鬼イキトランス6

この若さでこんなにヤリまくっていきまくって、これから後が心配です。パイパンオマンコで美乳の持ち主!!白石優ちゃんが初登場!!たくさんの男たちにメチャクチャにされちゃいます。目隠しされ身体を縛られ、ローター、指、電マでおマンコも身体もメチャクチャ、びしょびしょに濡れながらイキまくり!!フェラチオもさせられて、しまいにはデカチン黒人が現れ、優ちゃんの、おマンコを高速ピストン!!ファックミ~ファックミ~!中出ししちゃいます!!
動画:鬼イキトランス6

期限がくれば、全部チャラだ。
昔の女郎でさえ、年期ってものがあったんだからな。
期限がぁ「そうだなあ。
るとなれば、おまえだって、ちったぁやる気になるだろ」
あざ笑うような色が見え隠れしたまま、窓に向かって言い放つ。
呆然とつぶやくなお。
後ろの奈緒からは見えないはずの船岡の顔は、下卑た薄笑いを浮かべてから、「期限って…」
かかったゆっくりとイスを回転させる向き直るコーチングの応用だった。
人は、いつ果てるとも分からない困難には耐えられないが、期限さえ切られれば、案外、厳しい練習にも耐えられるものなのだと、船岡は知っていた。
今、期限という言葉で、奈緒は確実に、こっちを向いた。
獲物を捕らえたハンターの悦びで、船岡の片頬は、思わずほころんでいる。
ドンと、机の上に足を放り出した。
「そうだ。期限まで、おまえが頑張れば、許してやろう」
そんな…
大学を卒業してから、俺から連絡したことはなかったよな。
俺は奈緒の後釜を狙って手を出したオンナが、約束は守る男だぜ、事実は、十分「破る気」
はあったのだが、船岡の見込み違いなほどモ口かったのだ。
女の自殺騒動で大学を追い出された。親のコネで、中学の体育教師になるしかなかった。
そのどたばたの中では、すべて引き払った奈緒の連絡先を探す余裕がなかっただけだ。
しかし、奈緒はそれを知らない。
それで全てチャラ。
それなら、納得のいく取引だろ。
オレは約束を守る男だぜ
1年間。たった1年間だ。

「そんな…そんなインチキな取引なんてない、そう叫びたい奈緒だった。
しかし、昨日.脅しに負け、一回だけの約束で、昔通りにフェラをしてしまったのは、奈緒の大いなる失敗だったのだきっと夫は許してくれただろう。
でも、今の自分があんなことをしたのを知られたら。
昔の過ちなら、怖かった。
なんなら、これも、直接、先輩に返しておこうか」
どうかね、「ヒッ!」
無造作に、ジャージのポケットから取りだして見せたのは、昨日の下着だった。
あの時、奈緒の脱いだ下着をいち早くポケットに入れ、とうとう返してくれなかった。
帰りに、下着なしでこぐ自転車が、たまらなく惨めだった。
お願い、「おっと、返して、それあんまり暴れると、校長が来るよ。
これ、見せてやるか?
喜ぶぞ、へへへ」
哀願する顔で手を伸ばした奈緒を片手で制してから、ゆっくりとブラをしまい込む。
で、どうする?
「一年」
ほんのわずかの沈黙の後、低い声で返すのがやっとだ。
わなわなと手が震える。
「たった1年だ。
あっという間だよ」
もちろん、期限が来れば、また、うやむやのうちに関係を続ければいい。
はなから、オンナとの約束など守るつもりもない船岡だった。それに、と考える今、ドレイにしている教え子。
といっても、今度高校に入るが、その母親を、次に、落とすつもりだった。
そっちは、未亡人とは言っても、一から仕込まなければならない。もっと、精力を使うことになるだろう。
船岡にしても、母子のドレイを作るのは初めてだ結婚間もない、11◯代の体も良いが、高校生と母親の親子丼も楽しみだ。
蒼い躰と熟れた躰を並べて犯すなんて、たまらないだろう。
しかし、奈緒を犯すのは、あの真面目男の大切な宝を汚せるというおまけ付きだ。
どっちを優先しようかな。
くくく、なかなか贅沢な悩みだ。
こうでなくっちゃな、人生は
考えるだけで、船岡のジャージは、股間が盛り上がり始めた。
思い詰めた顔の奈緒の真剣な眼差しを、手玉にとっている実感が男にとっては楽しい。
怒りと悲しみの色に染まった瞳を伏せたまま揺らす肩は、紛れもなく、夫を裏切る人妻の無念を物語っていた。

ダイナマイト 瀬咲るな

みなさんお待ちかねぇ!!ダイナマイトボディーの瀬咲るなちゃんをたくさんの男優が責めまくちゃいます。最初から、取り囲まれて、おっぱいやおマンコを弄りまくられ、精子をぶっかけられちゃい、さらには、ローション塗られまくり、大量の電マで、ブイーンブイーン刺激し、連続で潮吹きさせちゃいます。もう、るなちゃん我を忘れ感じまくりのイキまくり!!最後もガンガン突かれた後、連続で綺麗なおマンコに精子を注ぎ込まれちゃいます!!るなちゃんのダイナマイトボディー迫力満点です!!
動画:ダイナマイト 瀬咲るな

リップに輝く唇に、悔しげに当てられた白く細い指先が、船岡の欲情を誘う。
ニヤニヤと下卑た笑いを浮かべ、ジャージ越しに勃起した己のモノを見せつけるように船岡は立ち上がった。
まあ、とりあえず、お近づきの印といこうじゃないの春休みの間は、船岡は、まだ正式にH中学校の教師ではない。
しかし、前任者と引き継ぎさえしてしまえばたった一人の正規教員として、体育教官室は独占できた。
授業がないこの期間に学校に来ることはない。
数人いる非常勤の講師も、教官室の奥には、まさに、格好の場所だろう。
狭いが、数畳の畳の場所まであった。
うん?おい、そんなにうれしいのか
そんなわけないでしょ「ビショビショじゃねぇか」
「知らない!」
実際、船岡に触られる瞬間まで、自分が濡らしているだなんて、思っても見なかった。
しかし、無遠慮な指先が、ぐにゅりとカラダをかき回してきたときには、あまりにも、しどどに濡らしている自分に、唖然とするしかなかった。
もちろん、けれども、望んで抱かれるわけではない。
処女から、さんざんに肉体をなじまされた相手とセックスすることになるなら、オンナのカラダは自然に準備を整えてしまうのかもしれない。
おまけに、昨日、さんざんにカラダを奥底まで舐め尽くされ、逝く寸前まで追い込まれていたのだ。
カラダに反応するなというのが無理かもしれなかった。
うぐつ
クリトリスを押しつぶすような強い動きだった。
奈緒の意志を裏切って強烈な快感を覚えてしまう。
濡れてしまったカラダは、「いやぁ」
小さく、抗議する声が漏れたのは、その強烈な快感をどこかに逃がしたかったからだ。
「どうだ。だいぶ感じてんじゃねぇの?」
あざ笑うように、奈緒を見下しながら、指先は、クリトリスを、時に素早く、め立ててくる感じちゃダメ。感じてなんて、ああ、だめ、でも、せめて、声だけは時にじっくりと、絶妙な動きで攻卑劣なオトコに喜悦の声だけは聞かせまいと懸命にこらえようとするが、こらえようとすればするほど、な電流が強くなる気がする「いつまで我慢できるかな。さ、おまえの好きなパイオツも囓ってやるとしよう。もう逝きそうなんだろ」
甘やか奈緒の背中に戦慄が走る。
乳首に息をかかるだけで、「やめてぇ」
がまんしてるのに、そう思った瞬間だった。
「ああ!、あうーああーだめ!」

絶妙な指先で、濡れそぼっ女芯を攻められながら、ガズムに達してしまったのだ。
「相変わらず、スケベなカラダだ」
「あぁ、そんなぁ、あうう、あうう!」
乳首を数度、やわやわと甘咬みされると、あっけなく、オ子宮が存在を誇示しているかのような快感。
心が拒否しているのに、奈緒は身体をのけぞらしながら、オーガズムを隠せない。
惨めな、しかし、これ以上ないほど甘やかな、とろける感覚だ他のオトコの指で数分も持たずに昇天かよ。
スケベでなかったら天性の淫乱ってやつだな
旦那がいるのに、「ひどい」
しかし、言い返す言葉がなかった。
身体にあふれ出てくる快感が、奈緒のプライドを、もはや男に逆らう勇気など湧いてこなかった。
そう、あの、惨めな大学時代のように…とっくに打ち砕いていたのだ。
ああああうぅぅ!
ビクンと身体を震わせて、快感にのけぞらされてみれば、もはや抵抗などできるはずもない。
「ほら、いえ、メス奴隷になるんだろ」
その強い命令口調に、直野身体は勝手に反応した。
かつて教え込まれた肉奴隷の口上を、身体は勝手に漏らしてしまったのだ。
め、メス奴隷の.オ◯ンコを好きにお使い下さい、ああ、いやあいやいやと子どものように、ぶるぶる顔を振る奈緒を見下ろしながら、余裕の笑みを浮かべて、濡れそぼっ美肉を一気に貫いた。

毎日同じことの繰り返しの生活。昼下がりくらいは楽しみたい・・ 若妻いけない昼下がり

こんにちは〜!20代女性は結婚にあこがれて、結婚するが、仕事を辞めて生活に入ると同じことの繰り返しで暇を弄び、浮気に走ってしまうのは世界共通で御座います〜!そんな若妻の一人、ダーラちゃん。彼女は去年結婚したと言う新婚さん。子供は作る予定もなく、旦那さまともだいぶご無沙汰なんだって〜!あらまぁもったいない!なので旦那のいない昼下がりは、他の男と存分に楽しんでいるそうっす!咥えたチンポは結構いってるらしく、独身時代より遊んでるそうで・・僕も遊んでもらいたい!大人の魅力を引き出してるダーラちゃん。パイパンま○こさらけ出しでお尻突き出し、楽しんでおります〜!どうぞお楽しみください!
動画:毎日同じことの繰り返しの生活。昼下がりくらいは楽しみたい・・ 若妻いけない昼下がり

数年ぶりの感触だった。
好きでもない、いや、嫌い抜いているはずの相手から、脳が沸騰するような快感をむさぼってしまったのだ。
「7う」
無念さから漏らした声だろうか。
ほう、ずいぶんとうめぇ肉になりやがった人妻として、たっぷりとオトコのエキスを注ぎ込まれただけのことはあった。
しまりは、大学時代よりもむしろいい。しかも、今は、単にびっちりにと包み込んでくるのではなく、どこかしっとりとした感触なのに、窮屈に締め付けてくる美肉の、しとやかなうごめきすらあった。
若すぎる雌には、このしっとりとした感触はない。
美肉の奥に進めると、肉ヒダ1つ1つが、からみつくようにうごめき、奥に行くにつれてすぼまる肉が、亀頭全体をすっぽり包み込むしなやかな両脚に誘われるように、また、思いっきり広げられた、カラダを進めると、先端が、子宮長く、それが、おまけに、怒張に違う快感をもたらしてくる。
のプニプニした感触に行き当たる。
あっ、うつ、あああ快感がこみ上げてきたのだろう。
しなやかな腕が、自然な形で船岡の首に回されるようやく、その気になってきたじゃねえかどんなに嫌がってはいても、痛烈な快感にカラダをかき回されれば、オンナはオトコにすがりつくしかないのだ。
ヒクンヒクンと、けいれんするような締め付けを見せるのは、オンナの肉体がオーガズムを味わっているに違いそろそろか幾度目かの、ヒクついた動きの後、奈緒の腰が、自然にグラインドを始めていた。
リップに輝く唇からは、絶え嗚咽のような声が漏れている首に回された腕が、いつの間にか船岡の背中を、しがみつく場所を探しでもするように動き回っていた。
目を閉じたまま横を向いた奈緒の細いあごが、つっと上がり、激しいオーガズムの前兆を物語っていた。
ず、「ああ、あっ、もう、もう、ああ、だめぇ」
後で後悔することがわかっていても、もはや止めようがなかった。
身体の中に差し込まれたオトコを中心に、嵐が吹き荒れ、白い津波が身体の中を貫こうとしているのがわかるさっきまでとは比べものにならない、オーガズムの大波が砕ける予感逝っちゃう、狂っちゃう!

ごめんなさい、あなた、もうだめ、止められない。
う、だめ、もう!
ああ、あなたごめんなさい、奈緒、甘美な堕落に身をゆだねようとした瞬間だった。
え?
え?
ああ!
いやあ!
思わず、悲鳴を上げてしまう。
引き抜かれてしまったのだ。
奈緒は、一瞬、自ら腰を持ち上げて、抜かれてしまった怒張を追いかける動きをしてしまった。
空疎な美肉の切なさに、耐えられない。
「どうだ。
最後までしてほしいか。
ここでやめておくか」
耳元であざけるような声がするやめてほしい。本当はそう言わなければいけないはずだ。
しかし、幾度もの軽いオーガズムから、カラダすべてを溶かしてしまうような白い津波のようなオーガズム寸前と言わせない。
入り口をつついただけで「やめて」
奈緒にちょんちょんと、で放り出されたカラダは、それどころか、先端が、「続き」
に期待して甘いため息を漏らしてしまうのだ「どうする」
船岡のいやらしい声が、耳にささやかれるとカラダがわなないてしまう。
唇をかみしめて「もっと」
と哀願しようとする自分を押さえる。
「あう!」
乳首を強くひねられた。
痛みより、甘い衝撃が、オーガズムを迎えたがっている肉体を刺激する。
「感じるだろ」
強烈な嫌悪感を感じながらも、奈緒は、コクリと頷いてしまう自分が不思議だ。
強烈な快感に、すでにオトコへの媚びが生じていたのか。
さて、おねだり、するか?