夏の想い出 Vol.3

モデル系ギャルでスラリと伸びた美脚から足がチラッと浴衣から覗くの感じが堪らない、そんな浴衣美人は、星川エリちゃん!やはり夏と言えば浴衣です!!今回はそんな星川エリちゃんがイチャイチャでラブラブ野外フェラチオをして、興奮した男はチンコを入れるんですが、旅館のオヤジに見つかり部屋を貸してあげるとの事、部屋に戻ってエッチな事を始めちゃいます!そしたら店主が大人のおもちゃを持ち込んでの飛び入り3P!オヤジの変態っぷりにも注目!
動画:夏の想い出 Vol.3

「はぁうっ!」
雫が絡みつき、栗色に光る茂セシリアは大きな声を上げ、一瞬で昇り詰める。
ずっと我慢していたのだ。
サワリと撫でられるだけで、もう抑えることはできなかった腰と太ももを痙攣させながら、セシリアの泉からは止め処なく蜜あふが溢れる。
彼の指を濡らしながら、膝から崩れ落ちそうなセシリアだったが、ここで、あっ温室の地面にポタポタと滴っ腰を支えられ片足をすくい取るように持ち上げられた。
あ、あのん。はぁんっかが彼女と腰の高さを合わせるように身を屈め、彼は押し当てた下腹部の剣を一気に突き上げる。
硬く、真上を向いたジェレマイアのサーベルは、ひと息でセシリアの蜜窟を貫いた。
掴まれた片方の脚をぐいと押し上げられ、立ったまま大きく開かされて、羞恥の思いは強まる一方だ。
ジェレマイアも温室での行為に高ぶったのか、狂ったようにセシリアの膣内で暴れている。
荒い息で彼女の媚肉を割り、愛欲の塊で幾度となく突き上げる。
その激しい抽送にセシリアは目を閉じ、
誰にも…やらない。あなたは、私の揺らされるままだった。
花嫁ジェレマイアは熱に浮かされたように言う。
「放さ、ないでおねがはうずっと、お傍に…ああ」
体内で蠢くジェレマイアの分身が愛しくて堪らない。
求婚が義務感からだとしても、彼はこんなにセシリアの身体を求めている。
あ、あジェレマさまもっとお「もっと?もっと奥かな?それとも、もっと強くですか?」
「な、みだ?それって」
「お姉さんの婚約に助力した私を恨みますか?」
「まさか!だって、わたしはジェレマイア様の妻になるんだし、お姉様にも幸せにって欲しいもの」
セシリアは急に不安が込み上げてきて、彼に尋ねる。
「あの…もしかして、わたしよりお姉様のほうが美人だからわたしとこうなってしまったこと、後悔しているの?」
言葉にすればするほど、それが真実に思えてきて、今度は悲しみの涙が込み上げてくる。
ふたりの絆は、ジェレマイアの気持ちしだいでなかったことにされてしまうかもしれない。
恋のもたらす苦しさと、男と女を繋ぐ糸の儚さ。それでも求めてしまう罪深さが、セシリアは恐ろしくなるそのとき、ジェレマイアが苦渋を滲ませた声で告白した。
きずなつな法なにじ「あなたの無邪気さに惹かれ、否応なしに私の運命に引き込んだことは…少し後悔しています。ですがセシリア、これだけは覚えておいてください。
あなたと出会わなければ、どんな面倒なことになろうとも、結婚はしなかったでしょう。なぜなら結婚は、特別に思う相手とするべき、ですから」
私はセシリアは驚き、彼の顔を凝視した。
それは国王が口にしたのと同じ言葉だった。
その言葉に感銘を受け、セシリアは花嫁候補を降りる決意をしたのだ。

心の琴線に触れた言葉。
「どうして、その言葉を?
それは国王様が口にされた言葉と全く同じ…」
くゆジェレマイアの瞳が灰色に燻る「陛下が?
ああ…では、あなたが私のもとを訪れたとき口にした”国王の言葉”というのは」
彼女はこくりとうなずくマシューと話をして心を決めたから......。
今日の国王様はわたしのこと「ですから、国王様に直接断りたくて忍び込んでしまったの。
を笑ったわ。理想と現実は違う、なんておっしゃって」
あの日、それなのに、ほお思い出すだけで悔しくて堪らない。
無理やりキスされたことまで思い出してしまい、涙が頬を伝い落ちた。
すると、なぜかジェレマイアまで泣きそうな顔をしたのだ。
「許してください、私の我儘を」
「ジェレマイア様のせいではないわ…だって」
「いいえ、私のせいです。わかっていても--あなたを手放せなかったわがまま罰を受けなければならないのは、私のほうなのです」
本当に苦しそうな彼の顔を見ているのが辛く、セシリアは慌てて涙を拭った。
「じゃあ、ひとつだけ、お願いを聞いてください」
「とっても気持ちいい!」
甘い空気が薄まりかけたころ、温室の中にセシリアの開放的な声が響き渡った。
「まったく、あなたという方は…」
ジェレマイアは呆れたような声で答えながら、その手はドレスの裾を掴んでいる。
今日は特別ですよ。結婚後はあらゆるはしたない真似を禁止します。窓に登ることも認めませんので、「結婚前なのにこんな場所で…最後までなさった方に言われたくありません!」
まねお忘れなく
セシリアは頬を染めて言い返した。
「その点は言い訳をするつもりもありません。
約束します」
っつし”白の間”でもこの温室でも、たしかに私はどうかしてしまったようだ。

潮吹きスレンダーエンジェル

モデル顔負けの最強のスレンダースリムボディで小麦色の肌が、またセクシーな黒澤エレナの登場!初っ端からクンニでベロベロマンコを舐められ、指マンでくちゃくちゃマンコを刺激されると潮吹いちゃう敏感ボディ!!更に玩具でねちねち責められ潮吹きの連続でイきまくる淫乱ボディのエレナちゃん!こんな、スレンダーで綺麗な体で顔も整った彼女がこんなによがって潮吹きまくるスケベな体なんて!!世の中わからないものですね!!
動画:潮吹きスレンダーエンジェル

今後、結婚までの期間は慎むことをジェレマイアの言葉にセシリアは慌てて振り返るその瞬間、足元の水が跳ねて彼女の膝を濡らした。
セシリアは今、温室の隅に作られた噴水の中を歩き回っていた。
彼女のお願いを聞いて、ジェレマイアがドレスの裾を持ち上げてくれている。
「え?
あの…それって、結婚までずっとですか?」
そう先のことではないと思うが、「はい」
親密なふれあいが全くなくなってしまうのはかなり寂しい。
と余裕の笑みを浮かべて付け足した。
深刻そうにうなずくジェレマイアの顔を、セシリアは不安そうに見上げた。
からかわれたことに気づき、セシリアは一瞬で真っ赤になる。
すると、「日の高いうちは」
「それってずるいです!」
「そうですか?では、あなたがどうしてもとおっしゃるなら、日の高いうちも努力いたしましょう」
身体を屈めて噴水の水を手で弾こうとした、が…。
ジェレマイアはさも愉快そうで、
きゃあ2「-セシリア!」
セシリアはどうしようもなく悔しい。
少しだけ仕返しをしたくて、セシリアはバランスを崩して転びそうになる。
とっさに差し出された彼の手を掴み、足を踏ん張ったところが、足裏が噴水の底に生えた苔で滑ってしまう結果、見事にジェレマイアを引きずり込んでしまい「ごめんなさいっ!本当にごめんなさい」
あふふたりは噴水の中に腰まで浸して座り込んでいた。さらには、「セシリア…これ以上、私の寿命を縮めないでください」
獅子の口から溢れ出る水がジェレマイアの黒髪に降り注いでいる濡れた黒髪を掻き上げながら、ジェレマイアは大きく息を吐いた。
そんなつもりはないのに、失敗ばかりしてしまう自分が恥ずかしい。
「はい。
ごめんなさい」
と小さな声でもう一度謝った。
すると、「いや、怒っている訳ではありません。
ますよ…ほらね」
ただ、私のいない場所で危険なことはしないように。
あなたを守るためなら、私は口を開けた獅子とでも戦ってみせ頭上の獅子の彫刻を指差し、ジェレマイアは相好を崩した。
もっと楚々として、視線は「祭壇まではなるべくゆっくりとお進みくださいませ。ああ、セシリア様、若干落とし気味で…違います、足元を見てはいけません!」
そんなふうにドレスの裾を蹴飛ばしてはいけません。
天気のよい日の午後、セシリアはウエディングドレス代わりのドレスを着て、ロングトレーンを付けて廊下を歩かされていコルセットはもちろん、ク
リンもしっかり付けているのでかなり動きづらい。
ヴァレットそして隣にはなんと侍従のエドガーが祭壇の前まで花嫁をエスコートする父親役を務めてくれている「ねえ、ダそんなに必死で練習しなくてもいいんじゃないかしら?
どうも練習に身が入らない。
それに、すると、ダから容赦ない指導が入っ結婚式の作法は同じなのですよ」
セシリアにすれば自分が国王の花嫁に選ばれる訳はないので、どなたとご結婚されましても、

「最終候補のレディ全員に、そうなの?」
というのが国王陛下のご命令です。
え?
ひかそう言われたら、相手が違うとはいえ結婚を控えた身にわかに頑張ってしまうのは現金というものだろうか。
「セシリア様、そんな満面の笑顔を作られるものではありません。ほんのわずか口角を吊り上げて、そう上品な微笑を…ああ、攣っておりますわ」
いえ、それでは頬が引きうかがその中にはクララの姿もあり、頑張ってくださいとジェスチャーで応援してくれた。
通りすがりの女官たちがチラチラとこちらの様子を窺っている。
それを見つけては、ダーシーがコホンと咳払いをして追い払う。
忙きばら急いで直す必要はありません。
ドレスの裾で隠れているのですから…ああ、焦って転んでし「集中してくださいませ、セシリア様。
まったら…そのほうが恥ですわ」
左右の足が逆でも、直後、すぐ横で掠れた笑い声が聞こえた。
それがエドガーの笑い声と知り、セシリアはびっ言われた瞬間、りする転びそうになりエドガーの腕にぶら下がった。
エドガーさんも笑うんだどうやらダーシーも同じ気持ちだったらしい。
セシリアは彼女と目配せしながら、うなずき合うふたりだった。
「あー疲れた」
「練習お疲れさまでございます。明日は両国の歴史について学んでいただきます」
「そ、それって、正式な王妃様だけでいいんじゃ…」
先生はジェレマイア様でございますよ途端に口を閉じる。
それを見てダーシーは小さく笑い、セシリアの身体に温かい湯をかけた。
「熱くありませんか?
セシリア様」
一日の終わりに入浴の手伝いをしてくれるのは決まってダーシーだ。
水道設備があり、その気になればひとりでも入浴は可能だった。
「ええ、ちょうどいいわ。ありがとう、ダーシー」
セシリアが滞在している”緑の間”には、専用の浴室がある。
浴室にはきちんとした王侯貴族のような生活にセシリアも少し慣れてきた。

熟レズPARADISE4

節子さんの特大乳房に興味津々な桜子さん!巨乳を揉みしだき乳頭を舐めまわすと両者とも高揚し出す!桜子さんをマングリにして舐めまくると堪らず絶頂へ!69でさらに盛り上がり双頭バイブを入れあい激しく腰を振り巨乳を揺らし二人だけの世界に・・・
動画:熟レズPARADISE4

彼女自身も決して平民ではなく、男爵家の令嬢という肩書きがある。
しかし、王宮での暮らしに匹敵する生活をしている大貴族など、そうそういないだろつわう。
彼女が身分を偽ったプリチャード伯爵家にしても、とても及ばない。
ひねルツルの陶器製のバスタブに身を浸し、11年に一度はどこかが壊れるのだ。
金の装飾が施されたカランを捻れば綺麗な水がふんだんに流れ出てくる。
入浴には天水桶の水を利用するが、男爵邸の水道管は古い楡材を使ってい綺麗な水とは言いがたい。
ウォーター·パットるので、雨水なのでいつも満杯ではないし、こんな生活に慣れてしまったら、思わず、愚痴めいた呟きが口をついて出てしまった。
普通の暮らしに戻れなくなりそう
「では、ずっとこういった暮らしをお続けになればよろしいじゃありませんか。
セシリア様がお望みになれば…」
「ダ、ダーシそれってどういう意味?」
「失礼いたしました。わたくしの想像でございます」
ダーシーは絶対に何か感づいている。だけど、セシリアは綿モスリンの浴用着の前を合わせ、決して口にしようとはしなかった。
ダーシーに向き直った。
何を知られているにせよ、きちんとセシリアの口から話しておきたい、そう思っからだ「ねえ、ダシー、あの…わたしとジェレマイア様のことなんだけど」
セシリアが切り出した途端お聞きする訳にはいかないのです。
どうぞ、ご容赦くださいませ
何も話さないでくれということらしい。
申し訳ございません。
個人的なことは、その反応の速さにセシリアは面食らってしまう。理由はわからないが、セシリアがそれを確認すると、ダーシーは深くうなずいた。
ようするに「耳にしてしまえば、わたくしは色々な意味で嘘をつかなければならなくなります。
嘘は苦手ですので、皆様にご迷惑をかけてしまうかもしれません」
と言っているのだろう。誰かに尋ねられても、知らないと答えてくれるつもりなのだ。
では済まない。

もし、おおやけの場で問い質されたとき、ダーシーはセシリアを裏切るか、それはおそらく、恋人たちの秘密を人に話すつもりはない、だが、セシリアの口から真実を聞いてしまえば、知らない、主君を騙すかの二択を迫られることになる国王はすでに知っているのだが、それはおおやけの場では意味がない。
セシリアにしても、親切にしてくれたダーシーにこれ以上の迷惑はかけたくなかっ「色々とごめんなさい。
でも、国王様の結婚式までだから…」
国王の置かれた状況を考えて、正式な花嫁の発表は結婚式の前日か当日だろう。
セシリアも協力すると約束したのだから、我儘は言わずにジェレマイアの言うとおりにしようと思っている全力で守る、なんて言ってもらえたんだものそのことを思い出すだけで頬が緩んでしまう
とんでもない。セシリア様は本当にお優しい方ですし、「そ、そうかしら?」
虐,虐,たまそれに.....。ここ数日で益々お美しくなられて。
初々しい珠のような肌ですわ
ついこの間まで、セシリアは瞳の色にしか自信がなかった。
それも、人とは違って珍しい色だから…その程度の価値しかないと思っていたでも今は違うジェレマイアに素晴らしいと言われ、我儘を承知で手放せない、なんて言われてしまった。これで有頂天にならない女はいないだろう。しかも、恋する相手からである
はい。仕立て職人の者も言っておりました。美しい肌もさることながら、非常にバランスの取れたスタイルをされておいでなので、ドレスの仕立て甲斐がある、と「本当に?贅沢を言えばもう少し身長が欲しいのだけど」
長身のジェレマイアの横に並ぶと、女性の中でも小柄な部類に入るセシリアでは大人と子供のように見える。将来、しでも伸びて欲しいと切実に願っていた。
「よろしいではありませんの。そんなセシリア様の背の高さに合わせて、特別なドレスをご注文されたそうですよ」
「え?それってやっぱり」
「閣下のご指示と聞いております」
お似合いと言ってもらうためにも、少セシリアの頭に浮かんだのはもちろん”ウエディングドレス”だった。
(本当に純白のドレスを作らせてくれてるの?だったら、国王様のすぐあとに結婚よねっ性もあるんだもの。ドレスが入らないだけじゃなくて、白を着ていたら顰蹙ものだわ)って、あんまり遅くなったらお腹が大きくってしまう可能ひんしゅく教会で愛を誓うことも憧れなのだ。