とは無関係に、みるも、一度タガの外れた性欲を自制することはできなかった。
みるみるうちに見開かれていく。
莉奈のばっちりとした瞳が、「ああ」
為す術もなく、芳彦はただ呆然と股間を見下ろした。
萎靡状態だったペニスには硬い芯が入り、稲光を走らせたような静脈がくっきりと浮き出てまるで自分の顔が映りそうな照りを見せていた。
いる。亀頭はパンパンに張り詰め、
すごい…コチコチ莉奈は頬をやや上気させながら、瞬きもせずに異形の物体を凝視している。
たように、スケッチブックへと鉛筆を走らせていった。
ぼ、僕の勃起したおチンチンを描いているんだ。恥ずかしいよぉそして我に返っ深奥部から込み上げる羞恥心が、若茎の膨張に拍車をかけていく。
の液が滲み出し、それは小さな点のように膨らんでいった。
しかも先端からは先走り莉奈の手が止まり、訝しげな表情を見せる。
これって精液?
「い、いえ。なんと言ったらいいのか、あ、そうだ、カウパー氏腺液です」
「これが、カウパー氏腺液」
どこで知識を仕入れたのか、莉奈は納得したように頷いたあと、ねえちょっとだけ触ってもいい?
え?ええ!?
どうしても…触感を確かめておきたいのさらに言葉を連ねた。
困惑げな顔を見せながらも、芳彦の心臓の鼓動は早鐘を打っていた。
学園のマドンナである美少女に、恥部を指でいじられる。そのシチュエーションを何度思い浮かべたことだろう。
触ってもらえる。莉奈先輩に、僕のおチンチンを触ってもらえるんだ!肉筒がビンビンとしなり、芳彦は逸る気持ちを抑えながらコクリと頷いた。
莉奈がこわごわと手を伸ばす。柔らかい人差し指が裏茎をキュッと押し上げる。
先走りの液が鈴口から肉胴に滴ってくると、莉奈はそれを指腹で掬い、不思議そうな顔で粘着力を確かめていた。
莉奈が再びペニスを弄り出すと、凄まじい快感が下腹部を覆い尽くしていく。
ああ、莉奈先輩の指、まるでマシュマロみたいにプニプニしてて気持ちいい芳彦は知らず知らずのうちに、はぁはぁと、荒い吐息を盛んに放っていた。

鉄のように硬い。それにすごく熱いわ。やっぱり血が通ってるね、ドクドクいってるものバラの蕾のような人差し指と親指が亀頭を、そして肉胴をキュッと押し掴む。麗しの美少女が首をやや傾げ、上目遣いで様子を探ってくる。その視線がさらなる刺激を与え、芳彦は早くもペニスをしゃくりあげさせた「ああだめっ」
堪えようにも堪えられない、欲望の濁流が腰部の奥から突き上げてくる。
芳彦は唇をわななかせ、亀頭の先端から白い樹液を跳ね上げるように放出させた。
きゃっ!
小さな悲鳴をあげた莉奈が、ガタガタと音を立てながら椅子ごと後方に退く。芳彦の吐精はそれでも終わらず、二発、三発と、唖然としている莉奈の眼前へ放物線を描いていった。
両肩で息をする芳彦を仰ぎながら、莉奈が感嘆の溜め息をつく。
ああ。僕、莉奈先輩の前で射精しちゃったんだ。し、信じられないよぉ呼吸が整ってくると、芳彦は涙目で莉奈を見つめた。
美少女は目を虚ろにさせ、小振りなバストを小さく波打たせている。
心なしか腰をもじもじさせているように見えるのも、都合のいい思い込みだろうか。
尿道口から残滓がツツーッと床に滴り落ちると、
まだ、こんなになってる!
莉奈は腰を上げ、ゆっくりと近づいてきた。
熱っぽい表情で呟きながら、
何回ぐらい射精できるの?
依然勃起状態を保つ怒張に再び指を絡めてくる。

男の子って、続けざまに射精できるものなの?
芳彦は、思わずビックリ眼を剥いた。なんと莉奈はその場で腰を落とすと、筒に舌先を這わせてきたのである。
「うあ。莉奈先輩、何を?だだめ」
顔を近づけ、肉言葉とは裏腹に、芳彦の下半身に再び新鮮な快楽が押し寄せてくる。
しっとりと濡れた生温
かい舌が裏茎から雁首へゆるりと昇っていくと、けていった。
青白い性電流が股間から脳幹へ一気に突き抜唇の端がわななく。両膝がガクガクと震える。
莉奈はまたもや芳彦の様子を見上げながら、舌でチロチロと亀頭を舐め上げ、ゆっくりと口に含んでいった。
う、嘘っ!?憧れ続けた絶世の美少女が、今自分の不浄な部分を口に含んでいる。
喜にも似た感動を込み上げさせた。
その事実に、芳彦は歓莉奈は決して大きなストロークを見せず、亀頭の部分だけを口の中でスライドさせている。

Model Collection 小澤マリア

超大物女優小澤マリアちゃん!まずは、うなじから脇の下までねっとり観察して、すでに溢れたマリア汁がどれだけ伸びるのか検証します。ハーフ娘の最強ボディーが剥き出しになったら特注電マでオマンコをブルつかせて、快感のあまりにクリトリスも超勃起。いやぁいい眺めだ。妄想、暴走、精子奔走!子宮までたどり着いちゃえ!とってもエッチな小澤マリアに大興奮!!
動画:Model Collection 小澤マリア

あえかな唇が唾液で濡れ光っていく様の、なんと淫猥なことだろう。やがて莉奈は意を決したのか、少しずつ肉筒を喉深くへと呑み込んでいった。
あ、温かいよぉ。口の粘膜にしっぽりと包み込まれて、まるでおチンチンが蕩けちゃいそうそのフェラチオは稚拙なものだったが、初々しい動きが芳彦に高揚感を与えていく。
莉奈は少量ずっ唾液をまぶしながら、舌をペニスに絡ませていった。
美少女が双眸を閉じ、チュパ、チュブと、飴玉をしゃぶるような音を響かせる。芳彦はその様子を呆然と見つめていたが、ある異変にも気がついていた。
莉奈はいつの間にか、右手をスカートの中に忍ばせていたのである。
あっ。莉奈先輩がオナニーをしている!脳裏に準備室での莉奈の姿が甦り、芳彦の目つきが徐々に鋭さを帯びていく。
莉奈はスカートをウエストまでたくし上げ、白いパンティの下に潜り込ませた手で、秘園を擦り上げているようだった。
クチュクチュと、愛液の奏でる猥音が微かに聞こえてくる。
堪えきれない感情を込み上げさせた芳彦は、無意識のうちに莉奈にのしかかっていた。
きゃっ!
可憐な唇からペニスが外れ、莉奈が小さな悲鳴をあげながら床に倒れ込む。
「あ、芳彦君、だめっ」
「莉奈先輩、お願い。見るだけ見るだけです」
芳彦は莉奈の下腹部に覆い被さるような体勢でスカートを捲り上げ、コットン生地のパンティを引き下ろしていった。
見れる!

莉奈先輩のおマ〇コを、今度こそ間近ではっきりと見れるんだ!!脱がされることを拒否するかのように、純白のパンティが丸みを帯びはじめたヒップにきっちりと喰い込む。莉奈が腰を捩ると、臀部が微かに浮き、芳彦は鼻息を荒らげながら尻朶のほうから薄皮を剥くように下着を捲り下ろした。
「だ、だめよ」
ロでは盛んに拒絶の言葉を放ちながらも、莉奈はそれほどの抵抗を見せない。
美少女も性的な昂奮状態に陥っているのか、それとも好奇心旺盛な性格が災いしているのか。
どちらにせよ、芳彦は本能の赴くまま、下着を太股付近まで引き下ろしていった。
甘酸っぱい少女の媚臭が、鼻先にふわんと絹糸のような繊毛が、漂ってくる。
視界に飛び込んでくる。
芳彦は下ろしたパンティを足首から抜き取ると、莉奈が羞恥から顔を背けた間隙を突き、のまま太股を左右に割り開いた。
り、莉奈先輩のおマ〇コだ!!
一糸纏わぬ美少女の恥肉が、芳彦は獰猛な闘牛のように、眼前に曝け出される。
広げた鼻の穴から大きな息を一気に吐き出した。
ああ、いやソ女性器の構造は、顔を両手で覆いながら腰を捩る莉奈を尻目に、そこは全体がややくすみ、昨日君江にたっぷりとレクチャーされている。
芳彦は美少女の秘芯を穴が空くほど見つめた陰核も大きく、陰唇も思っていた以上に厚かった。
君江さんのモノよりは小振りだけど、形や色はほとんど変わらないぞ。やっぱり昂奮していたんだな。愛液も溢れているし、ビラビラも外側に捲れ上がっていて、クリトリスも包皮からちょこんと突き出ている。ひょっとして莉奈先輩って、ふだんからオナニーばかりしているの力もそう思いながらも、甘酸っぱい香りとともに微かな乳酪臭が鼻腔をくすぐり、陥った芳彦は有無を言わさずかぶりついていった。
昂奮状態にたっぷりと唾液をまぶし、舌全体を使い、縦筋に沿って秘唇を蹂躙していく。
君江からのレクチャーを頭の片隅で踏襲しながらヌメッとした、柔らかい陰唇の触感を唇に感じる。
と広がる「ああ。あぁソつ」
やや酸味の効いた味覚が、舌先にピリリ莉奈はよほど気持ちがいいのか、それとも精一杯の抵抗を見せているのか、全身を左右に激しくくねらせた。
僕、莉奈先輩のおマ〇コを舐めてるんだ!エッチなお汁がたくさん垂れてきて、おいしい二人は横臥の体勢から、咽び泣きが聞こえてくる。
いつの間にかシックスナインの体勢になっており、下方から莉奈のその声に後押しされるかのように、芳彦は縦横無尽に舌先を乱舞させていった。
指で陰唇を押し広げながら粘膜に舌を這わせ、舌先を窄めて先端の尖りをツンツンと突く。

プライベートSEX盗撮!お金の為に何でもするおんなたち SP 総集編 VOL1

マンコ図鑑 鈴木さとみ
動画:プライベートSEX盗撮!お金の為に何でもするおんなたち SP 総集編 VOL1

とろりとした愛液が秘裂から滴り落ちてくると、芳彦は心の中で歓喜の雄叫びをあげながら美少女のラブジュースを啜り上げていった。
「はぁぁぁぁ。芳彦君、だめだめっ」
莉奈の内股に痙攣が走り、鼠蹊部がピクピクと震える。ヒップが床から浮き上がり、小さな回転動を見せはじめる(か、感じてる!すごいや。莉奈先輩が僕のクンニに感じるなんて。唾液と愛液で、おマ゜コがもうねっちょりしてるぞ)感慨深げにほくそ笑んだ芳彦だったが、その直後、莉奈がペニスに指を絡めてきた。
咄嗟に股間を見下ろすと、莉奈は目を潤ませ、熱い溜め息を盛んに放ちながら勃起を凝視している芳彦があつと思った瞬間、怒張はまたもや莉奈の口腔へと引き込まれていた。
鈴口や亀頭、胴体へと舌が蠢き、肉茎全体にねっとりとした唾液がコーティングされていく。
やはり、莉奈もよほど気持ちがいいのだろう。先ほどとは違い、貪りつくようなフェラチオ鼻から洩れる悩ましげな声とともに、な粘液で光り輝いていった。
ペニスはあたかもハチミツを塗りたくったように透明芳彦も負けじと、口唇奉仕を再開する。
唇に触れる女陰は愛液でたっぷりと潤い、乙女のフェロモン臭が少年の脳幹を麻痺させてい
ん、んううううううペニスを口に含みながら、莉奈の鼻にかかった喘ぎ声が洩れてくると、芳彦は舌を夢中で動かした莉奈先輩をイカせたい。
そしてそのあと…
憧れの君と結ばれる光景を頭に浮かべながら必死の口戯を繰り出すも、ころのない状態まで追いつめられていた。
芳彦の性感もよんど莉奈は自身に起こった未知の快楽から気を逸らそうとしているのか、み込み、大きなストロークで顔を振りはじめたのであるああああ。嘘つペニスを喉深くまで呑ピチュピチャ、ジュポツジュパッと、ていく。
「う...ぅぁ」
「ソっーソううううう!」
淫媚な水音が響き渡り、二人の快感を臨界点へと導い莉奈のヒップが小刻みに震えはじめたと同時に、だめだ!
芳彦も腰をひくつかせた。
もう我慢できないよぉ
最後の攻撃とばかりに、尿ああああ、唇を窄め、ピンク色の小さな尖りを目一杯吸い上げる。
イクンっ!
莉奈が口からペニスを抜き取り、絶頂の扉を開け放つと、芳彦も鈴口から濃厚なマグマを放出させていた。

莉奈の家を後にした芳彦は、ボーッとした表情で帰宅への道のりを歩いていた。
うれしいような、何か気が抜けたような、何とも複雑な心境を覚えてしまう。
ボーイズラブにはちょっとびっくりしたけど、だよなホントに莉奈先輩とエッチなことしちゃつたん射精したあと、精液は莉奈の口元から頬へと大量に降り注いだ。
莉奈はすぐさま洗面所へと飛び込み、芳彦は仰向けになったはま、荒い吐息をつくばかりだったのである冷静さを徐々に取り戻すと、芳彦はすぐに後悔することとなった。
なぜ莉奈と結ばれるまで、我慢できなかったのか。しかも精液を顔にかけてしまうとは。
怒っているのではないか。もう二度と会わないと言い出すのではないか。
最終的には、君江のレクチャーも役に立たなかったことになる。
一度放出していれば、さすがに気持ちの余裕はあるに違いない。そう考えた芳彦だったが莉奈は洗面所から出てくると、く言い放った。
まったく表情を変えないまま、「芳彦君、もう帰って」
と、冷たがっくりと肩を落とし、後にしようとしたのである。
「明日の放課後、もう一度だけ来て。
服を着た芳彦は莉奈にペコリと頭を下げ、沈痛な面持ちでその場をママは明後日帰ってくるから」
そう言われたときの喜びを、なんと表現したらいいのだろう。
莉奈が何を考えて誘いの言葉をかけてきたのか、その真意まではわからなかったが、いずれ
にしても彼女ともう一度会うチャンスは確保できたのである。
莉奈先輩とは初めてだったから、つい昂奮しすぎちやったんだな。
なきゃ
今度こそ、うまく立ち回らまるでスキップをするように足を弾ませた芳彦だったが、夏美の家が見えてくると、て顔色を曇らせた。
あ、そうだ。昼間は夏美を残して、莉奈先輩の家に行っちゃったんだっけ!
一転し神社を後にしたときの、頬をプクッと膨らました夏美の顔が思い出される。
困ったなぁ。あの調子だと、まだ怒ってるだろうし。相当機嫌が悪いはずだぞリビングからパタパタと夏美の足音が聞こえてくる。
玄関口に現れた夏美の顔は予想とはまったく違っていた。