飛びっ子両穴責めで揺れるFカップ巨乳

可愛いお顔の巨乳ちゃん、その名も蒼井まゆちゃんの登場です!!今回は、まゆちゃんにとびっこを装着して、散歩してもらちゃいます。敏感なまゆちゃんは、おまんこをグチョグチョに濡らし感じまくります。そして、今度は車に戻っておまんこを指マンでさらに濡らしちゃいます。最後は、大自然の中で野外SEXを堪能しちゃいます。フェラチオをさせて、チンコをギンギンに起たせて、まゆちゃんのおまんこにぶち込み激しく腰フリしまくり、最後は、中出しフィニッシュ!!大自然の中で揺れるFカップはたまらなくエロイです。みなさん今すぐご覧下さい!!
動画:飛びっ子両穴責めで揺れるFカップ巨乳

あっ、ああっ!ダメぇっ、ダメなのにいつ······ん、んあっ、はっ、はぁんっ!私っ、お尻マ●コでご奉仕してっ、先生のオチ●ホ気持ち良くしてあげなきゃいけないのにっ…私のオスマ·コ、どんどん熱くなってえっ…私の方が、オチ●ホ欲しくて、たくさん動いちゃううっ!!
ないハメ腰で·オチ·ホ搾っちゃうのぉ!!
「くうう!!」
そ、そんなに責められるとこっちだってぇ…「くうううっ!!め、巡う!」
す、好きだ!
お、俺だってもっとおあああっ!!
もっと、もっと…巡を気持ち良くしてやりたい!
んああああああああああああああつ!?
肉棒をつ、巡の奥深くにっ!
はぁあああっ!!あっ、お、すごい、告白セックスう!!
てえっ、お腹まで届いちゃうぅぅっ!!
巡っああっ!!
お尻マコ突き抜け巡っ!!
好きだ、大好きなんだあぁっ!
あああっ!!
俺ももう…腰が止まらないっ!!
んあああっ!!あっ、ああっ!!ダメぇ、そんなに告白しながら、オスマ·コはめられたらあーぁぁぁっ!だめえ!!先生のオチ●ホで感じちゃうぅぅぅぅっ!!男の娘マ●コがメス堕ちしてぇ、完全にご奉仕マ●コになっちゃうぅぅぅっ!!
それ以上激しくされたらあっ!
私が射精しちゃうのおおおっ!!
おち·ちんイッちゃうぅっ!!
はっ、はぁああっ!!
ポズボズポされてっ、オチ·
ああっ、ん、んはぁっ!!
あっ、うんつ、一緒おっ!
一緒がいいのぉっ、先生と一緒にいっ!!
巡も、俺もっお互いを、激しく求め合っているっ!
はっ、はぁああっ!あっ、あっ、ああっ、ん、んあああっ!

心も身体も重ねてっ…一つになる、この感覚っ…
あっ、んぁぁぁぁっ!!ああっ、はっ、はぁああっ!あんっ、ああんっ!!
普通のセックスじゃ絶対に味わえないっこんな気持ち良さ、
先生えええっ!私もうイッちゃうぅぅぅっ!
巡っ!

イッちゃうからぁあああっ!!
巡ううっ!!
俺も、もうっ…!
んんあああああっ!!
はっ、先生のオチ●ホもビクビクしてえっ!
射精準備してるのおおお
はぁああっ!!あっ、先生っ!イッてつ、イッてぇっ!!オスマコの中でオチ●ホイッてぇぇぇっ!全部受け止めるからあああっ!!先生の精子も、愛情も、気持ちも全部受け止めてあげるからああああああっ!!私の中に、全部注ぎ込んでええええええええええええっ!!
回ドクンッドクンツードクンツ!
ドクンツードクンッ!
ドクンッ!
んあああああああああああああああああああああああああああっ!!
ドクンッ!
ドクンツー頭が真っ白に?
’巡と、同時に射精してっ…’
あっ、はぁああっ…!あっ、ん、んあああっあっ、はぁっ…はっL「ああっ先生と、一緒に気持ち良くなってぇっ私まで、射精しちゃってるぅっ…」
くうっ…と、止まらないっ一滴残らず、射精してしまいそうだっ…の愛情でいっぱいそう口にした巡が、どこか嬉しそうにはにかむ。
俺は、射精が止まるまでの間ずっと、その笑顔を眺めていた。
はっ·はぁっ、はっ、んあっ精液を全て搾り取られ…朦朧とした俺と同じくらい、蕩けた表情をしている巡そんな巡俺の肉棒を微笑みながら見つめている。
嬉しいこんなに、出してくれては、「それだけ…巡の事が、好きって事だ」
うん…私も先生の事、大好き﹂ああ…その一言で、もうすべてが報われたような気がする。
「これからはずっと、先生と一緒にいられるのね…」
「…ああ」
「これからは、いつでも先生と、こんなに素晴らしい事が出来るんだ…」
「…ああ」
俺の目を見つめて、「ねえ、先生…」
「なんだ…?」
うっとりとした表情になる巡「えっ?」
「オチ·ホ、まだ元気みたいだけど…」
くううっ!!
巡のお尻が「巡、そんなイタズラをされたら…」
お、俺の肉棒を包み込んできた…!
..!
すぐに巡と繋がりたいって思ってしまうじゃないか。
「クスクスいいよ、たくさんしよ。
先生…」
そして、俺達は夢の中で、満足ゆくまで身体を重ね合った。
これまでの空白を補うかのように、何度も何度も
空が見える…頬をなでる風の感触、潮の混じった草の匂い。
ようやく俺は帰ってきたのだと気づいた。

激カワマッサージ師に即ボッキ!

体をほぐすことのプロマッサージ師がおっぱいを揉みしだかれて登場!ゆきちゃんはエッチなことが大好きらしく、刺激のあるプレイがしてみたくて、応募してくれました。ビンビンのチンポをマッサージして貰い「カチカチにこってます」と手コキしてくれます。さらに、フェラチオまでしてくれる、ゆきちゃんはサービス精神旺盛ですね!!最後は生姦中出しで、チンポを子宮の奥までぶち込んで激しくザーメンを発射しちゃいます!
動画:激カワマッサージ師に即ボッキ!

「ん…」
すぐ傍に、巡が立っていた事に気付いた。
巡、大丈夫か「先生…」
カ?
そんな風になってしまうのも無理はない巡は呆然としたまま、のかもしれない。
顔だけを俺に向けてくる。
俺達はついさっきまで、何年もこの島に根付いていた、幾つもの想いに触れていたんだ。
そんな奇跡に触れて、俺自身何をどう口にして良いのか分からないし…巡も、きっと同じ気持ちなんだろう。
「ねえ、先生…」
しばらく、二人で立ち尽くしていると…巡が、俺を呼んだ。
「どうした?」
「あれはきっと、私なのね。媛神であった私もかつて、この島で出逢った私も…今、ここにいる私も全部、同じ白分なのよ、きっと」
幾つもの願いに、幾つもの魂に俺たちは触れた。だからこそ…巡には伝えたいことがある。
「そうだな…、だからこそ巡、お前の巫女としての力は…決して重荷なんかじゃない」
巡の、特別な力はその時代時代に積み重なっていった、切実な想い…その結晶なんだろ「そして今、俺達は…確かに、それに触れたんだ」
「うん…私の力は無意味じゃない。昔と今は、確かに繋がっているのね」
目を閉じ、胸に手を当て自分の中に流れる、魂に語りかけるように、巡が言葉を発する私、ようやく分かったの。自分がどうして、この地に生まれたのか。どうして、この島にやって来たのかが…それは…過去と未来を、先生と一緒に繋ぐためだったのね
「…ああ」
過去と、未来を繋ぐ…それは即ち、俺と巡の未来を.「先生…私見つけたわ。私達の可能性を」
そう言って、巡が微笑んだ瞬間突然光が一面に広がり、俺は顔を覆った。
「わあ…」
なっ目を見開いて蛍のような光が、俺は言葉を失った。
巡を取り巻いて空中を浮遊している。
「これは一体」
「これは魂…報われなかった命が、なんとも幽玄なその光景を前に、この神秘的な光が…かつての、いま天に還っていこうとしている」
俺はその美しさに圧倒される。
魂なのか…「なっ…」
この隠津島を舞台に、積み重なっていった、想いや願いいつの間に、巡が媛神に「それが、島渡りの儀式によって解放され元の場所へと、帰って行くのです。そこは、魂のふるさと…全ての命が帰する、大いなる源」

魂の、ふるさとって、お前…「ごめんなさい、幸人さん。生憎、あまりお話をしている時間がないんです」
えっ?
「そろそろ、私も帰る時間ですから…」
帰るだって…?
「ええ、私が消えれば、結界も自然と消えるでしょう…これで、島の外に出ることができます。
貴方達にはもう、神は必要ありません。これからは、神に振り回されることなく自分の人生を生きてください」
ま、待てよ…「大丈夫ですよ、幸人さん。消えると言っても、一時的にこの世からいなくなるだけです。貴方も身を持って感じたように…魂は不滅です。いずれ形を変え、いくつもの時代を巡ってまた現れる…物語は、そうして輪廻していくのですよ。でも、私達の旅はここで終わり。次は、貴方達が新しい物語を作る番です」
友申,,...
「私達は、巡りゆく存在…」
巡と媛神が重なって見える…まさしく、魂を同じくした姉妹のように「かつての魂は、新しい生命へと受け継がれていく…それが、私達の未来…先生と私の、しい可能性」
「え…」
新そ、それって、子供が?
新しい生命…?
まさか…!
まさか…俺達の、その問いかけに返答するかのように、巡は笑いながらそっと手を伸ばす。
「さあ、先生…今度は、私達の物語を始めましょう」
不意に差し出された巡の手を…「巡…」
俺は、しっかりと握り締めるもう二度と、離してしまわないよう「あっ…」
すると、巡の周囲に舞っていた光の粒が、まるで祝福するかのように俺の周りを飛び始めた。
そしてその光に包まれたまま…俺たちは顔を近づけ

ドM娘覚醒

有名ミスコンの最終選考まで残ったFカップ美女の宮崎愛莉ちゃんが変態セックスの洗礼を受けマゾ覚醒!マゾ的言葉責めでオドオドした表情をするが乳首を触るとピンコ立ち。緊縛されてイラマチオや指マン&強烈な玩具責めをするも愛莉の表情は奇妙なことにうっとりしてる!バックから極太チンコを挿入すると、全身ビクビク感じまくり!手足をバタつかせ痙攣しながら狂ったように連続イキしちゃいます!
動画:ドM娘覚醒

「はむ...。..」
「ん…」
光となった魂達が、歓喜するように夜空へ舞い上がっていく。
俺はその光景を眺めながら心の何処かで、懐かしさを覚えていた。
【物語のはじまり】その後、島渡りの儀式をやり遂げた俺達は、り着くことができた。
4人揃って隠津島を離れ、無事に中津島にたどそれから、一年が経ち…港の船着場は多くの人でごった返している。
その中に俺たちの目的としている人物も居た。
お帰りなさい、「ただいま」
響ちゃん
中津島の港で、船から下りてきた響を出迎える「おかえり、響」
「ただいま…って、やっぱり先輩にお帰りって言われるとなんか、違和感がありますね…」
「響にそう思われるってことは…まだ、完全に馴染んではいないってことだな」
「そうですね、精進してください」
そう言って、響が冗談っぽく笑った。
にしても相変わらず、何も変わらないわね、ここは「それが、最近はそうでもないのよ」
え、何かあったの?
「七生さんが代表のNGOの活動が、段々と軌道に乗り始めてな」
そのお陰か、近頃はこの島の自然が評価されて、エコツアーの観光客も増えているの「ふーん…言われてみれば、船の中も知らない人が多かったような…あ、そうだ先輩、ないうちに…」
忘れ「はい、お土産。関東限定のカップラーメンです」
「おおつ!ありがとう!これ、こっちじゃ売ってないんだよな」
どういたしまして。先輩の方は、調子はどうなんですか?
まあ、それなりに頑張ってるよ。鉄爺から漁の仕方を習ったり、七生さんの手伝いをした七生さんの立ち上げたNGOが今、積極的に行っている島への定住プラン。
新規定住者向けのそのプランは、住宅の手配や仕事の世話といった手厚いサポートが好評で、俺の他にも何人かの定住者がいる。
今、この中津島は、徐々に人口が増加してきているのだ。かくいう俺も、そのプランのお世話になって、この島で暮らしているわけだ。
「まあ、無事でやっているなら何よりです。あー暑い…」
響ちゃん、荷物を置いて少し休んだら?
そうね。それじゃ、お言葉に甘えて…「しばらく泊まっていくんなら、別にウチでもよかったのに」
「何言ってんですか…いくら親戚とは言え、新婚夫婦の家なんかに泊まれるわけないでしょ」

新婚夫婦…そう言われると、ちょっと恥ずかしいな
そういえば、巡の調子はどうですか?変な事になったりしてないですか?
「ああ。今のところは元気にしてるよ。お腹も、段々大きくなって…」
にしても、まさか巡がおめでたなんて…

楽しみね、幸人さんと巡ちゃんの赤ちゃん4さっぱり分からないが…巡はそう。一体、どういう仕組みでそうなってしまったのかはどうやら、俺の子を妊娠したようなのだ。
それが発覚した時は、島中で相当な騒ぎにもなったのだが…媛神の奇跡が起こったう巡の一言で、島民はみな一様に納得した。
といその辺は、やっぱり巫女としての巡のカリスマ性がものを言ったのかもしれない。
あ、幸人さんは、生まれてくる子供はどっちだと思いますか?
「どっち…?」
「性別ですよ、性別男の子か、それとも男の娘か」
ぞれ二択になってないから!!
「だって、巡ちゃんが生む子供なのよ?女の子はあり得ないでしょ」
確かに、言われてみればそうだな…巡と俺の子供…か·カ…一瞬、媛神のことが頭に浮かんで…俺は、やっぱり男の娘なんじゃないかな…何となく思った。
新婚だというのに初々しいこの反応…欲望の赴くまま、二人で互いの身体を熱心に重ね合っていく..