初めての3P~男に飢えてる娘に友達紹介します~

メチャクチャ可愛いロリガールのかなでみくちゃんが、なんと人生で初の3Pに挑戦してくれちゃいます。しかも相手は、ほぼ童貞くんなんですょ~。しかし、みくちゃんは男に飢えているから、童貞なんかお構いなしなんです!!男二人に襲いかかり、エッチな事をいっぱいしてから、ギンギンになったチンコをみくちゃんのパイパンおまんこに挿入して、激しい3Pを始めてしまいます。交互にチンコを突き刺され、みくちゃんのおまんこは大変な事になっちゃいます。しかも、最後は連続で中出しフィニッシュ!!みくちゃんのおまんこから流れ出す、ザーメンが、たまらなくエロイです!!
動画:初めての3P~男に飢えてる娘に友達紹介します~

そう言って、響は外に出ようとする。
「響ちゃん、どこへ行くつもりなの?
帰るの。船が壊れてるなら治して動かせばいいのよ。
いわよ」
「響は私たちの言うことが信じられないのね」
これ以上、与太話には付き合ってられな
信じるわけないでしょ。
「証拠があれば信じる?
媛神の力とかそういうの、今は科学の時代なのよ」
だから、証拠があれば信じるの?
そりゃまあ信じるけど「じゃ、信じさせてあげる」
と言うわけで連れられて外に出てきたわけだが。
「隠津島の砂浜」
媛神がうつほ船に乗って辿りついたという、伝説の始まりの場所なんです
「へえ...。..」
そんなの知ってるわよ。私に観光させたいの?
「この島はね。外海に出ようとすると潮流によって島に引き戻されるの。その潮流がたどり着くのがここ」
「と言うわけで、この浜には外海からの漂流物がたくさん打ち上げられているんですよ」
「そう、例えばこんな風に」
と、巡が浜から木片を拾って俺のほうに渡してきた。
「なにこれ何か文字が書いているけど…」
「どれどれ」
俺はソレを手にとってしげしげを眺める。
「これは江戸時代の船鑑札っぽいな」
「正解。良く知ってるね」
「江戸時代?でも、これどうみても目新しいわよ」
でも、ここに年代が書かれているぞ。えっと…船主酒田善右衛門天保六年
ちょっと嘘でしょ。天保年間って言ったら、「ちなみにこれがかの有名な天保銭」
水野忠邦が老中の頃でしょ?
と、今度は浜から天保銭を拾って、こっちに差し出してくる。
「質の悪いお金だから、額面での取引はされない。よって金額が足りない。
るスラングになって、昭和のはじめぐらいまで使われていたらしいわ」
転じて馬鹿を意味す
はい響-
なんで私に渡すのよ!
一年の時間の差。そして浜に打ち上げられている江戸時代の文物…

「だいたい何を言いたいのか、なんとなく想像がついてきたぞ」
「先輩、私もです」
そう、どうやらここは時空が歪んでいるようなの
この前なんて平安時代の烏帽子が流れてきたの。今時そんなもの漂着するかしら?
「うむそう言われて見ると…」
ここにある品々は確かに江戸時代のものっぽく思えてくる。
それに、彼女たちが俺たちを騙
しているのだとしても、どうしてそんなことをするのか理由が見当たらない。
あまり信じてなかったが、もしかして…
仮に1年間私達が行方不明になっていたとしても、島を出ることも出来ずに、私達はどうして生き残ることが出来たと思う?
「この浜には不思議と米や野菜が流れ着いてくるの。まるで私たちの都合に合わせているかのように。だからね、私たちは何者かによって生かされていると考えているわ」
何者って誰のことを言ってるのよ?
「それはもちろん媛神様よ」
本気?七生姉
もちろん本気。じゃないと説明がつかないもの私たちの”島渡り”の儀式が中途半端であったため、媛神の力も目覚めることなく中途半端な形で停止した。ゆえに儀式を完成させるために、人知の及ばない力が介入して、私たちをここに引き合わせている。そう考えてもいいと思うわ。と言うわけでおめでとう。あなたたちは神に選ばれましたと、言われてもちっともめでたくないんだけど…だが、どうしてかな。言ってる内容は荒唐無稽だが、あの子の言うことは真に迫っているように思えた。
なあ響、あの子の言うことって妙な説得力がないか?
「巡は媛神さまのご宣託を伝える一種のカリスマなのよ。そうして代々、この島の巫女は人々から崇め奉られているのよ」
「カリスマ…さっきから説得力を感じるのはそのせいか…」
「もっとも、私は信用しないけどね」
「頑固だなぁ」
だったら、私の目の前で神の力を顕現させてみなさいよ!証拠見せるって言ってもさっきから煙に巻いてるだけじゃない!
へえ…本当にいいんだ
ええ、望むところよ!
「七生さん、この二人ってさっきから対立してばっかりですね」
「ちょっとした因縁があるんですよ…巡ちゃんも響ちゃんが絡むと珍しく感情的になるのよね」
大いなる媛神よ顕れたまえ!
ゴロゴロな、なんだ、急に雷が..「隠津島比売命にかしこみかしこみもうしあげ奉る。どうかこの不心得物に神罰を下したまえ」
ちょっとストレート過ぎないあんた?
「障りたまえ祟りたまえ、願わくば神威を顕したまえ」
おい、響。謝ったほうがいいんじゃないか?
「いやよ、神罰なんてそんなオカルトあるわけが…」
ゴゴゴゴゴゴゴまずい、雷の音がどんどん近づいて
の「あ、あれ?」
急に空が晴れて、何事もなかったかのように青空が現れる「ふん、やっぱり何も起こらないじゃない」
さんざんビビッてたくせに!
ビビッてないわよ!何が媛神よ何が神罰よ。そんなのあるわけないじゃない!
ヒュ「あ…」
ピチャッ!
ん…なにこれ
ヒューピローーー「なっ!」
「もしかして、とんび糞じゃないか」
「ちょーと、取って!やだ汚い!」
「ほうら罰があたった」
もう、最悪!これだから田舎って嫌いなのよ!
と井戸で髪を洗った響が現れる。
ね、罰が降ったでしょ?
こんなの偶然よ!たまたま巡がお祈り始めた時に、しょ?ノーカンよノーカン!!

ナンパした激エロ美少女と露出エッチ

今回も可愛い女の子をナンパして、エッチな事、たくさんしちゃいます。しかも、今回のナンパでゲットした女の子は、ロリ顔でとっても可愛い楓乃々花ちゃんで~す!!いきなりとびっこを装着して、恥ずかしいお散歩をしてもらうと、おまんこはすでにビショビショに濡れてしまいます。そして、人気の少ない建物の階段でチンコに喰らいつきフェラチオしちゃいます。さらには、そのギンギンになったチンコを挿入して、突きまくちゃいます。最後は、お部屋で濃厚な絡みで激しく愛し合います。いろいろな体位で突かれた後、中出しまでされちゃいます。乃々花ちゃんのエッチな露出シーンは、必見です!!
動画:ナンパした激エロ美少女と露出エッチ

「あ、そういうこと言うとまた…」
「はぐっ!」
私の頭上にとんびが居ただけってことでドサッ「おい、今度は金ダライが降ってきたぞ」
「昔あったよね、こんなお笑い番組」
っていうか、なんでタライが降ってくるの!
「ああ、それは屋根の上でかぼちゃの種をしてたのよ」
良く見るとタライの中にはかぼちゃの種が入っている。
「食べますか?おやつに最適です」
あ、いいなあこれ、響もどうだ?
「ふん」
バシッ!!
と響は差し出した俺の手を払う。
あ、何するんだお前!!
私はオカルトとかそういうの信じないの。この世に神も仏もない、事を成すのは人のみなのよー七生姉だって以前はそう言ってたじゃない!
「確かに私もそう思うけど…長い人生、全てを運命に委ねないといけない時もあると思うのよね」
IN!やっぱり、付き合ってられないわ
お、おい!何処に行くつもりだよ?
「この島から出るつもり?無駄って言ってるのに」
今度は助けと一緒に医者も連れてきてあげる。あんたの可哀相な頭も治してもらえばいいわ!
のんさよならと言い捨てて、響は船のほうへと走っていった。
「お、おいちょっと待てって」
まったく、ややこしいわねぇ…んっとにやっぱり、かな。それなら応急処置でなんとかなるかも…エンジンじゃなくて電気系統の故障響は港にて、自分の乗ってきた漁船を動かそうと、修理をしている。
幸いなことにボートは少し弄れば動きそうなのだが…
おいおい、ちょっと待てよ。
案内役はどうするんだ?
そう、俺にはこの島で標本を見つけるという使命がある。
にも帰れなかった。
先輩、ご心配なく。

ちゃちゃと行って戻ってくるだけです。
もしてあげますから!
それを果たさぬ間は大学に帰ろう先輩の案内はそのあとでいくらでそれだと予定の日数が過ぎてしまうのだけれども…「え~~っとこれがこうなって…と、ややこしいわねえ工学部入ればよかった」
ダメだ。夢中になってエンジンを修理している。
今のこいつに何を言っても無駄だろう。
もはやこの島から出ることしか見えてない。
それに昨日の嵐で俺たちの消息も心配されているかもしれない。確かに響一人だけでも一度戻るというのはありかもな。
だけど、いいのかあの二人ほっておいて?
いいんです。何が神の力よ、ばかばかしい。仏に逢うては仏を殺せがあの人の座右の銘なのあの人とは恐らく七生さんのことだろう。
「それは臨在録だな。随所に主たれといって、自分で主体的に考え動けという教えだ」
神だの仏だの言っている間に、人は自分の力で歩くことを忘れてしまうんですよ。特にこの島連中はそうだった。
でも、七生姉は決してそんなこと言う人じゃなかったのに…七生さんのことを余程大切に思っているのか、それだけに放置しておけないのだろう。
「わかった、じゃあ向こうに行ったら大学に連絡入れといてくれ。数日ほど予定が遅れるって」
と待てよ…響がいなくなるということは、ということだよな。
あの人たちが今夜は遠慮なしに俺に迫ってくるそれはそれで考えて見れば悪くないかもしれない。据え膳食わぬは男の恥だと言うが、縁のない人生を生きてきた俺にとって、あの二人はかなり魅力的に写った。
女にここは海に囲まれた孤島。
阻むものなど何もない。
この海に囲まれた島で、あの二人と一緒の生活か正直、理性を保っていられる自信はな力1·六「先輩、顔が卑猥です」
いかん、顔に出ていたか^「一言だけ言っておきますけど…」

な?何かな?
「あの二人に手を出したら殺しますよ」
あ、はいやべぇ、すっげぇ怖い「と言う訳であいつ出て行きましたよ」
船の故障はエンジンではなく、電気系統の故障だったようで簡単に直すことができたようだ。
そうですか、それじゃ今は響ちゃんもいないし、二人きりというわけですね
いや、私がいるんだけど大丈夫かこの人…なんだか周りが見えてないような…「それじゃあ邪魔者がいないうちに…」
「邪魔者?」
「ごほんっーんっ失礼、幸人さんをしっかりもてなさいといけませんね」
気のせいだろうか?
この笑みが一瞬邪悪に見えたのは、「もてなすって何を?
うふふふふ…」
「うぉっ」
かつてない距離でくっついてくる七生さん。

スカイエンジェル 133 パート 2

質問をスタッフから受けているパイパン娘のしずくちゃん、質問に答えるが何だか具合が悪いのか目がうつろうつろしちゃって、身体を上下に振っている。カメラマンが後に下がってみると無毛のつるつるマンコで素股中だった〜!カメラがズームインすると、綺麗なマンコから愛液が大量に放出。そして熱くなってきたと上着を脱ぐと童顔からでは想像しがたい豊満なおっぱいがペロンと登場!そんな巨峰を震わせながらピクピクと連続イキしちゃいます!
動画:スカイエンジェル 133 パート 2

おそらく俺の生涯で、ここまで密着した女子は母親以外では皆無であろう。
ちょっと七生さん、近づきすぎでは「そうでしょうか?これくらい当たり前だと思いますよ。だってこれからのことを考えると私たちの身体に慣れていただかないと」
微かに鼻腔をくすぐる、女の子独特の香りがなんとも…いやいやいや違う
ねえ、幸人さん。先ほどの提案、考えていただけました?
「いや、だからそれは…」
私たちと幸人さんは、身体の相性もきっと良いと思うんです。なんなら試してみてもよろしいですけど?
「そ、そんなこと言っても、自分はまだ学生ですし!学者としても男としてもまだ未熟というかなんというか…」
でも、こちらのオチ·ホのほうは一人前みたいですよ
お一気に血が沸騰した。
こんな清楚な人から卑猥な単語が出てくる、そのギャップがたまらん。
まさかこんな僻地で女性に縁が出来るなんて、ああここはマジで楽園なのか?
「あのさ、七生姉」
「あら、どうしたの巡ちゃん」
そろそろお腹がすいたんだけど「あ、そう言えば俺も」
「もうお昼の時間かしら…早く準備しないと。それじゃ幸人さん。すぐにご用意しますから待っててくださいね」
そう言って、
ふう七生さんは家のほうに入っていった。
んいや、助けてもらったというべきなのかもしれない。
どうやら助かったみたいだ。
「貸し一つ」
「だね」
巡の助けにより危機を乗り越えたが、いつまでも凌ぎきれるか自信がない。
はあ…響のほうはどうしてるかなぁ?
それからしばらくしてザッザッザッ閑散とした島の山道を歩く、俺と巡の二人。
昼飯をご馳走になってから、予定通りに標本を採集するために俺は巡に島を案内してもらっている。
この島は亜熱帯植物の北限だけあって、だが、それ以前に珍しい植生がかなり目に付く。
どこかで見たことがさっきからデジャブというか…妙な感じがしている。
あるような気がするんだよな。
この島の風景、先ほどから、必死に記憶を探っているがまったく見当がっかない。
テレビのドキュメンタリーとかかな?それなら説明がつくけど…ねえ宗形さん
「巡」
「え?」
「巡とよんで。さん付けされるの苦手なの」
「あ、ああ…それじゃ巡ちゃん」
ちゃんづけも禁止!
巡「OK、続けて」
女の子っぽく扱われるのが嫌なのかな^
いや、この島ってテレビの取材が来た事ある?
来るわけないわ。基本的にこの島って立ち入り禁止だもの

「そっか…」
それじゃ違うか…俺は一体どこで見た記憶があるのだろうか…何か重大なものを見落としているそんな焦りが俺の中に湧いてきて、心が落ち着かなぃ。
だが、それは一体何なのだろうか?それは自分にとってとても大切なパーツが、抜け落ちてしまっているような…正体のわからない不安が残る。
くす…「え?」
め、巡
なにか懐かしいものでも見れました?
なんだろう?
何か見えた気がする。
それにさっきの巡は、どこか人が違っていたようなニュアンスが

め、巡?
何?そろそろ休憩する?
いや、勘違いかな…^どことなくアンニュイな感じなこの瞳は間違いなく、俺が知っている巡だ。
さっきのは、気のせいだよな…
何が気のせいなの?
「うぉっ!」
何時の間にこんなに接近していたんだ、「い、いやなんでもない」
そうちょっと焦る。
そう言って再び巡と俺は歩きだす。
考えてみれば、今の状況も女の子と二人っきりなんだよ七生さんみたいな積極的な態度はもちろん、この子みたいに反応が読めないのも困るよな。
何を考えているのかさっぱり読めない。あまり表情も動かないし、巫女ってそういう人種なんだろうか?
「たぶん、わたしが特殊なんだと思う」
ん?あれ、
な、なあ、さっきから俺の考え読んでないか、お前?
そんな大げさなものじゃないわ。解りやすいの「解りやすい?」
ええ、だから読める。私は勘が鋭いそれって単純ってことじゃないかな…ひょっとして馬鹿にされているんだろうか?
七生さんみたいに迫ってくることはなさそうだし。その点はやりやすいよなぁ。
「ここらへんでいい?」
ああそうだな!
まあ、植物の標本を集める準備をしようと俺は荷物を降ろして…ガサゴソ…「って何をしているんだお前!」
何って脱ごうとしているんだけど?
だから何ゆえ!?-
七生姉の話聞いてなかったの?
そ、それってもしかして子作りするとか言ってたあの…
そ、だから脱ごうとしているわけなの
ちょっ!ストップ!だから何でいきなり脱ぐんだよ!
「だって、男が女を娶る場合は、人気のない草むらとかに連れ込んで押し倒すものでしょ」
「それレイブ!どこの風習だよ」
うちの爺さまと婆さまの馴れ初めがソレだって聞いたわ。一般常識じゃないの?
「犯罪だよ」
「一応覚悟はしていたんだけど…」
いや、そんな覚悟いらないから!
そうか、まさか、どおりで巡を連れて行くときに、七生さんがやたらと励ましていたわけだ。
そこまでの覚悟でついてきたとは…

カテゴリー: ペニス奴隷