初心でプチ変態な19才

可愛い、とにかく可愛い西成静香ちゃんは、まるでお姫様の様な女の子なんです。しかも顔に似合わずかなりエッチな静香ちゃんと公園で待ち合わせして、エッチなインタビューをして色々聞き出しちゃいます。その後は、野外で服を脱がし身体を揉みまくり、フェラチオをさせて、チンコをギンギンにしてしまいます。最後は車の中で全裸にして、おまんこにたくさん刺激を与え感じまくりの静香ちゃんのおまんこにフェラチオでギンギンに腫れ上がったチンコを挿入して、激しく突きまくちゃいます。狭い車内は汗と精子のいやらしい臭いでいっぱいです!!
動画:初心でプチ変態な19才

そ、そんなことはありえない!俺は信じないぞ!
はあ強情ね…それに屈服すおやった、諦めたか…^
しょうがないわね…これは使いたくなかったけど「中津島の巫の力がどういうものか…先生に見せてあげる」
そう呟いた瞬間何かが光ったような気が…
は「うぁぁぁっ!!」
なんだこれぇ…さきほどよりも凄まじい快感がな、「うぁぁぁっ!
こ、こんなの…」
し、信じられない…!なんでこんなに気持ちいいんだ!!
ね、もう頭の中真っ白ですよね?オチ·ホからびゅーびゅー射精したいって思っちゃつたでしょう?
なんだこいつ…急に口調が
ほらほら、ちゃんと抵抗しないと、の虜になっちゃいますよ「くううあああっ!!」
年下の男の娘にいいように弄ばれて…男の娘の手マコかなり強引で無理やりこちらさっきとまるで動きが違う!!
を高めるような動きだった。
さきほどの手コキは強烈だが、だが…今の手の動きはまるで、俺の肉棒を包み込むようにして絶妙なタッチで責めてくるい、いや口調もまるで人が違ったみたいに…俺は巡の急な変化に思い当たることがあった。
まさかこいつ…「あらあら、バレちゃいましたか?
情けないオチ·ホのわりには意外と鋭いですね」
に、二重人格だと…!
やはりそうなのか、い、一体誰だお前は…「へえ…まだそんなこと言う余裕があるんですね。けっこう頑張るじゃないですか」
あ、当たり前だ…年下の男の娘に、こんな一方的にやられるわけにいくか「ふふふ、そういうところ格好いいですよ幸人さん。でもそんな台詞は…」
「あうううっ!
私の手コキに、ちゃんと耐えられるようになってから言ってくださいねー」
ああ!
巡の手が俺の肉棒を包んでいくぅ…くうっ…
大人というわりには…このオチ·ホはまだ童貞みたいですけど?
「それに、まだ皮が少し被ってますよ?クスクス…恥ずかしいですよ、いうこと言うの。まるで背伸びしている子どもみたいです」
自分を省みずにそうくそっ…当たっているだけに、言い返せない!!
「ふふそんなにがっかりしないでください。そんなに大人になりたいなら、げます」
ま、待てっ!お前一体何をし私が手伝ってあ止める間もなく、巡は俺の肉棒の先に手をかけた。
「えいっ」
うあああああああつし「ふふふっ…幸人さんのオチ·チンが、私の手で大人オチ·ホに変えられちゃいましたね」
くぅ…亀頭のあたりがスースーして…ああ、敏感なところが、手に当たるう!!
「ふふふ、絶妙でしょうこの触り方。わかってますよ、敏感な赤ちゃんオチ·ホに強烈な刺激は厳禁ですからねー」
「次は私の柔らかい手マ·コで、幸人さんの手コキ童貞を頂いて…大人の階段を上らせてあげます」
くうああ、や、やめああっし

「遠慮しないで私の与える快感にとろけてください。敏感オチ●ホを刺激しないように、優しくコキコキしてあげますから」
はうううっ!!くぅ!
「そうそう、そうやってしっかり気持ちを引き締めてくださいね。あまりに簡単に射精しちゃいますと、私も久しぶりのオチ·ホを楽しめませんから」
久しぶりだと…お前やはりああっし
あらあら、調子に乗ってヒントを与えすぎちゃいましたかこいつ肉棒を扱った経験がある…だが、巡にはそんな経験はないはず…あれば初めからこの手コキを俺に使ってきただろう。
「つまり、お前は巡白身ではない、と言うことか…」
「ご名答です。やられているフリして、私の正体を探っていたんですか?なかなかやりますたり前だ。タダでやられるわけにはいかないからな…」
「それでは正解のご褒美に特別大ヒントです。確かに私は巡ちゃんの二重人格というわけではありません…でも、まるっきり別の存在というわけでもないんですよ」
「な」
何を言っているんだこいつは…「おまけに言うと、巡ちゃんはこうして男の人と交わることを本心から望んでいるわけではありません」
「あの子は自分の環境を諦めて、受け入れているに過ぎないんですよ」
「な」
諦めている…だと
それじゃ…この状況は「おっと喋り過ぎましたか」
「うぁぁっ!」
もしかして…くぅ…また手コキが激しくう!
や、やめろ…このままじゃ
そうです。男の精液を望まない巡ちゃんに向けて、射精してしまう…ということになります
くううっ!!
こいつの正体は見えてきたが…だが、それよりも今はこの状況だ!この状況を望まない巡に射精するわけには…..
や、やめろっ!お前はこんなことして、何を企んでぁぁぁぁっ!
「勘違いしないでください。私の行動はあくまであなたのためなんですよ」
「な、何を言ってる…俺はこんな事望んでなんて…」
「今はね」
よこでもいつかきっとあなたは男の娘と愛し合う時がくる…それは巡ちゃんかもしれないし、他
の誰かかもしれません
「だからその時のために、るんですよ」
男の娘の身体に溺れてしまわないよう、こうして鍛えて差し上げてい「どのみち巡ちゃんだって、男の娘の宿命からは逃げられませんし…個人的には応援してあげたいんです」
「だから私は、こうしてあなたのオチ·ホを手コキしているというわけですよ」
あぁあああっ!!
ふふたまらないでしょ?オチホのツボを心得た男の娘の手コキマッサージほらこうしてゆっくり、オチ·ホを包み込んだりとか…くぅっ!

おんなのこのしくみ~おとなに近づく素人のからだ~

大人気シリーズ、おんなのこのしくみ!!今回は、メチャクチャロリロリの可愛い女の子、辻れいこちゃんのしくみを解明しちゃいます。早速、服を脱がせて、れいこちゃんの身体を観察します。おっぱいもおまんこもとっても感度が良く最高な身体をしている、れいこちゃんに電マで責めてビショビショにおまんこを濡らし、お返しのフェラチオで大きくなったチンコをおまんこに挿入して、いろんな体位で突きまくちゃいます。最後は中出しフィニッシュ!!れいこちゃんのおまんこからあふれ出す精子がたまらなくエロイです!!
動画:おんなのこのしくみ~おとなに近づく素人のからだ~

他にも、こうして指でわっかをつくって、
あうううっ!!-ちょっとはげしく手コキしてみたりとかくぅ…き、気持ちよすぎるぅ!明らかに…俺の肉棒から精液を搾ろうと、容赦なく動かしてくる!!
「ふふふ、男の娘の手マコでくちゅってされちゃう快感、気持ちいいでしょ?このオチホも、男の娘にこうされるのって大好きみたいですね」
うぅぅっ!
確かにこの手の動きは凄まじい…まるで指の一本一本が、いて、俺の肉棒から精液を搾り出そうと動く。
女性器になったみたいに絡みつだが…怖いのはあくまで今の巡だ。つらいのは今だけ、こいつが出てこなければ、なんとか耐えられるはずだ。
考えていることは分かりますよ、私が出てこなければ無事に済むと思っているんでしょう?
「ふふ…でも残念でした。私が手コキすることで巡ちゃんもこの手技を覚えちゃいますから」
「な…なんだと…」
「あなたが射精することで、巡ちゃんの手が精液の搾り方を覚えて、男の人への手コキスキルがレベルアップしちやうんです」
そそれじゃ…
はい、これからは何時でも、私の神技手コキを味わえちゃいますよ、あなたのオチ·ホがだらしないおかげで
くうつ!!
そ、そんなこと…許されるはずがない!俺のせいで、巡が男のしごき方を覚えてしまうなんてぇ!!
はあまずいぜ、絶対に我慢しないと…あああっ!!
「あらあら、何も知らない男の娘に手コキを覚えさせて、大興奮するなんて…もう完全に変態さんですねー」
くううっ!!あああっ!!!
「オチ●ホも感じまくりの、先走り垂らしまくり…クスクス、偉そうなことを言ってたワリには、もうされるがままですね。」
ああっ!!はああっ!!
手コキの速度が上がっていくぅ!
ダメだくぅっこ、これ以上はああっ!!
「ん~~そして頑張っているところにダメ押し、しちゃおっかな…」
ダメ押しだと…?
こ、こいつ
だ、一体何を..「えい」

くうぅぅぅっ!!
「クスクス私の乳首でオチ·ホ反応しまくりじゃないですか,ほら、オチ●ポが気持ち良さそうにひくついて、もうこれ射精止められませんよ」
ぐううぅぅっ!!
このままだと、男の娘の乳首への興奮が原因で射精して、一生の思い出に残ってしまいます

「ぐああああああっ!
ど、どいてくれぇ…こ、このままじゃもう…」
巡の乳首に、身体に精液を発射してしまう!
「ダメですよ。巡ちゃんに精液の味と男の人オチ·ホの味を覚えてもらうのが、私の狙いなんですから」
「な、なにぃじゃあ、お前…」
「逃げられないように、射精寸前で人格を切り替えてあげます。溜まりに溜まったとろとろオチ●ホミルク、巡ちゃんにたっぷりご馳走してあげてくださいね」
「そ、そんなこと」
ダメだ、絶対にダメだあああっ!!
うぁぁぁっ!頼む、ど、どいてぁぁっし
どきませんよ、だって出会い頭にザーメンで挨拶だなんて、最高にロマンチックじゃないですくぅっ!
こ、こいつ悪魔だ…!なんてことを考えやがるっ!!
「そろそろですね、それじゃフィニッシュ」
「あああぁああっ!」
手コキの動きがどんどん早くなってぇ…あああっ!!
それじゃ、巡ちゃんによろしく。たっぷり射精して、温かいオチあげてくださいね
うああああ、で、出るぅぅぅぅぅうっ!!
ホミルク大好きっ娘にしてードクンっードクンっドクンっドクンっ!
ドクンっ
あ…あれなにこれ
ち、違うぅぅ!!
「男の人の精液ん、温かい…私、の私がそうさせたのね」
「うぁぁぁっ!!」
ドクンっードクンっドクンっ!
先生のチ·ホ握って射精させてるそっか別そんな、巡が自分から扱いていってるぅ!!
ああ…ますます精液が搾られていくう私は船の上で腕組みして考えていた。
嫌な事ばかり判明するわね….蟹の漁にかこつけて、潮の流れを調べていたけど…船のエンジンは故障しているから、機械の力に頼るのは無理だ。
ようとしてもこの前みたいに無理やり戻される可能性も大きい。

美微乳 夜空まひろ

コンサートを観に行ったりやカラオケで歌いまくったりと音楽大好きな夜空まひろちゃんは、バスト80cm(Bカップ)のちっぱいちゃん。そんな微乳の乳首を集中攻撃しちゃいましょ!早速乳首を2本の指で摘んだり吸いついちゃったりすると、「くぃ〜ん、くぃ〜ん」とカラダを震わせ即イキしちゃいそう。スタッフは、そんな敏感過ぎるまひろちゃんの乳首にローターを押し付けると、パンツはグチョリ濡れ濡れ状態!指で膣内をクチュクチュと弄ると潮を吹き出し連続イキ!
動画:美微乳 夜空まひろ

「んんん~~」
だからと言って、人力で出どうにかして脱出する方法はないものかしら
あら?
そ浜辺に巡と先輩の姿が見えた。
をして…「んんん!!」
すでに社務所に帰ったと思っていたのだけど…二人とも何あ、あれってひょっとして!
あ、あいつら一体何をしているのよ!!
「あはせーえきあったかい…」
はうううっ!くぅぅっ!!
くう擦られてぇ…ああつー「ふふ…こんなにたくさん出すなんて…よほど私の手が気持ちよかったのね…」
うぅぅ…はあ…なんてことだ抵抗しようと思ったのに、くうう!
男の巡の手で、最後の一滴まで搾られてしまったまるで身体が言うことをきかないなんて…男のくせに、なんて魔性の手コキなんだ…
ほら見て先生、私の「くうつ!!
半裸の男の娘のホワイトソースかけ、興奮する?
クスクス…」
まずい…こんなエロい姿を見せられたら、また興奮してしまう!
「ふぁそうそう、その調子私の体の気持ちよさそのチ·ホでしっかり覚えておいてね。
この次も、優しくチ·ホむきながら、男の娘乳首で射精させてあげる」
ああ、まずい…巡も乗り気になってきてる…このままでは、完全に巡の虜になってしまいそうだ…「ああああ…」
またもや、男相手にやってしまった!
あんなに気をつけようと思ったのにバカか俺は…ああもう、思い出すだけで自分が情けなく思ってしまう。
一体なんだったんだろう?
しかし、それにしてもあの人格はもし、あの人格入れ替えがなければ、もっと耐えることが出来たかもしれないのに「ちょっと先生?」
なんだよ!俺は絶賛自己嫌悪中なんだ、ほっといてくれ!
「そこ危ないわよ」
そこ?
「うぉっ!」
もうちょっとで当たるところだった…っていうか、コレはさきほど響が持っていた銛じゃし,カこれはもしかして…

「沖のほうから飛んできたわね」
お、沖ってアレか?
沖の波間に揺れる小さい船が見える。アレはおそらく、「もしかして…覗いていたのか?あの距離から!?
みたいね」
「マジかよ…」
さっき響が乗っていった船だが…
巡は涼しい声で答えるが、無視してしまったのだから、「やばい…」
俺にとってこれはかなりまずい展開だ。何しろ、怒った響がマジで狙ってきてもおかしくない。
あいつの警告を始めは海に囲まれた孤島でハーレムかと浮かれていたはずなのに…どうして、こんなことになるんだ。
そして夜…「はあ…」
疲れた今日一日だけで色々ありすぎだろ…俺は自分にあてがわれた部屋で、大の字になって寝転んでいた。
このまま何事もなく、数日たって救助が来る「と言うわけにはいかないんだろうなあ、たぶん」
今日の巡の様子を見ていると、俺も非女神の伝承を信じるべきじゃないかと思えてきた。
そう…考えることは何より巡のことだ。
「あいつは一体何だったのか…」
初めは演技かと思ったが…後に出てきたあの人格はもう完全に別人だった巡とは形だけを模した別の何か…そういう感じがするんだよな。
それに響も相当怒っていたみたいだし
響かアレを見られた以上は、このままでは終わらないだろうな。口を開くとよく巡と喧嘩しているが、本心ではかなり大事にしているようだし、それは七生さんにおいても同じことが言える。
響はその二人を俺が汚したと考えているに違いない。で、俺に天誅を下そうと襲ってくることも考えられるよな…「ははまさか…」
あれば…怒り狂ったあいつが、いや…あの再会した時の喜びよう響にとって二人は友人を超えて、のような特別な身内であることは間違いない。
もはや家族の一員万が一のことを考えて、やはり響とはよく話し合いをしておいたほうがいいのかもしれない。
「幸人さん、そろそろ夕ご飯ですよ」
「あ、今行きます」
ふう…考えすぎても無駄か。
今はとりあえず飯を喰ってから、響と話し合おう。
居間に入ると、ちょうど巡と響が一緒に遊んでいるところだった。
ちょっと巡、あんた何やってるの?
何ってPNPブレイネットワークポータブルだけど?

カテゴリー: 陵辱騎乗位