驚愕!逆ナン電車 後編

前回大人気だった「驚愕!逆ナン電車 」の後編をお送り致します!この電車に乗ったら最後!終点まで、自分が満足するまで、乗客のチンポを食べ尽くします!吉川麻美ちゃんが痴女として、あなたを激しく求めてきます!電車で、オナニーを激しく見せつけてくる女!あなたは、生唾をごくり・・その女はチンコを求め、乗客のチンポを次々としゃぶっていき、チンポをマンコに押し付けてくる!!最後はパイパンマンコに連続でどくんどくん中出し!!こんな痴女にあってみたい!
動画:驚愕!逆ナン電車 後編

にらかえ泣きそうになるところをグッと堪え、彼の瞳を睨み返す本格的な身体検査でもなんでもしてください。
「わかりました。
だったら脱ぎます!
わたしは暗殺者なんかじゃないし、何も隠していないんだから」
-しひもセシリアは自ら浴用着の腰紐を解いた。
濡れた薄い綿モスリンは肌に張り付き、非常に脱ぎにくい。それを、肌から剥がすように脱いでいった。
だがさすがに正面を向くのは恥ずかしい。ジェレマイアに背中を向け、「さあ、脱いだわ。次はどうすればいいのか言って!」
「レディ·あなたという人は」
ジェレマイアの言葉を遮るように、再びコンコンコンと扉が叩かれた。
彼は小さく息を吐き、「残念ながら時間切れのようです」そう呟いたあと、「聞こえています。呼ぶまでそのままで!」と、扉に向かって叫んだひたひたと絨毯の上を歩く音がする。ジェレマイアが何をしているのか気になるが、この格好では安易に振り返ることもできない。やがて、足音はセシつぶや·たんリアの背後で止まった。
何をされるの?さっき彼が言ったこと?ふわっと身体が何かで覆われた。それは、ジェレマイアが着ていたテールコートだった。入浴を手伝ってくれるときに脱いだはず。彼は、それをセシリアの身体にかけてくれたのだ。
「まったく。私もそう褒められた人間ではないが、あなたはそれ以上だ。こんな向こう見ずなレディを見たことがない。ここはあなたの勝ちですよ」
K-·あのそれはどういう
「国王陛下には何も言いません」
「それは、わたしを信じてくださるということ?」
セシリアが振り返った瞬間、身体を抱き寄せられた。
「無防備な格好のまま、振り返ってはいけない。私が自分の立場に徹し切れなかったことは、あなたもご存じのはずだ」
冷たいシャツが頬に当たり、セシリアの中に申し訳なさが浮かぶ。
「ごめんなさい。わたしがバスタブに引っ張り込んでしまったのよね」
彼はセシリアの身体から離れるなり背中を向けた。
「いえむしろ、私のほうが口づけのお詫びをしなくてはならない」
かすそれは冷静に聞こえるが、これまでに比べるとどこか危うい。
押さえようのない胸の高鳴りが、彼女の身体を震わせる掠れた声が熱い二度目のキスを思い出させ、セシリアはテールコートの前を掻き合わせた。
だが、ジェレマイアが口にしたのは
あなたを、国王陛下の前まで案内しましょう。
「あえ、ええ、もちろん」
それで許していただけますか?
ッキンと胸の奥が針で刺されたように痛い。
とはジェレマイアはコットンタオルを一枚取り、髪を拭きながら扉に向かう。
私より先に、他の誰かに秘密を知られないようにだが、充分に気をつけなさい
途中で思い立ったように足を止めたそれはこれまでにない深刻めいた声だった。

「まあ!
既製品と聞いておりましたのに、ピッタリですわ」
華やいだ声を上げたのは女官のダーシーである。ジェレマイアと入れ替わるように入ってきたのが彼女だ彼女は王宮の外からでもよく見かけるドレスを着用していたドレスの襟と袖口の折り返しのみが白色、あとは一色の地味だが上品なデザイエプロンは、胸当て部分が大きくVの字に開いている。そのデザインは王宮女官の目印とも言われてい
セシリア様のお世話をするように申し付かって参りました。ダーシー·オルブライトと申します部屋に入ってきたとき、彼女はそう言って深くお辞儀をした。
ダーシーはブロンドに近い薄茶色の髪をきちんと結い上げ、幅広の白い布で包み込むようにきつく結んでい瞳も茶色で優しい雰囲気の女性だ。
年齢はシャロンより少し上に見える。
彼女に着替えを手伝ってもらい…悪戦苦闘することドレスと一緒に用意されていた下着-シュセシリアはようやく用意されたドレスを着て鏡の前に立つことができた。
のコルセットも準備されていた。
1時間。
ズやドロワーズも極上のシルク。
また、黒いコツいささか苦しいが、セシリアの背丈や胸回りにちょうどよいドレスを着るとなると、ウエストを締めるのも仕方がないそうして着込んだドレスは格子柄の絹タフタ。
色は濃い紫と白。
デザインは流行のツーピースドレスだばらかたどに沿って薔薇を模った胸飾りがつムがあり三段になっている。中に付けたク襟ぐりは大きく開き、コルセットで押し上げた胸元からはうっとりするほどの谷間が見えている。
そのデコルテライいており、着る者の清楚さを際立たせていた。
リノリンは信じられないほど軽い物だった歳若いレディ向けらしく袖も小さい。
スカート部分は逆にボリさらには、ダーシーとは別の女官がやって来て、セシリアの髪を結い上げてくれた両サイドにひと房ずつ緩く内巻きにした髪を残し、他はすべてひとつに纏める。最後に、髪全体を生花の白い薔薇で飾っ極めつけは、なんの宝飾品も付けていなかった彼女のために、紫水晶の周りに金剛石を配置したネックレスまで用意されていたことだろう。
アメジスト

珍アナル名人登場!

珍アナル名人登場!!アナルの達人事、エロカワ女優、田中美久ちゃんの登場です!!達人最初から、惜しみもなく、アナルを披露してくれます。そして、慣らし程度のおマンコ電マ責め!待つてました、アナルにディルドーを入れて激しく、動かしながら、フェラチオで精子を搾り取ります。玩具でアナルを広げ、出ました、達人の得意技、2穴同時挿入!!激しく二穴を刺激した後、アナルバックでガンガン突かれ、達人のお尻にどぴゅ~!!アナルの達人、ご披露ありがとうございました!!
動画:珍アナル名人登場!

「これが私?
嘘みたい鏡に映っているのは、どこからどう見ても立派な伯爵令嬢、な、なんだか、嘘がドンドン大きくなってる気がするレディ·セシリアだ。
その嘘がばれたときのことを想像するだけで怖ジェレマイアに詰問され、くなる。
思わず伯爵の庶子」なんて言ってしまっ嬉しくてはしゃぎたくなる反面、そんなセシリアに、ダーシーは満面の笑みを浮かべて言う。
セシリア様はスタイルもよく、お美しくて、羨ましい限りです。きっと、国王陛下もセシリア様を見初められますわ。
え?それは、いったい..「あら、失礼いたしました。このドレスもネックレスも、ジェレマイア様のご命令で用意されたお品ですから」
マイア様のようダーシーの説明によると、王宮内には不測の事態に備えて、イブニングドレスやデイドレス、女性用の下着、装飾品類など、様々な物が用意されているとだが残念なことに、その中にはセシリアの体型にピッタリのドレスがなかった。
こういった場合、一番近いサイズのドレスを着ていただくのが通例だ。
ところが今回、ジェレマイアの指示で出入りの業者に急遽ドレスを持って来させたという。
その際に、サイズだけでなく色やデザインまで指定したらしいどうりで、着替えを用意するのに長い時間を要した理由がやっとわかった。
「このネックレスも?」
「はい,そう伺っております。ですから、ジェレマイア様はひと目でセシリア様を見初められたのだ、は存じませんが、こちらでは、あの方は爵位がございませんので…」
うかがと聞きましベルゲングリューンでの爵位伯爵令嬢が相手ではどうすることもできない。彼は自分の立場を考え、国王に花嫁候補として推薦することにの言葉に、セシリアは心がざわめくのを抑えられないそのためにできる限りのことをしたのだろうそんなダーシ思い出すたびに身体が火照り始める。
彼女の瞳にジェレマイアの姿が残像となり焼き付いている。

夫になる訳ではない人に、私は唇を許してしまったんだわ強く押し当てられた唇も、彼の手に触れられた場所も、「わ二度の口づけは本当に素晴らしかった。
お詫びに」
と言われたとき、許されるなら三度目をねだ力-ら薄い浴用着の上から胸を触られたことも忘れられない。
信じて打ち明けてしまったほうがよかったのかもしれない-のえへそうすれば今ごろ.近衛兵に引き渡されて、牢屋に入ってた可能性もあるんだわそう考えて身体が震えたジェレマイアの視線は強烈だ。
あれほどまでに完璧な男性がセシリアを見初めたなんて、ってどうするの?
にわかに信じられるものではダメダメ!
どっちにしても、側近の人を好きに国王様のことを好きにならなきゃ
セシリアの胸に、ジェレマイアが国王ならよかったのに、そんな思いが浮かぶ。
かば老婆を庇ったセシリアを
心ばえの美しい女性と言ってくれた。
そんな彼が国王であったなら、何もかも告白して彼に縋っていただろう。
だって、国王様には本当のことを言わなきゃ…花嫁にしていただけないもの鏡に映るセシリアの顔はどこか浮かジェレマイアは国王の前に案内する、と言ってくれた。それが事実なら大きなチャンスを掴んだことになる。
ない表情をしていた「それではセシリア様、わたくしが夜会の付き添いをさせていただきます」
「え?ええ。どうもありがとう。よろしくお願いね」
なのに、。
他の準備も整ったのだろう。ダーシーから声をかけられ、セシリアはとっさに答える。
すると彼女はセシリアの顔をまじまじと見て、「まあ」と言った口の形を作った。
わたし、何か間違った?セシリアがドキドキしていると、ダーシーは親しみ深い笑顔を向けてきた。
「セシリア様は、お年を召された女性を庇われたと聞きました。なんとお優しい方だろうと思っておりましがたいことですわ。ただ、それをよく思われない方もおられますので感謝の気持ちを口にされるのは、とてもありダーシーは言葉を濁したが、セシリアにもそのことはよくわかっている。
下級貴族とはいえ、父が健在だったころはそれな貴族社会との付き合いもあっ領地の貴族館に家族で招かれたこともある
あとから母に窘められたのだ。
貴族の娘が人前で使用人に礼そのとき、料理を運んできてくれたメイドにありがとう」とセシリアは言っを言うものではありません、と。それは、セシリアには理解できない感覚だった。
すると、だが、今はどうだろう…伯爵令嬢がそんなことを口にしてよかったのだろうか、このダーシーにも、あとになって怪しまれるのではないか?
そんな不安が次々と浮かんでくる。

大放尿スペシャル 年末超特大号3

さてさて今回の大放尿スペシャルはお待たせした甲斐もあり?超特大号となりまして3分割配信となります。その第3弾は6名の女のコ達が元気いっぱいオシッコをしてくれます。尿道からオシッコが出る瞬間から弧を描いて大量に飛ばしまくるという映像は世界中を探してもここでしか見れません!
動画:大放尿スペシャル 年末超特大号3

そもそも、あの老婆を庇ったこと自体、伯爵令嬢としてはとんでもない”失態”になるはずだそうよ、褒められるなんてありえない。
この胸だって…
自分の胸に視線を向けた瞬間、バスタブの中でジェレマイアにされたことが思い出されて、頬が熱くな「まあ、セシリア様。お顔が赤いですわ。お熱でも」
「ち、違うの。その…緊張してて。ジェレマイア様が国王様の前まで案内してくれるって言っていたから。
それだけよ」
さっきは大広間に入ることもできなかった。だが今度は、ジェレマイアのおかげで国王に会えるかもしれないしっかりしなきゃ。そのためにここまで来たんだもの。この瞳でアピールして、国王様に選んでもらうんだって。
だって、わたしには好きな人もいそう言ったジェレマイアの声がいつまセシリアは必死になって、でも響いていた。
王宮に来た目的を思い出そうとする。
だが、そんな彼女の耳に
充分に気をつけなさい
大広間に足を踏み入れるなり、セシリアを中心に波紋が広がった。
人々は顔を寄せ、チラチラと彼女を見ているすぐ後ろを歩いてくるダーシーは、セシリアにだけ聞こえるような声でささやい「やはり、ジェレマイア様がおっしゃったとおりですわ」
「え?なんて言われたの?」
「セシリア様がこのドレスを着れば、必ずや人々の注目を浴びるはずだから、よく注意するように、よう、命じられました」
「そ、そんな…ドレスが綺麗なだけなんじゃ」
「いいえ、お美しいのはセシリア様でございます!」
と。
ですから、わたくしが付き添い人としてお傍にいるきれいダーシーはきっぱりと言う。
こんなに美しいって言われたら、勘違いしちゃいそうねセシリアが照れ笑いを浮かべたとき、横から若い男性に声をかけられた。
「失礼。どこかでお目にかかったことはなかったでしょうか?ああ、そうだ。
気がします」
先月催されたアランデル伯爵邸のパーティで、あなたをお見かけしたような二十代の紳士がひとり、ニコニコ笑いながら話しかけてくる。
アランデル伯爵とは貴族院の高位に席を持つ大貴族のひとりだ。
爵位こそマの家と同じだが、アランデル伯爵の父親は貴族院の議長を務めるフォーク公爵公爵はアクランド王国において絶大な権力を持っている。
持っているかもしれない。
ひょっとしたら、王位に就いたばかりの新国王より、貴族に対して強い影響力を唐突に、すると、未来のノーフォーク公となるアランデル伯爵の名前を出されても、雲の上過ぎてセシリアにはピンとこダシーカしがセシリアのすぐ後ろで、彼女にだけ聞こえる声で言った。
「-アトウッド子爵です。
エーブリー侯爵のご長男ですわ」
父親に泣きついて裏で処理した、と聞く。
平和ボケした貴族その名前を聞いて思い出した。数ヶ月前、人妻と関係してその夫と決闘沙汰にたちは色恋沙汰にしか剣を抜かない、巷ではそんな文章が添えられた風刺画が流行っていずだ。
だが、それほど社交界への出入りが盛んな男なら、ブリチャード伯爵家にはセシリアという娘などいないと気づくかもしれない。

「よかったら、レディのお名前をお聞かせ願えますか?そうしたら、すぐに思い出せるはずです」
冗談でしょ?余計なこと思い出さないでよセシリアはブリゼ型の扇を開き口元を隠す。
その紫水晶のような優美な瞳に微笑まれた記憶があるのですよ。
「失礼いたします.アトウッド子爵様」
ああ、私はダーシーは無作法にも子爵の言葉を遮り、セシリアとの間に割って入った。
当然、子爵は憮然とした顔つきでダーシーを睨むわたくしがお連れいたしました。
お話がございましたら、わ「こちらのレディは国王陛下の側近、ジェレマイア·フィッツェンハーゲン閣下のご命令にて、たくしが伺うよう言われております」
ジェレマイアの名前が出た瞬間、アトウッド子爵は「うっ…」
と言葉に詰まっ「さあ、子爵様、ご用件を」
子爵は逃げるように後ずさり、人の波に紛れた。
「ねえ、ダーシー、どういうこと?」
「今宵は国王陛下に我が国のレディから花嫁を選んでいただくための夜会。男性は皆ろん、声をかけるなどもってのほか。今宵に限っては、レディにお声をかけてよいのは、の家族以外は参加を遠慮するよう通達が回っております。
もち陛下と陛下の命を受けた者のみと聞いております」
なるほど、とセシリアはひとりごちる。
アトウッド子爵のような評判の悪い方を、大貴族の後継者であられるアランデル伯爵が話したいがために、あんな見えすいた嘘を
宅のパーティに招かれる訳がございませんわ。
セシリア様とダーシーはよほどアトウッド子爵がお気に召さなかったらしく、吐き捨てるように言う。
正式に社交界デビューしていのだから。
他のどんだが言われるまでもなく、セシリアにも子爵の言葉が嘘なのはわかっていた。そもそもセシリアは、なパーティでも彼女と出会っているはずがない。
わたしと話したいなんて、そんなことあーやっぱりこのドレスのせいじゃな「まあ、セシリア様も立派な伯爵家のご令嬢ではございませんか」
「そ、そう、なんだけど…あの、もっと大きな、公爵家なんかと間違えた、とか」
凄く豪華そうだもの。
きっと立派な貴族の令嬢に見えたのようっかりして口を滑らせてしまい、セシリアは慌てて言い繕う
あっ!そうそう、さっき口にした、ジェレマイア様のご命令、