巨乳娘を野外でアナル調教してやりました

なんともキュートなお顔の宮崎由麻ちゃんが、お外でエッチな事をたくさんしてしまいます。前回の出演でアナルの虜になってしまった、由麻ちゃんは、またまた登場してくれました。最初は玩具でおまんこを責めちゃいます。そして、チンコをしゃぶってもらいギンギンになったチンコを由麻ちゃんの待ちのぞんだ、アナルに挿入して激しく突きまくちゃいます。これには、由麻ちゃんもイキまくりの感じまくり、最後はアナルにたっぷり精子を注ぎ込んじゃいます。由麻ちゃんのイキっぷりは最高にエロイです、是非ご覧ください!!
動画:巨乳娘を野外でアナル調教してやりました

それはもう、本当にすごかったこれはもう頷くしかない。こんなにあっさりと認めるなんて…俺ももうそろそろ覚悟を決めるべきかもしれないな…
ふふっ。良かった。これからよろしくね。
先生妹から、巡に戻ったその一言で、俺はなんとなく満ち足りている自分の気持ちを再確認した。
ん【永遠の誓い】それからと言うもの、巡は今まで以上に俺の後をついて回るようになった。
しかし、それよりも俺が驚いているのは…俺自身、巡と一緒にいることに、不思議と違和感を覚えなくなったという事だ。
「ん、んん…」
朝、か…さて、今日は隣に巡が寝ている事は、俺にとっては最早当たり前の日常になっていた。
けど、巡のふんどし姿は、今でもドキッとしてしまう。巡はまだ熟睡しているみたいだ。
今なら、おそらくキスしてもばれないだろう。
してみようかな…だがしかし、寝ている隙に唇を奪うというのはどうなんだ?
でも、チャンスと言えばチャンスなわけで…いやいや、やっぱりそれは
キスしないの?
うわっ
うん。けど、先生の寝顔を眺めてたら、二度寝しちやったの
俺の寝顔なんか見て、楽しいか?
楽しいわよ。だって、好きな人の寝顔だものって、起きてたのか?
こういう恥ずかしい事を、サラッと言ってのける巡と思いきや、やっぱり恥ずかしかったようで…それを誤魔化すように、はにかんでみせるああ…こういう所が、本当に可愛いと思えて仕方がないんだよな…まさか、こんな感情を抱く日が来るなんて「おはよぅございます」
あ、おはよぅございます、幸人さん。巡ちゃんもおはよう「また一緒に出てきた…」
巡に対して俺たちの姿を見かけるなり、響は仏頂面を浮かべる。
まりよろしく思っていないようだが…「おはよう、響」
「おはよ…」
どうやら俺と巡の最近の関係を、あん巡と結ばれて以来…巡は巫女服を脱いでゴスロリドレスを着るようになっていた。
そうして自分の装あの日、巫女としての立場からの決別…いや開放なのだろう。
それはおそらく、いを変えることで、これまでの自分と違うことをアピールしているように思える。
「すぐにご飯にしますから、その間に顔を洗ってきてください」
「分かりました」
七生さんに言われた通り、井戸の方へと向かう。
もちろん、巡も一緒だ。
冷えた井戸水で顔を洗うのは、本当に心地がいい。

「はい、先生」
「お、ありがとう」
巡が差し出してくれたタオルに、濡れた顔をうずめる。
なって、俺達の距離はより縮まった気がする。
あれから巡がゴスロリを着るように初めは気恥ずかしさもあったけど、今ではこうして一緒にいないと落ち着かなぃまでになっていた。
巡とこうこれが、恋人の距離というやつなのだろうか。
していると、どこか気持ちが安らぐような…
…どうしたの?
「いや、なんでもない。タオルありがとな」
どう表現していいか分からないが、巡が、愛おしい。
俺は、日に日にその想いが強くなっているのを実感していた。
「これは?」
「ハンゴウソウ。あくが強いから、あく抜きが必要」
「よし、じゃあこれは?」
「ミツバ。薬味に使ったりする」
じゃあこれは?
「ドクセリ。セリに似てるから、間違って食べないように注意」
「よし、合格だ」
お昼過ぎ。巡と二人で山に入り、山菜の事を色々と教えていた。俺が一度話した事を、それこそスポンジのように吸収していく巡には思わず感心してしまう。
もしかして、ある程度知識があったりするのか?
「ううん。先生に会って、初めて覚えた」
「へえ大人に教わったりとかはしなかったのか」
「お爺さんとか、お婆さんの代は、山に入って山菜を採ったりしてたらしいけど…私達の世代は、子供の頃から海のことばかり教えられてたから。山のことはあんまり」
「そうなのか…」
「そのせいかなーに対してみんな興味を失っちゃったのは」
ぽつりとこぼすように、巡がそう呟く。
「媛神の祭祀が廃れていったのは、島の人達が山を重要視しなくなったからかも…」
「ふむ…そういえば、最近出てこないな」
「何が?」
「いや、媛神だよ。前はよく、こういう時とかに…」
「どうした?」
「…ううん、なんでもない…」
何かを思い出したみたいだったが…まあ、
さて、次はもう少し奥に行くかあまり気にしなくてもいいか。

訳ありの娘の即金アルバイト~ダブルで払うから友達もヤラせてくれない!?~

今回出演してくれるのは、ロリロリで声優さんみたいな甘えた声を出す、可愛らしい女の子です。いいバイトがあると声をかけて、引っかけちゃいました。早速下着を見せてと野外露出をお願いして、見せて貰います。あまりにすんなり見せてくれたので、さらに悪ふざけして、バイト料弾むからともう一人男を呼んで、やらして貰いました!見た目とは裏腹にエッチな事が大好きなあいちゃんに萌えまくる!
動画:訳ありの娘の即金アルバイト~ダブルで払うから友達もヤラせてくれない!?~

巡の覚えが早いから、教える側としてもやりがいがあるな。
んまさか考えすぎよね…
んそして夕方…真っ赤に燃えた夕陽が、水平線の向こうに沈もうとしている。
俺と巡は二人並んで砂浜を歩いていた。
そんな哀愁漂う景色を横目に、俺も巡も、言葉を交わすことなく一歩、また一歩と歩くだけ。それでも、だけで自然と、互いの気持ちが通じ合っている気がするのだ。
こうして傍にいる一緒にいて、こんなにも心が落ち着ける相手が…今まで、一人でもいただろうか。
いおそらく未来も過去にも、俺の隣に居て欲しい相手は巡だけだ。
つまでもこうして巡と一緒に…「ねえ、先生」
ああ…出来る事なら、巡が立ち止まり、じっと俺の顔を見つめてくる。
「ん?どうした巡?」
私、先生にお礼を言いたいの
うん…先生が、私を巫女という立場から解放してくれたから「え…」
私は、生まれた時から巫女としての命運を背負わされてきたの。
巡なんだって…そう言い聞かせて今までずっと生きてきた巫女である自分こそが、宗形巡の言葉に、俺も真摯に耳を傾ける。
「けど…今は違う。私は、巫女という立場から離れて、先生とこうしているの…」
巫女という立場から、離れて
なら、今はどんな立場なんだ?
「先生の…恋人」
その瞳を輝かせながら…巡が微笑む。
その返事に、俺は思わず息を飲んだ。
ね、先生…そう思ってもいい?
夕陽を受けて、俺は自分の気持ちに気が付いた。
いや、それはあまりにも遅すぎたのかもその笑顔を見て、しれない。
俺はもう、とっくに巡の事を…この笑顔を、求めていたのかもしれない。

微かに揺れた気がした。

巡との距離を詰める。その愛らしい瞳が、そして俺は、巡の肩に手を添え…瞳を閉じた、巡の唇に…..「ちゅっ…」
自らの唇を重ね、巡に対する想いを表現した。
シロツメクサの指輪を、無意識のうちに巡の指へと填めたあの日.。....思えば、あの時から俺は心の何処かで、巡を好きになっていたのかもしれないな。
ん「今のが、俺の返事だ」
「先生質問の答えがキスなんて、反則すぎ…」
「…ダメだったか?」
「ううん…返事としては百点満点だから、許してあげる」
そう言ってはにかむ巡ああ…長い時間がかかったけど、恋人になれた、そんな気がする「あ…」
「ん、どうした?」
「昆布発見」
これで俺たちはようやく本当の突然現実に戻った巡が、波打ち際へと歩いて行く。
「あの巡さん?もう少しムードというか、その雰囲気を…」
「昆布だけじゃなくて、鮑と鰹節も落ちてる」
「結納かよ!!」
そのつもりかもよ?
「えっ…ま、まさか、それって」
うん、天が私たちを祝福しているのかも?
それらを手にした巡は、「天が…」
意味ありげに笑っている。
それってひょっとして…媛神が俺たちの門出を祝って流してきたってことなのだろうか?
「あの二人だいぶいい雰囲気みたいね…」
媛神の意図が見え見えの漂流物を手に、巡と二人で戻ってきた。
「はあ…すっかり遅くなってしまったなあ」
一波乱あり昆布だ鮑だを持って帰ってきたはいいが、そうだ。
「先輩」
これを七生さんに見せるとなるとまたあ、響か
俺達の帰りを待っていたのか、響が社務所の前で腕組みをして立っていた。
重要な話があるので、ちょっとこちらまで来てもらえますか?
「え、話って^?あおいっ」
俺は響に腕を引っ張られそのまま足もつられていく。
会話もそこそこに、「響、私も行く」
あんたはそこで待ってなさい
はいいの、ぐいっ用事があるのは先輩だけだから。
ちょ、ちょっと待てよ。
「いいからこっち」
強引だなおいし
な、なんだよ。
一体何があるっていうんだ。
「さて…」
俺の前には、きちんと正座した七生さんと、不機嫌そうに胡座をかいている響がいる。

Gカップセニョリータ 〜96センチの肉感〜

前作では禁断の三角関係を演じた最高級の美巨乳BODYの持ち主、小泉真希&美咲結衣ちゃん。今回はその2人がラテン美女も真っ青、熱い、熱い大乱交!レズ、3P、5Pと抱き心地よさそうな肉体を男に絡ませダブル絶頂アクメ。偶然にも2人のおっぱいサイズは同じ96センチGカップ。タイプとしても色気たっぷりド助平な痴女。そんなセニョリータ2人が熱〜く濃厚なファックを皆様にお届け致します!
動画:Gカップセニョリータ 〜96センチの肉感〜

恐らくは、俺と巡の事についてなんだろうが…一体、何が始まるっていうんだ^で…何だよ話って
「先輩、まどろっこしい事を言うつもりはありません。
これに捺印してください」
そう言って、響が一枚の紙切れを差し出してきた。
幾つもの枠が重なっているその紙の、一番上に書かれている文字は
こ、婚姻届え?どっから持ってきたんだよこれ!!
「先日密閉された袋に入って漂着していたので、一応拾っておきました」
どこまで都合良いんだよこの島は!!
と言うか…さっきの結納品といい、俺と巡の都合に合わせて動いているのか^
しかし、男と男の娘じゃ結婚はできんだろう?
大丈夫ですよ。こんな小さな島ですから役場には顔がきくんです。戸籍なんてどうとでもなります今、サラッととんでもない事言ったぞこの人!っていうか、いきなり結婚って,人は、本当に納得してるのか?
あの、七生さん…反対とかしないんですか?
え、どうしてですか?
「いや、巡にとって、七生さんは保護者も同然というか…親心みたいなものがあるじゃないですか。だから、巡と俺が結ばれるとなると…思うところがあるんじゃないのかなって」
「そうですね…最初は、ちょっと不安もあったんですけど…でも、最近の巡ちゃん。幸人さんと一緒にいると、とっても幸せそうな顔をしています…だから、私はきっと大丈夫だと思うんですよ」
七生さんの横にいる響は、どこか不服そうな表情をしているが…何も言ってこないところを見ると…反対というわけではなさそうだ。
「私達に出来るのは、これくらいですからね…さあ、幸人さん」
目の前に突き出された、一枚の婚姻届。ついさっき、俺は巡と愛を誓い合ったばかりだ。
れから先、一緒にいることには何の抵抗も戸惑いもない。
こ強いていえば、男と男の娘で、公的な婚姻の手続きを踏むというのが多少不安ではある
性別の問題は、どうにかできるんですよね?
「はい、お約束します」
「そうですか…なら、答えは一つです」
迷いなく、夫になる人の欄に自分の名前を書き込んでいく。
どっちも男だけど、一応俺がこっちでいいんだよな。
判子なんて持ってないから、ふふっ

「って捺印が出来ないんですけど…」
あれ、俺今笑われるような事言ったか…^「随分、あっさりサインしちやうんですね」
「そりゃ、まあ」
男なら責任ってものがあるし。何より巡が相手だからな。
「だから言ったでしょ、幸人さんなら大丈夫だって」
唇を尖らせている響と、ニッコリと笑っている七生さん。
あの状況が読めないんですが…「ごめんなさい幸人さん、ちょっと試させていただいたんです」
試す?
「先輩が本気なのかどうか…その気持ちを確かめたかったんですよ」
じゃあ、この婚姻届は…
「島が小さいからって、戸籍がどうにか出来るわけないじゃないですか」
”言われてみれば、全くもってその通りだ。
「ってことは…」
ふんっ突然席を立った響は、どすどすと音を立てて部屋を出ていってしまった。
なんだったんだ…一体「すみません幸人さん…あの子はあの子なりに、巡ちゃんの事を心配しているんです」
「ええ…あいつを見てたらなんとなく解りますよ。あいつ身内のことに関しては本当に心配性ですからね…」
ええ。特に、巡ちゃんとの関係は…叔母と姪というよりは、仲の良い姉妹みたいなものです確かに、二人を一緒に見た時は、大抵の人がそう思う事だろう。
きっと、巡ちゃんが自分の手を離れていくことが心配だったんだと思います。
である幸人さんに、ちょっと意地悪したくなったんじゃないでしょうかだから、旦那様つまりこれは、巡を想う気持ちの裏返しってわけか「それにしても…随分簡単に名前を書きましたね」
「当たり前ですよ。俺は巡のこと本気ですから」
「まあ…ふふっ。どうやら、巡ちゃんの目は確かなようですね。
なら、私も安心出来そうです」
幸人さんが巡ちゃんの旦那様面と向かってそう言われると、ちょっとこそばゆいな「巡ちゃんは、ちょっと無愛想で、世間知らずで、エキセントリックな子ですけど…でもとっても良い子なんです。あの子のこと、よろしくお願いしますね」
「あいえっ、こちらこそ…」
七生さんに深々と頭を下げられたので、反射的にこちらもお辞儀をしてしまう。
なんか、親御さんに挨拶しに来たかのような感覚だな…