ひとり暮らしの女の子のお部屋拝見~浮気は自宅で~

最初の出会いは彼氏とのデートで、時間通りに来てない彼氏を待ってる途中に、美希ちゃんをナンパして知り合いました。暇だから家に来る?という美希ちゃんの誘いに着いていく僕。最初はエッチなんかするつもりではなかったらしい彼女だが、少しキスをしたらその気になりアソコもグチュグチュに・・指で少し苛めていて部屋を見渡すとイヤらしい玩具を見つけバイブなどで、美希ちゃんをいじめるとかなりイヤラシい顔に変わっていく美希ちゃんはすごく可愛いです。そんなロリ系美希ちゃんをみれるのはココだけ☆
動画:ひとり暮らしの女の子のお部屋拝見~浮気は自宅で~

「響」
いつの間にか響を羽交い絞めから解放している。
考え込んでいると巡が動いていた。
バシッ!!
なっ!
と思ったらいきなりビンタした?
なっ!何するのよ!
正論をはくのって、そんなに気持ちいい?
は、はぁっ?
ん「あなたの言ってることは単なる独りよがりの善意。だから、何の役にも立たないものなの。七生姉と私は中津島の現実を生きている。当事者の努力を、勝手に無意味なものとして決め付けないで。それは島を出ていったあなたが判断していいことじゃないわ」
巡「巡ちゃん」
その真剣な口調に、巡が本気で怒っていることがわかった。そしてまた、これもどうしようもないくらいの正論に聞こえる。
なっ何よ言いたいことはそれだけ?島を出て何が悪いのよ?島の活性化なんてできっこない!私は出来るとは思えない!だから私は外に居場所を求めたの!だいたい、本当に島の連中が活性化を願っているのなら、七生姉の仕事はもっと上手くいってるはずよ!
っ痛いところを突かれて、七生さんと巡が口ごもった。
「わかってるでしょ?中津島が再び活気を取り戻すなんてありえないの。そもそも島の住民が本気で望んでないんだから」
「なら響はこのままでいいって言うの?あんなに頑張っているのに、七生姉の努力は報われないのが現実というのなら私は認めない」
神頼みってわけなの?
そこまでしなきゃいけないものなの?
人の世の中の理屈を神の力で曲げてまで、中津島の活性化をしなくちゃいけないなんて理屈はない!しかもそれが七生姉を邪魔もの扱いして、巡を遠ざけたあの連中のためによ!そんな奴らのために、どうして巡と七生姉が自分を犠牲にしないといけないのよ!だから、私は二人に失敗したときの逃げ場所を作ってあげたいの!私は巡と七生姉を助けたくて動いているの!だから私が絶対に正しい!!
響の叫びが夜の砂浜に響き渡った。その声には普段の短絡的な響ではなく、二人への切実なる思いが込められているように感じた。
「何よその上から目線、それは響の傲慢だわ。あなたは瀕死の病人が実際に助かる方法があるのに、その方法が気に食わないから死を選べって言ってるに過ぎないのよ」
だからって、この島の為に自分を捧げる価値なんてないわよ!
それを決めるのは私たちで、響じゃないわ。勝手に私たちの価値を決めないでぐ…どうしよう…これはどっちが正しいってものではない。
そして、どちらかに味方できるものでもなかった。
七生さん、止めないんですか?
止められませんよ。だって、響ちゃんも巡ちゃんも本気で私のことを思ってくれてるんですもの

「七生さん」
ちょっと寂しそうに笑っていたけど。
本気で嬉しいんだろうな、たぶん。

”島渡り”の儀式を復活させるなんて、私聞いてない!何かやるつもりなら私にも相談してよ。私は巡の何なの、七生姉の何なの!勝手に二人で決めないで!!
響…あいつは本当に二人のことを考えているんだな。
なるほど、それがあなたの本心です
なっ「あら…」
あ、あの口調はもしかして…!
「なんと麗しい兄弟愛…いえ姉妹愛ですね」
もしかして、あんた…「はい、お察しの通り」
間違いない、あいつはもう一つの巡の人格すなわち中津島の媛神…!
あんたがいるから巡がこんな島に縛られるのよ!
「いけませんね、神に拳をふるうのは不遜ですよ」
何が神よ!神は神でもあんた疫病神でしょ!
出てけ!
あいつ…神相手に容赦ないなあ。
「しょうがないですね、よいしょっと」
ガーソッドサッ!
「それが、神の奇跡というものです」
気を失って響が倒れた。あっさり黙らせたものだ、さすがは神様。
さてと、七生さん、これ、お部屋に運んでおいて頂けます?
「はいはい、お任せください」
え?普通に顔見知り?
「普通に何度も会ってますから」
最近の神様ってかなり気安いんだな。
「幸人さん、お騒がせして申し訳御座いませんでした」
「あ、いえ、俺は別に…だいたい七生さんの責任じゃないと思うし」
いえ、私は響ちゃんがここまで思いつめてるなんて、想像できませんでした。姉として失格です。私、もう少し響ちゃんとお話しないといけないみたいです。

ひとり暮らしの女の子のお部屋拝見!~あのカリスマ人気素人の自宅訪問エッチ~

今回出演してくれる女の子は、そこら辺にいそうな素朴な女の子で、純粋そうな感じが堪りません。前回出演した時は大好評だった南ちゃんがまた出演してくれました。今回は、南ちゃんの家に突撃してきました。まずは、性感帯をチェックして、マンコを指でかき混ぜます。愛液がグチュグチュ音を立てて泡立ってます。その後は、オナニーみせて貰ったり、足コキしたり、チンポをガンガンに突いたりと見どころ沢山です!
動画:ひとり暮らしの女の子のお部屋拝見!~あのカリスマ人気素人の自宅訪問エッチ~

この子はちゃんと反省させますから、その時は幸人さんも許してあげていただけますか?
「ええ、それはもちろん」
「ありがとうございます。それじゃあとはごゆっくり」
そう言うと、七生さんは響を担いで社務所のほうに戻っていった。
格が残される。
「さて…お話しなければいけないことがあるようですね」
「解ってるなら頼む。今度は逃げるなよ」
この場には俺と巡の神人「もうお解りかと思いますが、私はこの中津島に住まう神です」
「それじゃ伝承の非女神というのは…」
いかにも、私のことですよ
「やはりそうなのか…」
本当に神様なのか、この人…こうあっさり出てくるとありがたみが薄れるというか…どう反応していいのか、ちょっと判断に迷う。
「意外とすんなり受け入れるんですね」
「こんな状況になればさすがにね…」
何しろ、ここに来てから不思議なことが起こりまくっているからているようだ。
それじゃ…あんたが俺たちをここに閉じ込めたというわけだな?
「いかにもその通りです」
俺の常識も多少は麻痺し一応言ってみるか…俺たちをここから出して欲しい
無理かと思うけど、
それじゃ頼みがある。
「かまいませんよ」
え?マジで!?
一応言ってみるものだな、こうもあっさりOKするとは「儀式を済ませたらすぐに出して差し上げますよ」
「その儀式というのは…」
男の娘と子作りしてください”
だから!それが嫌だから出して欲しいって言ってるんだよ!だいたい男同士でどうやって作れってんだよ!
大丈夫ですよ、男の娘相手でもちゃんとできるようになってますから。神である私が保証しま「くぅ?

くらっと目眩に襲われる。
男と男の娘なら子作りできるのか…頭がおかしくなりそう「その相手がどうして俺でないといけないんだよ。俺じゃなくても別にいいんじゃないのか」
でも、あなたにもその責任があるんですよ
え「私は無関係の人間を巻き込んだりしません。すべては運命という流れのままです」
「無関係って俺はこの島に来たのは初めてのはずだが」
本当にそうだと思いますか?この島の風景…あなたには懐かしく思えませんか?
「えっと…」
言われて見れば、確かに懐かしく感じたことはある…「確かにあるけど、それはてっきり既視感とか、記憶が混乱しているだけかと思ったが…」
「いいえ、違います。あなたは、かつてこの風景を見たことがあるんですよ」
「だから俺はここに来たのは初めてのはず…」
そうだ…俺はここに来たのはそれなのに…どうして俺は初めてのはずなんだ…なんだ…いきなり何かが頭の中に入ってくる…この風景は…この島の社務所な、のそして、この人は…俺は…そうだ、俺はこれを知って…見たことがある!

はあはあ!
如何です?思い出せそうでした?
「な、なんなんだよ…今の」
この島の記憶です。遠い遠い昔の出来事ですよ…「昔だって…」
先ほどの風景の中でみたあの姿は、間違いなく俺だった。俺はこの島に来たことは今回が初めてのはずなのに。
「解りましたか?あなたは偶然ここに辿りついたのではありません。すべては必然、あるがままの運命なんです」
「そんな嘘だろ…?俺がこの島に因縁があるなんて…」
そうでなければ、あまりにショックで、自分を保つ信じられない…いや、ことが難しかった。
信じたくない。
だが…あの過去の風景で俺は…隣にいる誰かとダメだ、思い出せない「ダメですか。まだ時間がかかりそうですね。
さん」
「ま、待て!」
今日はここまでです。
またお会いしましょう幸人俺は必死で巡の肩をつかんだ。
まだ聞きたいことが山ほど…「あの…」
「ん…あれ^.」
「こんな場所でするの?」
うわっ!ち、違う!誤解だ!
何時の間に人格が入れ替わったんだ、こいつ

「あ、いつもの奴か…大分時間経ってるね」
「ああ…乱暴してすまなかった」
くそ、絶妙なタイミングで逃げられる。いちいち人格が切り替わるなんて、卑怯もいいところじゃないか。
「で、響は?」
「気を失って、七生さんが社務所に連れて行ったよ。いい機会だから二人で話し合うって言ってたよ」
そうし巡は不満そうに呟くが、その横顔が少し気にかかった。
「なあ、さっきの議論さお前もしかして…」
「気づいてた?私は全部響に吐き出させるつもりだったの」
「やっぱそうか」
「それがあの神様はいいところで邪魔してくれるわ」
お前は響に吐き出させた上に、論陣張って迎え撃つつもりだっただろ?
「そうよ。私と響はそういう関係だから」
だから媛神は止めたんじゃないのか?お前と響じゃどっちかが倒れるまでやめないだろう
そういうの大きなお世話よ。
響の気持ちも解らないでもないけど…私も譲れないものがある
の「はあそっか…」
やはりこの二人思ったよりも根が深いようだ。しかし、お互いを思いあってのことなら、解決策はあるような気がする。
「それじゃ、私も戻るわ。まだ響に言い足りないことがあるし」
「ほどほどにしとけよ…」
「どんな理屈があろうとも、人に手を上げるのはダメよそこのところよくわからせないと」
それは七生さんが今やっているところだろう。敵がもう一人増えて、になるだろうなあ。
「先生…」
「なんだ?」
「これでわかったでしょ?神の存在は紛れもない事実だって」
あ、ああ「覚悟しておいたほうがいいわよ」
響はかなりハードな夜不吉な言葉を残して、巡も去っていった。
はあなんて夜だ…巡の神人格が出てきたり…俺はこれからどうなるんだろうか…そして深夜…ゴソ…「んん…」
もしもし。先輩?!
「んあもう朝か…」
「先輩起きてください、先輩」
ん煩いなあ…もう少し寝かせてくれよ「先輩っ!」
うぁぁあああっ!!
って、な、なんだ?地震か「って、響い!?」
「大声上げないでください。みんなに気づかれます」
「大きな声をあげるなって…」
は…もしかして!
「お前、また俺を狙いに来たのか」
「違いますよーご心配なく、もう先輩を襲うつもりはありませんから。
たなって思うし…あの後こんこんと二人で説教されましたから」
「そうかそりゃ良かった」
正直自分でもやりすぎすっかり萎縮している響を見て、俺どうやら相当キツくしめられたようだ。
はちょっと可哀相にも思える。
ですからその、ごめんなさい…
安心した反面、ここまで素直に頭を下げられると、調子が狂うな。

相当説教がきいたみたいだな、あの二人はなんて言ってた?

マンコ図鑑 松本まりな 萌芭

マンコ図鑑シリーズ、今回は1本で2度おいしい、松本まりなと愛娘萌芭2人のオマンコを同時に徹底検証!母と娘のオマンコをクスコを使ってじっくり比べて見たり、愛液の出具合い、感じ方は親子でどう違うのか。玩具を使って見比べたりなど、変態親子のマンコはどうなってるのか、吟味してみてください!
動画:マンコ図鑑 松本まりな 萌芭

「あくまで自分たちの意思だから先輩は関係ないって言ってました。
けど」
「ふうん…それはやっば、巡や七生さんが俺に奪われたからか」
正直言って面白くないです俺を殺しに来る響にとってあの二人は、もはや肉親と言っていい存在。
まで思いつめる響ならばありうることだ。
「半分正解です」
半分^二人を思うあまり、残りはなんだ?まったく思いつかないけど…
先輩、本当にわかってないんですか。私が怒っていた理由は、「えっと…」
それだけじゃないんですよ
じっと響に見つめられながら考えてみるが….うyyん半分と言われても…ダメだ
さっぱりわからないんだけど
本当にわからないんですか?
「うん、ちっともわからないな」
このにぶちん!少しは帽子をのせる以外に頭をつかったらどうなんですか!
「お前のほうが大声出してるぞ」
そんなこと言われてもなあ…ヒントも無しじゃさっぱりわからないぞ。
「先輩、先輩との付き合いは私のほうが先なんですよ」
そりゃそうだが?
だったら、あの二人に手を出す前に、なんで私に手を出さないんですか!
え「ちょっとまてそれってどういう…」
「先輩は起き上がらないでください」
「うぉっ!」
ドサッ!という音とともに、「おい、いきなり何を…」
「先輩」
俺は布団に倒される。
俺に食い込むように、響がずいっと顔を近づけてくる。
「な、なんだよ…」
私じゃダメなんですか?どうして先に七生姉はに身体を許したんですか?
「なっ!」
こ、これってもしかして…じゃなくてノーマルなんじゃなかったのかよ!
私だってそのつもりでしたけど…でも…

「でも?」
あの二人と先輩が仲良くなるのを見てたら…私もじっとしてられなくなります…
え、ちょっと…スッ
「先輩…」
「ちょ、ちょっと待て!?何で脱いでるんだ!」
「待ちません。儀式を完成させるためには、どのみち先輩と誰かが身体を重ねないといけないんですよね」
「そうだけど、でも…」
「だったら…私が…」
「え、ちょ!」
お、お前、そんなキャラだったっけ!
「ん…先輩」
は、裸!?
こいつ…こんな綺麗な肌をしていたのか…?
そんな堂々と、俺の前に素肌を晒すなんて…まるで誘っているかのような…って、違う!何を考えているんだ俺は。
「先輩、どうですか私の裸…」
ど、どうって
男の娘の私の裸でも、興奮しますか?
「興奮するってお前…」
いや目の前にいるのは俺と同じ男なんだ。男の娘なんて単なる言葉遊びで、入れるように変化するわけじゃないんだ。
その性質が男を受けくぅ!!
興奮しているのか!
もしや、連日の男の娘からの誘惑に、身体が慣らされどうして俺はてしまったのか?
それとも…くっ…まずい。勃起しいる肉棒を、見つけられてしまった「先輩は男の娘でも、エッチなこと大丈夫な人だったんですね」
「いや違う、大丈夫とかそういうのじゃなくて」
ふふっ…私の裸でオチ·ホこんなにして嬉しい﹂「うぉっ!!」
そっと指で撫であげられた!それだけなのに…か、「オチ·ホの反応、すごいですね先輩」
くぅ!ダメだこんなこといけないのに体が痺れたように!
また男の娘に反応してしまう!
「大丈夫です、男の娘に勃起するなんて確かに変態さんですけど…それは外の話です。
は欲望の赴くまま、たっぷり男の娘に興奮して、チ·ホ勃起させていいんですよ」
ここで
それに、先輩だって実は私と気持ちよくなりたいって、
そんなこと思ってああっし
といいながら、オチ·ホはこんなにしてますけどね”m思ってるんじゃないんですか?
いいんです。先輩の欲望の赴くままに変態さんになっちゃつていいんです。ここではそれが正義なんですから「はうっ俺はそんなこと…」
そうですか?知ってるんですよ。昼間は私の水着姿に興奮してたこと…
なっ!!
クスクス、先輩あの時感じた、熱くて滾るような情熱を…本物かどうか、確かめてみたいと思いませんか?
こ、これはああだめだ、「くうつーや、やばい…まさか響まで俺を誘ってくるなんてこのままでは流されてしまう!!
やめろ響このままお前にまでエッチなことするわけには…」

先輩、私じゃダメですか…私、先輩のこのカチカチの勃起オチ●ホで女の子にして欲しいのなっ..。

カテゴリー: 下半身痴女