素人むすめの初めての露出~人目もはばからず感じちゃった~

真面目そうな清楚な感じで、エッチな事なんて無理そうなのに、アナルに玩具まで挿入しちゃう変態素人、じゅりちゃんの登場です!今回は、モデル募集でわざわざ応募してくれたじゅりちゃんのエッチなプレイを無修正で見まくりです!恥ずかしながらも、野外露出に挑戦しちゃいます。羞恥散歩や野外フェラで恥ずかしながらも、なんでも聞いてくれるじゅりちゃんは、マジ天使です。後半は、部屋の中でアナルビーンズを入れられたり、バイブオナニーさせたりと、やりたい放題やっちゃいます!
動画:素人むすめの初めての露出~人目もはばからず感じちゃった~

「そういう文明の利器があるなら私にも貸しなさいよ」
いいけど、響には扱えないと思うわよ?
ってこれ電源入ってないじゃない。コンセントは?
「あるわけないでしょ」
じゃどうやってプレイするのよ!
「脳内補完で」
「出来るか!」
響は修行が足りない。私はこれでギギ·ブラを倒しました「どうやってよ?」
「大剣で」
だから、電源ついてないのにどうやって遊ぶのかって聞いてるの!
「はぁ、趣を理解しない奴はこれだから…」
「何よそのため息、ムカつくわね」
簡単よ、慣れれば誰でも出来る方法があるの
本当にいまいち信用できないんだけど…
まず自分のキャラを画面の中にいると想定しながら、じっと見つめるの「ふんふん…」
と響が画面を見つめる。
「それをどんどん自分の眼の近くへ持っていく」
さっぱり見えないけど?
「もっと集中」
んん~~~~!
巡ちゃん、何をやってるの?
馬鹿をからかってるの
あ、あんたねぇ!!
「お、落ち着いて響ちゃん」
と掴みかかろうとする響を七生さんが抑えた
七生姉離して!こいつとは一度決着つけとかなきゃならないのよ!
「面白いわね。拳もやぶさかじゃないわよ」
「やってやろうじゃない!今日の私は、血を見るまで止まらないわよ」
なーかーよーく!!そろそろご飯の時間だから、ね?
今確信した!
いかんなあ、短絡的な響が怒り狂っている。これは派手な喧嘩に発展するかも…
止めないで七生姉、こいつとはここで上下の関係きっちりつけてやるのよ!
「響がドだけどね」
「上等じゃない!やってやるわよ!」
バキッ!
と音がすると、七生さんが菜箸を握りつぶしたところだった。
なんだ…底冷えするような圧倒的な気配を感じる。
「あ…」
「やば…」
二人とも…お姉ちゃんの言うことがきけんとか?

ななんだこの殺気は、超こえぇ!
「やだなぁ七生姉、私たちちょっとじゃれあってただけよ」
「そうそう、いつものスキンシップ」
そうなの?じゃあ二人とも仲良く出来るわね?
「うんうん、出来る出来る!」
本当は私たちってすっごく仲良いし
そっか…それじゃ、遊びの時間は終わりよ。ごはんにしましょ「ふう…」
ん「あ、危なかった…」
何をやってるんだろうなあ、俺も気をつけないと。
この二人…それにしても七生さんって怒らすとマジで怖いんだなあ、と言うわけで、夕飯の時間になったんだが…先ほどから響の様子があからさまに不機嫌だ。こちらを睨んで、
どうしたの響ちゃん?お箸が進んでないけど食欲ないの?
「別に…そういうのじゃないから安心して」
「そう?」
しきりに威嚇している。
まいったなあ…そう言いながらも、非難がましい目でこちらを睨んでるのだが…だが今はそれよりも考えるべき問題があった。
あのさ…ちょっと二人に聞きたいことがあるんだけど「はい?」
「何よ」
響のトゲトゲしい声にちょっとびびるがこのままスルーするわけにはいかない。
「巡のことなんだけど…」
「私?」
もしかして、二重人格というか、別人みたいになる時がないか?
なんだ、この重苦しい沈黙は

「な、なんで黙ってるんだよ…」
黙ってるって、何がですか?
そう言って、七生さんはこれ以上ないくらいさわやかな笑顔で答えた。
「いや、だから二重人格って…」
「あそうそう!そう言えば砂糖がきれていたのよね」
それは大変ね響ちゃん、あとでコンビニに買いにいかないと!
「ないだろコンビニなんて」
なにやら誤魔化そうとしているみたいだが…もしや聞いてはいけなかったのか^「二人とも、私に遠慮しなくていいって」
巡ちゃんいいの?
「大丈夫、だって先生は私のこと聞きたいんでしょ」
あ、ああだが聞いていいのか?
二人とも、なにやら口ごもっているみたいだが
かほわないわ。先生もこの島に暮らすつもりなら、の私の身の上を聞いておく必要があると思うそう言って、巡は自分の身の上を語りだした。
「んずず…」
「はあ…」
「ってお茶飲んでないで説明しろよー」
んで、気を取り直して、巡の説明私の中にはもう一人の人格があるの「やはりそうか…」
いや、あれは人と言っていいのか…ちょっと説明が難しいんだけど「ええ、人ではなく、神と言うべきなのかも」
「神?」
「実際、そいつが現れるたびに、大漁になったり、空から魚が降ってきたり不思議な現象が起こったのよね」
で、今回は神の作った結界に閉じ込められた…と「そういうこと」
ちょっと待て、この島に閉じ込められている事実は置いといて…それは偶然じゃないの
大漁も時の運だし、魚が降ってくるのは竜巻なら説明がつくを「と都会の人は言うでしょう。だけど、ここは都会から遠く離れた離島なのです。島の常識と都会の常識は違います」
「みんなの受け止め方もね」
巫女とは、神と人を仲立ちするもの。だから私が神を降ろすのは当然だとみんな受け止めたわけね。その結果、私は神と同列に扱われたのその重い口調に俺はなんとなく、巡の背景を察してしまった。
「はあ…」
巡の人格の件は思ったよりも重い状況だなあ…「神として扱われた巫女か…」
あいつがどんな人生を歩んできたのか、容易に想像できる。さきほどの巡たちの言葉を想像すると…要するに島の住民たちは不可思議な力を宿した巡の別人格を神として崇めたのだろうそして異能は敬して遠ざけられるのが常だ。恐らく周囲から神性を帯びた巫女としてみなされた巡は、自分の役割を心得て、感情を押し殺しながら、そのように振舞ってきたのだろう。
だからあんなに感情が乏しい性格になったのかもしれない。
「シビアだなあ…本当に」
この島から出られない結界といい、あのバルチック艦隊といい…こんな不思議なことばかり起きる状況では、神の人格と言われれば、そのまま信じてしまいそうだ。
さてそろそろかな!

ロリ系アニメ声素人の萌えコスxパイパン運動会

みなさん今回は、メチャクチャロリロリで可愛いアニメ声の宮川みくるちゃんの登場です!!可愛いすぎるみくるちゃんに体育着に着替えてもらい、身体を弄繰り回しちゃいます。敏感な、みくるちゃんのおまんこは、洪水状態でビショビショに濡れちゃいます。我慢出来ずにフェラチオしてもらいチンコをギンギンに起たせて、みくるちゃんのパイパンおまんこにドーンと挿入して、いろんな体位でガンガン突きまくちゃいます。しかも、最後は、中出しフィニッシュ!!メチャクチャ可愛い声でイキまくる、みくるちゃんのイキっぷりは、必見です!!
動画:ロリ系アニメ声素人の萌えコスxパイパン運動会

ガサゴソ…茂みの向こうから何かが蠢く音が聞こえた。
散歩してくると社務所をでてから、俺の後ろをつける存在には気づいていたんだ。
れば、おそらくあいつが出てくるんじゃないかと思ってたんだよなあ。
一人になどうやら、おびき寄せることには成功したらしい。
響が隠れていると思う場所から少し離ちょっと驚かしてやるか。
れた場所へそれを投げた。
俺は適当な石をひろって、ガサツ「あれ?」
おかしいなあ?勘違いだったか
と思わせて、後ろ!
「うぉっ!!」
ガスツ後ろから襲い来る銛の切っ先をあわててかわす。
「いま、掠った!マジ掠ったぞお前!」
先輩だってあんな大きな石投げてきたじゃないですか!
おあいこですおあいこ!
良く見ると響の頭にたんこぶがあった。
「くそっ、ばれたと思ってフェイントかけたのに。
よく私の位置がわかりましたね」
どうやら先ほどの石が当たってたみたいである。
それはともかく…ちょっと悪いことしたな。
「ま、待て響!俺はお前と話し合いをしたいんだ」
「いいですよ。武士の情けで遺言くらいは聞いてあげます」
そう言って銛を構える響は、その切っ先を容赦なく俺のほうへと向けてきた。
こいつマジでやる気かよ…
何でそんなにやる気なんだよ!
俺はお前と手打ちのために、話し合いがしたいだけなんだけあの二人に手「話し合いで解決するなら警察はいりません。
を出したら殺すって」
「確かに言ってたけど…」
私はちゃんと警告しましたよね?
それは言葉のあやと言うものでは
OK、先輩は愛に殉じる覚悟があるってことでファイナルアンサー?
勝手に終わりにするな!
「ふんっ!」
「うぉっ!!」
ブンッ!
繰り出してきた銛の穂先を、俺はまたもやギリギリでかわす。
「あ、あぶねえ!今のマジで掠ったぞ」
幸いにしてここは目撃者もなく、警察もいない。あの二人も身内ですし、口裏を合わせてくれるでしよう!先輩は嵐に呑まれて死んだことにすれば、完全犯罪の成立です!!
な…っ!!
こいつ、なんてこと考えやがる
死んでください先輩!みんなの幸せのために!!
やばい!
これはもう目がマジだ…こんな暗い場所じゃ、銛の攻撃がわかりにくい。
ひと
まず場所を替えなくてはタッタッタッタッ「逃がすか!!」
はあはあはあ…
待て!
くそっ、しつこいな!簡単について来やがる!スタミナは向こうの方が上か。
観念して私の完全犯罪の礎となってください!
言っておくけど、俺から好んで七生さんたちに手を出したわけじゃないぞ!
そんなことわかってます!だから問題なんですよ!

先輩の人間性が誠実であることは解っています。ですけど私は人間の誠意なんてものは信用しません。そんなもので世の中無事に渡っていけるなら、七生姉は苦しまなくて済んだし、巡は島に縛られずに済んだ

「お、お前…」
響なりに考えているんだな、あの二人のことを…しかし、だからといって殺されるわけに
だからね先輩、あの二人を助けるためには、私は悪者になるしかないんですっ!
フォンツ「うぉっ!!」
何度も攻撃され間合いがわかってきたせいか、余裕をもっ今度は比較的簡単に銛をよける。
てよけることが出来た。
だから解る…銛を手元に引き戻す、反撃の機会はこの瞬間にしかない!
その数瞬の間が俺にとっての好機だ俺はそのまま無防備な響に向かって拳を…「甘いですよ先輩」
「え…」
踏み込んだ俺の足が、お、落とし穴!!
ドスッ地面の下へと陥没する。
「つつつつ」
尻餅をついて俺は砂浜へと倒れる。
人一人丸呑みにするほどの穴でもないが、俺の動きを封じるには十分すぎた。
「都合よく踊ってくれましたね先輩」
「くっここまで計算済みだったわけか…」
「昼間のうちに色んな場所に罠を張らせていただきました。これはそのうちの一つですけどね」
この体勢で反撃する方法はない。
見事にしてやられてしまった。
くそぉ…万策尽きたか体を倒された今、死んでいただきます
先輩、あなたに恨みはありませんけど、
ま、待て落ち着け響!
あの二人のためにやばい、万事休す
立派なお墓立ててあげますから!
そんなのいらんっ!
もうダメだ…ああ、「はい、そこまで」
やはり俺はここで死んでしまうのか…ガシッ!
なっ「七生姉!」
見ると七生さんが俺の前に立ちふさがり、
大人しくしなさい「ちょ、離しなさい巡!」
包丁で銛を受け止めていた。
巡が後ろから響を押さえつけていた。
あれではまともに動けまい。
っていうか意外と力あるなあ、
大丈夫ですか幸人さん2「ああ、ありがとうございます」
巡の奴はあ…なんとか助かったか「さて響ちゃん、少しおいたが過ぎたみたいね」
「な、七生姉…」
尋常ではない殺気を響に向ける七生さん。一難さって今度は響が七生さんに追われる立場にまわる。まさしく人を呪わば穴二つだ。
どうしてこんなことしたの?人殺しは最後の手段だってお姉ちゃん教えたでしょ!
響が暴走したのは、

鉄板女のガチファック

元セクシーグループ出身・源みいなちゃんの本気汁120%絶叫ガチファック!ぐっちょぐちょのパイパンオマンコを男優の顔面に押し当て金きり声をあげながら体をヒクつかす。みいなちゃんの一生懸命フェラ!ぎこちないけど、一生懸命な頑張りに男の興奮度は最高潮に。高速手マンのリズムに合わせて眉間にシワを寄せながらキャンキャンキャンと連続イキ。硬いチンコをマンコに挿入、ピンクの膣奥がバッチリ丸見え。グぃグぃと子宮が崩壊するほど、チンコド突きまくってアヘっぱなしっ!
動画:鉄板女のガチファック

「で、響」
「何よ」
七生さんの教育の賜物ではなかろうか…それはともかくだ。
むっとしているが、本来これって俺が怒るところだよな。
「どうして俺が死なないといけないんだ?少し短絡的すぎないかお前」
私だってちゃんと考えたわよ!だって今こうして私たちが閉じ込められているのは”島渡り”の儀式を完成させるためなんでしょ
「確かにそういうことになるが…」
儀式には男と男の娘の両方が必要。であるなら先輩を消すことで儀式の続行は出来なくなるでしょ!
確かに、儀式を続けるための条件はなくなるわね…「そうよ。だから結界もなくなるんじゃないかと思って」
「まさかそんなことは…」
と俺は巡のほうを見る。
「一理あるわね。多分消えると思う」
決定!先輩、立派なお墓を立ててあげるから成仏して!
「だから落ち着きなさいって」
離して巡っ!そいつ殺せない!!
はあ…しかし…
理屈は解るけど、ちょっと執拗すぎないかこいつ?
響が七生さんと巡を大事にしているのはわかるが、ちょっとしつこすぎるような気がするここまであからさまな敵意をみせられると、ちょっと引いてしまうなあ…「響ちゃんは身内には甘いんだけど、外の人間にはちょっと厳しいのよね」
「あれでちょっと?命狙われたんですよ俺は」
「七生姉どうするコレ?ちょっとやそっとじゃ止まらないわよ」
「そうねえ」
と七生さんも流石に響相手では考えあぐねている様子だ。
離して、離してってば!

「だから暴れないでってば」
その間、響はひたすらじたばたと無駄な足掻きを続けている。
というか意外と力強いんだな巡の奴…「響、あなたちょっと思いつめすぎよ。少し落ち着きなさい」
「どうしてそんなに簡単に、この状況を受け入れちゃうのよ!
そっちのほうがおかしいわよ」
七生姉も巡も!今の状況、コレ全部島の都合で振り回されているだけじゃない!そんなの絶対に間違っている!
響ちゃん…別に私は嫌でここにいるわけじゃないのよ?
「それは解っているけど、でも七生姉は無理してない?結局七生姉が”島渡り”の儀式をしたいのは島を活性化させるためなんでしょ!そのために自分の身体を差し出すなんてやりすぎだと思う!」
「確かに響ちゃんから見たらやりすぎに見えるかもしれないけど…でも、私は島のために生きていたいの。やれるだけやって後悔したくないから私はここにいるのよ。だから響ちやんがそんなに心配することないわ」
そんなの…そんなの私は認めない!
「響ちゃん…」
どうして七生姉や巡にばかり負担を押し付けられなきゃいけないよ!あの島は何も変わってない!いえ、七生姉がどうやったってこれからもずっと変わらない!それが見ていて嫌になるのよ!どうしてそこまで自分を犠牲にするのーそれ、絶対におかしい!
意外な角度からの響の発言に七生さんも一言もなかった。
を差し出すという七生さんは少し異常だと思う。
確かに、俺から見ても簡単に身体そしてまた、巡も容易くこの状況を受け入れ、自分の運命と受け止める。
ては、自分の大切な人が傷付いていくように見えたのだろう。
それは響にとっというか、島の文化を知らない俺にとっては響の言い分は正論に思えた。
そう俺は考えるべきなのだ。
彼女いや、彼たちを動かしているのは、島への郷土愛なのか、それとも…