めがね素人~ロリ顔のめがねっ娘~

ロリロリのお顔にめがねの似合う可愛いお顔の秋山陽菜ちゃんが、エッチな事をたくさんしちゃいます。最初は、車の中でおまんこに玩具を入れて感じまくり、フェラチオまでしてくれます。そして、ホテルに移動して、服を脱ぎおまんこに玩具で刺激しまくると感じまくりの陽菜ちゃんに今度は、フェラチオしてもらい大きくなったチンコをおまんこに挿入して、いろいろな体位で突きまくり最後は、可愛いお顔にザーメンをぶっかけちゃいます。陽菜ちゃんのイキ顔に注目です!!
動画:めがね素人~ロリ顔のめがねっ娘~

薬草、特にケシ科の植物の病理で、この点ケシ科の植物と言えば、あの恐ろしい麻薬の原料として一般にも広く知られている。
しかし、同時にそれは医療用の麻酔薬として、手術や治療に欠かせないものでもあった。
所で、桜田謙一郎は、新婚三ヶ月の身である。
恋女房の啓子が家で待っているとなると、独身時代の様に研究で徹夜したり、皆で街へ飲みに行ったりすることも滅多に無く、毎日、夕刻になると真直ぐに家へ戻る生活だった。
その日、何時に無く興奮気味で帰宅した謙一郎は、出迎える啓子に熱っぽく語り掛けた一方、啓子は怪訝な顔である「稲のいもち病に相当する、ケシ科植物特有の伝染病があるんだが、とに、遂に成功したんだ」
「すると、その植物の病気を直すことが出来るのね」
そのビールスを分離する,無邪気に合槌を打つ啓子。
それは未だだけど、そのビールスを撒けば、ケシ科の植物はたちどころに全滅さ!
「私、判らないわ。......植物に病気を広めるビールスを見付けて分離したことが、どうして大発見なの?」
「考えて御覧よ。....の間で繰り広げられてることは、知ってるだろう?…麻薬の原料となるけし科の植物を栽培して市場から麻薬を駆逐出来るって訳さ」
謙一郎は得意げに解説した。
ホンノリと頬を染めながら、そんな夫を惚れ惚れと見詰める啓子は、傍目にもハッとする程美しい。
かつて、地方の美人コンテストで優勝しただけあって、輝くばかりに整った顔立ちとそのグラマラスな姿態は、学者の女房と言うより、女優かモデルと言った雰囲気を醸し出していた桜田謙一郎の名前と、その新発見の内容が、新聞の紙面を賑わせたのは、それから数日後のことであるしかし、麻薬の脅威がそれ程切実ではない日本では、無に近かった。
記事の扱いも地味で、一般の反響も皆ところがその翌月、国際植物学会でこの新発見の発表講演をするため、単身渡米した桜井謙一郎は、どうしたことか会場に姿を見せず、以来、その消息がブッつりと絶えてしまう。
彼の突然の失踪は、海外でのことでもあり、日本の新聞に発表されることも無く、以来、関
係者の努力にも係わらず、桜田謙一郎の行方は遥として知れなかっここで舞台は、一転して南米コロンビアに移る熱帯にあるこの国では、ブラジルと並んでコーヒーの産出量が突出していて、いたる所にコーヒーの実を栽培する大農園が広がっていたその中に混って、麻薬の原料になるケシ科の植物を栽培する薬草園が点在している。
その主力は、阿片を作るケシの実と、コカインを採るコカの葉の生産だった。
世界の殆どの国で、法律で禁じられている筈のケシやコカの栽培が、こ>では堂々と、しかも大規模に行なわれている。

農園の経営者、即ち農園主は、世界規模の麻薬の流通機構と密接に係わりを持っていて、大な富と権力とを手中にしていた巨日系の中山建造、三十五歳、もその一人で、五年前にこの地へ根を下し、大手のコーヒー園を買収して農園主になるや、北米の麻薬密輸業者と組んで事業を拡大し、財を成している。
広壮なその住まいには、私設の警備員が到るところに配置されており、邸内の大勢の使用人や農園の労働者達の上に君臨していた。
或る日、その中山建造の邸宅の庭に、降り立った日本人がいた。
ヘリコプターが着陸し、屈強の警備員に付き添われて驚いたことに、これがあの桜田謙一郎である顔は幾分やつれ気味だが、血色は良く、二人の警備員に両腋を抱えられてはいたが、足取りも確かだった。
彼の失踪の日から、早、約1ヶ月の日が経っているペルシャ製の絨緞が敷き詰められ、豪華な家具が並べられているリビングルームで、桜田謙一郎は当主の中山建造の前に引き据えられた。
ソファーでくつろぐ建造は、開く。
「お前がこへ連れて来られた訳は、説明するまでもないだろう。..表を聞いて、俺達の大切な畠に、病原菌をバラ撒こうと言う奴が現われでもしたら、からな」
目の前の床に正座させられた謙一郎をジーッと見下ろして口をそう、お前の学会での発一大事だ「そこで、俺達は、お前の口を封じることにしたんだ。
だが、それじゃ世間を刺激して俺達の商売が却ってやり難くなる。
訓練して、精神的に腑抜けにすることにしたのさ」
腑抜けって…まさか麻薬を使って「それは最後の手段さ。…先ずは、お前を徹底的に辱めて人間性を奪うことから始める」
徹底的に辱めるですって?
「そうさ。お前が人間性を失なった卑しい動物になれば、誰もお前に耳をかす者は無くなるさただ、お前を消してしまうのは簡単だから、お前をこでそれには、ここで当分の間、女達の調教を受けるんだな」
女達のですって?
「その通り。お前はこれから毎日、女達に凌辱されて暮すんだ。
を担当する女を、紹介してやろう」
そうだ、早速、お前の調教中山建造は、振り向いて手で合図する奥から現われたのは、年の頃二十余りの若い日本人の女だった。

アンダーヘア図鑑~アンダーヘアスタイルはこれに決定っ!~

さぁ~てぇ~、今回はどんなアンダーヘアが登場するのか楽しみです。ロリ顔でスタイル抜群の中嶋りくちゃんの登場です!!早速恒例のマン毛を描いてもらい、実際のマン毛と見比べちゃいます。綺麗に整ったマン毛に興奮し、電マでりくちゃんのおまんこを刺激して、イカせまくちゃいます。さらには、フェラチオしてもらいギンギンに起ったチンコをりくちゃんのおまんこに挿入して、いろいろな体位で突きまくり何度イカせちゃいます。最後は中出しフィニッシュ!!ほぼパイパンのりくちゃんの綺麗なおまんこを見て下さい!!
動画:アンダーヘア図鑑~アンダーヘアスタイルはこれに決定っ!~

背はそう高くないが、肉太でウエストが引き締まっている。
丸顔の美人で、その黒い大きな眸と厚い唇が、官能的なムードを醸し出していた。
だとさ
建造の言葉を裏書する様に、明美は、ソファーに腰掛けながら、可愛い笑窪の蔭に、ヒヤリと冷たいものが見えた。
ニヤリと笑みを浮かべる。
「その男をへ跪かせて頂戴首輪を嵌めてやるから」
明美は、手に持った袋の中をまさぐりながら、声量のあるアルトで、謙一郎の両腋を抑えている二人の警備員をうながした。
両肩を押付ける様に、明美の足元の床に這わされた謙一郎の頚に、カチリと小さい南京錠で固定される。
犬用の革の首輪が巻かれ首輪に付けられた長い鎖が、鈍い光を放っていたこの男の着てるものを取って、次は、丸裸にして頂戴
警備員達の手が、邪険に謙一郎の衣服をむしり取る。
無抵抗の内に、彼は、とうとうブリーフまで取られ、素っ裸にされてしまった。
明美の手には、金属性の手錠と短い鎖で繋がれた足枷が握られている。
こうして手足を拘束されてしまった謙一郎を、明美は満足そうに見詰めた。
歩いて覧◯ソラ、早く!
中腰になったま躊躇する謙一郎の背に、ピシッと明美の鞭が飛んだ。

焼ける様な衝撃が、彼の全身に走る何時の間にか、袋から取り出された黒い革の一本鞭が、彼女の手に握られていた若い女に裸にされ鞭打たれる屈辱に、謙,郎の全身がカーッと火照るしかし、生れて初めての鞭の痛みには勝てなかった。
前屈みになって、両足の足枷に付けられた短かい鎖の足幅で、ヨチヨチと歩き出すその無様な格好に、明美も、思わずブーッと噴き出してしまった。
明美に頚の鎖を曳かれながら、よろめきよろめき部屋を一周する謙一郎
次は、私の前に跪いて、私の臭いを嗅いで覚えるの。…ソラ、犬がよくやるでしょう。
フッ鎖をツンと引かれて明美の前に膝を付いた謙一郎に、に包まれた量感溢れる尻を、目の前に突き出す彼女はくるりと背を見せ、スラックスたじろぐ彼の目の前で、明美の手の鞭が揺れる。
建造や警備員達の目を意識しながら、謙一郎は、それでもオズオズと女の尻に顔を寄せたと、明美の手が彼の頭に掛かり、彼の顔をピッタリと自分の尻割れに押し付けるムーツと、臭気が謙一郎の鼻孔を襲い、屈辱と情けなさとで目が霞んだこうして皆の前で、たっぷりと尻臭を嗅がされた後、下を通り、彼女の寝室へと連れ込まれた。
謙一郎は、鎖を曳かれて広い邸内の廊セピア色の壁紙にベージュの絨緞、そして、同じデザインで統一されたチーク材の高級家具が、しっとりと落着いた雰囲気を醸し出している革張りのリクライニング·チェアにくつろいだ明美は、目の前の床に男を正座させた私ねこでは欲求不満なの。......ボーイフレンドは何人か居るけれど、本当に私を満足させ
てくれる人は居ないわ。…だから、仕をさせる奴隷が欲しかったの私は自分の自由になる男、つまり、私のセックスに舌奉「勿論、舌奉仕は、お前を卑しめる調教のひとつよ。
だから、私は汚れたまの状態で舐めさせお前は女中達にも、舌奉仕を強制されることになるのよ。
クックックッ」
チェアの上でスラックスを引き下すと、明美は含み笑いをしながら、謙一郎の頚の鎖を引跪いた姿勢のま、広げた女の股間に吸い込まれる様に、ブーンと女の性臭が鼻を突いた。

今日だけ僕の彼女

エッチなことは大好きなんだけど、突然彼氏って言われると何だか妙に恥ずかしくなっちゃって…と顔を赤くして彼氏役の男優の目をチラチラ見る小泉まりちゃん、このたび初々しさ満点で無修正デビューをしちゃいます!2人きりの部屋で照れまくるまりちゃん、オナニーして欲しいと男が要求すると恥ずかしがってなかなか要求に応じてくれません。男は「俺も一緒にオナニーするからおねがいー」としつこく頼むと照れ照れ顔で「いっしょだよっ」と言い両手で顔を塞ぎます!下着を脱いでオマンコをくぱぁと開くと綺麗過ぎるオマンコに男のチンコは即エレクトしちゃった!
動画:今日だけ僕の彼女

顔が引き寄せられて行く。
お前、女に征服される気分は?
明美は、き掛ける股間から覗く男の顔をジーッと見下ろすと、蔑みの色を露わにして、ペッと唾を吐屈辱に歪む謙一郎の顔。
それも、鎖のひと引きで、明美の股間に埋もれてしまう。
明美の手に何時の間にか握られていた鞭が、ピシッと彼の背で音を立てる。
ピクッと身体を震わせて、舌を懸命に動かす謙一郎女に鞭打たれ、卑しめられながら、舌奉仕を強制されるみじめさに、思わず嗚咽が洩れるの六--六彼の舌が痺れを帯び、無限の時間が経ったかと思われる頃、明美は身体を反らせて頂点に達するしかし、それで終りではなかった。
「未だ1回目よ。暫く余韻を楽しむ間、麗にするのよ」
アヌスを舐めていて頂戴◯フフフ、そこの汚れも奇異臭を放つ薄茶色の蕾が、彼の唇に押し付けられた。
”こ、こんなことまで、させられるなんて-心の中で泣きながら女のアヌスを吸う謙一郎そこには、女に辱められ、身も心も征服された哀れな男の姿があった。
優に11時間を越える舌奉仕の後、明美はベルを押して現地人の女中を呼び、宣言通り、謙一郎を下げ渡す。

彼の頚の鎖を握った女中に、明美は、流暢なスペイン語で何やら指示している。
どうやら、彼の卑しめ方を説明したらしく、途端に、女中の表情に淫蕩な笑みが浮かぶ。
その後、地下の女中部屋に連れ込まれた謙一郎は、哀れを極めたのだった。
彼を囲んで集まった手空きの女中が五人何れも若く、スペイン系の女の特長である豊な胸と尻のボリュームを備えている。
手錠足枷で自由のきかない謙一郎をベッドの上に寝かせると、ひとりが、いきなり彼の顔面,J左丂バに趵力--たそして、圧倒的な重量にひしゃげる彼の顔に、その股間をリズミカルに擦り付ける。
謙一郎の舌が、唇が、女のクレバスで、下ろし金よろしく揉みくしゃにされた。
五人の女中達が、次々と彼の顔面を性器で凌辱する。
その股間から湧き出るネバネバした淫液は、彼の舌を伝って口中に入り、咽喉を焼いた。
同時に、彼の男としての誇りは、完膚なきまで粉砕されたのだった。
その翌日、そしてその翌日も、同じ凌辱が繰り返され、一週間が過ぎた。
明美の足元の床に這いつくばって、彼女の朝食の残りを、犬の様に口に頬ばっていた時、彼は明美から新しい仕事を言い渡された。
農園で働く作業者に、飲料水を運ぶ役である。
手錠足枷の不自由な身体で水桶を積んだ車を曳いて、農園を巡回するのが仕事だった。
早速、その日から開始である車を曳く彼に、首の鎖の端を握って明美が付添った。
農園の作業者は、その殆どが労賃の安い女性である。
灼熱の太陽の元での作業だから、当然、咽喉の乾きも激しい。
しかし、まとまった休憩時間と言えば、昼食時だけだから、作業者は給水車を待ち兼ねてい素裸で陽に曝されながら、ラカラになった。
車を曳く謙一郎の全身から、汗がしたたり落る。
当然、咽喉がカしかし、日傘を差して付き添っている明美は、彼に桶の水を飲むことを許さなかった。

カテゴリー: 爆乳顔射