潮風に吹かれながら…

ロリフェイスの夏樹ゆきこちゃんの登場です!!ゆきこちゃん、可愛い顔して、美乳で巨乳の持ち主なんです!!最初は、気分爽快、野外での露出、さらには、フェラチオで気分は最高潮!!もう我慢出来なくなり、ホテルに直行して、早速、ゆきこちゃんの服を脱がし身体を弄り回しちゃいます。おまんこをビショビショに濡らし感じまくる、ゆきこちゃんにフェラチオしてもらい、ギンギンになったチンコをおまんこに挿入して、いろんな体位でガンガン突きまくちゃいます。そして、最後は中出しフィニッシュ!!ゆきこちゃんのイキっぷりは必見です!!
動画:潮風に吹かれながら…

「出るよ」
ビュッ思いっきり精子が飛び出す。
そして俺の顔面にかかったんだ。
俺「アッ…ああ」
弟に精子かけられちまったよ…弟「縛られて、精子かけられて、チンポ立たしてるよ…。
兄貴。
その精子舐めたらもっと恥ずかしいよ」
俺恥ずかしくなりたくなってきた弟に命令されて…俺「ペチャ」
弟の精子を舐める。
苦いおいしいチンポから我慢汁が垂れてきた。
弟「兄貴エロすぎ、チンポから我慢汁でてんじゃん。
俺にいじってもらいたい?」
俺「あ、あぁ…」
弟「じゃあ、ちゃんとお願いしてよ。
カズヤ様、俺の我慢汁いっぱいのチンポを踏んで下さい、って。

そのセリフは恥ずかしいだろう…言えない
弟「言えないのかな?そしたら兄貴はずーっとこのままかな?その内便所にも行きたくなるんじゃない?」
そんな。
俺…言うしかないのか...。
言おうと思うとますます我慢汁がでてくる。
もう床に垂れそうだ...。
俺「カズヤ様、お…俺の我慢汁いっぱいのチン·ポをふ踏んで下さい」
笑いながら弟「しょうがないなあ。
踏んでやるよ…」
ギュッ!
弟にチンポを踏まれると、とてつもない快感が走ってきた。
「ああっ…」
ぎゅっ、ぎゅっダメだ、出る!
弟にチンポ踏まれてイク、ホモマゾなんだ…俺.
女同士のいじめ、今までいじめていた女に仕返しまた、机に花。
私は今、いじめられています。
でも、誰にも言えません。
誰に言ってもどうしようもない事をわかってるから。
でも、今日チャンスがまわってきたの。
「田中さんもグループに入ってるよね」
言ったのはクラスのリーダー的存在の来栖まどか。
入ってないわ。
バカじゃないの?さんざハブっといて。
今まで言わなかったけど、私理事長の従兄弟の孫なの。
あんたたちのこと、どうしてあげようか。J嘘。
でも皆信じた。
そして来栖さんと仲がよかった二、三人を除き皆私の味方になった。
「来栖さん、今まで田中さんに酷いことしてきたよね、とか言う仲間が出てきた。
謝りなさい」
こうなればだんだんエスカレートして来栖まどかは今日も皆の前で土下座をしている。
通る女子全員が来栖の頭を踏みつけて通る。
授業中、来栖はオナニーをして一回イカなくてはならない。
体育の時はノーブラにならなくてはいけない。
放課後は希望者にクンニをしなくてはいけない。
当然、イカせなければいけない。
全裸で来栖まどかは希望者を待つ。
毎日開催しているので、最近は数人しかこない。
でも私は来栖まどかに毎日舐めさせる。

「舐めて。

「た、田中さん…わかりました。
おまたを広げ下さい。

ペロペロ舐め始めた。
「どう?今まで苛めてきた人のオマンコの味は?悔しい?」
「悔いです」
「おいしいです、でしょ」
「すいません、おいしいです」
ペチャ、ペチャ·ジュルに舐め続けている姿はとても無様でした。
レズマゾメールで調教されています私、レズでマゾなんですメールで女王様に調教されているんです…「まずは全裸になってくれる?それで写真撮って!」
わかりました…私はメールで命令されているのにも関わらず実際に服を脱ぎます。
そして写真を撮ってメールで女王様に送ります。
「じゃあそのままベランダに出てオナニーしてくれる?」
そのようなメールがきたら実際にベランダに出て胸をいじったり、アソコをいじったりします。
でも、女じゃなかったりして...。なんて時々思ったりしていたある日。
「今日は休日だよね?ノーパンで外に出てくれる?」
嬉しい休日に調教してくれるなんて…思い切りできる。
もちろんノーパンで外へ。
「近くの公園の公衆トイレに入って、一番奥のドア入って!」
なんかいつもより違うような…?とりあえず、命令は絶対なので入ります。
そしたら若い高校生くらいの女の子が入っていた。
「ノーパンなんでしょ?見せて。」
「まさか…、女王様?」
「そうよ」
そんなどう見ても年下の女の子にこんな恥ずかしいことを命令されていたなんて…私は屈辱感でいっぱい。
しかし、それが快感だった...。

水着が似合うギャルとラブホを遊びつくす

今回は、水着が似合うギャルをナンパして、ホテルでエッチな事をたくさんしちゃいます。そのギャルの名前は、加賀美セリナちゃんで~す!!セリナちゃんスレンダーなボディーに綺麗なおっぱいの持ち主なんです。早速ホテルに移動して、室内プールで泳ぎ楽しんだ後、セリナちゃんを全裸にして、おまんこをチェックして、チンコをペロペロ舐めてもらい、ギンギンに起たせて、セリナちゃんのおまんこに挿入して、激しく突きまくちゃいます。しかも最後は中出しフィニッシュ!!可愛い顔して、メチャクチャエッチなセリナちゃんをご覧あれ!!
動画:水着が似合うギャルとラブホを遊びつくす

「ハイ、ノーパンです…見てください。
スカートを上げてアソコを見せる。

私のパンツ舐めながら、自分のオッパイ揉んでるの見せて。
「ハイ、わかりました。女王様」

そして、女王様がパンツを脱ぎ、私に手渡した。
くんくんぺろ…女の子のアソコの味がするそれだけで私は自分のアソコを濡らしていた。
さらに自分のおっぱいを揉んでビショビショにしている。
オナニーも見せたいかパイだけじゃなくてアソコ触りたいそういう思いでイッパイ。
「やだ、すっごい濡れてるね?アソコ自分で触りたい?」
「触りたいです…我慢できません…」
「じゃあ、私のアソコ舐めてイカせたら、手か足、どっちか好きな方でイカせてあげる」
「嬉しいです、女王様」
当分我慢は続きそう女王様のアソコをなめるためにしゃがむ。
そして美味しそうなアソコに舌を這わせる。
ペチャペチャ「おいしいです、女王様、オマンコの味最高です」
「なかなか舐めるの上手いじゃない。
そんなに我慢できないのね。」
ペロペロと舐め続けると、女王様は満足げに、
もういいわ、なかなか気持ち良かったから、イカせてあげるね。
手と足とどっちがいい?
「もちろん、足でお願いします、踏まれてイキたいです!」
女王様も足でイカせたかったのか、にっこり笑って、私はトイレの汚い床に寝そべり、あそこを広げた。
靴を脱ぎ始めた。
「もうぐっちょくちょじゃない。
さっきのパンツ、顔に被って私のアソコの匂いも嗅ぎながらイキなさい!」
「はい!」
ああ·.嬉しい、パンツを被ってアソコを広げる間抜けな姿で、踏まれて惨めにイケるなんて最高!女王様万歳っ!
グニュ!グニュっ!
足で擦られてすぐにイキそうです。
でも、もっとこの快感を維持したい…
「そうよ、我慢してね。
いいって言うまではイッちゃダメだからね。」
気持ちを見透かされたように我慢させられます。
我慢できないです!

もう、いっちゃいそうですー!女王様ぁ、

「ダメよまだまだ我慢できるでしょ?」
いやあ我慢できない許可してください、「人に物を頼む時はなんて言うの?」
イクのを許可してくださいー!
「あっ!あーごめんなさい、お願いしますう!イってもいいですかぁ!お願いですぅ!許可してください!」
「お願いできたね、いいよ、イキなよ!」
「ああああ””””!イク·’!.1イク許可を貰った瞬間に私はビクつとなってイキました。
!イクーーっ!」
最高の休日でした。
それからも、メールでの調教は続きました。
たまに実際にこういうこともあり、毎日は充実しています。
緊縛戦隊マゾレンジャー「キャアアア助けてぇ」
女の子が怪物に襲われているそんな時に現れる正義の味方マ、ルンジャ.マゾレッド:武器バイブレード:上部がバイブになっていて敵をヒーヒーいわすことができるぞ!
「さあ、お嬢さんもう大丈夫ですよ」
マゾレッドはバイブレードを出し、怪物に向き合う怪物:触手agee:その名のとおり触手が武器のやらしい怪物。
巻き付いて絞め殺すのが趣味。
きたな、マゾレッド。
お前の技はこの私には効かないぞ。

触手ageeはマゾレッドに向かって触手を伸ばしたグルグルッTyしまった
マゾレッドは触手に捕まってしまった!
マゾレッドのピチピチの戦隊スーツにネバネバの触手が絡む...。
「ククク…いい格好だ、マゾレッド。
触手がからんで動けないだろう。

くくそ…どうすればそうだバイブレードでマゾレッドはバイブレードを出し、触手を切ろうとしたが、出す時に触手にバイブレードが捕られてしまった「ククク…これは面白い···マゾレッド、お前で少々遊んでやろう」
すると触手ageeは触手をマゾレッドの手足四方に絡めた。
そこにさっき奪ったバイブレードを出す。
「さあ、マゾレッド。
お前の尻の穴を犯されたくなかったらこのバイブレードを舐めなさい。

「だ…誰がするか、ツ」
と、反抗したら触手がぐっ、とキツくなった。
言うこと聞かないなら、このまま殺してもいいんですよマゾレッドは敵に侖令されてバイブレードの先を舐めた。

AV女優と飲み…そして泊まりSEX by HAMAR 7 後編

オトナの諸事情で3年近く引退状態だった高岡リョウが、新しい環境と芸名で復活!久々にAV業界に復帰したリョウちゃんの素顔にHamar監督が迫ります。前編で飲みまくってヤリまくった翌朝、全裸で爆睡中のリョウちゃんを、いきなり舐めて起こしちゃいますよ。寝ぼけててもカラダは反応イイね。朝日の中で中出しモーニングコール。メイクも直さずにSEXしたブイは初めてとのこと。学生時代の話やネコにジーと見られて初体験な話、性の目覚めやプライベートセックス人数など色々Hの端々に絡めて、リョウちゃんの素顔が垣間みれるといいな。
動画:AV女優と飲み…そして泊まりSEX by HAMAR 7 後編

「くそ...仕方ない…!」
ペチャペチャジュル
「美味しそうに舐めるねぇ…。
私も手伝ってあげよう。

触手ageeは触手を伸ばし、マゾレッドの体を戦隊スーツの上からなぞる。
まるで舌が体を這っているようだ触手がマゾレッドの乳首をいじる。
けっやめろ…
触手はやめない。
むしろ激しく動かし始めた。
「あつあつあつ」
気持ちいいのかマゾレッドは声を上げる。
ククク…敵に恥ずかしい目に合わされて何かが膨らんできていますよ…。
「やめろ…見るなっ」
そのピチピチのスーツだと、形がハッキリわかりますよ...。
マゾレッドの戦隊スーツが膨らんだせいでもっとピチピチになってしまった。
乳首だけいじられて我慢しているようだ。
膨らんだ先からは漏らしたように色が変わっている。
「なんだかピクピクしてますねぇ…いじってみましょうか…」
触手ageeは触手をマゾレッドの膨らんでいる部分に這わせた。
当然、舌で舐められるような感覚だビュルビュル「ああで、出る!あっ気持ちィッ!」
マゾレッドはビクビクとなって精子を出してしまった。
「おやおや…はしたないですね…。
バイブレード舐めながら敵にイカされてしまうなんて。
しかもそのピチピチのスーツ、汚い汁でギトギトですよ。
恥ずかしくないのですか?」
「は、恥ずかしいです…」
そして、負けたマゾレッドは触手ageeのオモチャとして扱われるようになりました。
痴漢電車で女装ホモの便所になってしまった今、満員電車の中にいるんだが、前の女の子がなんかモジモジしているんだ。
なぜだとおもう?
そう、痴漢だよ。
横の奴がその子のお尻を触ってるんだ。
俺?助けろって?
出来るわけないだろう。
臆病者で今まで逃げてばっかりいたんだ。

「や、止めて下さい」
なんか声上げ始めたぞ。俺の股間がうずいてきた皆でさわりはじめた。
って周りの奴らもグルか。
そして服を脱がしていた。
あっ、女の子じゃなくて男の子だった白いスカートを穿いていたから、女の子と勘違いしていたけど、裸になったらちっちゃいオチンチンがついていた。
電車の中で、大勢の男達にさわられるかわいい男の子…。
「やあやめろよっ」
嫌がってる。男の一人は胸をいじってる。
また違う男はその子のオチンチンをいじって…。
オナニーしはじめてる奴もいる「あああボク、イッちゃうよぉ」
男の子が精子をビュクビュク出している。
その時、俺を見た。
目が合った。
とっさに背けてしまった。
どうしよう(助けてほしかったんじゃないのか。なんで背けたんだよ。
そう思ってたら目の前にその男の子が全裸のままいた。
ずっと見てただけだったなんて.。)「見てたよね?ボクのイクとこ…」
「い、いや。
たまたま…」
「たまたま?ボク、君に見せてたつもりだったんだけどな。

は?どういうことだ?
そういえば、痴漢集団に囲まれているぞ...。
わ、ガタイのいい男に掴まれた男の子にズボンを下ろされた…「ほうら、勃起してんじゃん。

は、恥ずかしい…
色んな男に勃起してるところを見られているそのまま、床に座らされた。
「君は、助けようとしなかったからお仕置きだよ。
今日は車内便器になるんだ。

は?何で俺なんだ…まだ掴まれていて身動き取れない…いつ、抜け出そう。
そんなことを考えてたらジョボジョボビュッピュジャ了了一斉にオシッコやら精子やらが俺に向かってきた。
「わっ、やめろ」
「やめるわけないじゃん、ボクのこと助けようとしなかったからね」
思えば罠だったのか俺以外この車両の奴は全員参加だ...。
「どうしたら、止めてくれるのか?」
ダメ元で聞く。
「ボクのオチンチン、舐めてくれる?」
うう…男の子のオチンチンを…。
でもこれから臭い小便かけられ続けるより、マシか、
「わかった。
舐めさせてくれ」
ペロペロペロペロ
美味しい?ボクのオチンチン「ああ」
こう答えるしかないだろう
「もっと美味しくしてあげるね」
ムグ”オシッコだ。
むせるような匂い。
「ちゃあんと、飲んでね…」
無理矢理だ!苦しいけど、俺は飲んだ。
「もういいだろ?解放してくれよ」
「はぁ?今日1日便器だって言ったじゃん。」
「オチンチン舐めたら許してくれるって言ったじゃん」
「ああ。
あれはただ単に舐めるかどうか聞いただけ。
便器の質問なんか一切聞いてないよ。