バイオレンススケバン物語 Part1

うちらぁ~アナル上等!SEX上等!なんで夜露死苦ッ!!バイオレンスな学園ポルノが登場!楓率いる、スケバン集団血桜組が支配する学立志館学園だが、男子生徒達より、女は下がってろと逆襲されるが顔面騎乗にアナル舐めで返り討ちにしてしまう!元スケバンの先輩かすみを訪ねて藤岡高校へ出向くが、彼女こそが血桜組をつぶそうとしている相手の高校の校長の右腕となっていたのであった。それを知った楓は、校長を誘惑し制服を一枚づつ脱いでいき、アナルと玉金をジュポジュポ舐める!見所は騎乗位の高速腰振りピストン!!レトロな雰囲気で演技もかなり楽しめます!
動画:バイオレンススケバン物語 Part1

いずれも11億円ちかい保険金が掛けられていた。
二人の夫には、
この二人の妻たちにはそれぞれに同情すべき事情はありますが、ただ、だからといって殺人を犯すというのは非常に短絡した考えだと思うんですよね。
かも多額の保険金がからんでいたというんですから、まったく怖い話です…しレポーターの話を聞きながら伊神は、ASAMIの部屋のブラインドが閉まったままの窓を見ていた。
あの夜、あのあとでASAMIはフェラチオをしかけてきて、騎乗位の体勢を取ると「このまま死ぬまでしていたい!」
といいながら狂ったように腰を振りたてた。
住む者がいなくなった窓を見つめて立ち尽くしている伊神の眼に、あのときのASAMIの快感に酔いしれた顔や、生々しく弾む乳房や、煽情的な腰つきが幻覚のように浮かんでは消えていった。
【痴漢挑発姦淫】いつものように東京駅を出るときからほぼ満員だった。
JR中央線下り快速電車は、帰宅ラッS食品に勤務する坂田は、毎日、この中央線を利用している。乗車区間は、三鷹駅--東京駅間である車内は、神田、お茶の水駅で乗り込んできた乗客で早くもスシ詰めの状態となった。
ュの乗客で、この込みようはどうにかならないのか、まともじゃないよ坂田はうんざりしながらボヤいた。
まともじゃない、というより異常だと否応なくとはいえ見ず知らずの他人同士が、まるで強く抱き合ったときのように躯を密着させているのだんなことは、ほかでは到底考えられなボヤキながらも坂田はドギマギしていかるくウェーブがかかった艶やかなセミロングの髪に触れてしまう..前に立っている女の後ろからグッと躯を押しつけたまま、身動きもままならないのだ。
顔を引いていなければ爽やかなシャンプーの香りに混じって仄かに匂っているのは香水だろう。甘さを含んだいい香りが坂田の鼻腔をくすぐった。
しかも東京駅から坂田の前にいたその女は、華やいだ顔立ちの、ちょっと眼を引く美人だっそれに落ち着いた雰囲気があり、プロポーションも素晴らしくいい。
年齢は二十代後半だろう。すっきりとスーツを着こなして、一見してヤリ手のキャリアウーマンという感じだった。
坂田がドギマギしているのは、躯が密着して身動きもままならない状態のせいだけではなかっの状態だと仕方なく、下腹部を、女のこんもりと盛り上がったヒップに押しつけた恰好になってしまうからだ。
事実、坂田の股間のモノは、女の尻の割れ目にめり込んだような状態になっていた。

それにしてもこの女、どう思ってるんだろう坂田は不審に思った女だって同じように感じているはずなのに、戸惑ったりいやがったりして身動きするようすもないドギマギしながらも坂田は、そうしてヒップだけでなく女の躯を感じていると、なにかおたがいに意志のようなものが交流し通じ合っているような、妙な気持になってきた。
といって坂田自身、持ち合わせていない。
痴漢趣味はない。趣味といわないまでも、こういうときチャンスとばかりに密かに刺戟を愉しんでやれ、それより先に自制心が働いてしまうタイプだった。
というような下心も大胆さもそればかりか、自他共に認めるカタブツである。結婚して十二年、浮気の一つもしたことがない趣味というなら、会社で担当しているバイオテクノロジーを応用したバイオ食品の開発の仕事が趣味のような男である。
それだけに坂田の仕事は、同業他社からも注目されるほど、めざましい成果を上げている。そのためヘッドハンターの接触を受けたことも一度や二度では引き抜きの条件は、給料や待遇の面で、もちろんいまよりはずっといい。
妻は考えてもいいのではないかというが、学究肌の坂田自身は、他社に移って環境がかわることによって生じる諸々の煩わしさを考えると、億劫になってしまう要は心おきなく顕微鏡を覗いていられれば満足なのである。
それにいまだって、三十八歳のサラリーマンとしては給料や待遇の面でも、充分恵まれている。だから引き抜きに応じる気など、そういう坂田といえども、健康な三十八歳の男である。股間に生々しく女のヒップを感じていれば、平静ではいられな躯同士、女と交感しているような気持にそれだけ相手が魅力的な女だということもあるが、こんなことは坂田にとって、いままでなかっ坂田は女の裸を想い浮かべていた。それも実際に生々しく女の躯を感じながらの想像だけに、ひどくリアリティがあっ二十代後半ならまだ若さもあり、それに熟れ具合も最高だろう。そのうえこのプロポーションまったくなかった。
ってきた坂田は、つい艶めかしいことを想像していとだった優しくみずみずしくふくらんだ乳房、滑らかできれい背中、悩ましくくびれたウエストから煽情的に張った腰、むっちりと官能的に盛り上がったヒップ若さと熟れがほどよくミックスした、たまらない躯をしているにちがいない。

ほんとにあったHな話 3

素人の体験をよりエッチに再現してくれる作品、「ほんとにあったHな話」シリーズの第 3弾!今回再現してくれる、女優は、エロく、可愛く、美しい、日向小春ちゃんです!投稿された、エッチな話とは?チャットレディの仕事をしていた時に起こったという、ほんとにあったHな体験!まずはチャットでお話シーンから、チャット相手の希望どおりにオッパイをまさぐったり、チャット相手にオナニーを見せつけたり・・運悪く彼氏が帰宅しカメラを目の前にして、怒り奮闘!さぁどうなる!!
動画:ほんとにあったHな話 3

それにアソコには、この黒くて艶がある髪と同じヘアがモヤッと繁り、その下の花びらの周りにもまばらに口髭のように生えて、その眺めは美人顔に似合わない、いやらしい眺めかもしれない。
花びらの色は、たぶん少し色づいているだろうが、開くとパールピンクのクレバスが覗き、そのコンで、アソコの中も二十代後半の女らしく適度に練れていて、ねっとりとペニスにからみつき、まとわりついてくる感じ…彼女、フストがますますいやらしい感じなのではないかこの美人顔で、アノときどんな顔をして、どんな声を出すんだろううツ、いかん!坂田はうろたえた。艶めかしい想像から淫らな妄想にふけっているうちに、みるみる股間のモノが充血して勃ってきたのだ。
が、自制しようと思っても、すぐにはどうにもならない。そればかりか硬くなったペニスが、より女のヒップを生々しく感じて、ますます煽情されてしまといって、股間を手で押さえて無理やりに躯の向きを変えれば、逆に周りの乗客に怪しまれる惧れがある。
それだけならまだしも、わざわざ右隣の女のほうを向けば、よけいに痴漢と勘違いされるだろうし、左隣や後ろにいる男のほうを向けば、同じ痴漢でもベつの趣味の持ち主と思われかねない。
ニッチもサッチもいかないとは、まさにこのことだった。
キャッ、痴漢!
いつ女がそう叫ぶか、その声が耳の奥で鳴り響き、坂田は気が気ではなかった。
その瞬間を想うと背筋を冷汗が流れ、目の前が真っ暗になる。
そのとき、ドキッとした。突然、女がヒップをもじつかせたのだ。
心臓が止まりそうだった。息苦しいほどの心臓の鼓動に襲われながら坂田は女のようすをうかがっホッと坂田は驚いた。その腰つきは、どう見てもいやがっている感じではない。それどころか女のほうから坂田の怒張にヒップをすりつけているといっていい。
女はうつ向いていた。
すると、また女がヒップをうごめかした。
まさか、痴女!?唖然と(この女が…信じられんそう思っている間も女はヒップをうごめかしつづけていた。
その動きを見れば、もう女の意志は明白そのとき電車が新宿駅に着いた。
た。
坂田の怒張をまさぐるようにして、こんもりと突き出たヒップをこすりつけてきているのだ
ドッと乗降客が入れ替わる。
女も坂田も、そのままジッとしていた。
車内は、またスシ詰めの状態になった電車が新宿駅を出ると、女はふたたびさっきと同じように坂田の怒張にヒップをすりつけてきたちょ、挑発する気か!)坂田はうろたえた。エレクトしたペニスが過敏になっているため、も煽情的な肉感でくすぐられるのだから、たまらない4ォし、そっちがその気なら…ズボンとタイトスカートなどないかのように生々しく女のヒップを感じてしまう。
しかいままでにない大胆な気持が坂田の中に生まれてきた。ドギマギ、ヒヤヒヤさせられたぶんの反動もあった思いきって、おそるおそる女のヒップに手を這わせた瞬間、女がヒップの動きを止めた。坂田もヒップに手を当てたままだった。
心臓が激しく高鳴り、手が小刻みにふるえていた。すると、すぐにまた女が、まるで触ってくれと催促するようにヒップをすりつけてきた。

坂田はドキドキしながら、ゆっくりとヒップを撫で回した。このときのドキドキは興奮のそれだった掌で、形よくむっちりと盛り上がったヒップを撫でていると、さらに大胆な欲望が込み上げてきた。
女は相変わらずうつ向いたまま、いやがっているようすはまったくない。
坂田は、タイトミニの裾に手を這わせていくと、スカートの中に入れた。
そっと腿の裏側に触れると、ビクッと女が脚をヒクつかせたが、わずかに開いた両脚を閉じるでもなく、ジッとしている。もはや女白身、痴漢行為を歓迎しているのは疑いもない坂田はドキドキワクワクしながら、パンストにつつまれた太腿からヒップに向けて手を這い上がらせたこれは!途中で、(ん!?
驚いた。
手が直接肌に触れたのだ。
女が穿いているのはパンストではなく、セパレーツのストッキングなのだった。
い!こんな悩ましい下着をつけているのか!?)坂田はますます興奮ガーターベルトにストッキングという悩殺的な下着スタイルを想い浮かべながらヒップに手を這わせていくと、ヒクッと、怒張が脈動しこんどは掌に直接、生温かい肉のまるみが触れ、またまた驚いたというより仰天した。
ノーパンかと思ったがそうではなく、一瞬(うわッ、ヒップの割れ目に分け入っているのは、なんと1センチ足らずの細い紐だけなのだ。
ストリッパーがつけるような際どいパンティじゃないか!

S Model 100 初めての中出しセックス

カリビアンコムプレミアムで初めての中出しセックスをご披露してしまうのは、感度抜群、敏感BODYを持つ紺野まりえちゃん!身長164cm、3サイズは上からB:85cm(Eカップ)W:58cm H:83cmのスレンダーボディ。そんな彼女が初めての中出しセックスに大興奮!まずは、じゅるるるぅう〜って卑猥で下品な美女のフェラチオをお見せしちゃいます!更にはぶっかけ、オナニー、濃厚プレイ〜!まりえちゃんの感度良好BODYは鳥肌を立ててエビ反り痙攣!!「熱い精液が膣壁にあたって気持ちいぃ・・これが・・・中出し・・・」まりえちゃん感無量!!
動画:S Model 100 初めての中出しセックス

)仰天しながらも坂田は激しく煽情されたこれがブスだったら、ただの痴女と思い、驚きはしても興奮を煽られたりはしなかったろう。
いや、その前に·たとえ挑発されても痴漢行為をしかけたりはしないが、相手は顔もプロポーションもちょっと人目を引く、一見してヤリ手のキャリアウーマンという感じの女だそういう女が、痴女のように坂田を挑発してスカートの中にまで手の侵入を許し、しかもこんな挑発的な下着をつけているとは信じられない。
信じられないと思いながらも坂田は興奮しきって、官能的に盛り上がった裸の尻を撫で回していた。
そうしていると、紐パンとはべつにガーターベルトの紐も手に触れる見ると、うつ向いたままの女は、かすかに息を乱している。女も興奮しているのはまちがいなかったはっきりそうとわかって、坂田の怒張はくり返し脈動しはじめた。さっきからバルトリン氏腺液がトロトロと流れ出して、ブリーフを濡らしているのがわかっていた。
と、腰をもじつかせていた女が、ヒップを撫で回している坂田の手をもどかしがるように、アソコも触ってくれといわんばかりに腰を突き出してきた。
さっきからそうしたいのは山々だったが、さすがにそれは躊躇していた坂田だ。女の誘いに乗って、ソロリとヒップの割れ目に指を這わせた。
ジトッとした濡れと、唇のような感触が指先に触れたそのまま指を這わせてみると、想像したとおり、秘唇の周りにもわずかにヘアが生えている。
口髭のようなヘアに縁取られた秘唇の間に紐パンが分け入った、淫猥で煽情的な眺めを想い浮かべて坂田が興奮しきっていると
どうかしました?
横に立っていた男が、女の顔を覗き込むようにして聞いた。
女はうろたえたようにいった。あわててスカートの中から手を引いた坂田を、その若いサラリーマン風の男が、電車は、ちょうど三鷹駅にさしかかっていた。

停車しドアが開くと、坂田は逃げ出すように電車を下りたジロリと胡散臭そうに睨んだ。
夕食後、坂田は食卓に坐り、流し台に向かって食器を洗っている妻の後ろ姿を眺めていた。
小学五年生と三年生の二人の息子たちは、食事をすませると、さっさと自分たちの部屋に引き上げた。
いつものようにパソコンゲームに夢中になっているのだろう。
三十八歳の坂田より二つ年下の妻は、美人といわないまでもそこそこの器量をしており、プロポーションもわるくない。
そんな妻の後ろ姿を、とりわけフレヤースカ!
自分の中にあんなことをする大胆さがあったことが信じられなかった。それにあれほど興奮したことも久しくなつつまれたヒップを見ながら坂田は、電車の中の女とのことを思い出していたここんとこ、女房とご無沙汰しているせいかな…結婚して十二年にもなるのだから自然の成り行きといえなくもないが、決まりだったのが、月一回かせいぜい二回がいいところだ。
このところ妻との夜の営みは徐々に間遠になっている。
週末に一回というのがほぼいや、それだけではない。あの興奮は、そういうこととはべつものだった。
ドキドキハラハ-それにあの悩殺的な、というより挑発的な下着も坂田の掌や指先やペニスには、まだあのときの女の形よく盛り上がったヒップや、濡れた秘唇の感触が生々しく残っていた。
夕食のときに飲んだビールの酔いも手伝って、その官能的な感触が股間に集中し、さっきから坂田は欲情した眼で妻を見ていた。
がら、見ず知らずの女のスカートの中に手を入れたときの、あのスリルが異常な興奮と刺戟だったのだ。
ナーのズボンの前は、すでに突き上がっていた。
立ち上がると妻のそばにいき、後ろから抱き寄せた「あッ、あなた!」
驚く妻にかまわず両手でブラウスの上から乳房を揉み、
あんだめッ、だめよ、子供たちが「大丈夫、パソコンに夢中になってるよ」
ヒップに怒張を押しつけた。
妻の首筋から耳に唇を這わせながら片手でスカートをたしく上げ、「でも…あんだめ」
パンスト越しに下腹部のこんもりとした丘を撫で回し、指先でクレバスをなぞっ妻は腰をもじつかせて悶える。坂田は強引にパンストに手を入れパ「あッ、だめよ、こんなとこで」
「いいじゃないか。たまには、こういうのもスリルがあって…」
そんな…どうしたのあなた?今日のあなた、ヘンだわ…あ、あんの中に侵入させると、繁みの下の秘唇の間に指先を這わせた坂田自身、自分のいった言葉に驚いていた。ふだんそんなことをいう坂田ではな行為中もほとんど言葉を発したことはないのだ。