温泉でいっぱいエッチしよっ!後編

みなさんお待たせしました。前作で大人気だった、温泉でいっぱいエッチしよっ!の後編の登場です!!美白のお肌に綺麗なおっぱいのムチムチボディー白石なおちゃんが、前回にも負けないエロさで、エッチなデートをしちゃいます。ドライブデートをしていたら、疲れた、なおちゃんは寝ちゃいます。その居眠り中の、なおちゃんに悪戯してたら、目覚めてしまい我慢できないなおちゃんは、ホテルに直行してガンガンSEXを楽しんじゃいます。いろんな体位でメチャクチャに、なおちゃんのおまんこをグチョグチョにしちゃいます!!なおちゃんとのプライベートSEX気分を味わえちゃいますょ。今すぐ、作品を見て、その気分を味わいましょう!!
動画:温泉でいっぱいエッチしよっ!後編

「都会の男の割には淡白ね。あなた本当についているの」
「おおおお、女の子がそういうはしたない言葉を使っては…」
「うん、一応はついているみたいだね」
「なっつ!」
こ、これが女の子の手の感触….「あなたも期待はしているようね。私に魅力が無いというわけじゃないようだし」
や、やめなさい!どこを触っているんだお前!
「どこってチ●ホ?」
女の子がそんなはしたない言葉を遣ってはいかん!
「オチ●ポ」
おをつければいいって問題じゃない!
あなた、女の子にイメージ持ちすぎじゃない?
「だからと言って、そういうことしていいわけでは…」
ああもう、七生さんだけかと思ったらこいつもか!一体どうなってるんだこの島の女の子は「あ、そっか…童貞だから自信がないのね。女の子に対してどう振舞っていいのかわからないんだ」
スベベベ別に、童貞とかそういう意味じゃなくて…
「図星?」
ぐっ!
確かにその通りだけど…女の子の裸は正直想像できないし、かとか…「ふふふ」
「な、なんだよ…」
どうやって挿入すればいいのずいっと巡が近づいてくる。
「いいわ。私が先生に、気持ち良さを教えてあげる」
「なっ…」
こ、このタイミングで先生って…
まずは手コキとかどうかしら?ほら見て、私の手ってすべすべしてるでしょ?今からこの柔らかい手で、勃起しまくってカウパーでとろけちゃつてるオチ·ホを一方的に擦られて、射精するまで気持ちよくなっちやうの
ぐっ!
巡の言葉が脳裏に響いてくる…ああ、ダメだ、そんなことを言われるとますます反応してしまう!
こんなちっちゃい子の手で、欲望の赴くままたっぷり射精できるの。外でやったら犯罪確実な状況…ね、燃えるでしょ?
くうっ…ああ、まずい…巡が囁くだけで、身体がますます興奮してくる

「くすくす…女の子に縁のない、可哀相な童貞先生のために、私が優しく射精まで導いてあげる。初めての手コキがこんな小さい子に一方的にされるがままだなんて、一生思い出に残っちゃうわね」
か、身体がどんどん熱くなって…ああっ「そうして私の気持ちよさが忘れられなくて、先生のチ●ホはますます私を求めてしまう。
ついたら、もう私から離れなくなってたりして」
「くうぅぅっ!」
気がだが、これは考えようによっては童貞脱出ま、まずい…これ以上はのチャンス!
絶対にまずい!!
考えてみれば女の子に誘われるなんて、これまでの人生になかった一大イベントだ!
だが…いいのか?このまま誘いにのってしまっても…^そ、そうだこのチャンスを逃してはならない。
女っ気皆無のこの俺にようやく巡ってきた貴重なチャンス!絶対にモノにしなければなら.なだが…俺はちゃんとできるだろうか?
まったく自信がない。
女性を満足させるような手練手管など、俺にはもし下手をうって相手に軽蔑されたりとか…「クスクス」
くううっ!!
「ああ…」
そ、そんなに余裕たっぷりに、
うぁぁぁぁぁあああっ!!
きゃっ!-俺の肉棒を触ってくるだなんてぇ!!
や、やっぱ無理だああああ!!
気を取り直して俺は標本採集の作業に移った。
隠津島は亜熱帯植物の北限だったのだが、以前の調査には確認できなかった植物も増えていその点が非常に興味るみたいだ。
深い。
おそらく虫や風や鳥を経て種子が運ばれているのだろうが、一体どのように適応していったのか…拡散していく状況を調べれば面白い論文がかけそうだ。だが、それにはここ数年の気候の変動と植物分布と動植物の調査もやっておかないと…「植物学って、そんなことまで調べるんだ」
「森林全体の生態も調べないとな、厳密に言えば生態学ということになるが…時間はかかるけど必要な作業なんだよ」
「それじゃ手伝おうか?ここにいても釣りぐらいしかやることないし」
「暇つぶしにされてもなあ…」

パイパンツアー~乱交編~

こんなツアー企画があれば行ってみたいですね!かわいい素人ギャルでみなさんピカピカツルツルのパイパン娘でマンコが美味しそうにキラキラ光ってます!そんな素人娘との激しい乱交なんてもうこの世の天国!極楽です!早速パイパン全開のオシッコ選手権!綺麗なワレメからあふれ出る、黄金水!震えながらオシッコを絞り出す姿は圧巻の一言です!後半は大大大大乱交でハメまくりの弄られまくりで、見なけりゃ損ですね!
動画:パイパンツアー~乱交編~

「助手は必要だよ先生」
「先生はやめてくれ…俺まだ修士だし、博士になれるかどうかの瀬戸際なんだよ」
博士って将来大丈夫なの?いま余ってるんでしょ?先生は大学に残れるくらい優秀な「頼むからその話はやめてくれ。
なんだぞ」
オーバードクター問題は俺みたいな人間にとっては結構シビア
「今は大学に残るために必死なんだよ。
たんだし」
「世知辛いわね」
「学問に限らず今はどこもそうだ」
だからこそ教授の心証を良くしようと、こんな島まで来象牙の塔を気取れたのは昔の話。今は産学連携して新薬の開発とか種子産業とかに手を広げている「新種の植物でも見つけることが出来たら、箔がつくんだけどなあ…」
「植物の新発見はわからないけど、あなたは近い将来何か重大な出来事が起きると思う」
「何だって?」
「そんな予感」
それって期待していいのか?
「どうだろ?先生にとって、それがいいか悪いか解らないわよ」
七生さんは巡は勘が鋭い子だと言った…それがこれか^果たして信じて良いのだろうか?
一つ聞きたいのだけど、君は神の力とかそういうのを信じているのか?
私にそういうこと聞かれても困るんだけどね…巫女の私が媛神様のご神威を疑うことはできないし「だが、時空がゆがんでいるとか結界とか言われてもなあ…」
「気持ちはわかるわよ。私だって頭から信じこんでるわけじゃないし…」
「じゃあなんで媛神様の結界とかそういう結論になるんだよ?
一応は科学の徒である自分が納得するわけにはいかないような気がする神がこの世を作りたもうた。それは信仰の問題であって、学術の範囲で説明していいことではないのだから私たちがこの島を出るために何もしなかったと思った?色々やって確かめた結果が媛神様という結論なの。正直に言うと、媛神様の力とかあんまり認めたくはないのよね」
何でだよ?巫女なのにあまり神に触れたくないのか?
「当たり前よ。神はさわれば祟るものだから」
「なるほど…」
妙な説得力に少し感心してしまった。しかし、巫女のわりにはあまり自分が奉っている神に信仰心がないというか、遠ざけているような感じがするな。
標本の採集を終えて、港のほうに戻ってくると、響が座り込んでいるのが見えた。
お前どうしたんだよ。なんでまた戻ってきたんだ?
「ちょ、ちょっと忘れ物しただけです。すぐに帰るんだから」
どうしたんだろう?どこか焦っているように見えたが。
「エンジントラブルでしょ。途中で動かなくなって、浜に推し戻されてきたんじゃないの」
ぐ…響の気まずそうな顔をみて、どうやら当たりだと推測する。
「ね、私たちの言ったとおりでしょ。この島からは出られないんだって」
エンジンが壊れたのは単なる偶然。神の力とかで説明をつけようとしないで!
お昼まだでしょ?良かったらカレーもってきてあげるけど?

カレー
と聞いて響はびくっと身体を震わせた。
「って違う!いらないわよ!私はすぐに帰るんだから」
「意地っ張り」
ああ、船のほうに行ってしまった。ご飯くらいなら、ばいいのに「ほっとけばいいわ。どうせそのうち諦めると思うし」
あいつも意地張らずに貰っておけそう言いながら、巡は自分の竿を取り出した。
なんだ、釣りをするのか?
「先生も」
え?俺もでもやったことないぞ?
すっかり先生が定着してしまっているようだ。

巡のほうでは、「釣れないと、今日のおかずがなしになるよ」
そう脅されて、参加しないわけにもいかなかった。
一時間後…思ったよりも釣りは好調で、バケツの中には既に魚で満杯になっていた。
すっごく釣れるなぁ、ここ「あんまり釣り人がこないから、魚も油断しているんじゃないかしら」
「なるほどな…あ、また釣れた」
「よし、今日の作業終了」
え?もう終わりなのか?
思い通りに釣れて、ちょっと楽しくなってきたところだ。
出来るならもう少しやっていきた「釣っていいのは、必要な分だけ」
「それもそうだな、自然資源が限られている場所では食料の蓄積はしばしば生態系を破壊するからな」
「ゆえに南洋の島では、勤勉が悪徳とされる風潮があったらしい」
「ふうん」
簡単に食料が手に入るなんて、ここはまさに楽園みたいな場所かもしれない。
「この島もね。媛神様が降り立った当初は、そんな感じだったらしいよ。自然の恵みによって飢えも貧困もない楽園。島は穏やかで嵐に襲われることもなく、島民は気ままに暮らしていたって」
一度でいいから、そういうところで暮らしたいよなあ
酃伽噺だけどね
まただ…..やはり、媛神の話となるとどこかそっけない感じがするひょっとして、あまり巫女としての自分が好きではないのかもしれない。

どこイってたんだブス!カリビアンコム復帰ウェルカムパーティー

まさかこの日が来るとは…。8年前カリビアンコム人気シリーズで初裏デビューを飾り、大絶賛を浴びたあのエロエロ女優、さいとう真央がカリビアンコムで復活!あの時を彷彿させるようなえぐいシーンの連続!!猿轡に手首を拘束されたまま、手マンと連続玩具責めにあい、潮吹きまくり!そして連続イラマで顔に汁濁を一杯かけられて…と聞いただけでもかなりそそる内容。更に2本のチンポに代わる代わる生で突かれて、気持ち良すぎて狂乱、失神寸前の真央ちゃんに連続中出しの3Pファックも見逃せない!あの美マンから2度も滴り落ちる大量のザーメンは必見。悶えてる表情がたまらなく美しい、さいとう真央ちゃん、改めてお帰りなさい!
動画:どこイってたんだブス!カリビアンコム復帰ウェルカムパーティー

「いただきまーす」
「はい、召し上がれ」
周りが海に囲まれているだけあって、食卓には魚介類中心の料理が並ぶ。
燃料も確保しているようだが、それも浜辺に流されてきたらしい。
基本的な調味料や都会より便利なのかも…その言を本当に信じるなら、
あれ?響ちゃんは?
コンビニもスーパーも要らない。
「あいつなら港のほうで、船の修理してる」
「そう、意外と頑張るわね…、お夕飯には帰ってくるかと思ったのに。それじゃ、後でお食事持っていってあげようかしら」
「それはやめた方がいい」
あら、どうして?
響ってかなり頑固だから、一食抜いたほうが自分の置かれた状況を理解すると思うの「そうかもね。でも巡ちゃんは考えすぎよ。響ちゃんだって混乱しているのよ。もう少し落ち着いたらきっと理解してくれるわ。それまで助けてあげるのが友達でしょ」
はあしょうがないなあ…まるで本当の姉妹のような会話だ。仲がいいんだろうなあ。
弱っているほうが、痛めつけやすいんだけどいや、心配はしていないのか^
えっと、これがこうなって「はあ…」
ああもう!
どうなってんのよこれ!
七生さんのごはん美味しかったなあ。たまに性格が豹変するのが怖いが、優しいし、家事も出来るところはかなり魅力的だ。
「幸人さん。お風呂の用意が出来ました」
「あ、はい」
「お客様ですからお先にどうぞ」
見た目も可愛いしと、七生さんからタオルを渡される。
今日一日、歩き倒したので身体を洗えるのは有難い。
「さてと行ったわね…」
ああ、七生姉が早速捕食者の目になってる。
「本当にやるつもりなんだ、あの先生ヘタレだよ」
「巡ちゃんの誘いには乗ってこなかったんだ」
「うん。昼間誘ってみたけど乗ってこなかった。アレは自制心が効いてるわけじゃなくて、度胸がないだけだと思う」
巡ちゃん。男を誘う時は押してばかりじゃ引かれるだけよ。男に追わせるのが女ってものなの「今更だけど、私たち男なんだけどなー」
「だからこそ、男心が理解できるってものよ」
「ふうさっぱりするなあ」
久しぶりに風呂に入った気がする。さっぱりするなあ…お湯がちょっとしょっぱいのはどうやら海水を利用しているかららしい。

身体を洗う時はこっちのお水を使ってくださいと、真水が入った桶が別に置かれている。
うん、海水だけじゃ身体がべとべとするからな。幸いにも、七生さんたちは俺のことを親切にしてくれるせっかく来たのだから予定通りに、嵐に遭った時は死ぬかと思ったが、この島の植物を調べよう。
数日ここに滞在して人もいいし、自然も綺麗だし…ほんときて良かったかも…
えっと、石鹸は…と「はいこちらですよ」
「あ、ありがとうございます」
「どうせなら、私が背中を流してさしあげますよ」
「いやそれは悪いですよ」
「いえいえ、お客様なんですから遠慮しないでください」
すいません、それじゃ遠慮なく…って、あれ?
はい?どうかしましたか?
えええええええええっ!!
な、なんで七生さんが入って…ってええ!?
し、しかも、水着っ!?
って、これ絶対やばいだろ!!
「幸人さんは媛神様の伴侶ですもの。綺麗にしないとおしかりをうけちゃいますよ」
「だ、だけど俺は男で…」
「はい、わかってますよ。それはもうご立派な男性で…」
「うおおっ!!」
やばい!
勃起しているのを見られた!
しかも女の子に!肉棒が勃起していると言うのに!
「まあ私に向かって、そんなに猛々しいオチ●ホを向けるなんて…幸人さんって逞しいんですね.」
いやちょー七生さん!
しかし、七生さんはまったく動じていない!
向こうはまったくの余裕ということは、経験があるのか!?