オーディションバトル~オナニー対決!

負けられないオナニーがここにはあるッッ!!ということでやって参りましたよ~!!素人むすめ4人の人気投票による、君がSEXを見たい素人の熱い戦い!ハイビジョンで見たい素人決定バトルが開幕です! 今回はボディーチェック、そしてオナニーをタップリ見せていただきます!それぞれ可愛い素人の見事なボディに綺麗なスレンダーボディ!みんな違うオナニーでみんないいですね!!この子は見たいというのがあれば、ぜひ投票してください!
動画:オーディションバトル~オナニー対決!

、今から半年前部活は三年生になると引退になる他の三年部員はもう美術部に顔を出さなくなっていたが、はるかは部長ということもあり、正直、後輩にとってはうるさい先輩がまだ部活にくることを良く思ってはいなかった。
ちょくちょく顔を出しては後輩への指導をしていた。
ある日後輩たちははるかがもう部室にこないようにしようと企む。
それが始まりだった。
「ちょっと脅したりしたら逃げてもうこなくなるって!」
「いいね、そうしよ!」
はるかはいつもどおり部室に行く。
「みんな、がんばってる?」
後輩たちは一斉ににらむ
忙しいんで帰っていただけますか?
全然忙しいなんてそんな様子はない。
「え?トランプしてるじゃん、忙しくないでしょっ。」
人の後輩がバァン、と壁を叩いて「もうこないでくれますか?」
「かーえれ、かえれ!」
「え?なんで?どうして?」
はるかはわからなかった。
後輩たちがなぜこんなことを言うのか。
だから、対抗して先生に相談したのだ。
先生に言ったことで、後輩は先生に怒られた。
それがエスカレートの原因になった。
「はるか先輩うざい」
「裸にして、写真撮っちゃおうよ。」
「えー?先生にまた言わない?」
「言わないように、はるか先輩が自分から脱いでるようにできないかな?」
先輩が後輩に命令されて.2後輩たちははるかの体育着を、特製体育着にすり替えた。
特製体育着とは、一部が紙でできている。
水を浴びると局部が溶けてしまうものだ。
「よくこんなの用意したね(笑)」
「お兄ちゃんが通販で買ったのパクつちやったよ。」
はるかは体育着に着替えた。
これから体育館にいく途中...。
後輩たちが水たっぷりのバケツを持った。
「あっ、危ない!!」
わざとこけて、はるかに水をかける。
ザバーツ!
あっ、はるか先輩!ごめんなさい、ごめんなさい!
後輩たちははるかにタオルをあてる。すると、特製体育着が溶けて、紙の部分が床に落ちる。

「乾かすために一旦教室に戻らないと!」
はるかは教室に歩きだす。
じゃあ、私体育館に行って、遅れることを言いに行きますね?
後輩の一人が体育館に向かった。
そして、後の後輩たちははるかについていき、教室へ向かった。
まだ、体育着が溶けていることに気付いてはいない。
「気付かないね、プッ」
はるかは教室に行くと、体育着が溶けていることに気付いた。
「あ…あっ…!何で!体育着が壊れて!?」
「はるか先輩、あそこ丸見えですよ?」
「やだーグローい!」
気付いた直後、そして、後輩たちは一斉に罵声を浴びせる。
「携帯で写真撮っちゃつた!」
「え!?なんてコトするのよ!?」
はるかは怒り、後輩の携帯を奪おうとした。
しかし、他の子たちに押さえつけられ、足を広げた恥ずかしい姿で身動き取れなくなった。
「やだ…やめて…」
「先輩、やめて欲しいですか?」
なんでこんなことするの!?今まで仲良くやってきたじゃない..!
はるかは縛られ、椅子に固定された。
そして後輩たちから一斉に罵声を浴びさせられる。
ウザイんだよ!わざわざサボってないか見に来るのが!
「じゃあ、もう見に行かないから!離して!」
「ダメ。先輩、またチクるから。」

「言わない!信じて!」
周りを見ながら後輩の中のリーダー、幸恵が「みんな、はるか先輩をキャンバスにしちゃおうよ!」
「賛成-ッ。」
ビリビリ、ビリはるかの着ているものを破り、全裸にする。
後輩たちは皆筆に絵の具をつけだした。
赤青緑…皆好きな色。
そしてはるかの肌に塗りだす。
「アッん!やだっ!やめて!もう部室行かないから…!
ヌルヌルッ…!
Tsか·やだ·そこは!」
ヌルヌルッ「やぁっ許して…もう···チクったりしないからア···あっ、あ…!」
「ヤダ先輩、筆でいじられて感じてませんかぁ?」
「きもーい。」
「乳首かたくなってる!」
「先輩はキャンバスになったんだから、静かにしてくださーい。」
「そーそ。人間じゃなくて物なんだから。」

ガッ尻 ~素人アナル開発~ 現役看護学生を襲う痛み編

みなさんお待たせしました。大人気シリーズ、ガッ尻~素人アナル開発~の登場です!!今回はスレンダーなボディの持ち主、御堂さらちゃんが、アナルSEXを楽しんじゃいます。最初は、公園で待ち合わせして、ホテルに移動して、さらちゃんの身体を弄くりおまんこをグチョグチョに濡らして感じさせちゃいます。そして、フェラチオ、69でお互いに舐めあい気持ちよくなったところで、アナルにギンギンになったチンコを挿入して、激しく突きまくちゃいます。初めてのアナルSEXにイキまくりの感じまくりで大満足の、さらちゃんの激しいSEXを得とご覧あれ!!
動画:ガッ尻 ~素人アナル開発~ 現役看護学生を襲う痛み編

「失敗したらゴミにしなきゃ」
「あぁん…私がゴミ1、あ…」
ヌルヌルはるかの乳首やあそこ、尻の穴を筆が責める。
「イ·..いい!気持ちい…あ」
どうやらはるかは縛られて女の子に集団いじめされて喜ぶ、変態レズマゾだったようだ。
「イキそうになってやがる。」
そう言うと、責めていた筆を止める。
幸恵以外の後輩たちも手を止めた。
「あっ、あ、なんでやめちゃうの…」
やだったんでしょ。だからやめたの。
「そんな!今更っ…」
「え?やって欲しかったの?」
「はるか先輩って、マゾ?筆でいじられてきもちよかったの?」
1ぁぁっ!うん…。
「筆でいかせて欲しかった?」
「お願い…」
「人にものを頼むときはお願いしますでしょ?」
「お…お願いします」
「えー、どうしようかなぁー…帰りたいなぁ…」
「お願いします…幸恵さま」
「しょうがないなあ!」
ヌルヌル…「ああっ、嬉しいツ!もっと、クリちゃん絵の具でグリグリしてぇッ…!」
ヌルヌル…「イ·..!ア!あツイク、イつ、イッちゃう!イッ!」
ビクビクッ!はるかからイッたことがわかるような汁が垂れてきた。
こうして、後輩たちの奴隷化した
婦人警官と女子高生啊で万引きなんかしたの?
高校生を引き渡された。万引きをしたのだ。
「もー最悪。なんで見つかんだよっ」
今風の女子高生だ。
「さあ、おうちに連絡するから、番号教えて!」
聞いても、返事はない。
きっとこの子は捕まってもまた万引きするだろう。
反省の色がない。
「早くっ、こっちも忙しいんだから!」
だけど無言のままだ。
携帯をいじっている。
「おねーさんさー、うるさいよ?そんなに番号聞きたかったら、ごーもんでもすればアー。」
そんなことできないだろう、と煽ってきた。
はっきり言って、年下にばかにされたくてこんな仕事してるわけじゃない。
イライラする。
「じゃあ、拷問してもいいわけね?」
「できないでしょ?できるんだったらどぉ-ぞっ。」
了解なのね私は女子高生の腹を殴った。
どすっ、と。
「うっ!」
よろけた隙に手錠と縄で机に縛りつける。
「な、なにすんのよー!警察がこんなことしていいわけ-!?」
「拷問されたいんでしょ?」
そう言い放ってガムテープで口をふさいでしまう。
そして、制服のボタンを外す。
ブレザータイプなので、前を開けるとすぐに脱がすことができた。
スカートをめくり、下着姿にする。
「んー!」
じたばたと暴れる。
「フフ…恥ずかしいのかしら?…これからもっと、恥ずかしいめにあってもらうからね…」
ブラの中を触ってみる。
自分の胸よりは小さい膨らみだが、それなりの大きさ。

「んん…!!」
女子高生はビクつと震える。
「感じちやったの?おんなじ女性にいじられて?」
胸をもみながら聞いてみる。
中心の突起もかたくなっていた。
「さあ、おうちの電話番号言う気になったかしら?」
返事を聞くためにガムテープを外す。
「おねーさぁ…ん…えっちな気分になっちゃったよーお願い…したもいじってぇ…」
この子…ばかなんだろうか…普通泣いたりとかじゃないのかな「おうちの電話番号教えてくれたら、続けてあげる。」
「わかったよ…」
こうして、女子高生から電話番号を聞くことができた。
すぐに親に連絡をしよう。
いい子ね、じゃあ外してあげるね。今からおうちに電話するわよ
手錠やらを外す「約束はっ…?」
女子高生が何か言い出したが、「もしもし、こちら」
電話がつながった。
「ちょっとおねーさんっ」
電話途中に女子高生が後ろから抱きついてきた。
そして、私の体をいじりはじめる。
お尻や胸、あそこを女子高生にいじられて「こ···ちらに···おたくのお子さまぁッ、がいらッ…あぁっ…は…」
ぃっちゃうよ…「おね-さんの身体エローい!ぬるぬるー!」
「もうっ、わかったわよっ!いかせてあげるから電話中は大人しくし…」
ツーツー、ソ
怪人集団いじめ「はぁ、はぁっ」
レッドは細い路地を走っていた。
あと一回しかシャイニングビームは使えない!路地に怪人達を誘き寄せれば、まっすぐに伸びるビームで怪人を倒せると思った。
だが「つーかまーえたよ」
「な!後ろから.何故!」
「この路地は,本道…。出てくる場所もお見通し…。」
そして、怪人達に囲まれてしまった。
両腕を筋肉質な毛深い怪人がつかむ。
「どうする気だ!」
「どうする…?今まで散々コケにしてくれましたね?」
目の前の魔法使いの怪人が言った。
そしてバリバリっ!
レッドのスーツ、マスクを破いてしまった。
「おやマスクなんかしないほうがいいじゃないですか…。」
レッドの正体は…アイドルグルーブY_Yo5のセンターだった。
しかし、今はスーツも破られ、ピチピチのパンツ姿だ。
スーツの中は蒸してパンツはベトベト、汗でうっすら透けていた。

マンコ図鑑 源みいな

有名女優のオマンコを余すことなくお見せしちゃう、カリビアンコムの『マンコ図鑑』。今回は元セクシーアイドルグループ出身の源みいなちゃんの綺麗なパイパンオマンコを色んな角度から拝めちゃう!パイパンオマンコに極太バイブがじゅぼじゅぼ!電マ責めで止め処なく昇天しまくる源みいなちゃんのいやらしいオマンコを外側だけでなく、膣奥までバッチリお見せします!あなたの「マンコ図鑑」コレクションとして抑えておかねばならない1本!!
動画:マンコ図鑑 源みいな

「こいつ、いやらしいパンツ履いてるぞ」
「チンポのかたちがはっきり見えますね!」
「汗でぐちゃぐちゃ、きたねぇな!」
おぞましい怪人達に罵られ、レッドは恥ずかしくなってきた。
「おや、罵られれ感じるんですか?」
魔法使いの怪人に言われて、レッドは「はっ」となる。
股間のものが大きくなっていた…。
「そんな…」
「どれ、スライム怪人よ、いじってやりなさい。」
魔法使いの怪人はスライム怪人に命令をした。
スライム怪人はその名のとおり、スライム状の体で、ヌルヌルのローションみたいなやつだ。
「はい、怪人王様...。」
スライム怪人はレッドのチンポをしごきだした。
ヌル!ヌル!ヌル!ヌル!ヌル!ヌル!
かなり強い力でしごかれるが、ローションみたいにヌルヌルするので、とてつもなく気持ちがいい。
「あっ、あっ、あっ、やめろっ、あっ!っ!」
レッドは気持ち良すぎて我慢しきれずいやらしい声を上げはじめた。
怪人に感じさせられてるヒーローなんてなかなかいないな!
「恥さらし」
「見ろよ、あの顔!よだれ垂らして感じてやがる!」
また次々と怪人達が罵りはじめる。
そして、一部の怪人達はレッドの体をいじりはじめた。
鋭い爪の先でチロチロとレッドの乳首を弄ったり、イボのある太い指をアナルに這わせたり…「あっ!なにするんだ!あぁん…!はぁっ!」
イケメンヒーロー、レッドは女みたいな情けない声を上げて、必死に我慢していた。
敵にいかされる訳にいかない!グチャ、グチャ,あ、ああ!おちんちんから…でちゃうよぉ!「怪人王様…こいつ、イクのを必死で我慢してますよ?」
あっ、もうだめっ!ビュルビュルビュル!
「一応抵抗しているように見えたが、もうイキそうだったんですね…。
この、心読み怪人が教えてくれましたよ…。

おなにーを知った少女「ってしってる?」
15んことある?
いや..ないけど
同級生の女の子達。
なにかこそこそしゃべっていますわね。
なんの話をしていらっしゃるんでしゅの?
庶民の会話にたまにはふれなくっちゃね!
私に気にかけてもらえて、嬉しいでしょう。
ん··えー·.「オナニーの話ですよ」
貴子様は知らないと思いますけど..
ハァッ!?そんな話でちたか!あたちが知らないわけないれしょ!?お.·オナニーってなんですの?
初めて聞きましたわ..?

「どんなものか知ってるんですか?」
しょうでしゅね。
·とおっても美味でしゅわね!あなたたちには食すことはできないと思いましゅけどね!

そうですね、貴子様の表現力は素敵ですね
「聞いたこと無いたとえですね·.」
さっき「..ことない」って言ってたから庶民には高級で手が出せないもの、料理で正解のようですわね!!
と思いましたわ!!
「じゃあ、今から貴子様のオナニーを見せてください」
い、今でしゅのぉ!?食材の準備ができてましえんわ!こ..困ったことになりましたね.オナニーってなんですの..どんな料理なのかしら「食材!?!?貴子様すごい..」
さすがです.·では、準備してください..明日··でいいですか?
しょうね!明日なら大丈夫でしゅわ!
!貴方達は私が食べる姿を見て羨ましがってるがいいでしゅ!
後でメイドに聞けばいいわ!
涎垂らしながら羨ましそうに見て居たってこいつらには差し上げませんことよ。
それでは、失礼。そうして、貴子は去っていった。
「行ったね..」
「未だ赤ちゃん言葉とか変だよね、タカコサマw」
ブッ.·明日どうなるんだろうwwwj
親とかに言って怒られて終了っぽいけどww<次の日>クラスメイトの子達の想像を上回った貴子の行動。

カテゴリー: ザーメン