多彩なGカップ妻~潮吹き女王誕生~

淫乱で敏感!スレンダーで美巨乳!顔もめちゃエロいお姉さん、大塚咲様があなたに向けてオマンコおっぴろげて「潮」鉄砲を打っちゃいます!あなたの息子も狙い撃ち!一人エッチで電マやバイブを使わず、自分の手だけで、潮吹く女優は僕が知ってる中でも数人しかいません!これは、小さい時から自分のマンコを弄って遊んでた変態女だから、自分のツボわかってるので潮をすぐ吹いちゃうことができるのです!しかも、咲ちゃんは潮吹く前に、ガクガクして大量に勢いよくスプラッシュしてしまい、一回吹いたらもう止まりません!この潮吹き女王様は希少種のメチャ淫乱女優なので、マジ見て観察してあげて下さい!色々ハメたり見所は他にもありますので、見逃すな!
動画:多彩なGカップ妻~潮吹き女王誕生~

目を開けろその私の努力をむだにするように、アーティスが命じた「私の気の済むようにしてくれるんだろう?だったら言うことを聞け。
んなふうに扱うかを」
こ。
目を開けて、私のすることの全てを見ているんだ。
自分の身体を、男がど震えながら目を開けると、そこに彼の顔があった。
冷酷な瞳。
この行為を楽しんでいるようにも怒っているようにも見えない。
その顔が近づき、私の胸を隠した。
金色の長い髪が、私の肌の上に零れる舌は胸を舐め、開かれた服の間を下りてゆく。
まるで蛇が這ってゆくように、ゆっくりと。
胸は解放されたのに、その感触でまた胸の先が痺れた。
しび「挿入れられないのが残念だな」
閉じていた脚の間に手が差し込まれる。
「開け」
「いや」
何でもするんだろう?開け「いや…。それは…」
拒んだけれど、彼にとっては私の意思など関係はなかった。
ふともも太腿を撫でていた手が閉じた脚の間にねじ込まれ、上ってくる。
「やめて…」
指は、脚の付け根にたどり着いた。
同時に舌も下生えに到達してしまう。
「ぁっ!」
指は秘部を開いた。
舌は、開かれた場所に潜り込み、肉の間に埋もれていた突起を掘り起こした。
「いや…、いやよ…っ」
感じてしまう。
それがr気持ちいいと。
びちゃびちゃと卑猥な音がする舐められている場所の更に奥、閉じた場所からとろりとしたものが溢れるのを感じるひわあふ自分の意思とは関係なく。
「あ」
我慢しようと思った。
我慢しなくてはと思った。
でももう限界だった。
いやっしあいぶ手を伸ばし、私を愛撫し続ける彼の髪を掴む「やめて!」
閉じていた脚が、快感に緩み始める前に、彼をそこから引き剥がさないと。
彼が約束を守らなかったら、私は傷つけられてしまう。
それを嫌だと思わなくなるのが怖い。
濡れた場所を彼の目に晒してしまう。
そこにも触れられてしまう。
お願いっ、やめて…アーティスは伸び上がって私の顔を覗き込んだ。
「…いや…、怖い」
彼に屈したくはなかったが、涙は零れてしまった。
耳に流れてゆく涙を、彼の指が掬う「私の手を求めるのではないなら、身体を差し出すのはやめておけ」
静かな声。
まなざ柔らかい眼差し。
「弟のために涙を流した時から、私にはお前が蔽
には見えなくなってしまった」
この人は…、こんな目卓るのね。
寂しそうに微笑む顔は、レイノスに似ていた。
私にとって、お前はただの美しい女だ。敵ならばたら、こちらの我慢が効かなくなるところだった「私を辱めるのではないの?」
もてあそ弄んで気を晴らすこともできるが、ただの女には欲望を抱く。
音を上げるのがもう少し遅かっはずかし私の胸を隠してくれた。
彼はボタンのなくなった服の前を合わせて、
お前は知らなかったそれから、自分のシャツの袖で私の涙を少し乱暴に拭った。

「知らないことは罪だわ」
「それは私に対する罪ではない。お前自身の罪だ。レイノスを殺した罪は、あいつを手に掛けた者だけのものだ。お前の罪は、巫女として力と考えが足りなかったことで、その罰はもう受けただろう。だから、国を離れてこんなところに一人でいるのだろう?」
「私を許すの?」
「許さない。だがお前の役割は私の人形に成り下がることではなく、和平の使者として一族から引き離され、慣れない国で愛想を振り撒くことだ」
ふアーティスはベッドを下り、「着ろ。目の毒だ」
彼自身が脱がせた私の上着を拾い上げた。
それを優しく肩にかけてくれ、傍らに腰を下ろした。
「あの状況で我慢したのだから、これぐらいは許されるだろう」
そして困惑している私に顔を寄せた、唇を重ねた。
柔らかな唇の感触頬に触れる髪。
それは貪るようなものではなく、温かい口づけだった。
むさぼ身体に触れられるよりも心臓の鼓動を速めるような。
「その服はもう着るな。
無防備過ぎる」
顔が熱くなる。
「あ…、あなたはドレスでも同じことをしたわ」
妙に恥ずかしくて目を逸らし、上着に袖を通す。
泣いてしまったせいだとわかっていても、「女の服はなべて無防備だな」
この服でよかったわ。ボタンが無くなっていても、上着を着てしまえば他人に気づかれることなく離宮へ戻れるから。
「あなたが強引なのよ。どんな服を着ていても、妨げにはならないわ」
かもしれんなふっ、と唇が笑みを作る「私は強引な男だから」
その微笑みは美しかった。
胸が苦しくなるほど。
「アイリア」
突然名前を呼ばれて、ドキッとする
こちらを向け。話をする時には相手の目を見ながらするべきだ「あ、はい」
今までお前とかr巫女殿とか、名前を呼んでももっと事務的な響きでディリア殿
泣き顔で、顔が腫れているのがみっともないので…「この間はもっと泣いただろう。レイノスのために」
としか呼ばなかったのに。
その通りだなのにどうしてこんなに恥ずかしいと思うのだろう。
「だからと言って見られていいというものではありません」
「私の言うことを聞いてベッドには横たわるのに、顔は見せないのはおかしいだろう」
「…わかりました」
私は仕方なく彼に向き直った。
アーティスは、また違う顔をしていた冷酷でもなく、穏やかでもなく、引き締まった王の顔だ。
お前が事実を知らなかったことで自分を責めるのならば、事実を教えてやろう。

夏の想い出

大人の魅力がプンプン出てます。スレンダーなボデイの浴衣美人、石黒京香ちゃんの登場!京香ちゃんマジで魅力的です。フェラチオしている時の顔なんかもうとっても、エキゾチック!!チンコがギンギンに立っちゃいますょ。しかも、テクニックもハンパない、舌でカリを舐めまわしちゃいてます。おマンコも、メチャクチャ気持ち良さそう!淫乱ぶりたっぷりで生ハメしちゃい、よがりながら感じまくってます。こんな、かわいい子と夏の思い出が残せるなんて幸せです。浴衣姿にグッと来ちゃいます!!
動画:夏の想い出

「毎晩…、ですか?」
「情勢は日々変化する面倒がるな」
別に、面倒なわけでは…「では毎晩来い」
「…はい」
これから毎晩私の部屋を訪れるといい
自分と私の分の水をグラスに注いで戻ってきた。
彼は立ち上がると、隣室のテーブルに置いてあった水差しから、私は酒の方が好きなのだが、お前は酒は飲まないのだろう
と言って1つを私に差し出す。
流れた分を補充しろそして今度はベッドではなく、私が座っていた椅子に座った。
じっと見られるのが恥ずかしくて、私は視線を外してグラスに口を付けた。
冷たい水が喉を流れてゆくと、気持ちが少し落ち着く。
ただそれも、彼が話し始めるまでの短い間のことでしかなかったが。
国境では、「え?
未だ戦闘が続いている」
耳を疑う言葉
小競り合いだが「私がここにいるのに?
キニアスから仕掛けてきているのですか?」
それこそ、私の存在意義が問われることだ。
「王都…、いや、旧王都の神殿に問いただしたところ、連中はその部族を切ることに決めたようだ」
「切るって…」
「彼等はキニアスの民に非ず、よって、キニアスは戦闘を仕掛けていない。そういうことにしたいのだろう」
「そんな!どのようなところにいても、キニアスの者はキニアスの者です。所業が認められないからといって切るだなんて…!」
「だが彼等がキニアスの民であれば、私はキニアス全体を攻めなければならない。国と国との戦いになるからな。だが神殿の連中の言う通り、彼等が反乱分子でしかなければ、それは戦争ではなく紛争だ。戦いは国軍を出すまでもなく、国境の警備兵だけで済ませられる神殿の判断は正しい」
あら彼の言うことはわかる。
けれど、その者達も、私の民なのに。
「彼等は、お前をないがしろにしているわけではない。むしろ、ているよりもキニアスの巫女には重要性があるらしい」
巫女を奪い去ったことに対する報復だと思っているようだ。
どうやら、私が認識しアーティスは深いため息をついた。
「どうしてだ?」
問いただすような視線。
何故それほどまで、お前達は巫女に入れ込む?お前は自分をr力のない巫女と言った。扱いも、こう言っては何だが、聞いている限りお飾りとしか思えない。水を探せる、天候を読めるそれだけしかできないのに、お前は自分が国を背負っているような口を利く「それは…」
「教えてくれ。他者に漏らすなというのなら、私だけの心に収めよう。巫女にはどんな力があるというのだ?」
キニアスに於いて、巫女は特別だ巫女が王を選ぶから。
何故ならば、国は元のような豊かさを取り戻せる。
けれど、そして王が現れれば、民にとって、私は取るに足りない者かもしれない私が王を選べば、少しだけでも国が豊かになるのではないかと、夢を見ているのだ。
でもそれをアーティスに教えることはできなかった。

あや”巫女が王を選ぶと知ったら、王を選ぶことができないように巫女を殺めようとする者が現れるかもしれないから。
つなこんな私でも彼等の夢を繋ぐ存在なのだ。
「巫女だけが、神の声を聞くからですわ」
「こんな遠くにいても?」
場所は関係ありません。それは、神殿が一番お声の届く場所ではありますけど、
で、その神様は、この戦争を続けろと言っているのか?
「いいえ。おっしゃらないと思い手」
「神の声を聞くんだろう?どうしてr思いますなんだ?」
私の力が弱いので…
力が弱いのに、崇められるのか?
「巫女ですから」
神は語りかけるのです
eが矢継ぎ早の質問に、ありきたりな答えしかあげられない。
お前が戦争を止めろと言ったら民は聞くのか?
「聞く者と聞かない者が出るでしょう」
巫女なのに?
「…はい」
「埒があかないな。何ていい加減な存在なんだ」
「いい加減ではありません」
言い返すと、
この花が彼は私の左手を取った。
責めるように花の痣を見つめる
くだらない幻想の具現化幻想ではありません!
では何だ?この花があるから、人の死に涙し、25男に襲われて怯えるような娘が、国の責任を取らされるのだろうし彼は、怒っていた。
でもそれは私にではない。敵国に対してでもない。
私を追い込んだ、と思っているものに対してだ。
驚いたことに、この人は私を気遣っているのだ。憐れんでさえいるのかもしれない。
あわさげすつなその憐れみは、蔑みに繋がるものではなく、可哀想という優しい心と同じものなのだ。
「これが消えれば、お前は普通の娘に戻るのだろう。
他人のしでかしたことで、自分を他人にくれてやろうなどという気にはならないのだろう」
自分が、あんなに酷いことをしたというのに、それをさせた状況に怒っている。

ピストンディルド騎上位オナニー

全身性感帯のさなえちゃん。ディルドを口に含むと自然に涎が垂れるらしい。ディルドをべちょべちょにしながら舐め回し、パンツの上から股間に擦りつける。すると我慢が出来なくなったようにパンツを横にずらしおマンコを露わにする。ゆっくりと味わうように挿入し腰を動かし始める。腰を上下に振りながらも感じすぎてしまって痙攣を起こしてしまう。全裸になり乳を揉みながら腰を動かすが、すぐに逝ってしまう。内股をヒクヒクと痙攣させながら果ててしまう。そしてまた挿入。逝くと痙攣。体力が続く限り腰を振り続ける。
動画:ピストンディルド騎上位オナニー

「砂漠の大地など、興味はない。水が欲しいのならばr水をくれと頼めばいい。グレディアの属国となれば、ならば、私が施しをすることに異論を唱えるものはいないだろう。私の国ならば、私が豊かにしてやる」
平和の生活ができる私の国の一部平和を望むために自分のものにしようとしているのに、何故わからないのかと叫んでいる「それほど、プライドが大切か?砂と渇きに子供を死なせても」
ああ…。
この人は、戦争を望む暴君ではないのだ。
「プライドではありません。そこが神から賜った自分の国だからです」
「何もしてくれない神か?」
「神を裏切ったのは私達です。神の選んだ王を自らの手で殺めてしまったから」
たまわあや”このくらいは教えてもいいだろう。
「私達は、その過ちを正すために、キニアス人でいなければならないのです」
どうやって正す?
「それは、他国の人には教えられません」
あやま諦めたように、強く握っていた手が放される白い私の手には、彼の手の痕が赤く残っていた「強情だな。
お前も、キニアスも」
手を放した彼は、私の髪を取り、口付けた。
「何を…?」
敬意を表しただけだ。巫女が特別である意味はわからないが、「だからと言って髪に、口付けるなんて」
「顔が赤いぞ」
「泣いたからです…!」
それが事実であるなら、認めるしかないからな
まるで少年のように、彼は笑った。
「人形や生け贄でないのなら、今日の続きは歓迎する。今夜は部屋へ戻っていいぞ。明日また続きを話そう。神殿が今何をしているかも知りたいだろう?」
「今教えてはくれないのですか?」
私は明日も公務があるそろそろ眠らないとな。もっとも、お前の感触が手に残っていては、すぐには眠れないかもしれないがからかわれている前ほど厭味ではないけれど、私をからかって喜んでいるのだわ。
「部屋へ戻ります」
私はベッドから飛び降り、隣室の扉へ向かった。
ひもその手を捕らえて引き留めると、彼は黙って呼び鈴の紐を引いた。
二人で戻るな。
そんな格好で
すぐにドアをノックする音がする。
ここまで案内してきたあのメイドが来るのかと思ったが、現れたのはキーンだったこ。
彼女を離宮まで送れ。
「会談、ですか?」
明日からは毎晩会談だ。
暇ならお前も参加しろキーンは意外そうな顔をした。
「そうだ。話ができそうな女だった」
それは…、ようございました。それでは、
そうしろ。…アイリア-アディーにもそう伝え彼はまた私を呼んだ。
「お前が巫女であろうなかろうと、自分が血の通った人間であることを忘れるな」
それだけ言うと、アーティスは見送りもせず寝室へ消えた。
その言葉を、私が優しいと感じたことも知らずに。
ここへ来るまで、私は彼を好戦的で冷酷な専制君主だと思っていた。
キニアスと戦いをするのも、自分の領土を広げるためだと決めつけていたこの国へ来て、直接会っても、態度の不遜さと無礼さに、やはりそうだったのだという思いを強くした。

けれどそうではなかった。
砂漠の大地など、興味はない。水が欲しいのならばr水をくれと頼めばいい。グレディアの属国となれば、ならば、私が施しをすることに異論を唱えるものはいないだろう。私の国ならば、私が豊かにしてやる
平和の生活ができる私の国の一部彼の叫んだ言葉あれが彼の真意なのだ。
戦いを仕掛けてくるくらいなら、助けを求めて来い。自分の元へ来れば、国民を説得してでも手を貸してやるのに、大切な弟を殺されてもまだ、彼はそう言えるのだ。
怒りに任せて攻め入って当然なのに、彼はそれを抑えて条件付き和睦の道を探し、私を人質として求めた。
彼が私を弄んだのは、私がレイノスを殺害したことに関与していると思った憎しみからに違いない。
彼のしたことは酷いことだったけれど、命を奪わぬ報復だと思えばぬるい処置だ。
私が、キニアスを掌握していると、王女のような存在だと思っていたからの暴挙だったのかもしれない。
国の罪を、己が身体一つで補えというつもりだったのかも。
けれど私がそんなものではないとわかった途端、彼の態度は変わった。
レイノスの死に涙した私は、r知らされていない者でしかないとわかって、解放された。
次には言葉を交わそうとしてくれた。
私が己の力の無さを嘆くと、助言までしてくれた。
と。
私が飾りではなく、その立場に相応しい者でありたいと願うなら、他人のもってきてくれるものだけに甘んじることなく自ら探しに出て行け彼は、叔父上が倒れて、若くして王になったと聞くきっとあれは彼の経験だったのだ。
周囲は気を遣うつもりで、優しい言葉を投げかける。まだ若いから、い言葉を投げかける者の言葉にこそ耳を貸さねばならないのだ
女だからと。
だがそれに甘えたお前が悪い上に立つ者は、常に自分に厳しあの言葉は、彼自身に向けた言葉アーティスは、優しい言葉を投げかけるだけの者の中に溺れたりしなかったのだ。
厳しい言葉にも耳を貸すようにしてきたのだ。
知らせてくれるのを待つな。自ら調べに行け。人は悪意ではなく善意から、相手を阻害することもあるないよい仕事をする者が善人であるとも限らない。信頼は大切だろうが、疑うこともまた大切だ
よい人がよい行いをしてくれるとは限らそうやって、今の地位を固めたのだ。
君主としての心構えも覚悟もできている。誇りも持っている。
だから、私が自分が犠牲になってことを治めようとしたことに腹を立てたのだろう。
供物として自分を差し出して。
どこまでも人形だな。
己を捧げることが美学だと思っている
思い返すと、恥ずかしい。