カリビアンキューティー Vol.6

可愛い子ちゃんがピンクの丸見え、おマンコに、ピンクの綺麗な乳首を引っさげてやってきた!森ゆきなちゃんが無修正作品に初出場!早速、カメラに向けてオマンコ毛を処理しちゃって、つるるん無毛のおマンコに!!つるマンに指マンで、アソコからはエッチな汁が出てきて、二穴同時にバイブを入れられる!!興奮しながらフェラチオして、最後はチンポを二穴同時!どちらの穴にも臭い精子をぶち込まれ、二穴同時ヒクヒクまで見せちゃうっ!初裏で、可愛いのに結構ハードなことやってます!イチオシ作品です!!
動画:カリビアンキューティー Vol.6

「うわぁ…ねえ見てマシュあのシャンデリアに灯された蠟燭って、ぜーんぶ蜜蠟蠟燭かしらっ本ぐらいあるのか知ってる?」
その分、発色もよく、灯芯宝く燃える。
セシリアの家もそうだが、一般家庭で使われている獣脂蠟燭に比べ、蜜蠟蠟燭は111倍以上の値段がする。
上を見たまま口をポカンと開けて歩くセシリアの腕を掴み、マシューは柱の影まで引っ張っていった
蠟燭の数はわからないけど、シャンデリアの下で口を開けて上を見ないほうがいい。
とくに夜会の後半は危険だよ。
溶けた蠟が落ちてくるんマシューに注意されてセシリアは慌てて口を閉じた「いいかいセシリア、僕はあまり君の傍にいられない。顔見知りに会ったら、君のことをごまかせなくなるからね。陛下が出てこられたら、なるべく大広間の真ん中辺りを目指すんだ。お目に留まったら、ダンスに誘っていただけるかもしれない」
「わかったわ。わたし、頑張るから」
「ああ、だけど無茶は禁物だ。僕の役目は、君を無事に家まで送り届けることなんだから。君に何かぁったら、シャロンを悲しませてしまう」
「でも、わたしが選ばれたら、お姉様との結婚もずっと楽になるわ。そう思ったから、手を貸してくれたんでしょう?
むちゃセシリアは真剣な目でマユーを見上げた彼は降参したように息を吐くとうん、それは否定しない。君のその瞳は本当に綺麗だから。ひょっとしたら、陛下も夢中になるかもしれない。
も事実だ。選ばれなかったときは、誰かに見られる前にさっさと引き上げるんだよ」
でも、ばれたらとんでもなJとになるのたたそっとセシリアの肩に手を置き、ばれたときは自分だけでな落ちつかせるようにポンポンと叩いた。
マシューの立場も危る。
シャロンのためにも、優しいマ迷惑はかけられない。
セシリアはゴクリと唾を飲み込んだマシューと離れ、セシリアはひとりになった。
身分を偽っているとはいえ、初めての夜会。
彼女はドキドキしながら、周囲を見回したくなる気持ちを抑えた。
大丈夫、大丈夫よ。
お母様のため、みんなのため。
きっと上手くいく!
かっぽこんな場所でおどおどしていたら、余計に怪しまれてしまう丸くなりそうな背中をピンとして、セシリアは胸を張って王宮の中を闊歩した。
セシリアが大広間を覗き込んだとき、そこには驚くほどたくさんの人がいた。
男性はテールコートの黒一色。その分、女性は思い第一、のぞのドレスを着て、鮮やかな色を身に纏っている。
白い大理石の床が見えなくなるくらいの人数だっ(国王様にご挨拶をすませたら、順番にお帰りになるはずよね?
ひと回りしてから、もう一度来てみよう)セシリアは圧倒される気持ちを落ちつかせながら、回廊に足を向けた。
ふと目を留めると、そこには素晴らしい天使のレ思わず見惚れてしまい、彼女はハッと気づいて、慌てて口を閉じた。

フがあった。
まさに慈愛に満ちた表情の天使がセシリアを見下ろしている。
(ま、まだ、回廊を進むと、突き当たりで飲み物のサービスをしていセシリアはレモネードをい平気よね。
そんなに時間は経ってないはずだし…)今夜は客の数が多過ぎて、応接室や休憩室だけでは足りないのだろう。
こうとしたが、給仕係が手にした赤い液体に興味をそそられる
「ねえ、ちょっといい?
これは何?」
「はい。
新国王陛下の故郷で作られた葡萄酒でございます」
紳士たちがポートワインを好むと聞いたことはある。非常に甘く飲みやすいというが、セシリアはアルコールを口にしたことがなかった。
国王の故郷で作られた葡萄酒-その言葉に、好奇心旺盛なセシリアはついつい手を伸ばしそうになるダメダメ、今日のわたしは伯爵令嬢なのよやはりレモネードにしておこう。
セシリアは顔を上げてその場を離れようとした。
そのとき、ゆうに七十歳は過ぎているような老婆の姿が目に入った。
腰は曲がっていて杖をついているあんなにお歳を召した方も来てるんだわ。
レディのご家族?
付き添い人かしら?
そう思ったとき、老婆の身体が傾いた。
「あ…危なセシリアは思わず叫んでしまった。
老婆はすぐ近くにいた給仕係の背中を押す格り、彼は手にしたトレイを落としてしまう。
イは大理石の床に弾かれ、大きな音を立てながら回転していた。
何個ものグラスが割れ、辺りは葡萄酒の香りでいっぱいになる。
セシリアは座り込んだ老婆に駆け寄り怪我はないかしら」
尋ねながら、立ち上がるのに手を貸した
大丈夫?
「まあ…どうもありがとう。
貴族の中にも優しい娘さんがおられてよかった」
老婆はしわがれた声で答えた。
セシリアがそれはどういう意味か尋ねようとしたとき、背後で悲鳴が上がる恥ずかしくて陛下の前に出ら「なんてことをしてくれたの!?
れないじゃない」
私はこれから国王陛下にご挨拶をするのよ。
それが…こんな赤い染みのついたドレスじゃ、くじゃく孔雀のように飾り立てた令嬢がひとり、早く染みを抜かないと。
ポツポツとドレスの裾に赤い染みをつけて叫んでいた。
クロークルームに行けば、専門の方が!

まあ、大変だわ。
セシリアは親切のつもりで声をかけるところが、令嬢は怒りの矛先をセシリアに向けてきた。
簡単に言わないで!
小汚い年寄りが王宮の夜会でウロウロしているの?
これは極上の絹なのっ!
あなたが着ているような安物の綿ではないのよ。

背徳一家の性欲

またまたやって来ました!禁断の愛がテーマの作品!!その名は、背徳一家の性欲!!なんともドロドロしていそうなタイトルでしょう。やはり、内容も凄かった!超ドスケベ淫乱熟女の桜田由加里とロリ系キュートな渡辺ユリちゃんの禁断の愛!!とにかく、桜田由加里のドスケベ淫乱ぷりが凄すぎる!旦那、息子とSEXしちゃうんです。さらに、娘も兄貴とSEXしたりと、ホントに性欲の塊見たいな家族です。ドロドロな関係見ごたえあり!!
動画:背徳一家の性欲

まったく、どうしてあなたみたいな貧乏そうな小娘やお父様に頼んで追い出してやるわ令嬢の金切り声を聞きつけ、会場係が飛んでくる。
給仕係が叱られそうになったとき、横からその令嬢が口を挟んだ。
悪いのはあの年寄りよ。それと、えらそうにクロークルームに行けなんて命令してきた、
そんな、わたしは命令なんてしたつもりは流行遅れのドレスを着たこの娘。
早く追い出してちょうだい!
セシリアはびっくりして声を上げた国王への挨拶を前にして、せっかくのドレスを汚されてしまったら頭にきて当然だろう。
だからこそ、すぐに専門の方に染み抜きをお願いしたほうがいい.そう考えただけだ。
それが余計なことだったとしたら、セシリアが悪かったのかもしれなでも老婆は違う。不可抗力でよろけたに過ぎないのだ。レディのご家族ならいいが、ないだろうか
ごめんなさい。えらそうに言ったつもりはなかったの。わたしが出て行きますから.付き添い人だったとしたら、年齢を考えても解雇されてしまうのではセシリアはとっさにそう言うと、老婆のことを振り返った。
「おばあさん、騒ぎを大きくしてごめんなさいね。早くご家族のところに戻られたほうがいいわ」
「いえいえ、あなたが謝ることはありませんよ」
それまで黙って立っていた老婆だったが、セシリアに笑顔で答えたあと、令嬢にはきつい口調で言い返した。
「美しいドレスを汚して悪かったわね。
けれど、心ばえも口の利き方も、そのドレスに相応しいものではありませんね」
老婆の言葉に令嬢は見る見るうちに真っ赤になった。
隣で付き添い人らしい女性が令嬢を宥めている。
だが、我慢できなくなったらしく、令嬢は別の給仕係が持っていたトレイからワイングラスを掴み取るなり、老婆に向かって投げたセシリアはとっさに老婆の前に立つ。
体を転がるようにして床に落ちていく。
「あら、ごめんなさいね。弁償しますわ、彼女の胸元にグラスが当たり、葡萄酒がセシリアの生成りの綿ドレスを赤紫に染めた。
幸運にもグラスは割れず、身銅貨一枚でよろしいかしら?」
扇で口元を覆いながら、令嬢はさも愉快そうに笑う。
銅貨一枚、一ペンスの価値もないと言う意味だ。
跳ねた葡萄酒が髪にまで飛び、ポタポタと滴り落ちだが、セシリアはギュッと口を結び、

「いいえ、弁償なんて結構よ。こんなのしっかりと令嬢を見据えた。
たいしたことじゃありませんから」
-のえへいどと、物騒な声が聞こえ始める騒ぎを聞きつけ、わらわらと人が集まり始めた。「近衛兵を呼べ」
いや、責任者を呼んで来いえ?呼ばれたら困るわ。どうしよう…ここで逃げたら、もっとまずいわよね途端にセシリアは心細くなった。
こんな姿になっては、もう国王の前には出られなお目に留まるどころか、会うこともできずに終わってしまった。
最初から無理だったのかもしれない。
でも、わたしにできることといえば…
こうなったらシャロンに知られる前に、ミスター·バンクスの求婚を承諾してしまおう。母や弟たちのためにも、近衛兵を呼ばれる前に王宮を出なくては--そう思ってマシューの姿を捜すが、近くには男爵邸は残しておきたい。
いようだ。
ひとりきりで乗り切るには、どう考えてもセシリアの手に余る彼女が泣きたい気持ちになったとき、人垣の向こうから声が上がった。
「国王主催の夜会で何を騒いでいるのです?」
人垣がサッと割れ、その間をひとりの男性が歩いてきた。
ひと目で高級とわかる黒のテールコートを着ている。他の紳士たちより頭ひとつ分背が高い。
肩幅も広く、スタンドカラーに白いクラバットが結ばれていた。
そして、襟にほんの少しかかるストレートな黒髪。
涼しげな目元の奥には銀色に近いグレーの瞳が煌めいている。
「それは素晴らしいトロイ戦争の引き金ともなった美しき女性と同じ名前とはあなたにピッタリですね」
そう言っ「では、レて差し上げるように」
後、グレーの瞳が鈍く光った。
·ヘレナ。どうぞ、トロイの王子のもとにお帰りくださいグランビー侯爵とレディ·ヘレナのお帰りです!
誰か、門の外まで案内しため彼のひと声に新国王の在位期間、これまで近づくことを躊躇い、端に控えていた近衛兵たちが駆け寄ってきた。
そして、青ざめる侯爵一家を連れて行く。
この王宮にグランビー侯爵令嬢が招かれることはないだろう、そんな声がセシリアの耳に聞こえてくる。
「あ、あの…わたしも、追い出されるの?」
セシリアの質問にジェレマイアはふっと口角を上げて微笑んだ。
「さあ、どうしましょうか?あなたはどうして欲しいですか?」
「このまま連れ去って欲しいかも…」

生姦中出し一泊旅行_One

夏が来た〜!!!常夏の南海で浅之美波ちゃんが求め合う情熱ファ〜ック!!ジャポルノ初公開、ビキニが超似合うセクシーボディの美波ちゃんがワイルドセックス中出し一泊旅行です!「ヤダッ!恥ずかしいけど・・・野外姦超気持ちイィ!」ってお外でのセックスに目覚めてしまいました〜!!プライド捨てて本気イキ!!!もう美波ちゃん、昼も夜もハメていたいそうです。絶頂しまくる淫ボディをとくとご覧あれ〜!!!
動画:生姦中出し一泊旅行_One

ポロッと本音が漏れ、セシリアは慌てて言い直す。
えっと、だから、このドレスじゃもっ国王様の前には出られないでしょう?
「あなたは面白い方だ。結構です。私が連れ去ってあげましょう」
誰にも見られないところに、連れていっていただけたらなぁ、なんて
正面から見たら銀色が一層キラキラしているって、見惚れてる場合じゃないんだけど…セシリアはジェレマイアの腕の中で、途方に暮れるのだった。
彼の腕に抱かれたまま、階段を上がそこには男爵家とは比べ物にならないほど、1階とは違って薄暗い廊下をスタスタと進んでいく。
立派で由緒ある調度品が並んでいた。
幾つかの角を曲がり、セシリアは王宮内の一室に通されたセシリアに勧められたソファは上質なマホガニー材で作られた逸品。
そこに葡萄酒の染みをつけないよう、恐る恐る腰かける。
紫色のベルベットが張られ、背もたれや肘掛け部分には丁寧な彫刻が施されていた。
円形テーブルや飾り椅子、サイドボードにコレクションボードまで、どれもこれも、セシリアは感嘆の息を吐きつつ、自分のドレスを見て別の意味でため息をつく。
王宮でなければお目にかかれない極上品ばかりだ。
お姉様のドレス、えたらいいの?
こんなに汚しちゃって、どうしよう…マシューに頼んだら新しいドレスを持ってきてくれるかしら?
でも、どうやってマに伝色々と相談非常に危うい立場でありながら…セシリアはとんでもない騒ぎを起こしてしまった。
てはならないことがあるばれたときは、伯爵に内緒で連れて来てくれたマもただでは済まなくなるいっそ、侯爵親子のように門から放り出されたほうが楽だったかもしれない。
…リア
あっ、はい
先ほどから何度も呼んでいるのだが、私はあなたの名前を間違えているのだろうか?
「い、いえ…あの、名前はどうして?」
ディ·セシリア·ブリチャード!
名乗るかどうかも悩んでいたのだが、どうやら無駄だったようだ。
ジェレマイアはテーブルを挟んだ正面に座り、こちらをじっと見ている。
ヴァレット「王宮の入り口であなた方を出迎えた侍従のエドガーに聞きました。
彼があなたの…その瞳を覚えていたのでね」
ガヴァネスブリチャード伯爵の名前を知られた以上、るかもしれな伯爵に連絡がいくのも時間の問題だ。
そうなれば、真相が明らかになり、シャロンは家庭教師の仕事を解雇され家族にかける迷惑を考え、セシリアは唇を嚙み締めた。
さて、レi

「え?そん私はこの夜会の監督責任者なのですよ。国王陛下のご命令でね」
セシリア。
まずはこの夜会であなたに恥を掻かせたことをお詫びします
あなたの責任では
だからしまった
先ほどの「そんな!
マイアは自分をこの部屋に連れてきてくれたのだ。
彼が口にした連れ去ってあげましょうなんてセリフを、ほんの少しだけ真に受けてヘレナですが。
彼女の態度はとても淑女とは言い難かった。
しかし、あなたもあなただ」
ひどでは、あのお歳を召した女性が酷いことを言われているのを、黙って見ていろとおっしゃるの!?
カッとなってセシリアは言い返す。
だが、ジェレマイアは静かに首を振った。
「そうではありません。もし、あのワイングラスが顔に当たっていたら、類なき瞳や美しい顔に、傷がついていたかもしれない」
「そ、それは…でも」
どうするつもりだったのですか?
万に一つ、グラスが割れでもしたら?
その比セシリアは聞きなれない言葉を耳にして、何も答えられなかった。
可愛いという言葉は何度か言ってもらったことがある。自分でも、そんなに酷くはないんじゃないか、少しくらいは可愛い部類に入るのでは願って何よりこのヴァイオレットの瞳だけは、セシリアにとってたったひとつの取り柄だ。とはいえ、いつも、美しい姉のついでのようにセシリアも可愛いよと言ってもらったくらいだ。
ここまで面と向かって褒めてもらったことなどなぞ、そんな美しいなんてあのえっと、サー·ジェレマイア·フィットフィーツ…