ひとり暮らしの女の子のお部屋拝見~ロリ素人のエッチな性生活~

ロリ好きのみなさんボディーもお顔もロリロリな女の子、清水好子ちゃんのひとり暮らしのお部屋にお邪魔しちゃいます。早速、好子ちゃんのお部屋で、やりたい放題やっちゃいます。身体を弄繰り回し、感じまくりの好子ちゃんに電マで刺激しまくり、ビショビショに濡れた好子ちゃんのおまんこにフェラチオしてもらい、ギンギンにオッ起ったチンコを挿入して、ガンガン突きまくちゃいます。そして、イキまくりの感じまくりな好子ちゃんのおまんこに中出しフィニッシュ!!本当に可愛い顔して、メチャクチャエッチな好子ちゃんをみなさん是非ご覧下さい!
動画:ひとり暮らしの女の子のお部屋拝見~ロリ素人のエッチな性生活~

「七生姉、そういうの恥ずかしいからやめてよ…」
襖の向こうから、様子を窺っていたらしい巡が近付いてきた。
「ごめんなさい、先生。でも、どうしても気になっちゃって…」
「いや、それは別に構わないけど…」
さきほどのやりとりを覗かれていたか…巡がいないから勢いで言ってしまったとはいえ、ちょっと恥ずかしいものがあるな。
巡も恥じらいからなのか、その頬が赤く染まっている。
「ふふ…さて、そろそろご飯の準備しないとね」
嬉しそうに笑って立ち上がり、七生さんが台所へ向かう。その場に残された俺とめぐるの11人になった。
「先生、勢いで婚姻届なんか書いちゃダメだよ。私にもちゃんと相談して」
すまん、ついだけど…巡は勢いじゃなければ、いいってことか?
そう言って、巡は赤い顔を隠すように俯いた。
「そう言ってもらえるのは嬉しいけど…」
晩ご飯前じゃなかったら、この場で押し倒していたかもしれない…それくらい、今の巡「先生?」
「くうう…」
いかん…可愛いそしてこの時、俺は自覚した。
俺って、もうどうしようもないほど、巡に惚れてるんだなあ…本当に、ここまで巡に本気になるなんて、自分でも思わなかった。
巡との出会いは偶然だけど、俺はそう固く心に誓った。
この出会いを大事にしよう。
ん島渡りがつなぐもの】俺が婚姻届にサインをした日から数日が経った。
「いただきまーす」
「いただきます」
「はい、召し上がれ」
七生さんが作ってくれた料理の並ぶ食卓を、ご飯だ。
四人で囲む。
新鮮な魚や海藻を使った和の朝では、早速刺身を一口「うん、美味い!」
ありがとうございます。
そのお刺身、今朝とれた魚を捌いたんですよ。
お口にあって良かっ「あさりの味噌汁も、出汁が出てて美味しいけど…」
なんだ、不満なのか?
不満とかじゃなくて…たまには洋食も食べたくなりません?
「洋食、ねえ…」
この状況でこの台詞どこかで聞いたような…例えば、フレンチトーストとかスクランブルエッグとか、そういう横文字なごはんをたまには食べたくなってくるじゃない?
「まあそうだなあ。俺はトーストにジャムつけて食べたいな」
ここは食料は豊富だが、魚主体のためにたいていは和食になっている。
日本人の身体にあってるし、七生さんの調理の腕もかなりのものなのだが、ろそろ飽きてきてしまう。
「一応卵ならあるわよ?はい、カラスミ」
「わぁ美味しそう!ってこれ魚の卵!!」
魚ばかりではそ息の合ったノリツッコミだな…さすが、小さい頃から一緒なだけの事はある。
じゃあ、今度は魚をムニエルにしてあげようか?
「あ、それ良いな。出来ればレモン搾りたい」
賑やかに食事をしている二人とは対照的に今日の巡は、やけに静かだ。
会話にも混ざらず、一人でもくもくとご飯を食べて…何かあったのだろうか。
そういえば、巡との事で思い出したけど…俺と巡が結ばれたというのに、気配が全く見られないのが少し気になる。

結界が解かれる俺も巡もお互いを想い合い、この先もずつと一緒にいる事を誓い合った。
これで、島渡りの儀式は果たされたはずだ。なのに、島全体には相変わらず不思議な力が働いて、俺たちは島を出ることが出来ない。
もしかして…巡が最近、あるんじゃないだろうか。
時々何か悩んでいるような表情を見せるのって…それと関係が
ごちそうさま!
「あれ?巡ちゃん、まだ残ってるけど…」
「ごめんなさい…あんまり、食欲が無くて」
それ、昨日も言ってたわよね。まあ、私が残りを食べられるから別に良いけど巡が席を立つや否や、響が残った刺身に箸を伸ばす。
巡はそれに見向きもせず、静かに居間を出ていってしまった。
「幸人さん、ご飯のお代わりは…」
「すいません…俺、ちょっと行ってきます」
「えっ」
巡の様子が気になった俺は、箸を置いて後を追いかけた。
ふふ、ちょっとは恋人らしくなってきたみたいね
そう…?恋人らしくって言うんなら、巡がああなる前に何とかするべきじゃない?
それが一番の理想なのは間違いないけど…でも、今回の場合は幸人さんだけの責任じゃないかもしれないわね…こっちのほうに来ていると思うのだが…確か巡は、あいた「はあ…」
やはり表情が暗いな…一体どうしたんだろう?
社務所の前を箒で掃きながら、やっぱり、普段とは様子が違う。
溜め息をつく巡こうなったら、直接聞いてみるか…
よう、巡
えっ…..俺と目を合わせたかと思うと、巡はすぐに視線を落としてしまう。
「どうした、急に掃除なんか始めて」
「別に…ただ、特にする事もなかったから…」
「そうか…」
やはり何か隠している感じがするな。
まどろっこしいのは苦手だ。
直球勝負でいくしかない。
なあ、巡

めがね素人~可愛いすぎてメガネに発射しちゃいました~

今回は相当レベルの高いメガネっ子を用意しましたよ!あなたの理想のメガネっ子かもしれません!軽く会話をした後に、浴衣を着て貰い、体を全身愛撫してのボディチェック!体は全身性感帯みたいで、どこを触っても気持ちよさそうです!フェラチオにメガネって、なんかものすごくエロくって、破壊力抜群なんですね!マンコもドロリッチになったので、生チンコで生姦しちゃいます!最後はやっぱり「アレ」で締めさせて貰います!気になる方はこちらから!
動画:めがね素人~可愛いすぎてメガネに発射しちゃいました~

「なに?」
その、単刀直入に聞くんだが…最近、何かこう悩みとか、心配事とかあるんじゃないˋ奄こ「少なくとも、俺にはそういう風に見えるんだが…」
「えっう、うん…そうだけど」
だったら、どんな些細な事でも言ってくれて構わないんだぞ?
「恋人がそうやって落ち込んでいると、俺も心配になるし…」
「そ、ずるい…」
そういう言い方巡が頬を染めて恥じらうのを見て、俺は少しだけ安堵した。
「それで…本当は、どうなんだ?
まだ若干躊躇った風ではあるけれど…巡は、ゆっくりと口を開いてくれた。
その実は、結界の事で…」
その一言を聞いて、俺は内心でやはりと思う。
「先生と私が結ばれて、島渡りの儀式は成し遂げられた筈なのに…私達は、められたまま。その原因が何なのか、全然分からなくて…」
まだここに閉じ込俺が先程、朝食の席で考えていた事と同じだ。
心配しているに違いない。
あの二人も顔には出していないが、内心では何か、他に条件があるのだろうか?それとも…
それにもう一つ、気になる事があるの
気になる事?なんだ?
私と先生が結ばれてから…急に、媛神様が現れなくなったでしょ?
言われてみれば、最近姿を見ない気がする。あの媛神の事だから、俺と巡の関係にあれこれと口を出してきそうなものだが…
そのせいなのか、最近は、私の勘があまり当たらなくなってきてるの…このままじゃ私、みんなの役に立てない「いや、そんな気に病む事じゃ…」
でも、神と人を仲立ちするのが巫女の領分だから…それを失ったら、私…
なるほど。
それで巡は、最近元気がなかったのか。
巡の落ち込んだ顔を見るのは、俺も辛い。
そんな巡に今、俺がしてやれることと言えば…
…きゃっその小さな身体を包むようにして、そっと抱き締めてやる。
大丈夫だ、巡「せ、先生?」
「もし、このまま結界が解けないんならいっその事、この島でずつと一緒に暮らしてもいいしな」
この島でって、そんな…「だからさ…元気、出してくれよ」
自分の気持ちを言葉と、巡を抱いている両手に込めて伝える。俺に出来る事なんて、これくらいしかないけれど…「先生、ありがとうでも、やっぱり自分の力が発揮出来ないのは、情けないの」
巡「ごめんね、先生の気持ちは、嬉しいけど…」
そう言って巡は俺の身体から離れ、暗い表情のまま俯いてしまう。
どうやら、今の巡を元気付けるのは一筋縄ではいかなぃようだ。
となれば…「分かった。けど、これからは何かあったら、俺に相談してくれよ?
が悩んでるのを見てるだけなんて、彼氏として耐えられないからな」
「うん…ごめんね先生、心配かけて」
そんなに謝るなって。それじゃあちょっと、「うん、行ってらっしゃい」
俺は山の方に行ってくるよ
巡に見送られながら、俺は山へと続く道を歩き出した。
りつける山道を進む「よし、そろそろだな…」
鳥の鳴き声を聞きながら、太陽の照俺は額の汗を拭った。
目的の場所に辿り着いて、
うん、元気そうだな最近、俺はみんなに内緒でこの場所に通い詰めている。
その理由は他でもない、蘭の世話をするためだ。

つい先日に山菜を探して山に入った際、この場所に蘭が自生しているのを偶然見つけた。
鮮やかな紫紅色の花弁…これは野生の紫蘭だ。野生では準絶滅危惧種であるため、野に生えているのはとても珍しい。
ある程度の大きさに育ったら、巡にプレゼントしようと考え、それ以来大事に世話している。
思い返してみれば、俺は巡と結ばれたというだけで、恋人らしい事を何もしてやれていない。
俺の力では、結界をどうこうする事は出来ない。ならばせめて、巡を元気付けてやりたい。
この蘭を見て、巡が少しでも笑顔になってくれたらいいけど…それを籠に入れる。
そんな何気ない動作ですら、手足砂浜に打ち上げられた海藻を拾って、が重く感じてしまう。
せっかく、先生が心配してくれたのに…私、そっけない態度をとっちゃったあの時の事を思い出して、自然と溜め息をついてしまう。
失われちゃったのかしら…だとしたらもう、私の、巫女としての力は…本当に、戻ってこないのかもしれない「巡ちゃん」
え俯いた顔を起こしてみると、そこには七生姉が笑顔で立っていた。
「一人じゃ大変でしょ?私も手伝うわね」
そう言って、七生姉は私と一緒に腰を屈め、ワカメや昆布を拾い始めた。
かる。七生姉が、ただ手伝いに来ただけじゃないって事が。
「七生姉…」
けど…私には分
さっきの、先生との話聞いてたでしょ?
一瞬、七生姉の手が止まったのを私は見逃さない。
「やっぱり、バレてたのね」
「七生姉の考えそうな事だから…そのくらい分かるわよ」
「助け船が必要かなって思ったの。だって、私は巡ちゃんのお姉ちゃんだから」
相変わらず、七生姉には敵わないな…私のこといつも考えてくれてる。
「巡ちゃんはあの時、自分の力が失われた事がショックだって言ってたけど…」
私だけが背負わされたそう。
使命巫女としての、私の役割。
媛神様と人とを仲立ちできるのは、その力を使えない今の私は…
でも、本当はそれだけじゃないでしょ?

大人になった幼馴染に我慢できなくなった僕

社会人3年目の僕はお盆休みに帰省したものの実家の風景と町の様子は以前と全然変わっていないが、ただ一つだけときめく事があった。小さい頃妹のように可愛がっていた隣の家の子・舞希香ちゃんがビックリするほど可愛くなっていた事だ!大人の女に変身した香ちゃんとのHな妄想につい勃起してしまった僕、そして我慢できなくなった僕は家族の目を盗んで香ちゃんの家に向かうー!
動画:大人になった幼馴染に我慢できなくなった僕

七生姉の言葉に、思わず息を飲んでしまう。
これから言おうとしていた事を先に言われた。
まるで、私の葉を先読みしたかのようにでも、そんな先回りはあまり不快ではない…七生姉って、「聞いて七生姉·私、不安なの」
「うん、お姉ちゃん、ちゃんと聞くよ。だから何でも話して」
本当のお姉ちゃんみたいだ。
七生姉のその優しい笑顔に励まされ、私はそっと口を開いていく。
「島渡りの儀式で媛神様と男性役が結ばれることによって儀式が完成して、結界が解かれるはずなの。でも、未だに結界が解かれないということは…裏を返せば私と先生が本当に結ばれてないという証拠なのかもしれない」
そんな七生姉に対して、気付けば私は思うままの心情を吐露していた。
「そ、そんなことないわよ。幸人さんは巡ちゃんのこと、本当に大切に思っているはずよ」
うん先生は本気だと思う…けど…
「けど?」
「先生は、自分でも気付かないうちに…媛神様を求めているんじゃないのかしら。本当は私じゃなくて、私の奥にいる媛神様を見てるんじゃないかって思うと…」
ギュッと握った拳の隙間から、それがサ拾うべき海藻がなくなって、ラサラと零れ落ちていく。
「考え過ぎよ、巡ちゃん」
私は砂を掴んでいた。
私の肩を、七生姉が優しく叩いてくれた
幸人さんは確かに恋愛に不器用なところがあるけど、そういう間違いをする人じゃないと思う「そうよ。
だから大丈夫」
「そうだと、いいんだけど…」
そうなのかな…先生の瞳には…本当に、本当に、私が映っているのかしら「はあ…」
結局、巡は今日一日表情を曇らせたままだった。夕飯こそしっかり食べていたものの、も以上に口数が少なく終始俯いているように見えたいつ改めて、自分の不甲斐なさに腹が立つ。
なんとかしてやりたいけれど、どうする事もできな何をしてるんというか、こういう時にこそ、だアイツは…媛神の奴がしゃしゃり出てくるべきだろうに、巡の力が弱くなってしまったから、人格の入れ替わりも起きなくなった、という事なのだろうか…寝てしダメだ、考えても埒が明かない。
まうか…あれこれ悩んで眠くなってきたし…今日はもう、
先生が寝ているのを確認して、私はこっそりと部屋に入る。
七生姉は、ああ言ってくれたけど…でも、やっぱり確かめたい。
先生は、本当に私の事を想ってくれているのか…先生の寝顔を見て、その思いが一層強くなっていく。
この前みたいに、二人の夢が同調すれば…多分だけど、心の奥を覗く事が出来るその力がまだ残ってるかどうか分からないけど…でも、試してみる価値はあるはず。

布団に手を掛けたところで、決意を固めた筈の気持ちが揺らいだ。
本当に、こんな事をしていいのか…そんな罪悪感が頭を過ぎるでも、知りたい先生の、本当の気持ち…私は軽く頭を振って、先生の布団に潜り込んだごめんなさい、先生。
ちょっと、ルール違反かもしれないけど今日だけは許してこれは、どういう事だろう…眠りに就いたはずの俺の頭に、戦争の情景が次々と浮かんでしく戦艦を爆撃する戦闘機、逃げ惑う人々、拳を振り上げる指導者…まるで、鮮明な映像が流れては消えていく。
映画か何かを見せられているかのように、そうか…これは夢だ。
俺はきっと、夢を見ているんだ。この島に来てから、俺は今、島の記憶に触れている…何度か見た隠津島の記憶。

って、唐突に形式が切り替わり、俺は社務所の前に立たされていた。
これもまた恐らく夢の続きなのだろう。社務所も社も、時を隔てても巌のように、ここは…ここに存在している。
この社はとても古くから、この島に在り続けたのだろう。
少し離れた所に、巫女装束に身を包んだ巡らしき人が立っているのを見つける。
俺に背を向けているので、こちらには気付いていないようだ。
巡もこちらに気づき、にっこりと笑って近寄って来た。
「ああようやく逢えました…」
ようやく遭えた…^その笑顔を見て俺は確信する。
この人は巡じゃない、巡ではなくもっと別の時代の
もしかして媛神なのか?
それとも…その表情から、俺は目が離せない。
ずっと…ずっと、待っていました釘付けになって、貴方の事を互いの瞳を見つめ合う。
待っていた?
俺を…?
どうして、そんな…何か思い出さなければいけないような気がする。
俺は、この人と…約束を果たすために…ここに来たのか…^胸の奥から懐かしさのようなものが一気に込み上げてきた。
そう、約束そう気付いた瞬間、媛神は何も言わず、俺を見つめたまま距離を詰めてくる。そして、で接近して…それでも、俺は目を逸らす事ができなかった。
二人の顔が目と鼻の先ま何をされるか、直感で気付く。
俺にそれを拒む気はなかった。

ちゅっ!