ロリ系に2本の熱き肉棒を

みなさんお待たせしました。ロリ顔ギャル、みなちゃんの登場です!!みなちゃんは、スレンダーなボディーで綺麗なおっぱいの持ち主なんです。早速、みなちゃんに服を脱いでもらい素晴らしいボディーを披露してもらい、オナニーをしてもらいます。バイブを使いおまんこをガンガン刺激して、おまんこをビショビショに濡らし感じまくちゃいます。そして、チンコをフェラチオで大きくして、おまんこに挿入、激しく突きまくちゃいます。最後は、中出しフィニッシュ!!本当に可愛いみなちゃんのイキっぷりは必見です!!
動画:ロリ系に2本の熱き肉棒を

ご満悦にならないほうがおかしい。
というわけで、歌いにいこうとなったとき、僕の頭に最近のカラオケ店が行っている、浮かんだ。同時に、彼女にいま施している調教のことも。
とあるサービスのことがこれは使えるかもしれない。
繁華街に着くと、よく行く店に足を向けようとする遙香を制し、スマホに近隣の店舗の報を比較した。そのサービスを実施している店を選び、そこに向かう。
一覧表示して、各店の情みちみち遙香は、「そこって、◯◯通信は入ってるんですか?アニソンの新曲って、いんですよね」などと言っているが、実は歌なんてどうでもいい。
あそこがいちばん配信が早初めて入ったそのカラオケ店は、お世辞にも流行っているとは言い難い雰囲気だった。期待していた通信システムが導入されていることが、レジ横のポスターに記されていたらしく、「ああよかった」と遙香は微笑んでいる。
それよりも何よりも、僕はエントランスの奥に吊るされているものに気を削がれていた。
色とりどりに、そこにずらりと並んでいる。
今回ここに来た目的があれを利用したいんですがというと、店員はていねいに利用方法と料金を説明しはじめた。
オーブンクローゼットに気づいて、大きな二重の目をさらに見開く。
「あれって、コス?」
遙香も奥にあるそのそう、そこにあるのは、ナースからCAから各種アニメのキャラクターにいたるまで、チュームだった。利用者は追加料金を払えば、それを着て部屋で歌える。
ずらりと並んだコスレジを離れると、遙香は目の色を変えてそこに飛んでいった。
「わあ、うれしい!どれ着ようかなぁ、迷うなぁ。途中でチェンジしていいんですか?だったら最初はやっぱりミクちゃんにして…」
「ダメだよ、遙香ちゃん。僕が指定するものにしなさい」
えーっ、こんなにいっぱいかわいいのがあるのに、自分で選べないんですかぁ。じゃあ私、何を着ればいいんで僕が指定したのはセーラー服だった。
それも綾波が着ているようなアニメ仕様のものではなく、ごく普通の、そ
のへんの女子高生が着ているような、スなタイプだ。
白の半袖に襟とスカートは紺、スカーフは赤という、ごくごくオーソドック
えー、なんかありきたりっていうか。
でもまぁ、これもけっこうかわいいからいいですけどそう言いながら、夏用セーラー服を手に試着室に向かう遙香を呼びとめ、僕はあることを命じた。
告げられた内容に、彼女はぱちぱちと音がするくらいに瞬きをし、それからその意味をしっかりと自分に納得させると、頷いてカーテンの陰へ消えていった。
もぞもぞとカーテン生地が揺れるのを、僕は静かな満足感と共に観賞していた。
中で女の子が着替えているそれを見るなんて、一部の恵まれた男たち、イケメンか金持ちに限られていると思っていたやっとこの境地に至ることができた。
ここに来るまで、僕はどれだけのものを捨て去って苦行に耐え、努力を重ねてきただろう。
やがてカーテンを開いて出てきた遙香は、どこからどう見ても現役の高校生そのものだった。一人でぽつんとファストフード店にいれば、ニキビ面の男子学生か、あるいは目をギラギラさせたオヤジたちが声をかけてくるに違いない。

幼げな丸顔を包むやや脱色した髪も、いかにもいまどきの女子高生のようである。スカートはもちろん短い。
早くもズボンの中で硬くしこってくる自分のモノをなだめながら、「ちゃんと下は脱いだ?」
僕は訊いた。
そこがうっすらと透けてい紺スカートの内側はともかく、白セーラーは突き出たEカップの胸が布地を押し上げ、て、先端のピンク色までがうかがえる。
この姿を誰か他の客に見られたら完全に痴女と思われるだろう。
いや、そう思わせるために、わざとこの館内をゆっくり徘徊させ、出会い頭に誰かに見られるのを期待してもいいのだが、いまはまだその段階には至っていない。
いずれそれもさせてみるつもりだけれど僕の影に隠れるように通路を歩いて、次々と入れた曲を歌いはじめた。
やっと部屋にたどり着くと、遙香はほっとした表情で水を得た魚のように僕はソファにもたれ、グラスを手に、ときどきポテトなんかをつまみながらそれを聴いている。
く振り付きで踊るたび、ノーブラの胸の豊かな盛り上がりが、みずみずしい乳房の肌色を透かせ、に張り付いた乳頭のピンクをちらちらと見せているまさに至福の時間だ。
彼女が可愛らしぽっちりと裏地曲数が重なり、彼女も乗ってきて、場が暖まってきた頃を見計らって、「遙香ちゃん、歌ってるときにスカートをひらひらさせてみて」
「…あそこが見えるように、ですか3見えるか、見えないか、くらいがいいなぁ。チラリズムってやつだね」
「ん、もう」
僕は声を掛けた。
かわいらしくふくれて見せてから、遙香は僕のいうことに従った。
紺スカートの裾をつまみ、FSと歌いながら、ふりふりとそれを左右や斜め上下に、リズムに合わせてめくっその動きはまるで、それがこの曲の公式な振りであるかのように、ていく。もともと音感はいいのだろう。
よく似合っていた。
とてもひらりとめくりあがる制服のスカートの下から覗く、間の繁み丸いお尻やその谷間、腰の辺りまで露出する脚、そして股女子高生が決して人前で見せてはいけないものを見せつ隠しつさせながら、遙香は歌う。
その顔は羞恥で赤く染
美人な先生が女の子に苛められちゃう.1私の先生は、すんごい美人なのまつげが長くて、目が大きいし、すらっとした体だけど、大きいオッパイみんなの憧れの先生なのでも今は私たちみんなのドレイなんだよ。
これは、そんなお話。
一ヶ月前

綺麗なOLさんに鬼畜外道プレイ ~素人さんを呼び出してぶっかけて捨てました~

今回は現役のOLが出演してくれました。しかもエッチな事が大好きで、ハメ撮りに興奮するみたい。そんな彼女の名前は美咲ちゃん、一流企業に勤めているからなのか、マンコの締まりも一流です。今回は、ハメ撮り動画をネット流出させると脅して、撮影してもらいました。早速、身体を弄ってフェラチオしてもらいます。やらしくとうっとりとチンポを舐める姿に大興奮!後半は、チンポを子宮の奥まで生姦しちゃいます。高速ピストンでイキまくるOLは最高ですね!
動画:綺麗なOLさんに鬼畜外道プレイ ~素人さんを呼び出してぶっかけて捨てました~

「はい、これで今日の授業はおわりよ。」
学校イチの美人な先生”エリナ先生”はみんなに優しくて優秀な先生。
今日もチャイムより少し早めに授業が終わった。
「エリナ先生、今日の服も可愛いよね」
女トモダチが言った。...女子高なので女子生徒しかいないけども。
「ウソ、どこで買ったか聞いてみようよ」
そういいながら、私はトモダチとエリナ先生のところに行く。
「どうしたの?あやちゃんと、かおりちゃん。授業ちゃんと聞いてたかな?」
エリナ先生は私のことを”あやちゃん”って呼ぶ。お友達みたいにみんなに接している。
「エリナ先生は服ってどこで買ってるんですかァ?」
カオリが言った。
するとエリナ先生は「うーん、しまむら?」
以外に普通だった。「え」とかってびっくりしたり、して会話していたらチャイムが鳴った。
kikokakon「じゃあ、行くわね。」
エリナ先生は教室を出て行ってしまった。
なんか。いそいでた?
私はそっと、廊下を見た。
エリナ先生はオバサン学年主任に捕まっていた。
あ、あのセンセ、話し長いんだよね…。
しょうがない。私は教室の中に入って友達とふざけたり話したりしていた。
次の授業が近づいた頃カオリがトイレ行きたいって言うから一緒にいくことになった。
で、チョット、トイレまで遠いから職員トイレを使っちゃおってなって職員トイレに入った。
トイレのドアが一つ,閉まっていた。
だからカオリはその隣に入った。
中、オバサン先生かな?私は誰か先生が入ってる個室を上から覗いてやろうとなぜか思った。
普段偉そうにしているオバサン先生のウソチングスタイルとか見て笑おうと思った。
はっと。上から覗いたら.エリナ先生が、、しまむらで買ったスカートの裾を噛んでいた。
手で、なにやらリズム良くこすっている。
こ、これゎ..「オナニーしてんじゃん!!!」
思わず叫んでしまった!
あわててエリナ先生が出てきた。
あやちゃ..ん..なんで..覗いたの恥ずかしそうなエリナ先生。
それを見て意地悪な気持ちになってきた。

「エリナ先生こそ。
次の時間は空きだからってみんなが勉強してるときに何やっていたんですか?」
「それは」
「ちゃんと言ってくれないとみんなに言っちゃいますよ」
「お、オナニー。」
「はぁ?聞こえないんだけど。」
先生のこんな恥ずかしい場面を見て私はもっと意地悪になっちやう。
「お、オナニーしていました」
「ブツ」
思わず笑っちゃう。
だって先生が、美人できれいなあの、エリナ先生が生徒に敬語使っちゃうんだもん。
って、あんまり意地悪しすぎるのは止めた。

わかりました。このことは言いません。
言いかけてカオリ私も職員トイレに入ったこといわれたくないですし「エリナ先生変態ヂャン学校でオナニーしてたんだぁ!アヤわ言わないかも知んないけど、私はみんなに言っちゃうよ」
カオリは私以上に意地悪だった。というか、サドっぽかった。
困ったエリナ先生はお願いするしかなかった。
「どうしたら黙っていてくれる?」
泣きそうだった。
美人できれいだなぁ。
カオリは半笑いで「私たちに、土下座してお願いして。」
エリナ先生は少し迷って「わかりました。」
って、おいおいわかったのかよトイレの床にひざをつき、頭もその床につける。
私だったら絶対こんな汚いことできないけどなぁ。
「お願いします。
このことは言わないでください。」
先生が生徒に土下座して謝るなんて
「エリナ先生ってさぁ、マゾっぽい?」
カオリはスゴイ質問をした。
「そんなことは·.」
エリナ先生が否定しようとしたら間髪いれずにカオリが「なんか土下座しながら腰ゆれてんじゃん。
カオリなんかストレートだなぁ。
つーか、あんまり誠意伝わってないから、先生、裸で土下座してよ。」
「わかりました」
エリナ先生は恥ずかしそうに服を脱ぐ。
と思って、気づいた。
裸になってもエリナ先生はきれいだなぁ。
もっと、私も命令すればよかったなぁ。
ビローンって鳴んないように「あー」
って言いながらケイタイのムービーをオンにした。
美人な先生が女の子に苛められちゃう.2エリナ先生は私の友達のカオリに全裸で土下座をしていた。
それを私はケイタイでムービーに撮っていた。
「もぉ·.許してください·.」
エリナ先生は自分の生徒に向かって、トイレの床に頭を付ける。
美人なエリナ先生が全裸で土下座しちゃつたよマジきもいカオリは楽しそうに笑っている。
私も参加しようつと。
「しかも見てカオリ、エリナ先生さ、ムービーをカオリに見せる。
土下座しながら濡らしてるんだよ」
「へぇ。
やっぱりマゾなんだ。
エリナ先生わ。」
「違うわ·.」
否定する、エリナ先生。
カオリがそしたら「じゃあ、何であそこ濡らしてんの。」
15..
「マゾって認めたらもう止めてあげる。」
すっごい意地悪。
「私は、マゾです。
生徒の前で土下座して感じる、変態レズマゾです。」
認めた。
しかも誰もそんなこと言えって言ってないし。
じゃあ、許してあげる。いこ、アヤ。
カオリは案外あっさり引こうとしたから。
私もトイレを出ようとした。
待ってエリナ先生が引き止める。
「なんですか。」
私とカオリの声がハモる。
「お願いします···。
先生を..もっと苛めてください..。
レズでマゾで、年下のコに苛められたいの..お願いします。」
美人でキレイで、みんなの憧れの先生が馬鹿な女子高生の私たちに土下座しながらこんなことお願いするなんて...。
楽しいじゃん
じゃあ、エリナ先生。私たちのこと”アヤ様,,,,私はそういうとカオリもカオリ様”って呼べよ。

マンコ図鑑 小泉まり

カメラ目線で顰めっ面の小泉まりちゃん、何事かと思いきやカメラマンが後へ下るとまりちゃんの小ぶりなマンコを千切れんばかりにパックリ開いてる!そうですぅ!マンコ図鑑なんですぅ!あ〜マンコ図鑑♪見たい!マンコ図鑑〜♪
動画:マンコ図鑑 小泉まり

「靴、舐めて。」
「はい、わかりました。
アヤ様、カオリ様。
喜んで靴お舐め致します。」
犬みたいなポーズでカオリの靴を先生が舐める。
「どぉ?生徒にめいれいされるのは。」
「嬉しいです。」
カオリの靴を舐めている先生のあそこを、わたしは後ろから足でこすった。
「アッ、ア..」
ねちゃねちゃする先生が変な声上げてる。
もっとやっちゃえ。
グリグリネチャネチャ..「...ああ、いっちゃぅ!」
先生がビクってなっておしっこ漏らしちゃった。
「エリナ先生って、生徒の足でイッちやう変態マゾだね。
しかもオシッコもらしてんじゃねーよ。
舐めてきれいにしろよ」
トイレの床は元から汚いのに、先生のオシッコでさらに汚い。
こんなの舐めたら本格的に変態チョット引くくらいキモイかも。
だね。
「はい。
アヤ様の命令どおりきれいにします。」
まじかよ。
本物だ...。
カオリがふいに「授業って、どうなった?」
って聞いて気づいた。私たち、サボってる。
----nko----nka----nko--..’その日からエリナ先生は、毎日のように私たちのレズマゾ奴隷としていじめられました。
美人な先生が女の子に苛められちゃう.3ある日の放課後。
私たちは勉強ができな過ぎて補習を受けていた。
「終わりました。

カオリのプリントが終わった。
「じゃあ、チェックするわね…。」
エリナ先生が立ち上がり、カオリのプリントのチェックをしはじめる。
「ここが違うわね…。
じゃあ、今から説明するから…。
ここは…で、…」
「エリナ先生、分からない。
全裸で教えて。

カオリはやっぱりストレートだ。
「わかりました…」
教室で全裸になるエリナ先生。
他の人に見られたらどうするんだろ?

「では、カオリ様、この問題はで…」
全裸で教えるエリナ先生。
しかもなぜか教える立場なのに敬語で。
「あったま悪い私達に命令されてエリナ先生感じてる?」
「ハイ、申し訳ございません」
勉強関係なくなってきた。
私も命令しょっと。
「先生今、私達に何されたい?命令してあげようか。

「お願いします…。
お尻の穴を舐めさせて下さい…」
「じゃあ、床に寝転がって」
エリナ先生は床に寝転がった。
きれいな顔の上に私のお尻の穴を近づける。
「ありがとうございます」
エリナ先生が喜びながら舌を伸ばす。
「美味しい、アヤ様嬉しいです」
「エリナ先生、踏んであげる足開いて」
さらにカオリがエリナ先生のあそこを足で踏み出した。
ネチャネチャ、グリグリ、グチュ「エリナ先生濡れてる-」
「ホントだ。
生徒にいじめられてこんなにしてるんだね。
やっぱりレズマゾだ」
「嬉しいペロペロもっといじめて」
エリナ先生が私のお尻の穴に舌先を入れる。
私も気持ち良くなってきた。
「エリナ先生、口開けて。便器にしてあげるね」
「はい、アヤ様ぁぁン..」
私はきれいなエリナ先生の口をめがけておしっこをした。
「ゴボゴボオ、ゴブア…」
口は苦しそうだけど表情は嬉しそうにエリナ先生は私のおしっこを飲み干した。
「舐めてきれいにして」
アソコを見せると、エリナ先生は喜んで舌を出し、女のアソコを舐めるなんて、普通できないよね。
私のアソコを舐めはじめた。
「私のもして」
カオリもエリナ先生にアソコを舐めさせて、楽しく過ごした。
ホモマゾお兄様最近弟のヤツ引きこもってるんだよ。
部屋で何やら一人ゲームとかしててさぁ。
ウザイからチョット入って、無理矢理外に連れてってやろうと思ってるんだよねそう思いながら弟の部屋の前まで行く。
ガッ、と開けて…「ガ”,」
後ろから衝撃が起こった。
そして意識が遠のく。
どうしたんだっけ。
あれ、弟の部屋。
あ、
グッ何やら全裸で後ろ手に縛られてるんだけど!
俺「おい、カズヤてめーかよ」
弟「そうだよ、兄貴。実はこうなるように仕組んでいたんだよ。

俺「いみわかんねェよ」
弟「そうかな?兄貴は何されるとか、察してないのかな…?」
こういうプレイ、ってコトか?でも俺、どっちかっていうと縛ったりする方じゃないのか?
弟僕は兄貴のコト、俺「はア???」
わかるよ。
本当は、兄貴はホモでマゾなんだ、って。

もう殴ろうかと思ったけど、動けない。腹立つなあそうやってモゾモゾしてたら、弟がチャックを降ろしてチンポを出した。
シコシコシコシコ俺の目の前でオナニーを始めてしまった。
弟「兄貴に…精子かける」
俺、弟に精子かけられちまうよそう思ったらなんか、ヤべぇ…なんでだよ、チンポたってきた弟のシコる姿見て、興奮してる…俺もシコリたいよぉでも縛られていてモゾモゾするだけだ。
チンポたってきてるのも弟にバレバレだ。