ヤリマン美爆乳2

エロエロのヤリマンあすかちゃんが再登場!初っ端から、M字開脚でおしっこしちゃうあすかちゃん。おしっこして、スッキリしたら次はマンコに刺激が欲しくなるのがヤリマンあすか!拘束されて、ローターとバイブをガンガン挿入されて、しかめっ面!マングリ返しで、電マを当てられると、大絶叫でイッちゃいます!!でも、後半からが、ヤリマンあすかの本領発揮!集団輪姦でたくさんのチンポに囲まれ嬉しそうに、下の口から上の口でチンポを美味しくいただいて、串刺しファック!!さすがのヤリマンも大絶叫でイキまくる!
動画:ヤリマン美爆乳2

ジェレマイアの子供はすぐにでも欲しい。だが、純白のウエディングドレスを着て、誓う前に純潔を捧げてしまったんだから、どっちにしてもズルなんだけど…そう思ったとき、浴用着の胸元から胸の膨らみが目に入った。乳房に数ヶ所、オールドローズのポートランドに似た赤い花びらが散っている。
押したときのジェレマイアの瞳、そして、肌にかかる吐息のこそばゆさを思い出す。
「セシリア様?お顔が赤くなられてますが、足し湯が熱過ぎましたでしょうか?」
「違うのよ。そうじゃないから…大丈夫だから、心配しないで」
その刻印をダーシーは一瞬だけ怪訝そうな顔をしたが、「まあ、セシリア様ったら。お世話はわたくしではないほうが、よろしかったのかもしれませんね」
ほころ花が綻ぶような顔をした。
セシリアは思い出したことを彼女に尋ねてみる。
詳しいことは聞きたくない、と言いつつ、完全に知っているとしか思えない。
「ああ、そうだ。ダーシーは国王様に弟様がいらっしゃるのは知ってる?」
それは…はい、弟樣「どういった方か、知ってたら教えて欲しいんだけど」
そう確信しながら、たしかにおいででございますね
国王に彼の弟のことを尋ねたとき、理由はわからないが違和感を覚えた。見て感じ取れるほどびっくりした表情をしたからだジェレマイアにも聞こうとしたが、軽く流されてしまった。
ひょっとしたら、国王の弟、アルフォンス王子は何か問題を抱えているのかもしれなこれまでの話から、ジェレマイアがふたりの王子に深く関わってきたことはわかった。

国王に剣の手ほどきをしたほどだ。しかも幼なじみとなれば国王兄弟は幼くして母親と死に別れた。父親の皇帝や腹違いの兄たちから、疎まれて王宮を出たと聞く。そして、祖母に育てられた過程でジマイアと知り合った。
爵位のない彼と1国の王子たちが友情を育むなんて、よほどのことがあったのだろう。
頭の中でそんな関係を組み立て、理解したつもりでいるのだが…どうにも引っかかる一番はあの国王だ。まさにアクランド生粋の”王子様”といって誰も疑わない容姿。それでいて人懐こく、親しみの湧く話セシリアも心を許してい特別な相手といった言葉にも、なんてロマンチストな国王だろう、と感激してしまっだが、同じ言葉をジェレマイアも口にした。今にして思えば、あの言葉はジェレマイアのほうがしっくりくる気がする。
「セシリア様はどなたからアルフォンス様のお名前を?」
「国王樣よ。戴冠式には来られるという話を聞いたんだけど…どこか様子が変だった気がして。国王様だけじゃな地位を捨てて来られるのでしょう?わたしには難しいことはわからないけど…」
弟樣もベルゲングの王子の国王白身は後悔などしていない、と言った。でも、弟にプレッシャーを与えている、と。
「特別な事情があって,クランドに無理やり来る羽目になったのかな、なんて。そのために身分まで奪われたんじゃお気の毒よね」
会話の間に、セシリアはインド木綿のナイトドレスに着替えを済ませている。
インド木綿は絹に比べたら肌触りが少し硬い。
だが、その分風通しがよかった。
黄色味を帯びた象牙色の生地は、オイルランプの光に照らされたセシリアししゅうの肌と絶妙に溶け合う。
派手な刺繍のないデザインも自然体の彼女にピッタリだっンタオルで挟み、丁寧にセシリアは濡れた髪のまま、水気を吸い取っていく。
濃褐色のウォールナットで作られたドレッシングチェストの前に座る。
ダーシーが栗色の髪をコッとつとつしばらくして、ダーシーが訥々と話し始めた。
「実は…わたくしもつい最近、耳にしたことなのですが...。
国王陛下とアルフォンス様は、非常に仲のよいご兄弟だそうです。
むしろアルフォンスは兄の身を案じて、自分から王子の身アクランドの要請に従い、国王は単身で乗り込もうとしていた。

俺は神様だ!第2話

出ました!大人気シリーズの『俺は神様だ!第2話』です!主演はおっとり系の可愛い巨乳ちゃんで南野らんちゃんがよがってイキまくっちゃいます!第1話で神様アフロを盗んだ男が、今度は南野らんちゃんを捕まえて、エッチなことをしたい放題!まずは、パイパンマンコで敏感ならんちゃんにオナニーを披露してもらいます!ローターでクリを直当てして、おっぱいベロベロ舐めたり、電マを当てられ、指マン!執拗にマンコを責める神様!そんな神様のアフロを持つ男に、虜のらんちゃんは、チンコも丁寧にじっくり舐め回します!最後は、沢山の体位でハメられて中出ししちゃいます!夢中になってた男は神様のアフロが盗まれて・・!?
動画:俺は神様だ!第2話

そこを止めたのが弟のほうだという。
分と王位継承権を捨てたアルフォンス様って随分立派な方じゃない。それなら、よっぽど国王様のほうが…」
”白の間”で襲われかけたことを思い出し、うっかり口を滑らせそうになる。
口止めされた訳じゃないけど、やっぱりまずいわよね何度思い直しても、立派な国王とは呼べない振る舞いだろう。
それとも、国王の真の姿とは-弟が身命を懸けて守ろうとするほど偉大な人物なのかそれでもやっぱりピンとこないんだけど…うーん、ドレッシングチェストの鏡に映ったダーシーは、慈愛に満ちたまなざしでセシリアを見ている。だが、その微笑には曖昧さが混じってい「どちらにいたしましても、セシリア様が心配されることはないと思われますよ。一連の儀式が終わるまではいささか窮屈ではございますが、びりお過ごしくださいませ」
「そうね…こんなお姫様のような生活もあと少し、か。お妃教育にしても、二度と経験できないことだもんね」
王宮内でのんと言ってもらえるように。
頑張ったら、いつか本少しでも賢くなって、側近であるジェレマイアを支えられる妻になろう。
物の愛情で結ばれた夫婦になれるかもしれない。
セシリアを妻にしてよかった、幸福な未来に思いを馳せ、はにかむセシリアだった。

国王陛下の花嫁「ミス·セシリア·ファニー·ロングハースト-あなたが、国王陛下の花嫁に決定いたしました」
王宮で過ごす最後の日。
セシリアがそう思って目覚めた直後、”緑の間”を国王の使者が訪れた。
王家の家令を務めるデズモンド·レストン、エドガーの父親だ。よく似た堅苦しい風貌をしていて、セシリアが何も答えずに立っていると当然だがニコリともしない。
以上です。それでは、本日正午よりアクトン大聖堂で行われる結婚式に間に合いますよう、ハーゲン公爵閣下の指示により調っております
お仕度なさってください。
準備はすべて、側近のフィッツエン唐突にジェレマイアの家名が出てきて、セシリアは反射的に尋ねる。
「フィッツ…ってジェレマイア様のことですよね?今どこにおられるんですか?
ったい、なんの用意をされたというの?
それに、公爵って…」
頭の中が真っ白になり、自分でも何が聞きたいのかさっぱりわからない。
そんな彼女をどう思ったのか、デズモンドは冷ややかに見下ろしている。
それくらい、セシリアは言われたことを理解できずにいた我が国でも同等の地位を与えられることが発表されました。
今は陛下のお傍におられるで「閣下は本日付けでカトリーナ王女が降嫁された公爵家を相続し、しょう。準備とは、もちろん結婚式の準備でございます」
ばんさん正午からの結婚式に引き続き、同じ大聖堂で戴冠式が行われる。
そのあとパレードで王宮に戻り、祝宴の晩餐会、夜を徹しての舞踏会まで予定がびっしりあるという余計なことはしないように。

デズモンドはそう念を押して部屋を出て急なことだが女官や侍従の指示に従えばすべて上手くいく。
そして、彼は扉を閉める寸前に言った。
「セシリア様、ご婚約おめでとうございます」
「ちょっと、待って!」
追いかけようとしたセシリアの鼻先で、扉は閉じられた。
アナタガ、国王陛下ノ花嫁--決定イタシマシタ。
セシリアの頭の中で同じ言葉がグルグル回り続けている。
国王とは例の”白の間“以降、一度もふたりきりになることはなかった。
謝罪めいた言葉もないが、ジェレマイアからきちんと話してくれたのだと思ってセシリアを花嫁に指名するはずいた。
何も言われない、ということは、セシリアとジェレマイアの関係を国王が了承した証ではないのか。
そんな国王が、カなしそう思う一方で、不安がセシリアの頭をもたげるジェレマイアが公爵になったというのは本当だろうか?
昨夜、セシリアの部屋を訪れたとき、それらしきことはひとつも言わなかった彼自身も知らなかったのか、それとも全部知ってて、わたしのことを騙した…とかしかし、ジェレマイアがセシリアを騙してどうなるというのだろう?
それを考えたとき、ひとつのことに思い当たった。
(ジェレマイア様が褒めてくれたのはわたしの身体だけ…。愛してると言われたこともなかったわ。
し…それも、身体の欲求に我慢できなかった、みたいに言ってたじゃない)そもそも、純潔を奪ったから求婚してくださったのだ床に突っ伏して号泣したい気分なのに、なぜか涙が出てこない。
予想をはるかに超えた出来事に、心が麻痺して色んな感情が彼女の中で渦を巻いていた。
しまった感じだ。
ついたていつの間にか部屋から連れ出され、幾つもの衝立と大きな鏡に囲まれて、このウエディングドレスを目にしたのは初めてだ。
セシリアはウエディングドレスに着替えさせられた。
これを着て、国王様の花嫁になるの?彼は何度も花嫁にしてくれると言った。
ここまできて放り出すような、とは思えないしジェレマイアが注文して作らせたウエディングドレス。
思いたくない。
そんなセシリアは必死でジェレマイアを信じようとしていた。
鏡に映る穢れなき花嫁-白を纏う自分の姿をみつめながら、「お美しいですわ、セシリア様」
その声の主はダーシーだった。
いつから傍にいたのだろう?
祟ダーシーはドレスの横に屈み込んでドレープを整えている。
そして、眩しそうにセシリアを見上げてさらに言葉を続けた。
「このたびは、おめでとうございます」
「ねえ、ダーシー。わたしが誰を愛してるか、あなたもわかってるはずだわ。
何か知ってることがあるのなら、お願いだから教えて!」
セシリアの祈るような願いをダーシーは強い声音で制した。
「それ以上言葉にされてはいけません!セシリア様のお心にどなたがいらっしゃるかは、わたくしもよく承知しております。
の方のことを本当に愛しておいでなら、どうぞ、黙って大聖堂に向かわれてください。お願いいたします」
だからこそ申し上げます。
そそれは優しく穏やかなダーシーらしからぬ口調だった。しかも、有無を言わさぬ厳しいまなざしでセシリアを見ている(どうして、わたしには何も教えてくれないの?

おち○ぽ大好き!デカパイ熟女

何本もの肉棒にかこまれて嬉しそうにフェラするのは熟女界の女王星咲優菜ちゃんです!なんといっても巨乳!そしてほどよくたるんだお腹とお尻!めっちゃエロいですやん!
動画:おち○ぽ大好き!デカパイ熟女

それって、ジェレマイア様のために国王様の花嫁になれという意味なの?
からない)もう、どうしたらいいのかわセシリアは何も答えず、ギュッと口を引き結んだ。
ほおそれでも堪え切れない涙がひと筋だけ、彼女の頬を伝い落ちたブルー車体の側面は綺麗に磨かれ、セシリアはダーシーに手を引かれてその上を歩いた。
王宮の前には、紋章付きの箱型馬車が横付けされていた。
黒く艶めいている。
じゅうたん馬車の上がり口まで赤いベルベットの絨毯が敷かれ、玄関には大勢の女官をはじめ使用人たちが並び、みんな笑顔で「おめでとうございます」
と拍手している。
「国王陛下は公爵閣下を伴われ、すでに大聖堂でお待ちになっています」
やけに落ちついたダーシーの言葉を、セシリアは無表情のまま聞き流したここまでくれば、もうどうとでもなれ、という心境だセシリアも貴族の娘。たとえそれが下級貴族であっても、最終的には貴族としての慣例に従わなければならなとを知っている。
どれほど思い切った性格だったとしても、ここに至って、国王を祭壇の前に置いて逃げることなど許されるはずがな舗装されたアクトン市内の道を、二頭曳きの馬車はゆっくりと進む。窓から見下ろす街並みは、かも、その全員がセシリアの乗る馬車を注視している。中には手を振っている少年少女もいこれまで見たこともないほど多くの人が集まってい熱,み馬車の行く手は先触れによって見事なまでに整えられ、鼠一匹横切る気配もなやがて正面にアクトン大聖堂が見えてきた。
約八百年前に建てられたという歴史ある建物だ。近づくにつれ、その荘厳かつ壮麗な佇まいさすがのセシリアも息を飲む。
市内に住んでいても礼拝きせんは近くの教会で行い、大聖堂は遠くから見るだけだった。
神は貴賎で人を差別しいが、聖職者がその限りでなことは十歳の子供でも知っている現実だその大聖堂の正面入り口が大きく開け放たれ、馬車はちょうどその前に停まる麗々しく花々が飾られ、整列する聖職者の間を通り抜け、セシリアは大聖堂に足を踏み入れたアクトン大聖堂の大主教といえば、この国で国王の次に偉いと聞かされて育つアーチピショどれほどの大貴族といっても神には敵わなその大主教に名前を呼ばれ、国王との特別結婚許可証を発行した、と聞かされる羽目になるとはまったく、人生というヤツは何が起こるかわからないあの夜会で国王の言った言葉を思い出し、妙に納得するセシリアは言われるまま階段を降り、聖ペテロ礼拝堂と書かれたプレートの前を通り過ぎ、突き当たりの小部屋に案内された。

静かですわね。
セシリア様、喉が渇かれませんか?
レモネードでもご用意ましょうか^ダーシーは、部屋の隅に置かれた木の椅子に黙って腰かけるセシリアに尋ねる小部屋には花嫁のためのあらゆる準備が調えられていた。普段、大聖堂には置かれていここに到着してから、セシリアは髪を結い上げられ、王妃のティアラを付けられた大きな鏡も運び込まれている11個もの金剛石で飾られたアラはアクランドの国宝であり、王かせ妃以外が付けることは許されていない。
頭がずしりと重く、やがて女官たちは別の控え室に引き上げセシリアは枷を付けられた気分になる辺りはしばらくざわついていたが、小部屋の中に残されたのは、セシリアとダーシーのふたりきり。
兵士たちも扉の前ではな地下への入り口付近を警備している「フロラン製のクリノリンは柔軟性があると聞きます。
こちらの柔らかなソあとは天井近くに明かり取りの窓があるだ横になられてはいかがでしょう。
硬い椅子ではお疲れでしょう」
あか部屋の灯りは燭台がふたつ、だろう。ダーシーはせっせと話しかけてきた。
「暑くはございませんか?ああ、でも地下ですので少しはマシですわね。
をお持ちしますが」
その窓を見上げたまま、ひと言も口を利かないセシリアのことが心配なの空気は乾燥しておりますけれどドレスの足元が寒いようでした膝掛け落ちついているように見えてダーシーも平静ではいられないようだ。