変態ストーカー痴女

変態ストーカーと聞くと普段家に閉じこもり、好きな女を思い浮かべオナニーばかりし、遠くからその子を付回す。そんな、イメージですが、この作品は違います!!めちゃくちゃ綺麗でスレンダーな痴女、星優乃ちゃんが、ストーカーしちゃいます。こんな、かわいい子にストーカーされるなんて、少しうらやましい!!男のこと思い浮かべながら、オナニーしていたが、我慢出来ずに、男の家に潜入してしまう彼女に待ち受ける運命は・・・。
動画:変態ストーカー痴女

「…うん」
えみりん
夜も更けた。
お酒もいい感じで回ってた。
大事なことも再確認できた。
だから、僕は当然、そういう気分になってて。
「いっぱいしようね」
訊くよね?だけど、だけど。
えぇっとまあ、くん2えみりんは。
まぁくん、疲れて、ない?ほら、九州から帰って来たばっかりで、「疲れてなんかないよ。えみりんと、いっぱいえっちしたいから」
そ、そうなんだあの明日とか「今、したい」
「じゃあ…シャワー、浴びて来るね」
いろいろ
もうっ!えみりんどうしちやったのさ!?僕は少し意地になって、てった。
えみりんの腕を取って強引に寝室に連れ
え「シャワーなんて、浴びなくていいよ!えみりんのぜんぶを、久々にいっぱいいっぱい愛したいの!」
声を荒げて。
「あ、うんわかった。
じゃあ、しよ?まぁくん」
あれぇ?こんなにえっちに乗り気じゃないえみりん、初めてだ。
服を脱がしながらも、僕はそのことばっかり考えてた。
ひさびさの。めちゃめちゃひさびさの·えみりんとのベッドイン。
りんの裸は、やっぱりとてもキレイだった。
煌々と明かりをつけた寝室で眺めるえみ
…えみりん、「や、あん?
キレイだよ」
恥ずかしい
顔を両手でふさぐえみりん。
これだ、これなんだっ!僕の大事な大事なかわいい奥さん、えみりん1.「まあ、くん」
「ん?」
少し甘えた声で、えみりんが。こういう時はこうえっちしてほしいあんなふうにえっちしてほしいて感じの、えみりんリクエストタイム。僕はウキウキしながら、えみりんの次の言葉を待った。
っ電気消そ^.
「そんな…えみりんのはだか、ちゃんと見ながらえっちしたいよ。
うん…そうだけど。恥ずかしいから」
いつもそうだったし
あれれ?ここにいるのは二人だけじゃん!誰に対して恥ずかしいのさ!
恥ずかしいよぉ…
おねがい、まぁくん。
「わかった」
電気消してひさびさだと、今日は、えみりんと僕に愛の再確認の夜だ。
ここでこだわるより、とりあえず、二人だけの、えっち。
えみりんのおかげで、僕のおちんちん気持ちイイよイイよ…ああっ、「…ん2」
すごいよ…えみりんのここ、「ゃんっ」
すごく濡れてる
入れるよっ!
「もう入れるよっ…僕のおちんちん、うん…入れ、てっ」
えみりんのあそこに、絶対におかしい!!前までのえみりんなら、絶対僕の言葉に自分の言葉で返事してくれたはずなのに!
ちんちんとかあそことか言ってくれるのに!

「えみりん?
入ってくよ、僕のおちんちん大好き、なんだよね?大好きって、言ってよ…」
ちゃんと僕の突きに躰をくねらせて応えてくれる。
全然。
でも、なぜかあれほど言ってくれてたかわいい淫語は、
なんでさぁ…じゃあ、ぼくのおちんちん、えみりんのどこに入ってる「知らない?まぁくん、そんなこと言わせないでそんなまぁくん、?」
嫌いだよぅ
最後はちゃんと二人でイッた。
ないまま、朝を迎えた。
えみりんも、イッた。
だけど僕は、このむにゃむにゃとした不安を打ち消せもちろん、年末年始の休みずっとえみりんとえっちした。
去ろうとして。でもなんだかほんの少しずれた感をなんとか消し「まぁくんえっち、しすぎだよぅ」
お風呂、入ってくるから。今日は、一回だけ、ね?
「なんで、そんなにえっちなこと言わせようとするの…?」
えっちすること自体は嫌がらなかった。向こうに行く前と同じように、中にだって出したし。
減ったし、終わったらお風呂にそそくさ入っちゃうし、えっちな言葉は言わなくなったし。
でも、回数はもしかして向こうに行く準備をしてて、突然気づいた。
僕の浮気のことを、うすうす感じてるんじゃないか?って。
あ、あのさ…えみりん?
「ん?どうしたの?」
「え、えーと…なんか、悩んでることとか、ない?」
「ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、前と違う気がしてさ…悩みとかあるんだったら、言って」
僕は九州に行かずこのままどんな償いもす心臓がドキドキしてた。
るつもりだった。
もし本当に浮気のことがバレたのなら、「…なんにもないよ。
まぁくん」
えみりんの顔が、パーッと明るくなって。
「ホントは、やっぱりちょっとだけ寂しいんだ。ずっと一緒にいた人がいないし。まぁくんがいない間に、まぁくんを待ってる間に、自分が変わっちゃうんじゃないかって…」
「えみりん…」
「でも、ガマンしなくちゃね!まぁくん、がんばってるんだし。自分がちゃんとしてれば、変わることなんてないし」
えみりんが、気丈に笑顔で僕は、思わず抱きしめた。
「もうすぐ、だからきっと、仕事を終わらせて帰ってくるから…」
うん、うん…早く、帰ってきてね。えみ、怖いの
えみ、怖いの…九州に向かう新幹線の中で、えみりんの声が頭の中に響く。

美尻+陵辱3P

かわいいくてスタイルが良くて癒し系そんな、遥奈歩ちゃんになんとも、酷い事を・・・。ディルドーを使って頭を押さえつけイラマチオをさせたり、本物のチンポで連続イラマチオ、マジ酷い!さらに、目隠しをしてバイブ・電マでこれでもかと言うぐらい責めまくり、大量の潮を吹かしちゃう。最後のシーンは・・・。私の口からは言えません。ご自分の目で確認してください。とにかく、酷いプレイの数々。歩ちゃんのやられっぷりは必見です!!
動画:美尻+陵辱3P

寂しい思いをさせてたんだ、って。
泣きながらえみりんが囁いた言葉。
そこまで、少し、まじめに考えたり。
えみりんのために、仕事にだけ、がんばろうと。
浮気なんてしないで、浮気なんて、しないで…「おおの、さんっ」
新幹線から降りた僕に、抱きついてきた人。
抱きついただけじゃなく、すぐに熱烈なディープキスをしてきた、人。
「おおのさん、おおのさん…っ」
僕のスーツの体を撫で回し、このままホームで押し倒されてしまうんじゃないかって思ったくらいで。
口紅まみれの僕の顔に、ゆうこちゃんは、そう熱く囁きかけた。
男って、ダメだ。周囲の人に笑われたのに、えみりんのためにがんばろうって決心したのに、んを勃起させて、ゆうこちゃんの潤んだ瞳に、うなずいてしまった。
僕はおちんち「んふっ、おおのさんの、おち。ぼぉん、ちゅうっ!」
駅前のホテル。部屋のドアを開けるなりゆうこちゃんは全部服を脱いで、スーツ姿のままの僕のスラックスからおち○ぽを取り出し、甘い吐息を吐きながらバキュームフェラを開始した。じゅぼじゅぼと、どうしようもなく淫らな濡れ音を立てながら。

「ああああゆうこ、ちゃんっ」
帰京中、激しく甘いフェラにご無沙汰だった僕は、髪を掴んで強めにおち○ぽを押し付ける。
ゆうこちゃんのおしゃぶりにすぐに溺れて、きれいな黒
「ん、んふっ…あはぁ、おちんちん、素敵、好きっ!」
僕のムリヤリな押し付けも気にせず、点のじゅぼじゅぼフェラを再開する。
ゆうこちゃんは潤んだ瞳を上目づかいに向けて、すぐにいやらしさ満「ああ、ダメだっゆうこちゃん、僕も、舐めたいっ!」
「ああんっ舐めてっ、ゆうこのいやらしいおまんこ、舐め、てっ!」
痛くなるほど舌を絡め合ったまま、僕は裸のゆうこちゃんを抱き、ベッドに運ぶ。何も言わないのに、ゆうこちゃんはのしかかっていった僕のスーツを自然に脱がして、シャツの中の肌に手を這わせ、乳首をいじってきたりシックスナインの僕のおち○ぽを掴み、て欲しかった動き。
舌をすぐに絡めフェラを再開。
淫乱な動き。
本当は、えみりんにし「あひツーおおのさん、いいよぉんふっ!おまんこ、舐めて、もっと、舐めてぇッ!」
だから僕は、ゆうこちゃんにその代わりを求める。舌先で溢れる愛液をすくい、肉のビラビラをたどる。ち◯ぼのようにズボズボと穴に挿し込み、クリを強めに吸えば、ゆうこちゃんは高い喘ぎを上げながら僕のち◯ほをそりゃあもうめちゃめちゃに吸い上げてくる。このまま口で出してもいいやってくらいに、高められて。
「あヒッーダメッ’.......おおのさん、イッちゃう!おおのさんの舌でつ、ゆうこのいやらしいおまんこイッちゃうよォー」
僕の股間から向ける本当にイキち○ぼからスポッと唇を離したゆうこちゃん。
そうな顔。
部屋中に響くほどの甘い声。
「おち。ぼで、イキたいっ!おおのさんの、イカせて…っ!」
ひさびさの、おっきくて、固くて、熱いおち◯ぽで、ゆうこを、ひさびさたった六日間会わなかったゆうこちゃんが囁くひさびさ
に言わなかったひさびさ
半年会えなかったえみりんが、つい

ディルドオナニー

ちょっとS顔のちひろちゃん。実はドMのオナニー好き。ベッドに四つん這いになりおマンコを触り始める。全裸になり結構使い込んでそうなアソコを触りながらまずは1逝き。マン穴からはネバネバした液が垂れ始める。ディルドを取り出しいきなりおマンコに挿入グチュグチュと音を立てながらズコズコオナニー。ディルドを抜くとスポッと音をさせて抜ける。結構穴は小さい方らしい。抜き取ったディルドには汚い恥垢がベットリと付着している。
動画:ディルドオナニー

「あんツーして、して…っ!」
ちょっと強めにゆうこちゃんの躰を逆向きにして、るえみりんへの感情を含みながら、僕はふとももを抱える。
やっぱりどっかに引っかかって僕はぐちょぐちょに濡れたゆうこちゃんのおまんこに狙いを定めた。
正常位で、ゆうこちゃんに、挿れる。
肉感的なふとももを抱え、おまんこに、おち○ぽを、挿れる。
「あ、ひ、いいいいいツ!」
僕のひと突きで、下半身を小刻みに震わせて、たのだ。
キレイなのどを反らせて、ゆうこちゃんは高く喘いだ。
イッ「あひ、いいいんッおおのさんの、おち◯ぽぉもっと、挿れてっ!ゆうこのいやらしいぐちょぐちょおまんこを、おおのさんのおち。ぼで、いっぱいいっぱい、愛してぇッ!」
くいくい?
っとその手のひらに力をこめて下から潤んだ瞳で見上げたまま、僕の腰に両手のひらを回す。
自分のほうへとやんわりひきつける。淫乱、な動き「いいよ、ゆうこちゃん…ゆうこちゃんのおまんこ、僕のおち◯ぽで、愛してあげるっ!」
だから、僕は「あひ、いいいいいイイイッ!すご、すごいいイッ!おおのさんのおち。ぼで、おまんこイイーツ!」
連続的な腰の動き。ゆうこちゃんの淫乱さに追いつこうと、僕は激しく上下左右におち○ぽを繰り出す。腰を動かしだした途端、ゆうこちゃんも腰に回した手のひらをぐいぐいと引きつけ、自分のおまんこにもっともっと誘い込もうと動く。
「ああっ!ゆうこちゃん、イイよぉッ!もっともっと、腰振って、ふたりで、やらしくなろっ!?」
「うん!うんっ!おおのさんのおち◯ぽでつ、ゆうこすごくやらしくなるよっ!あひ、いヒッ…おまんこイイッ!ゆうこのおまんこ、いひイイイッ!」
淫語吐きまくりの赤い唇にキスしたくて、太ももを掴んだまま躰を倒す。
んは腰をくねくねと揺らめかせ、僕の思いを悟って唇を差し出す。
窮屈でキツい体勢でもゆうこちゃ「んふっ、ふううんツふ、深いよォッ!おおのさんの熱いおち◯ぽつ、ゆうこのぐちょぐちょおまんこの中で好き、すきツーおおのさんのすっごいおち◯ぽ、ゆうこ、大好きいいいイッ!」
ゆうこちゃんの言うとおり、おち。ぼとおまんこが擦れあってる部分からはぐちょぐちょといやらし過ぎる音が発生中相変わらず淫語吐きまくりの高い悶え声といっしょに、ホテルの部屋の高い天井に響き渡る。
「ゆうこちゃんツーいいよ、ゆうこちゃんのおまんこ、ぐいぐい締め付けてくるよ!最高、だ…おお、おおおぅッ!」
「ひ、イんツ!おち◯ぽもお好き、熱いの、固いの、長いの、すきイ!おまんこ、ヘンになっちやうよおツーして、してッ、もっとはげしくおまんこ、してえええッ!」

えみりんとちゃんと出来なかった鬱憤を、ゆうこちゃんにぶつけまくった。
その日は、ホテルでしまくった。
七回、した。
えみりんに連絡しにくくなった。再び始まった、ゆうこちゃんと毎晩えっちする生活。何も変わったわけじゃないのに、何かがずれてる、僕とえみりんの、間。正直、歩み寄ることさえ億劫になり始めていた。だって、なにが原因かすら分からないのだから。だから僕はそんな不安を、いけないんだろうけど、ゆうこちゃんとの激しいえっちで、忘れた。
ちょうど、こっちに来て一年目を過ぎたある日。
残り11年11ヶ月の、ある夜。
A、ひィ!後ろからも、後ろからもイひょぉ?
「おおの、さんツ!お、お、おしりの穴にも…お願い、おしりの穴も、いじくってエッ!」
あう、ハふッ’.......おしりの穴、やっぱりイイのぉ!汚いのに、はずかしいのに指ズボズボされて、イ·イイ「もう、もう?.....挿れてえーわたしの汚いおしりの穴にっ!アヒつ、おおのさんのおっきなおっきなおち◯ぽいれてえンッ!」
その日、僕は、ゆうこちゃんのいうままに、アナルセックスした。ゆうこちゃんのお尻の肉を抱え、しっかと自分のモノを支え持ち、指でいじったおかげで少し開いてたそのうす茶色の入り口に、僕は、挿れた。
ついに、えみりんとしたことのないことをした。そして、狂った。
ゆうこちゃんはよつんばいのその格好でお尻をこれ以上ないくらい突き出し、躰をくねらせた。その狭くて熱くてたまらない内部で、強烈に僕のおち○ぽを締め上げながら。だから僕は、ゆうこちゃんの中でただただ必死に腰を振った。自分ではどうにもならない快感、その波に何度も呑み込まれ、まるで哀れな奴隷のようにゆうこちゃんに向かって腰を振り続けた。
多分四回目の発射の後。僕はその高揚した体をクールダウンするためにシャワーを浴びた。午前1時過ぎ確かにシャワーの水流の下で一瞬だけえみりんのことを思い出したけど、それをあえて忘れ、またすぐにゆうこちゃんのアナルに何度も挑みかかろうと気持ちを切り替えた。それくらい、初めてのアナルセックスは衝撃的だった。
でもゆうこちゃんは、ベッドの上で僕を待っていた。
いつもなら上気した顔で軽く微笑みながら待っているのに違う。
でも僕は気にせずに、今は、ベッドに座りゆうこちゃんの横顔にキスした。
そして。
「最高だったよ。
また、お尻の穴に挿れても、いいよね…?」
そう囁いた。
なのにゆうこちゃんは、四回目が始まる時に自分から指先でお尻の穴をめいっぱい開いて見せたゆうこちゃんは、小さい声で拒否の言葉を吐く。
「…これ以上は、おおのさんがかわいそう、だから」
かわいそう?
僕の疑問に答える前に、ゆうこちゃんはますますマジメな顔になってく。
ただただ今すぐにまたアナルに入れたいだけの僕に向かって、ゆうこちゃんは。