巨乳むすめが畳の上でご奉仕三昧!

全国のおっぱいマニアの方必見の爆揺れおっぱい動画です。別におっぱいだけが見どころではないのですが、柔らかそうなおっぱいにノックダウンされることは間違いないです。そんなおっぱいを揉みしだいたり、ちゅぱちゅぱ吸ったり、おっぱいをたっぷり使ったパイズリなどおっぱい最高!フェラチオするにもおっぱい揺らしたり、チンポを生姦されてもおっぱいを揺らしちゃってます!敏感に感じるあずさちゃんの顔も最高に可愛いし言う事なしのおススメ作品ですね!
動画:巨乳むすめが畳の上でご奉仕三昧!

男はズボンのベルトを外して、夫々目の前に突きつけられた、異臭を放つ男女のアヌスに唇を寄せた夫は、カーッと上気し、目の前が真暗になったそうです。
流石に、屈辱で頭が否定され、卑しい奴隷として新たに一同に認知される屈辱の儀式でした。
でも、それはホンの序の口だったのです。
やがて、座が乱れ、いつしか三組の男女がソファーや絨緞の上で思い思いに抱き会って、それぞれ唇を合わせます。
夫は、その内のひと組に身体を敷かれ、えられていました。
身動きが出来ぬま何時しか女の股間に顔を捉女は、抱擁を続け男の愛撫を受けながら、尻を揺すって夫に舌奉仕を要求します。
顔面を圧する女の秘肉に呼吸を絞られ、もだえながら、夫は必死で舌を動かしたそうです。
その内、男の身体が夫の胸を跨ぐ形ちとなり、それと向き合って夫の顔の上で舌奉仕を受けている女のクレバスに、男の怒張が挿入されました。
夫の顔の上で、二人のセックスが始まったのです。
やがて、一杯に延ばした舌の先を擦る様に、男の肉棒がピストン運動を始めました。
すると、同時に、顔の上の女の尻がリズミカルに揺れ、ピチャッピチャッと淫靡な音と共に、むせる様な臭いの淫液が夫の唇を濡らし、口中に侵入します暫くすると、動きのピッチが高まり、”アーツ”と女の嘆声と共に頂点が訪れました。
唇の上で肉棒が痙攣し、バギナの中へ放出が行なわれているのが、夫の舌先でアリアリと感じ取れたそうです二人の身体が静止し、が女の膣から流れ出し、男の肉棒が引き抜かれると同時に、ドッと男と女のミックスジュースその下の夫の唇の中へ流れ込みました…そうです、夫の口は、文字通り二人の”男と女のセックスの汁受け”われたのでした。
”汁受けとして使ゴクリゴクリと咽喉を鳴らしてそのジュースを飲み込みながら、夫は余りの情けなさに、女
の尻の下で咽び泣いたと言います情けないことに、女の声のまに舌と唇が動くのです。
続いて、夫は他の組の方に呼ばれます。こうして、同様に次々とカップルの”汁受けとして使われました。
最後の組では、女が避妊のピルを飲んで来なかったため、膣内に射精が出来ず、最後の瞬間に男の肉棒が引き抜かれ、こともあろうに、そこで舌奉仕をしていた夫の口中に差し込まれたのです夫の口の中で頂点を迎え、律動する怒張は、多量の精液を夫の咽喉に送り込みます。
屈辱に咽びながら、それを飲み干す夫に、周囲の嘲笑が浴びせられたそうです。
暫く中休みをして第二ラウンドの入る前に、夫は、男達の肉棒に舌を這わせ、怒張を回復させる様に命じられました。
女達が覗男達の股間に這い寄り、無念さに目が眩みながら、き込みます「アラアラ、トルコ嬢顔負けね。
ない奴!」
縮んだ男根を口に含む有様を、ウフッ、男の身で、おフェラまでさせられてサ。情けないこと!
それからは、また第1ラウンドの繰り返しです。
夫の口と咽喉とは、再び、三組のカップルのラブジュースで、徹底的に穢されたのでした。
私の同情と情けを期待する夫の意図に反して、私の足の踵に頬刷りしながら涙ながらに訴える彼を眺め下す私の心は、以前そうだった様に、激しい軽蔑で一杯になっていたのです。
自分の部下だった女達に辱め抜かれ、かくも汚辱に塗れた男が、仮にも私の夫だったなんてこんな男は、私の手で、いえ”おしも“で、地獄の底まで転落させてやろう!…そんな決意が、メラメラと私の胸に燃え上がったのでした。
前も、これからは毎週、あの女達にセックスの汁受けに使ってもらうといいわ。

ウフフッ
私の足元で私を見上げる夫の顔が、失望と屈辱で真っ赤になるのを冷やかに眺めながら、私は更に続けますでも、女達にそこまで卑しめられるんだから、そんなお前には、私が、もうひとつ転落のステップを味あわせてあげる!
キョトンとする夫に、私はニヤニヤ笑いながら宣告します。
変えたところを見ると、お前にも判ったのね。
…ウフッ、そうよ。
お前は、今日から、私の嬉しい?
アラアラ首を振ってる。
じゃあ、口惜しいのね。
クックックッ﹂嗚咽に咽ぶ夫の啜り泣きの声が、何時までも何時まで私の笑いに答える様に、も続くのでした。
私の足元で、
転落の留学生ここはイスラエルの旧都、テルアビブ。
中近東諸国に特有の、埃っぽい町並と石畳の道路が、抜ける様な青空の下に広がっている。
ザッザッザッと軍靴の音を響かせながら、四列縦隊で行進して行くのは、イスラエル名物の女性兵士だった。
アラブ諸一九四八年に建国されて以来、アメリカの庇護があったとは言え、イスラエルは、国の異端児として、生存を賭けた修羅場を何度か潜り抜けて来ている。
女性を含めた国民皆兵は、ユダヤの希望の星であるイスラエルの国力を、精一杯発展させるための国策だった。
体格も大柄で、彫の深い美人揃いの女性兵士は、マスコミが良く取り上げるので、世界的に有名である島野光彦、二十四才は、目の前を通り過ぎる若い女性兵士達の、に、圧倒される思いだった。
はち切れそうな胸とヒップ二年前から、隣国のシリアの大学で考古学を専攻している島野光彦は、イスラエルとシリアの間の交換学生として、十五名のシリア人の学生に混って、このテルアビブに来たところである聖地エルサレムを巡って確執の絶えないイスラエルとシリアが、中東の平和を願う国連の肝煎りだった。
交換学生を計画したのは、もともとバタ臭い顔立ちの島野光彦は、黙っていれば日本人と気付く人は無い。
シリアの学生達の中に入っても、余り違和感が無くしかし、先の中東戦争の記憶が未だ人々の頭に残っているイスラエルでは、かつての敵国シリアの学生に向ける視線は冷たく、人々の態度もどことなくよそよそしかった。

ぽちゃぽちゃ爆乳M娘を縛ちゃえ!

ぽっちゃり好きのみなさま、お待たせしました。今回は、ムチムチのボディーでなんとも抱き心地の良さそうな、馬場園さとみちゃんの登場です。最初は、さとみちゃんの濃厚なオナニーを披露してもらい、大きなおっぱいを紅い紐で縛り上げちゃいます。そして、おっぱいやおまんこを刺激しまくり、今度は、お返しにフェラチオしてもらいギンギンに起ったチンコをさとみちゃんのおまんこに挿入して、激しく突きまくちゃいます。モチモチして気持ちがいい、さとみちゃんのボディーを堪能して最後は、中出しフィニッシュ!!ぽっちゃり好きのみなさま是非ご覧下さい!!
動画:ぽちゃぽちゃ爆乳M娘を縛ちゃえ!

アラブの紛争には無縁の島野光彦は、純粋に専門の考古学の立場から、この国を見ている。
それだけに、遺蹟の宝庫とも言えるこの地方には、かねてから強い魅力を感じていた。
ところが、テルアビブに来て一ヶ月が過ぎた頃、イスラエルとシリアの国境で紛争が起り、両国間の緊張が一気に高まった。
その余波で、折角の交換学生のプロジェクトも突然中止となり、した学生を急遽引き上げることになった。
イスラエルはシリアに派遣島野光彦を含むシリアの学生達も、荷造りを始めていた。
その矢先のことである。
国境に配置されていたイスラエルの女性兵士の小部隊が、国境侵犯を口実にシリア側に捉えられ、投獄されると言う事件が起きた。
政府間の交渉で漸く釈放されたものの、女性兵士達はシリアの兵士達に連日輪姦され、素裸にされたま>、追い返され来た。
両国間の全面的な武力衝突を避けるため、いのはイスラエルの国軍、それも、直接の被害を受けた女性兵士の師団である。
この事実はマスコミにも伏せられたが、収まらな目には目を、歯には歯を…とのアラブの倫理も引用され、報復の手段がひそかに検討されそして運悪く、この時期に帰国の手続きを取っていた、復の対象となってしまったのである。
シリアの交換学生のグループが、報
テルアビブ郊外の陸軍キャンプに移され一同は、突然イスラエルの軍部に拘束され、そこの兵舎に監禁された。
早速、一行のメンバーである島野光彦も、当然、巻き添えにされている。
運の悪いことに、シリアの交換学生になりきるために、日本人であることを証明するパスポートを置いて来てしまっていた。
兵舎で不安な一夜を過した後、翌日になって、キャンプの指揮官から、が先日の事件の報復のため、犠牲にされることを通告される。
彼等シリアの学生達その報復の内容を聞いて、一同は真青になった。
全員が、イスラエルの女性兵士の手で、11週間の間、懲罰を受けると言うのである。

それも輪姦に相当する報復として、舌に依る女性のセックスへの奉仕に加えて、することを強制するものだった。
女性の排泄物を口に命令に従わない場合は、容赦無く去勢して男性の機能を奪うという厳しい罰則までついているイスラエルとしては、シリアと戦争でもしない限り、直接の加害者達を罰することが出来ないので、その国のエリートである学生達を凌辱して報復に代えるとの考え方だった仰天した島野光彦は、ことを係官に訴えたが、慌て自分が日本人であること、全く取り合って貰えない。
両国間の紛争には一切無関係であるせめて日本大使館に連絡させて欲しいと頼むと、連絡内容を書面にして提出しろと言う。
言われた通り書面にして渡すと、今度は、連絡が付いて大使館から何等かの申入れが来るまでは、皆と一緒に懲罰を受けるのだと申し渡された。
その内、準備が整ったと見え、島野を含めた十五名の学生達は、央にある広いホールに連行される全員素裸にされ、兵舎の中そこには、すでに数百名の女性兵士達が軍服姿で集まっていて、臭いが立込めていたムッとする人いきれと汗の皆の前に一列に立たされた学生達は、獲物を前にした猛獣さながらの女達の視線に曝されて怯え切っている指揮官が、これから11週間の懲罰を始めるに当って、挨拶代りに皆で学生達にボトムキスをさせようと呼び掛けると、場内にワーッと笑い声が広がった。
女達の隊列が崩れたかと思うと、人の女性兵士の集団に囲まれるたちまちの内に学生達はバラバラにされて、それぞれ数十ボトムキスの意味を判じ兼ねてキョトンとしていた島野光彦も、く床に押し倒された近くの女達に囲まれ、手荒そして、彼の周囲でズボンを脱いだ女達が、いきなり彼の顔に跨がって来る。
まるで馬の尻を見る様な、巨大な女のヒップが目の前に迫り、そこでパンティがずらされ露出した菊座が彼の唇を襲った。
ボトムキスがアヌスへの接吻を意味することを覚って、け固く唇を結ぶ愕然とした島野は、反射的に顔を背腰を揺すって股間を彼の顔に押し付けた。
いらだった女は、両足の踵で彼の顔を挟み、に、異臭がツーンと彼の鼻を刺す
キスをしないと、ホラ、これを踏み潰すよ!
途端後ろの方から別の女の声がして、冷たい靴の底が彼の一物に当てがわれた令に従わねば去勢する”先程の警告を思い出して、恐怖が背筋を走る。
唇を開き、押し付けられた菊座を包み込んで吸うと、横から覗き込んでいた女達から勝誇っ
た笑い声が湧き、漸く彼の一物から靴の圧力が去った。
女の菊座に付着していた滓が、口中で溶けて、苦い屈辱の味が彼の舌を刺す無念の涙がツーと頬を伝った。
ひとり、又ひとりと、女達が次々に島野の顔に跨がり、笑い声と共にボトムキスを強いる。
一時間近く経った頃、漸くこの汚辱に満ちた挨拶が終り、全員が元の隊列に戻った。
再び、女達の前に一列に並ばされた学生達の顔は、生まれて初めて受けた異性からの辱めで一様に涙で覆われている。

愛しのボインちゃん 〜愛情パイズリ絶頂潮吹き〜

おっぱい国宝・立川理恵が魅せる、愛情パイズリ絶頂潮吹き!幼いフェイスに卑猥に実ったHカップ爆乳を携えて、潮を吹きつつチンコと戯れるスペシャルおっぱい3Pフルコース!左右から迫りくる2本のチンコを自慢の爆乳で挟みあげ、口とマンコでしごき倒す!画面狭しと暴れまわるけしからん国宝級Hカップの迫力に、度肝を抜かれつつチンコもヌかれること間違いなし!
動画:愛しのボインちゃん 〜愛情パイズリ絶頂潮吹き〜

その時、ひとりの学生が苦悶の呻き声を上げながら、担架で運び出されて行く。これ見よがしに一同の前を通り過ぎる担架の中で、出血で股間を朱に染めて悶える学生の姿があった。
命令に従わねば去勢の通達が単なる脅しでないことを知って一同は慄然とする。
そこで学生達は、改めて女性兵士の分隊毎に割り当てられ、各々の兵舎へと連行された。
島野光彦が割り当てられたのは、このホールのある本館とは別棟の予備兵舎である後で判ったことだが、こに起居する分隊は、入隊後1年未満の所謂新兵達で、全員が兵役義務が生じたばかりの、二十才の若さだった。
彼女等はれる事態に備えるのである。
>で11年間の軍事訓練を受けた後、一旦社会に復帰して、将来動員令で徴兵さ分隊の人数は三十人で、職業軍人である女性の下士官が分隊長として指揮をとると同時に隊員の訓練に当たっていた。
兵舎の中は、中央の通路を挟んで、ろげる談話室が設けてある。
両側にベッドが並んでおり、入口の近くには全員がくつ一番奥が、シャワー室とトイレになっていた。
兵舎に連れ込まれた島野光彦は、全員の前で犬の首輪を嵌められ、以後は四つ這いで歩く様に申し渡される未だ十分軍隊に馴染んでない彼女等は、ここでは、本来の物見高い民間の女達に戻って、裸のま四つ這いでヨチヨチ歩く島野のみじめな姿に、腹を抱えて笑い転げた全彼に与えられた最初の仕事は、彼女等の下穿きの洗濯である何しろ、報復のため、出来る限り学生達を卑しめ辱めるのが目的だから、たまったものでは下穿きの洗濯と言っても、その股間の汚れを、舌で舐め清めるというオゾマシイものだった。
通路に沿って張られた紐に、女達が自分達のパンティを裏返し、それぞれ汚れた部分を下に向けて、次々と洗濯挟みで吊って行く。
それ等を、四つ這いの頚を上に伸ばして、ひとつひとつ舐め清めるのである。
とても常識では考えられない屈辱だったが、先程の股間を踏み潰された学生の姿を思い浮べると、反抗する気にはなれなかった。
女達の好奇の視線を浴びて、部分を口に含む。
口惜しさに目を真っ赤にしながら、異臭のする茶褐色に汚れた女達に囃されながら、唾で湿して軽く歯で噛む様にして吸うと、生臭い塩味が口一杯に広カ-·六一回では汚れが落ちないものが殆どで、その都度、二回、三回と繰返させられる。

屈辱に顔を歪める島野の情ない表情が、ユーモラスでおかしいと、女達はゲラゲラ笑った。
その内、午後の軍事教練の時間となり、休養の三名を残して全員が身仕度をして兵舎を出て当日、生理を迎えた女達のみが、休養のための居残りを許されるのだが、ただボンヤリ休ん
でいる訳ではなく、午後の約三時間の戸外訓練の間に、兵舎を清掃しておかねばならない。
しかし、その仕事は、当然のことの様に島野光彦に課せられた。
111人の居残りの女達は、四つ這いの島野を足蹴にしてこき使い、床を拭かせトイレを掃除させたここのトイレは少し変っていて、洋式の便器が中央の通路を隔てて両側に五個宛、計十個が壁を背にして向い合って並んでいるのだが、間を区切る壁も無ければ、勿論、扉も無い。
丁度、男性用の小便器を並べるのと同じレイアウトで、けっぴろげの空間になっていた。
隣も向いも見通せる、つまり開その奥のシャワールームも同様で、ガランとしたタイル張りの部屋に、天井に張り回らした剥き出しの水管から、シャワー噴き出し口が並んでブラ下っているだけの簡易構造であるそれだけに、却って掃除はやり易いとも言えた島野が、指示された通りに、そこで便器をひとつひとつ拭き清めていた時であるお喋りをしながら、遠くから監視していた女達のひとりが近付いて来て、ニヤニヤ笑いながら顎をしゃくった。
その床に、仰向けに寝ろと言うのである。
最初に指揮官から申し渡されていた、女性達の排泄物を口にさせられる懲罰が、いよいよ現実のものとなることを本能的に覚って、島野は、おぞましさと屈辱で全身が震えた。
女は、じれったそうに足で彼の腰を蹴り転死んだ気になってノロノロと身体を横たえると、がす11本のたくましい円柱が彼の頭の方を向いて頚を跨ぎ、れたズボンがパンティごと、下へずらさ先程のボトムキスの時は、夢中で何も見えなかったが、今度は、円柱の付根の黒々としたデルタ地帯から、赤貝の肉を思わせる厚目のラビアまでがハッキリと目に映る。
生れて初めて見るそのグロテスクな女性器が、い香りがプンと鼻を突いた。
みるみる拡大されて目前に迫り、同時に生臭女の言葉に、島野の全身が硬直したま震え、開いた口の周辺がピクピク痙攣するフーッと吐息が女の口から洩れた途端、チョロチョロと舌の奥を目がけて、生ぬるい汚水が注ぎ込まれた。

カテゴリー: JK騎乗位