素人むすめ貸します!~初めての3P~

なんと今回はスタイル抜群のロリ顔少女をレンタルして、エッチな事をたくさん楽しめちゃいます。そんな、ロリ顔の可愛い子ちゃんの名前は百瀬じゅりちゃんで~す!!早速、男の部屋に連れて行き、3Pの始まり始まり!!じゅりちゃんを押し倒し服を脱がして、玩具や指マンでおまんこをガンガン責められアンアン声を出しながら感じちゃいます。そして、ダブルでチンコを咥えさせ、ギンギンになったチンコを交互にじゅりちゃんのおまんこに挿入して激しく突きまくちゃいます。私もこんなに可愛い子をレンタルして、あんな事やこんな事をしたいと言う妄想が膨らみます!!今すぐ、じゅりちゃんをレンタルした気分でこの作品を見ていっぱいヌキまくって下さい!!
動画:素人むすめ貸します!~初めての3P~

くうう!!そんなことぜ、絶対になるわけが…あああっ!!
「いいえ、そうなってしまうものなんですよ、初めての経験って大きいですから…何ごとも憶えてしまうものなんです。この気持ちよさを幸人さんの身体が覚えてしまって…もう、男の娘がスタンダードになっちゃいますよ」
くう!
七生さんの舌に柔らかく包まれて…肉棒がねっとり舐められていくう!!
しっかり身体に覚えていただきますから
ダメだ…そ、そんなの覚えるわけにはああああっ!!
「はむぅんっダメです。男の娘が気持ちいいって認めて頂くまで奉仕いたしますうん…」
み、認めるう認めるからだから、は、離してぇ…あああつし「クスクスそれじゃ、私のお口に射精してください…」
なでも、それじゃんはあ…御結局、七生さんの口に射精することに!
射精していただければ、それが気持ち良いことの証拠になりますよね?だから、幸人さんのチ·ホミルク私の喉の奥が一杯になるまで、ご馳走してくださいね…はむぅZN「はぁああっ!!」
そんな…射精しないと、離してくれないのか!それじゃ、俺は結局射精しないと助からないということにい…!
はむぅ······ちゅるうつ!じゅるぅーじゅるるっ!ん、んんんisじゅるっ!!
くうう!!
舌が、舌があんなに動いてえぇっ!!
だ、出すわけにはいかないのにいい!
ああああああっ!!
そんなことされたらああつーは、激しすぎてぇ…あああっ!!
ちゅるうじゅるう!!
あああっ!!
ダメなのにぃ!
あああっ!
たっぷり味あわせてください…んん!!
あぁああああ、もう、もうっ!!
じゅるるぅ!ちゅるうーじゅるるっ!
ちゅばっ!!
はあああ、幸人さんのチ●ホオ
...ん、はあ.じゅるるるるっ!
「あああああああああああっ!!」
じゅる!!
ドクンツ!ドクンツ!
ドクンッ!
圧むぅぅ!!んんっ!!
ドクンツ!
ドクンツ!
ドクンツ!
ドクンツ!
ドクンッ”ああでてるぅ..!
むぅぅん、じゅるう「くうぅぅっ!!」
七生さんの口に,出てしまってるぅう!!
ちゅるう!!
くう搾られていく…
はむぅちゅるぅんくうあんなに執拗に精液を搾って…じゅるぅちゅるるるうつん、むぅっああ、「くううっ!!
搾られる?
身体の全ての力が吸い取られるような快感…あああああっ!!」
まるで、頭が真っ白になってい

んくうはあはあはあ…
はあああああ射精のほんの一秒か11秒だったかと思う。

だが、果てしなく長かったような、不思議な感覚…確かにこれはヤバイ…本当に夢中になりそうな気持ちよさだ…ち、違う!
相手は男なんだから…、こ、こんなのに夢中になったりしたら…
はぁはむぅんはあふと七生さんを見ると、朦朧としたままで俺の肉棒を離そうともしてなかった。
七生さん…?
「はあ私のお口と相性良すぎて…ああ…」
えっと…なんだか言動が怪しいんだけど…「七生さん、あの…そろそろ離れて欲しいんですけど勇人さん申し訳ありません…」
「先ほど私のお口に我慢できなくなるとか、偉そうなことを言って…あれは私の勘違いでした」
「やはり、男の娘が男の人を虜にするなんて間違ってます」
「いや…そんな、謝られることはないですよ。解っていただければ…」
ふう…助かった七生さんも男同士の異常性に気づいてくれたか。
正直、先ほどの御奉仕は気持ち良すぎた。もう少しで七生さんの言うとおり魂まで持っていかれる所だった。
だが、これで俺も七生さんから誘惑されることは…「いいえ、そんなことありません。幸人さんが正しいんです。だって…男の娘の私のほうが幸人さんのオチ●ホの虜になってしまったんですから」
え「だって、幸人さんのオチ·ホミルクが美味し過ぎるんです、男の娘との相性バッチリなんですこんなの味わったら、もう幸人さん専用のお口マ·コ奉仕男の娘にしてくださいって、自分からお願いしたくなりますよ」
「え」
まさか七生さん…
くうつ!!
ま…また咥えられるう!!
はあこれですぅ私がお仕えしたい勃起オチ·ホオてぇスンスンちょっと被ってますけどでも、んちゅう逞しくて、大きくこの匂いが私を夢中に…はむぅ「ぅぁあああっ!!」
ま、まずい…この調子だとまた、七生さんのお口で射精させられる
な、七生さんもう十分だろ、そろそろ離れてああっし「そんな…こんなステキなオチ·ホから離れることなんてとても出来ません…私のお口
一発で変えられて七生さんの様子はもう普通じゃない。
精液搾り専用のオマ●コに、男の娘なら我慢できないですよぉ…」
うあああ…まずいこの雰囲気に…俺も呑まれてしまう!!
ねいいですよね幸人さん…
な…何を!
何って決まってます.毎日、溜まりに溜まった精液を、朝一番に処理するオチホ搾り専用のお口マー奴隷になっても、いいですよね?
な「ええ、毎日です。硬くなったオチ●ホの匂いを敏感に嗅ぎ分けてもう、その匂いだけで喉が疼いて…はあ欲しくて欲しくてたまらなくなるそんなはしたないお口マ·コ係になってもいいですよね」
「くうそんな毎日って…」
毎日って…

処理してくれるのか…こんな気持ちいいことを毎日…いやー、ダメだ!
そんなことされたら、そのうち心まで屈服して、まう!!
だ、ダメですよ!そんなはしたないこと!

すっぴん素人~ノーパン+ストッキングに飛びっこ仕込んでお買い物~

清楚系で美人な素人がすっぴんになって、プレイしてくれます。今回出演してくれる、素人娘は美乳で色白美肌!そんな彼女にすっぴんで撮影したいとお願いしたら、快くOKしてくれました。マンコを見られるより恥ずかしいすっぴんでリモコンバイブをマンコに入れられ夜の街を散歩しちゃいます。ホテルに戻りマンコをみたらもうビチャビチャ!そんなマンコに激しいマンコ責めの連続で、イキまくり!!普段は化粧で顔も心も隠してる、彼女の真の痴態は見てからのお楽しみです!マンコの奥までチンポを擦りつける素人の変態プレイを見逃すな!
動画:すっぴん素人~ノーパン+ストッキングに飛びっこ仕込んでお買い物~

ダメ…ですか
うぅぅっ!!
絶対に七生さんから離れられなくなってしカ?
そ、そんな悲しそうに見られても!!
「お願いです、毎日幸人さんに御奉仕したいんです。幸人さんのオチホが興奮してたまらなくなったら、私が身体を使って慰めて差し上げたいんです」
か、身体を使う.
ええ幸人さんがお望みなら、私の手や足やお尻のオマ●コのほうも「な…っ!!
そ、それって…」

七生さんが全身で俺に54仕だと!!
「そんな身体を全部使ってだなんて…」
はい私の身体全てに射精して…ふふ、身体全体を射精専用のオマ●コに変えてくださ
ダメだ…そ、そんなこと!!
想像しただけで、射精してしまいそうなくらい興奮してしまうぅっ!
だが…このまま七生さんに流されるわけには…「そうは言っても…私のお口は食べ物を入れる場所ではなく、もう幸人さん専用のオマ●コになってしまったんですよ?私はもう、幸人さんの精液なしでは生きられません…お願いです幸人さん、私にご奉仕の続き、させてください」
ダメですか…^
むぅ私にオチ·ホ気持ちよくさせていただけないんですか…?

「あああっ!!」
ちょっと甘噛みされただけで…くぅか、身体がしびれてしまうう!
ちゅるう!
はあああっ!!
この光景は刺激的過ぎる!!
男の娘のチ·ホミルクおねだり…かなえていただけませんか?
「あくぅ!
幸人さん…」
ああ、そんな上目遣いでおねだりなんて反則だ!い、いくら男の娘とはいえ、がお口で奉仕させて欲しいとおねだりしてくるなんて…こんな美人ああ、もうそれだけでもう…くう!!が、我慢できないっ!!

「わ…わかりました…」
勇人さん…
た、ただし、俺が奉仕を許可するのは今だけ!つまり今だけですからね!
許可しませんから!!
「はい、解ってますよ幸人さん4」
これから絶対にいいの..俺にとってはかなり都合のいい条件なんだけど、随分あっさり承諾するなあ…私にとって重要なのはご奉仕できるという事実のみです。今、この私が、幸人さんの滾ってたまらなくなっているオチ·ホを慰めることが出来る…それだけで、男の娘はとっても幸せになっちやうんですよ
くう!!
まずい…そんないじらしいことを言われると…「あ、すみません…オチ·ホをお待たせしてしまってこのままですと辛いですよね。それでは…ここからは儀式のお役目とか、そういうの抜きです。私の本気フェラ、たっぷり味わってくださいねー」
もしかして今まで、本気じゃなかったって…「はい、もちろんですよ,だって本気でしてしまうと…絶対に私のお口に夢中になっちゃいますもの-」
七生さん、俺を嵌めたのかあっ!!
ふふ…ごめんなさいね。騙したみたいで「ちょっ!ま、待って七生さん…」
「お言葉通り幸人さんのオチ·ホに、たっぷり甘えちゃいます…」
ま、まずいつ!!
「七生さん!こ、これ以上されたらマジで…」
「はむう..。...」
はぁあぁあああっ!!
か、身体が痺れるぅぅ!!
はむぅぅぅっ!じゅるうう!!
「うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!
じゅる、ん:«W5.◯るぅ!!」
な、なんだこれ違うう!!
さっきまでと全然違うう!

ああ、そ、そんなにされたら…あああっ!!

ごめんなさい…はむぅでも、普通じゃいられません…はむぅ
くううっ!!
我慢できないんですぅ…こんなの味わったらもう、iそんな切なげに可愛く迫ってくるなんてくうーず、ずる過ぎるぅ!!
私で射精してくださいはむぅ…私のお口で満足してくださいいそ、「幸人さん、はむぅリたいんです」
そんな専用って…まるで恋人みたいにいくぅぅ!!
「はむぅじゅるぅ幸人さんの心が欲しいとまではいいません硬くさせた時は…私の身体でいつでも慰めて差し上げたいんです」

スカイエンジェル 174 パート 1

「お待たせしましたご主人様」と朝から元気に挨拶をするド変態メイドの小司あんちゃん、主人も眠そうな声で「じゃー、乳首から舐めてもらおうかな」と毛むくじゃらの乳首をあんちゃんの口に突き出します。ペロペロと主人の乳首を一生懸命ご奉仕していると、主人が「下のほうも目を覚ましちゃったよ〜」とカチカチになった巨根を見せると、あんちゃんは笑顔で喉の奥まで押し込んじゃいます!
動画:スカイエンジェル 174 パート 1

あぁあああっ!!
...ん、でも、オチ●ホをこれだ…七生さんの、ねっとりとした感触が伝わってくる愛情フェラ。
くう一度射精してしまったせいか、もう肉棒がこの気持ちよさをしっかり覚えて、反応してしまっている!!
これから一生男の娘しか満足できない身体になっ責任とりますから幸人さんが望む時は、どこでもオチホちゃいますけど…ちゃんと、
くうぅぅっ!!
はああっ!!
嘘じゃなかった…俺に奉仕の了解を取り付けるためとはいえさきほどの七生さんの熱情だけは嘘じゃなかったんだっ
はむぅぅっ!!ちゅるぅん、幸人さん、幸人さんのオチ·ホ·もっともっと気持ちよくなってぇ…はむぅ私のこの舌の感触、しっかりしみこませて覚えさせますからあはむぅ…じゅるう!!
ああああー七生さんっ!!
七生さんがまう!!
はああっ!
くぅ!
本気すぎるぅ!!
情熱的なフェラに自ずと本気度が分かってしこ、こんなことされたら…もうっ…もううう!!
まずい…俺も心がドキドキしてくう!
はむううつ!じゅるるっ!!オチ●ホオ!!幸人さんにご奉仕オチ●ホオんんっじゅるつるうっ!!
はぁあや、やめぁぁぁあああっ!!
ちゅるるるるっ!じゅるっ出してぇオチホミルク出してぇ!私を射精専用奴隷にしてくださいはむぅっ!!ちゅるるるっ!!
はああああああああああああああっ!!
ドクンッドクンッ
はうううっドクンッドクンツードクンツードクンッドクンッドクンッぁぁぁぁっ!!

ああ…また、出してしまった…男の娘のお口に…二回続けて射精なんて「くうううっ…
吸い取られていく?
ああ…」
全て、ああ、
はあ「ああはああ七生さん」
くぅ…やばい、あんな情熱的な愛され方されたのは、んに身も心も捧げてしまいそうに…
はあはあんはあ…
七生さんその、大丈夫…?
初めてだった。
もう少しで、七生さふと七生さんを見ると、かなり朦朧としているようだった。あれだけ激しく、俺に奉仕していたのだから無理もない。
ふふ幸人さんったら…だまし討ちした私を気遣ってくれているんですか?
だって…あ、あんなに激しかったんだしはあ
ふふ…嬉しいです。優しいんですね。でも…そんな気遣いされると、ますます本気になっちゃいますよ
え「もう遅いですよ。私は幸人さんにもっとご奉仕したくなってしまいました」
ちょ、ちょっと待ってよ…それは「ふふ…幸人さんが辛い時はいつでも言ってくださいね。
すから4」
すぐに私の身体で慰めて差し上げま今の笑顔はマジでやばい…この人に、本当に心まで奪われてしまいそうだ。
「はあ…」
やってしまった…よりにもよって男の娘相手にああ、俺はなんてことをしてしまったんだろうか…ねぇ七生姉。この味噌汁ひょっとして…
そうよ、巡ちゃんがワカメをとってきてくれたからお味噌汁に入れたの「ん、美味しいズズ…」
あんなことがあったのに、七生さんはいたって普通の朝食を給仕している。先ほどの行為にそれほど重きを感じてないのか…それとも、動揺をうまく隠しているだけなのか^そしてその様子を先ほどから窺って、
むぅぅぅ…一不審な視線を投げかけてくる一人の影。
響の奴かなり不機嫌そうだなあ…七生さんもあの時、「はい、幸人さんもお味噌汁どうぞ」
誤解をといてくれたら良かったのに。
七生さんが、お味噌汁の入ったお椀を差し出してきた。
「えああ、ありがとうございます」
俺が手を伸ばした瞬間、手の指が触れ合ってしまう。
「あれ?」
す、すみません…失礼しました「い、いえこちらこそ…」

くつ!!なんだ今の反応可愛すぎるだろ!
頬を赤らめて、控えめに手を引っ込めるその様子はまるで恋する乙女のようだった。
ああ…くそっ!惑わされるな。
七生さんは男のはずなのに!あれは気の迷いのはずだったのに!どうしてこんなに気持ちが昂ぶってしまうのか!