H-ERO 第1話

みなさん、おもしろい作品が登場しました!!その名も、『H-ERO・エッチ-エロ』!!松○かこ似の松ひかるちゃんの登場です。しかしよくにてるなぁ~!!そんな、ひかるちゃんが、検察事務官役でエッチに役を演じてくれます。オナニーから始まり、フェラ、指マン、挿入と大急がし!!いろいろな体位を披露してくれます。SEXシーンのみならず、ストーリーにも注目して見て下さい!!
動画:H-ERO 第1話

なんともエロチックな瞬間だった。押し流されてきたオシッコの水圧で、切れ目が丸い小さなそれはオーガズムを迎えてしまったという、微妙な女心の乱酔も手伝ってのことではあったがいよいよ妹の顔に放尿させることができるのだと思うと、胴震いが出た。
に変わっ尿道口が熱ってきた。
そして可愛らしい口を開けたかと思うと、「あっ…あああーん」
堰を切って勢いよく、シャーッと葉子の顔面に放尿させていのっと姉の恥部を見つめる葉子は、悦びとも苦しみともつかない声を発した。目を大きく見開き長い放尿だっ葉子は長い睫毛をしばたかせながらも、目を輝かせて見ていた。頬がほんのり紅潮していやがてオシッコの勢いが衰えてくると、薔薇のような唇を開いて、笑みを浮かべた。白い歯をのぞかせて小水を受け入れた沙夜香は感激で胸がいっぱいになっていたはじめ、黄金の液体は妹の鼻梁を直撃した。
そのあとセクシーな鼻先に当たって飛沫を散らした「よーし。
じゃあ、オマ×コを舐めて綺麗にしてもらいな」
正木がそう命じると、向きを逆にし、葉子の顔面に沙夜香をまたがせた。
腰を沈め、葉子の唇に割れ目がかぶさるように調整する。

葉子は正木にも聞きとれないような小声で囁くと、自ら沙夜香の腰に両手をまわした。
お尻を撫でながら、舌を肉溝へとのばす。
先端を細くして、チロチロと媚肉の谷間へと這わせていく。
「あっ、あああっ葉子ちゃん」
沙夜香は両膝を落とし、お尻を少しだけ浮かせた。
クレバスは蜜液にまみれて、ぬかるんでいそしてゆっくり腰を振りはじめた葉子は舌先でそれをすくい取った。
ねっとりとした花びらを押し当てた。
表にも裏にも舌を這わせた。
溝に沿って、丁寧に舐めあげた。
舌をのばして尿道口を舐めた。
絞りきれていない残尿を舌先で受け
あ照唇とろりとした液体が、肉壷から流れでてきた。それは、栗の花のような匂いのする正木のザ一瞬、葉子はためらった。気持ち悪いとう感情と、舐めてみたいという感情が、同時に働いそして結局、誰にも見られていいという状況が、舐めた姉の膣に舌を差し入れた蜂蜜を舐める熊のよういという感情を優先させた。
葉子はそっと、ザーメンがとろりとろりと滴りでてきた。
ろぺろと舌です自分がしている行為の淫らさに、ますます情炎が燃えあがってきた。
思わず唇を膣口にあてがい、ズルズルと啜った。
口腔に牡の味がひろがった。喉の奥にまで流しこんだ。白分が一匹の牝であることを自覚させられ、色欲が昂ってきた。
血が湧き起こり、もっともっといやらしいことをしたくなってきた。淫らな血がたぎり、大脳をピンク色に染めてい「お、お姉様の、オマ×コ」
身体中に性本能の作りだす淫乱な聞きとれないような声で囁いてみた。
たちまち全身がカーッと熱く火照った身体中の血管がひろがったように思えた。そして淫乱な血が、葉子は姉の腰を両手で押さえた。さらに膣口に唇を押しつけて、舌を差しこんでみた。舌に力をこめ、そのなかを駆けめぐっていく入口をひろげ「ウフウーン」
沙夜香が羞じらうようにお尻を振り、葉子の春情を煽りたてた。そして妹の望み通り葉子は、正木にはいやいやをしているように見せかけるため、顔を横に振っ自ら秘園を押しつけてきたそれを利用して、花びらを唇で震わせた。
時には肉びらを口に含み、吸いたてながら秘唇を刺激した。
「アッ、いいっハッ、ハアーン」
沙夜香はいよいよ切なげなよがり声をあげる。
「そうか。妹にオマ×コを舐められるのが、そんなに快感なのか。
うに、沙夜香の口から伝えてもらいたいな」

ギャルグアム不倫旅行 Part1

壮大な不倫旅行の登場です!!なんと、その舞台はグアム!Dカップのダイナマイトボディー遠藤まゆみちゃんが、最高の不倫旅行しちゃいま~す!グアムに到着し、さっそくビーチで、オナニー開始!開放的になり、かなり気持ち良さそうによがります。その後は岩場での青姦!!おっぱい舐められたり、指マンで、アンアン感じ、男のチンコにかぶりつき、ギンギンチンコを立ちバック挿入!激しく突きまくり、お尻にどぴゅ~!本当に開放感があって、気持ち良さそうですねぇ!
動画:ギャルグアム不倫旅行 Part1

ど俺には、どこがどんな具合にのか、わからないんだ。
ちゃんと俺にもわかるよ正木は官能に眉根を寄せている沙夜香の顔を見つめて、ほくそ笑んだ「あっ、あああ…なんて言えばいいの?そんなこと、口で説明できないわ」
沙夜香は恥ずかしそうに女体をくねらせながら問いかえす。
オマ×コがどういいのか、もっとどんなふうに舐めて欲しいのか、妹にも伝えてやりながら、その快感を言葉にすればいいだけわざと、オマ×コを強調して、しかし沙夜香の心のうちでも、沙夜香の淫欲を煽りたてる。要求はまたしても、沙夜香に四文字言葉を吐かせることである。
変化が生まれていた。はじめは卑猥な言葉を口にするのが死ぬほど恥ずかしかったが、今は少し違ってい確かにその言葉を口にするのは恥ずかしい。
だが声にすることで、身体が淫らな情炎をあげることもわかってい使ってみたい。葉子に聞かせられるなんて、考えただけでもゾクゾクしてくる。自らすすんで、そんな破廉恥な言葉を積極的に言うことはできな無理やり言わされたという大義名分があれば、正当化できる。そう思
あああさ、沙夜香の、オマ×コそうよ。そこをもっと丁寧に舐めて…ああ、気持ちしく吸ってそうよ。アッ、アアーンいい!もっともっと、オマ×コを気持ちよくさせてれどで、沙夜香の胸は高鳴っ葉子ちゃん、わたしのオマ×コ、オマコをもっと激×いったん口に出してしまうと、淫魔に仕向けられているかのように、淫らな四文字言葉を連発させてしまっ「お姉様のオマ×コ、可愛くて素敵」
葉子もかすれた声で応じると、再び濡れそぼった肉溝に唇を押しつすぐに膣に差し入れた舌先で、媚肉を舐めまわしにかかる「ああ、いいっ!」
沙夜香は甘ったるい声をあげて、足を爪先立たせた。しなやかな太腿を筋肉で引き締め、葉子は大胆にチュウチュウと淫らな音をさせて、溢れでてくる男の汁を舌先で汲みとっふくらはぎを硬直させた同時に柔らかな粘膜の感触を堪能しつつ、秘奥まで舐めまわす。
素敵ッ!
沙夜香は、かつて夫からも味わわせてもらえなかった舌技に胴震いしたんだか、またオーガズムが近づいてきたように、頭のなかが白くてき「あああっ!
オ、オマ×コが、痺れる!」
命じられなくても、はしたない言葉で、股間に受けている快感を讃えてい「淫乱姉妹のレズビアンか。写真だけじゃなくて、今の科白もテープにも録っておきたかっろよ、今さっき出したばっかりなのに、俺までこんなにもビンビンに立ってきた。

ほら、責任をとってもらうからな沙夜香の旦那が聞いたら、さぞかし興奮するだろうに。
見正木はうれしそうに言うと、アッ、アーン」
葉子の身体をまたいだ。
そのまま沙夜香の唇へと、怒張した肉棒を近づ沙夜香は驚くほど素直に、亀頭へと唇を這わせた。白い指を反りかえった怒張に絡ませ、沙夜香の頬がほんのりと紅潮し、火照っていた。
正木は、チロチロと舌で先端を舐めあげている沙夜香を見おろして、してやっ鈴口にピンク色の舌をあてがう。
の笑みを浮かべたが、こんなに歓迎されてしまっては、復讐の意味がなくなってしまう。
ソバージュの黒髪を両手で鷲掴むと、肉棒を口いっぱいに頬ばらせたそれでも沙夜香は動じなかった。淫乱な牝になりきっていた。頬をすぼめて肉棒を咥え、唾液まみれの舌をねっとりと絡ませてきた。
気品高い容貌に、悩ましげな表情が浮かびあがっていた。
眉根を寄せ、長い睫毛をしばたかせる。
ぼってりとした唇を、怒張の先端に覆いかぶせてくる沙夜香は淫魔にとり憑かれたかのように、夢中で砲身を唇でしごきたてる。
長いソバージュの髪が、芳香を放ちながらサワサワと揺れていその一方で腰を振りたて、葉子に秘唇を貪らせたほっそりとした指を股間に指をのばしてきて、毛むくじゃらの陰嚢をやさしく撫でまわした。
理性の箍がはずれてしまったのか、なりふりかまわぬ淫乱ぶそれもそのはず、葉子が下から薪をくべて情火を燃えたたせていたのだ。
「ああっ、あああン!」
アヌスに人差し指を突きたて、奥へ奥へと突き刺していたのだ挿入されている指をキュッと締めあげ筋肉が弛緩していくと、つられて葉子の沙夜香は背筋をのばすと同時に、括約筋を働かせて菊座を収縮させた。
指が、第二関節までおさまってしまった「ああ、お姉様!大好きよ」
さらに葉子は指を鍵型に折り曲げて、姉のヒップを手前に引き寄せた。指で押した肉壷からは、さらに大量の愛液が溢れだしていた。沙夜香も、葉子の指の動きに合わせて、葉子がより激しく指をかきまわし、舌でねぶりまわした。
がら、顔の上で肉溝を滑らせて往復させてる腰を顔面で滑らせてい
あっ、あああっ!
嗚咽をもらしつつ、「ウウツー11ぜ!
沙夜香は肉棒を咥え、雁首に舌を這わせてきた」
正木は、上品な顔立ちに似合わない淫らな奉仕に、ますます官能を揺さぶられていそして沙夜香もまた、そんな正木のエキサイトぶりと葉子の攻撃に、興奮を高めてい今度はやんわりと陰嚢をてのひらに包みこみ、なかの玉を擦り
合わせるようにして揉みしだく。
「ウウッ!」
柔らかな質感をてのひらで味わい、感触思わず正木は天井をあおいだ。
を楽しんだ。
腕をのばし、豊満な乳房を揉みしだいた。
たっぷりとした釣鐘型の乳房の量感と、肉棒が生暖かな唇でしごきあげられていた。
に歯を軽くたてて刺激していく。
「ウウッ!」
最初は弱く、徐々に強く、何度も舌を絡ませながら這いまわる。
指で根元をしっかりと固定させ先端正木は、ブルブルッと身震いし、放出を堪えた。これではどちらが責められているのかわからな淫魔に目覚めさせられた沙夜香の顔は、妖艶さにいっそうの磨きがかかっていた。

Hot Indian POV 2

ホットなインディアン人女性がラメらの前で腰を振り、デッカイチンポを口にし、淫らな映像をご覧下さい。
動画:Hot Indian POV 2

首筋には静脈が浮きだし、あわてて肉棒を口から引き抜い上気させた顔が一段とセクシ正木に肉棒を引き抜かれても、口を喘ぐように開かせていた。
歯並びのいい歯の間から赤い舌がのぞいていた。落ち着きなく、舌先をチロチロと物欲し正木は沙夜香を立たせて、ヴァギナとアヌスからも葉子の唇と指を奪いとった。
動かしている「そんなにお尻の穴が好きなら、俺がしてやろうじゃないか」
怒ったように言いつつ、沙夜香を再び四つん這いにさせた。
沙夜香は命じられるまま床に両手をついた長い脚を大きくひろげ、丸みの強い水密桃のようなお尻を突きだした。
薄茶色のアヌスが、瞳孔のようにひろがったりすぼまったりしていた。
正木は人差し指に、膣から溢れだしている蜜液を塗りつけた。
「ハァ、ハァァァァッ!」
指をねじこませると、沙夜香は背を弓ぞらせて嗚咽をほとばしらせた。
「なんだ、オマ×コのなかみたいに、ヌルヌルじゃないか」
激しい出し入れをされていたのか、その効果が残っている括約筋も弛緩して葉子が蜜液を指に塗って挿入させていたことで、滑らかになっていたのだ。
いた。このぶんなら、いきなり二本でもいけそうだと、正木は中指も加えた。
アヌスは、ズブズブと羞じらいもなく指を呑みこんでいった。
「アッ、アアア^^」
根元までねじこみ、グイッと指を押して肛門をひろげる。
「フフフフ…今、いいものを御馳走してやるからな」
そして指がもう一本ぐらい入るだけの空洞を作った。
昨夜のうちに三倍の水で日本酒を薄めてある。
さすがに日本鞄から銚子の形をした日本酒を取りだした。葉子用と沙夜香用にと、酒を生で入れると、陶酔するどころか、身体がおかしくなってしまう。

用意しておいたものだ。
その蓋を開けると、指でひろげているアヌスに数滴、「アッ、アワワワワワッ流しこんでみた。
何をするの!?」
間がたつにつれて、直腸の血管がひろがり、熱い血が駆けめぐ最初、沙夜香は雨水を注入されたのかと思った。
はじめたのだ。
しかし、それにしては様子がおかしい「どうだ、美味いか?」
さらに数滴を流しこむと、人差し指をアヌスに残したまま、親指を肉壷に差しこんだ。
そうしてなかで直腸と膣道を隔てている薄い肉をつまみ、揉みほぐした「アッ、アアアアアア!」
を燃えたたせた媚肉と媚肉が擦り合わされて、沙夜香は官能の身を捩った。
「へへへ。生意気に、尻がほんのり赤らんできやがった」
肉壁の皮膚が、ウイスキーを吸収していった。
過敏な正木はからかうように言うと、今度は薄めた日本酒を注ぎこんだ。膣口に透明の液体がひろがり、やがて肉唇が息をするように収縮してい酒は胎内に消えていく。正木はそれを見届け、指で媚肉を擦り合わせたり撹拌させたりを繰りかえす。
「ハッ、ハハーン!」
つれ、日本子宮口にまで流れていき、沙夜香は髪を振り乱し、手を突っ張らせ、床に爪を立てた。
ジンジンと疼かせはじめたのだ。
「酔っぱらったら、尻でも振って踊ってみせろ」
薄めているとはいえ、日本酒が膣道の襞に吸いこまれつつ、胎内を正木はなおも何かに憑かれたように、「アッ、アアハァァァァ」
指で執拗に撹拌する沙夜香は今や半狂乱のように髪を振りたてて、ハスキーなよがり声をあげていた。頭のなかが白んでいき、のように反りかえらせ、上体を痙攣させたかと思うと、早くもエクスタシーの波がやってきた指の動きに合わせて腰をよじっていを弓つしかハスキーなよがり声は、急ピッ嗚咽に変わって「まだまだだ。
これからが本番だ。
正木はアヌスから指を抜いた気が狂うほどイカせてやるからな」
途端に沙夜香の女体が崩折れた。
だが、正木の科白どおこれで終わりではなかっ残っていた日本酒を、アヌスと膣に流しこんでいったのだ。
「アン、アアン,アアアン」
頭のなかは霞み、全身が快楽と沙夜香はもはや、一匹の牝になりきっていた。身体に男の剛直を差しこんでもらい、完璧なエクスタシーを迎えたかっ官能に包まれている子宮が疼き、アヌスが熱かった。早く挿入して欲しいと、男の怒張を求め狂っていた。
「へへへ、今度はこっちの穴に入れてやろうかな」
正木が両手の人差し指で肛門を押しひろげて言う。沙夜香はすぐにお尻を振って、そうして欲しいとねだる素振りを示した。
「へへへ、尻まで振られておねだりされたんじゃ、入れてやらないわけにはいかないな」
うれしそうに言いつつ立ち膝になると、双臀を両手でがっちり押さえこんだ。
まず亀頭をおさめ、腰に力をこめる。たちまちメリメリッと音がしたように、そして口を開けて待っているアヌスに、怒張の先端をあてがっ肛門がさらにひろがり、肉棒がなかに消えていく「アッ、アアッ、アアアッ」
「いいか、どんなに泣き叫ぼうが、途中で絶対にやめないからな」
日本酒で火照っている直腸に巨根を押しこんでいく正木はもっと腰を突きだすと、「いっ、いいっ!」
アヌスであろうがどこであろうが、「おおつ沙夜香は待ちかねていたその感触に、我れを忘れて裸身を震わせた。
オマ×コもいいが、尻の穴も悪くないな」
チの長いピストンを送りこむことができる。
それにつれて、葉子の唾液のお蔭で、アヌスにもかかわらず滑りがよくなっていて、巨根を生かしたの膣道が狭められるのだろう、膣から日本酒が逆流して溢れだしてきた。
隣り
「アッ、アワワワワ」
夫のペニスとはまるで違う。その長さも太さも較べものにはならない。
体を麻痺させ、愉悦だけを感じる身体になっていた。沙夜香はひたすら、しかもアナルは、初めての体験だ官能に身を浸してい一度放出をしているとはいえ、痛みは少しあるが、たてつづけの陶酔が女危なくも妖しゆっくりとした律動でアヌスを貫いていく。