ふしだらの虜 Vol.8

究極の淫乱女が登場!!綺麗なお顔で、スレンダーなボディー、中森玲子さんが、男のチンコの虜になっていく!!チンコをペロペロ美味しそうに舐め回し、うっとり!!ローションを塗りまくり足コキしたり、豊満なおっぱいでチンコを挟み込み、極上のパイズリ!!ギンギンチンコをおマンコに入れてもらい激しく悶えます。いろんな体位で、突かれまくりよりいっそう、チンコの虜になっていく!!
動画:ふしだらの虜 Vol.8

マットの上に、つま先立ち。長く続けば、縛られた部分が相当苦しいに違いない。
しかし、篤美がそんな「余裕」を持てたのは、ほんのわずかな時間だった。
「はあう、うう」
甘い衝撃が来た。
不意に、胸を触られたのだ。
さっきとは、うってかわった優しい動きだった。
指先がわずかに肌をかすって、つつっと腋の方から上に滑り、先端に触る直前で、くるりとターンする今度は谷間の方から、そろえた指先が、小さな円を描くように撫で上げてくる。
そして、頂点に届く前に、指は、また、すっとターンしていく。
それでいて、もう片方は、やわやわと柔らかく手のひら全体でほんのわずかに力が伝わるようにしながら、裾野から揉み上げてくるこっちも、頂点に届く直前に、さっと手が離れる。
両手が違う動きで、繰り返し、繰り返し、胸を弄り上げている乳首がビンカンなのは、健太との時で知ったけれど、ふくらみそのものが、こんなに、微妙な感じを与えてくるなんて、思いもよらなかった。
のへの刺激が繰り返されるわらずだった。
あん!
そのくせ、意地悪な手は、篤美が頂点への刺激に、身構えていると、肩すかしをくったように、ふくらみそのも秘所への舌より、こっちの方が気になっていた。舌の方はさっきよりは、マシになったが、気持ち悪いのは相変もう何度目かの動きかわからないけれど、また先端に近よった手が「離れる」と思った瞬間だった。
鋭い声が出てしまった。
ピンクの先端を、両方一度につままれたのだふくらみに埋もれていた乳首が、いつの間にか飛び出ていた。
気がつかないうちに、もやもやとしたものが、篤美のおなかに溜まっていた。
それが、先端をつままれた瞬間一度にズキンと突き抜けた感じだ。

「ほれ、どうだ、感じてきたろ」
ニヤニヤしながら、先端を指先で転がし続ける。
指先からの衝撃が篤美の背中を貫く。
唇をかみしめて、懸命に耐えようとした。けれども、ヒクヒクと腰が震えてしまう。
健太の時と違う…激しい感じだ。
なんだか、焼けた火箸を突きつけられたような、クナクナと顔を振る。
感じてなんて、そうか、なら、「あぁん!
うぅぅ」
これはどうかな我慢しようと思う間もない衝撃だった。
舌先が、クリトリスを弾いたのだ「ああ、いや、だめ、感じてなんか、ない、あう、やめてぇ」
一度突き抜けた快感は、意志の力では止めようがなかった。
篤美のむなしい抵抗をあざ笑うかのように、ふくらみかけた胸を、やわやわと揉みしだき、小さなクリトリスに舌を遣い、乳首を指先で転がしてくる。
その一つ一つから、どうしようもない快感が湧き出してくる。
頭の中に、ビンビンと電気が流れるような、激しい快感だった。
健太が見てるのに。
ダメよ、我慢しなくちゃ
懸命に健太のことを考えて、こらえようとするが、乳首を転がされる度に声が漏れ、舌を使われる度に、足が自然に広がってしまう。
「あっ、あっ、あうっ」
腰がうごめいてしまうのだ。
『ああ、だめぇ、はいってきちゃ、クリトリスがクチュっと舐め上げられるとヒクンと短い声が、ぬちゃっとしめった音がして、そのくせ、いつの間にか、脚がこれ以上ないくらい広がってしまっているのだ。
篤美の声から漏れ始める。
我慢しようとしても、舌が、篤美の秘唇の中に、そっと忍び込んでくる。
だめぇ』舌を差し込んだまま、鼻が、篤美のクリトリスを巧妙に弄んでくる。
あうう、電気みたい甘い電流のような物が、そこかしこに生まれていた。
篤美の甘い声が漏れる度に、舌が、少しずつ、狭い入り口に潜り込んでは、すっと抜かれ、入り口をなめ回しては、また潜り込んでくる少しずつ小刻みに、しかし確実に、ヌメヌメとした舌が、羹の奥に侵入してくる。
それがわかっていても、抵抗できない。

宝月ひかるの見晴らし最高

みなさん今回の見晴らし最高ガールは、美乳で巨乳の大物AV女優、宝月ひかるちゃんで~す!!ひかるちゃんとっても敏感で、首筋を舐められるだけで、アンアン感じちゃいます。フェラチオも手コキも超上手いんです。たまらずお口の中に発射しちゃいます。そして、ひかるちゃんをマングリ返しの状態にして、ローションをぬりまくり、指マン、ローター、電マで潮吹きさせちゃいます。その後は、3Pで二人の男優に責められまくり、感じまくちゃいます。ひかるちゃんのプレイが、素晴らしいアングルで見れる作品です!!
動画:宝月ひかるの見晴らし最高

躰がふわふわとしている気がして、もはや、両手は、跳び箱の側面から離せないのだ。
脚を大きく広げたまま、白い躰をオトコに差し出している格好だ。
「ああ、だめぇ、もう、いや」
腰の奥が蕩けそうな予感。
ああ、ダメ、建太、見てるのに、いやぁ、でも、我慢、しなく、ああ、ちゃあ舌先が、思わぬ深さまで入れられたときだった。
不意に身体の奥で、何かがはじけた気がした。
「あ、ああ!
ビクンと躰を硬直させて、短い声を放っていた。
躰に埋め込まれた舌先をキュッキュッと立て続けに締め付ける動きだ。
男の手慣れた技に、篤美が幼いオーガズムを迎えた瞬間だった。
船岡は建太の顔を覗き込んできた。
スケベなことをやっていることは確かだな」
篤美に二度目のオーガズムを与えた後、
ふむ、どうやら、おまえ達が、
すでに検査などと言うお題目はどこかに行ってしまっていた。
健太は、目を血走らせている。船岡ののど笛にかみついてきそうな勢いだ「ふむ。
どうだ、健太。
オンナというモノは、こうやって楽しませてやるものだ。
おまえにできるかな」
そんな建太をからかうように、ニヤニヤしながら、建太の縛られた手をぐっとつかむ細いロープに長く縛り上げられ、痺れた両手には激痛だ。
しかし、苦痛の中にも、怒りの表情は収まらない。
おっと、恋人のこんなところを見たら、おまえも湯川に
どうやら、まだ懲りてないらしいな。
劣らず、スケベだもんな苦しくもなるよな。
勃起していたのを、見抜かれて健太は狼狽する。
やるせない哀しみと怒りの中にも、若い肉体が恋人のエッチな姿に反応してしまったのだ。
懸命に隠そうとするが、不安定に吊られた躰では、どうしようもないペロリとジャージが降ろされると、そこから角が生えているかのごとき、ペニスが現れる。
皮を半ばかぶったままだが、シャツを持ち上げる勢いがあった。

「ほぉ、なかなか、立派じゃないか、おお、皮を被ってるな。
まあ、仮性包茎はいずれ治るから心配はいらねぇぞ」
グフフと口の奥で笑いながら、ひょいと足下を見下ろす。
「湯川、おまえのいやらしい姿を見て、こうなっているんだ、何とも思わないのか」
篤美が転がって、物憂げな、それでいて、悲しげな瞳で見上げていた健太が見ている前で、二度目の絶頂をさせられたばかりだった。
しどけない姿で、足下のマットに転がされても、もはや抵抗する気力はなかっ健太
建太以外のヒトに逝かされちゃった…
『でも、健太は、怒っているのに、なんで、そんなに勃起してるの?
決して望んでいないのに、恋人の前で、他の男に二度も逝かされてしまった裏切りだと思うには、それが何でなのかわからない。
自分がエッチなのがいけないのか。
だから、建太が勃起しているのを怒れない。いや、むしろ、勃起しているのを、何とかしてあげたい、と思ってしまっていた。
「さてと、とりあえず、湯川が、スケベなことはわかった。後は、妊娠するようなことをしていないか、だな」
フゴフガと健太が躰を揺らして抗議するが、たちまち、しびれきっている両手を強く握られ、身をのけぞらせて苦悶する羽目になる。
「さて、湯川、スケベな躰で、さんざん感じまくりやがったんだ、何にも知らないとは言わせねぇぞ」
そっと足を閉じて、今から試せば、ただ、顔を背けただけだった。
ぐったりした篤美は、
まあ、「試す!?」
答えなくてもいい。
ちゃんとわかるからな
ぎょっとして、目を見開く篤美。

深夜の暴走女子校生!?車の中でエッチしちゃいました!!

コインロッカーで女子校生と合流し、夜の公園でドキドキパンチラ!とりあえず車に乗り込み、運転しながらの手マン、フェラと勢いでできるところまでやっちゃいました、その後、人気の無い駐車場に着き、車内で二人の甘い時間ですよ。キスから始まりイチャイチャして最後は中出し・・・雨の中の刺激的なドライブSEXです!!
動画:深夜の暴走女子校生!?車の中でエッチしちゃいました!!

うん?
そんなの当たりめぇだろ
こともなげにつぶやいた次の瞬間、ズボンをしごき降ろして、船岡は篤美の足の間にいた。
黒く巨大なモノが、篤美に狙いをつけていた。
「いやつ!

我に返った篤美は、小さく悲鳴を上げて、船岡の躰の下から何とか脱出しようとする。
「おい、抵抗するならしてもいいが、どうせ、おまえはやられる」
押さえ込んだ船岡が耳元に囁いてくる。
無視して、懸命に逃げようとするが、がっちりと抱え込まれている上に、激しいオーガズムを感じたばかりの躰では力が入らない。
「おまえが暴れるなら、その分、痛い目にあってもらうことにしようか」
健太に、篤美の動きが凍り付いたように止まる。
小さな声だが、「ひ、ひきょうよ」
気丈な声で、篤美は、言い返す。
ごく小さな声で。
健太に知られてはいけない気がした。
「どのみち、やられるなら、痛い思いはしない方がお互いのためだろう」
何にもしないで「さんざんばら、感じて、逝きまくってたんだろ。自分だけ感じてそれでお終いか?

精一杯反抗するからかうような声に、「それはあなたが勝手に」
「元はと言えば、おめえらが、大人の事情に勝手に口をつっこんできたんだ。
そういうやつは罰を受けて当然だろ」
そう。
事の起こりは、さっき二人で体育教官室に乗り込んだのだ「奈緒コーチに手を出すな、これ以上するなら、コーチに言うぞ」
抗議する建太に、最初、船岡はきわめて紳士的で、丁寧な態度を見せる「こんなところでは、奈緒コーチもお困りになるだろう。
きちんと事情を話すから来てくれないか」
誰にも告げずに来たことをさりげなく確認してから、船岡は、この第二体育倉庫に連れ込んだのだ。
ここは体育祭の道具が入っているため、秋のシーズン以外に誰も来ることはない。
おまけに、高い天井にある天窓以外は、頑丈に囲われているから、不良が入り込むこともできない。
もちろんカギは体育科に置いてあった。
その上、体育館の裏側にぽつんと一つだけ離れているこの場所は、どんなに気まぐれな教師でも来るはずがな引き継ぎを受けた船岡が、いずれ狙う次の奴隷を陵辱する場所として、真っ先に目をつけた場所だ。

まさか、こんなに早く使うとはな』内心、苦笑混じりだったが、湯川というのは、意外な獲物だった。
まだ何回も練習を見ていないが、船岡への警戒心が露わだったから、篤美は、初めから対象外だった。
少しボーイッシュだが、本来なら真っ先に狙いたい美少女だったのだ。
それが、いま、激しいオーガズムを感じさせ、ピンクの美肉まで、あとわずかだ。
「検査」などするまでもなく、未通の秘所だとわかるキレイな美肉だ「さて、どうする、あくまでも抵抗して痛い目に遭うか?それとも、健太がこれ以上痛い目に遭わないように、えが我慢するか?」
おま血が噴き出しそうなほど白い歯が唇をかみしめて黙り込む篤美。
五発ほど蹴りを入れてやろう
篤美は全身の力を抜いた。
悔しさに、
そうか、じゃあ、考えておけ、とりあえず、船岡が身体を起こそうとした瞬間、目を閉じて、「好きにしなさいよ」
「くくく、まあいい。
なかなか物わかりがいいということにしておこう。
湯川はいいマネージャーになるな」
篤美は、一切の反応をしないと決めて、その、気持ちの悪い猫なで声を無視した。
「じゃ、ご褒美に、一回感じさせてやろうな」
「そんなこといいから、さっさとしなさいよ」
「そうはいかん、さっきからスケベに感じて、ゆっくり楽しませてやるぞ」
だいぶマ◯コも広がったが、おまえの躰は、まだ、未完成だからな。