夜バナナエクササイズ2本目

女性のみなさん必見です!大好きな彼氏の為に、フェラチオで小顔ダイエット!チンポも彼氏も喜びますよ!講師の舞浜朱里ちゃんみたいなスレンダーボディと美脚を手に入れろ!!まず、基本のおさらいからです。最初は亀頭をペロっと軽く舐めてあげ、ゆっくりと彼の方を上目遣いで見ながらジュパジュパと音を大きくしていき、ヨダレを垂らしながら、喉の奥深くまでチンコをぶち込みます!後は、3Pで濃厚生ハメで、体を動かしてエクササイズ!串刺しにハメられたり、騎乗位で腰を早く振るのも、いい感じ!でも一番美容にいいのは、タンパク質の塊をマンコに中出しお注射してもらうことかな!?男性は彼女と一緒にこの作品を見ながら調教してあげよう!独り身の人は、女の子にいいエクササイズがあるんだけど・・って教えてあげよう!みんなの検討を祈ってます(^^♪
動画:夜バナナエクササイズ2本目

他の誰にも向かうことはないだろう。たとえ王子様であっても、王であってもああ、せめて。これが今から進められる話だったら。
肖像画を描くと聞かされた時、遠くへ行かれるお姉様のためにその姿を残すためだと聞かされていなかったら、私も見合いのことを考えただろう貴族の娘が肖像画を描くとなれば、縁談に繋がるのは当然だから。
でも、あの時はお姉様のついでだと思っていた。
王との謁見にまで話が進んでいるとなれば断ることはできないだろう。
えっけん
自分のいるべき場所へ戻って、他の男を探せ。
きずもの傷物になろうと、欲しがる男はいくらでもいるだろう
ローグの言葉が胸を刺す。
あの言葉は呪いだ。
自分のいるべき場所へ戻って、他の男の人との縁談を進められた。でも私は王子の妻にはなれない。
あなたを愛しているから、他の男の人を受け入れられないというのもあるけれど、純潔ではなくなってしまった私を王家という名が許さないだろう。
ふしだらな女という烙印が押され、結婚前に他の男と通じたことを世に知られ、自分を傷物とは思わない。
軽率だったとも言いたくなかった。
愛しているのだから、彼に全てを捧げたことは絶対に後悔しない。
彼が何者であっても、彼自身を愛したのだから。
でも、どうすればいいのだろう。
迎えに来る者はいない。
逃げる先もない。
このまま父の命令に従って婚約をしたとしても、最悪の結果が待っているだけ。
絶望だけが私を包む。
お父様の名を汚してしまうに違いない。
「ああ…」
助けを求めることなどできなかった。
相談する相手もいない。
彼のことを誰かに話すなんて絶対にできない。
「どうしたらいいの…」
嘆くこともできず、ただ呆然と座り込むだけだった。
彼の名だけを口にしてやかた田舎の領地の館とも、夫人の館とも、領地の屋敷とも違う場所。
私の心を折り、悲しみに追い落とした場所。
華やかで人と物に溢れた王都に、私は再び戻ってくることとなった。
城壁の外には市民権のない者が住み着いているが、一度城壁の内側に入ればそれぞれの家の権威をかけた豪華な屋敷が立ち並ぶ石畳の街となる
ごうしゃその中でも王城に近い一角は貴族の家が建ち並び、更にその中でも目立つ豪奢な建物がクーペルージュ家の屋敷だった。
屋敷の中はどこもかしこも他人に見られていいように造られており、生活の場所ではない。
ここは人の目に晒されるという覚悟を決め、準備をする場所だった。
到着したその日から、特別に仕立てられたドレスに袖を通し、以前と同じようにパーティと観劇とサロンへ。

父は侯爵家の令嬢として立派であれという以上に、今回は未来の王妃であることが知れても、皆が納得するような女性であることを求めた。
それはとても難しいことだ。
けれど、本当に王妃になるかどうか別として、それを父が望むなら最後の日までその勤めを果たさなくてはならない。
いつか傷つけてしまうのならば、今だけでもいい娘でいたいから香水と化粧。
レースとタフタのリボン。
宝石と作られた笑顔でこの身を飾り、求められる姿を演じる私を悲しませた好奇心の目も悪し様な陰口も、もう気にはしていなかった。
私が恥じることをしていないという証しに、私は最高の貴婦人でなければならない。どんな時でも頭を上げ、真っすぐに前を見ていることが、かげちあかある意味私のローグへの愛の証しだった。
彼は私を酷く言ったけれど、あの言葉を真実とするようなことは何もしていないのだもの。
顔を上げていると、陰口も耳に届かなかった。
そして男性にも声をかけられることが多くなった。
「以前もお会いしましたね、クーペルージュ侯爵令嬢」
ノイマン伯爵でしたわね。覚えて手や「あの時はまだ子供のようでしたが、今は憂いを帯びた美しいレディだ。
後でダンスのお相手をお願いしてよろしいかな?
褒め言葉をもらっても喜びはなかった。
でもまだ子供ですから、父の許しを得ませんと」

制服美女倶楽部 Vol.6

みなさん来ましたょ!大人気作品!!制服美女倶楽部 Vol.6!!今回もめっちゃかわいい子を、いろいろなコスプレ姿で、たくさんイカしちゃいま~す!!マジでかわいいすっ!!こんなにかわいい子を拘束して、大量の電マでイカまくったり、お顔に、連続でザーメンぶっかけて、顔を汚されたり、犬プレイで強烈指マンをお見舞いし大量の潮吹きまで、もう何でもあり、とにかく内容の濃い作品です!!
動画:制服美女倶楽部 Vol.6

踊ることも楽しいとは思えず、父の監視が厳しいことはありがたかった。
けれどそれも王城へ足を踏み入れるまでのことだ。
私の評判が十分に上がったと見ると、終に父は私に言った。
「明日は王城でパーティだ。
長く王都を離れていた王妃様が戻られた祝いの宴となる。
その時、ご挨拶するふりをしてお前と王子を会わせるからな」
私にとって死刑宣告に等しい命令。
緊張することはない。まだご挨拶程度だ。私と挨拶に行き、「…はい」
「噂では王子はハンサムだそうだから、期待するといい」
「…はい」
ダンスを1曲踊る。
それだけでいい
逃げ出したかった。
今すぐドレスを脱ぎ捨てて、ローグのように夜の闇に溶け込んでしまいたかった。
「頼むぞ、エレノア」
けれど私が少しも喜んでいないことに気づかず私の手を取り、「…頑張り手」
頭を下げる父の前ではそれもできなかった。
ほほえ抜け殻のまま微笑むことしかできなかった。
王城で開かれる王家主催のパーティとあって、貴族達のほとんどが参加するため、嫁いでいたお姉様達も挨拶に顔を出した。
お父様がお姉様達に私の話をしてしまったので、お姉様達は朝から私を着飾ることに夢中になっていた。
「エレノアの金の髪は大きく膨らませた方がいいわ」
「いいえ、巻髪にしましょう」
頭飾りはダチョウの羽なんかどう?
人形のように、私は彼女達の言いなりで、自分が自分でないものに作り上げられている気がした。
「ドレスは?」
せいそ「清楚なものがいいわ。
そうね、パールピンクにしましょう」
「リボンは濃いピンクね」
「靴は踊りやすいものにするのよ、王子の足を踏んではいけないから」
心の中で、私はお姉様達に百万遍謝り続けた。
ごめんなさい、お姉様達の期待にそうことはできない。
ごめんなさい、私の失態はお姉様達を傷つけるでしょう。
ごめんなさい、こんなに心を砕いてもらっても、私にはカケラも喜びが湧かなくて。
ねた「あなたはとても美しいのよ。
だから妬まれることが多かっただけなの。
でももうしっかりしたようだし、何の不安もないわね」
私からその不安を取り除いてくれた人がいたの。
強くあれと教えてくれた人がそのことをお話できなくてごめんなさい。

彼が、解いた方が好きだと言った髪を高く結い上げ、高い宝飾品に身を包み、高位貴族の娘として仕立て上げられる淡いパールピンクと幾重ものレース。少しだけ大人のように肩を覗かせた鏡の中の私は、人形のようだった。
結局、あの人の前ではこんなふうに装ったことはなかったわね。
もしこの姿を見せたら、少しは綺麗だと言ってもらえたかしら。
きらびやかな装束の中、袖口のレースの間に、私はあの小さなブローチをつけた。
彼が私にくれた最初で最後の贈り物だった。翠色のガラス玉のブローチを。
馬車を連ねて王城へ向かい、光溢れる世界へ足を踏み入れる私をエスコートしてくれたのは、すぐ上の兄だった。兄はまだ未婚で、エスコートの決まった相手がいなかったので。
「王子と踊るまで、お前は他の男の手を取ってはいけないよ」
ドレスを摘まんでしずしずと階段を上る。
来客を告げるファンファーレの中、「大丈夫踊りたくはないから」
優しい兄は、私の歩調に合わせてゆっくりと歩いてくれた「国王一家が会場にお姿を現すのは、宴が進んでからだ。それまで私と踊るか?」
「いいえ。お兄様だって誘いたい方がいらっしゃるんじゃなくて?私は別室で休むわ」

Model Collection select…103 グラビア

おっかないくらい美人の宮間葵ちゃんが一本道より無修正デビュー!サーフィンが趣味の均整のとれた綺麗なカラダで抱え甲斐がありそうです。我慢できなくてインタビューに答えてる間にも後ろからオッパイを揉んでみたら顔つきが変わってきました。必死に耐えてる様子ですけど、ちょいちょいビクっとしますね。マヨラーらしくてなんでもカケちゃうらしいですから、のちほどいっぱいぶっかけてあげます。たぶんMだという話ですが、あなたはドMです。まだ服を着てるのに足をひろげられただけでもう顔がおかしいです。オナニーも恥ずかしがってたけど、たいして指を動かさなくても感じちゃってます。見られてるだけで興奮するんでしょ。敏感すぎてすぐイっちゃうからクスコで中開いて観察してみよう。粘膜を採取されるのにそんなに感じるか?測位のラストスパートから一人目が中出しするところをマンコ接写でとらえたら昇天マンコが蠢くようすがよく解りました。さらに順番に綺麗なお顔にぶっかけると軽く溺れかけてます。それでもまたイくし。どんだけーぇ。
動画:Model Collection select…103 グラビア

では個室を用意させることにしよう。メイドはいるかい?
こ。
うたげ私は首を横に振った。
二人がいいわ
逃げ出したい。
でも逃げられない。
どうすればいいのか、今もってわからない。
王様にも王子様にも会いたくない。
いっそここで倒れてしまいたかったが、病弱な娘を宛てがおうとしたのかと父が責められるのでは大理石の床の大広間に入ると、まずは挨拶しなければならない貴族の方々の間を兄と共に回った。
と思うとそれもできない。
姉の結婚を知っていて、私達にも祝いの言葉をくれた。
中には「次はあなたね」と言ってくださる方もいた。
ドレスを召した女性達の中に、アイリス夫人を探したけれど、それが一層私を心細くさせた。
もっと末席にいるのか、見つけることができなかった。
エレノア、おいで。部屋を借りたからそこで休むといい。
「ありがとう、お兄様」
陛下がおいでになる前に、私が迎えに行くから
既に楽隊が音楽を奏で、歓談を始めている人々の群れから連れ出され、奥の部屋へ向かうえいし廊下にはところどころ警備の衛士が立っていて、このドレスで逃げ出すのは無理だと、私の最後の逃げ道も塞いだ。
「もう行ってここでおとなしくしてるから」
兄を帰し、部屋の扉を閉めると、ここには会場の音楽も届かなくなった。
一人だ私はたった一人。
誰も私の側にはいない。
悲しくて、涙が零れそうになり、慌ててハンカチを目に当てた。
泣いてはいけない。
泣いて、化粧崩れした顔で人前に出ることは許されないのだから。
私は窓辺へ向かい、窓を開くとバルコニーへ出た「…不思議ね。
ここの方が音楽がよく聞こえるわ」
微かにワルツが聞こえる。
その時、目の前の樹から黒い獣が飛び移ってきた。
きゃっ!
咄嗟に身を引いてそれを避ける
「すまなかった。
ここに人がいるとは…」
運命を信じたい。
神にすがりたい。
ここで彼に会えたことが、

「…お前か」
私にとって最後のチャンスだと思いたかった。
変わらぬ冷たい声。
では謝る必要はなかったな
あなた、どうしてこんなところへ…
どうして?
部屋の中へ引き入れた。
私はハッとして彼の腕を取ると、「早く入って誰かに見られるわ」
「放せ。俺に触れるな」
つか彼は私の手を払いのけたけれど、もう一度掴んで無理やり引きずりこんだ。
「私が嫌いならそれでもいい。でも私はあなたに死んで欲しくないの。だからお願い」
「死ぬ?誰が?」
泥棒は犯罪よ。王城に忍び込むなんて、見つかったら絶対に死罪だわ
けわ彼はr見つかるという言葉に自尊心を傷つけられたと思ったのか、険しい顔になった。
「…見違えるように着飾ったな。そうしているとちゃんと侯爵の娘に見える」
私が侯爵の娘だと知っていたの?
「知らないと思ったのか?」
「そう…」
ああ、そうだったのかそれで全て納得がいった。
彼は、私の素性を知ったから、あんなふうに別れたのだわ。
彼が憎むべき貴族の中でも、特別家柄のいい甘やかされた娘だと知ったから。
すじようあなたにとっては裏切りだったのね…騙すつもりはなかったの...。
その通りだでもそうね、やっぱり。
でも信じて。あなたを愛していることだけは真実よ。でなければあなたを求めたりしなかった「俺が何者か知って、計画したんだろう」
「計画したことなど一つもないわ。私はずっとあなたに翻弄されっぱなしだった。最初に部屋へ飛び込んできたのはあなたよ」
それを言うと、彼は口をへの字に曲げた。
「それはそうだな」
私は目の前にいる彼をじっと見つめた。
彼が私の手を離した理由がわかった今、元通りになることはまた遠のいてしまった。
私が侯爵家の娘であることは、どうやったって変えられやしないのだから。
「…あなた、その衣装がとても似合うわ」
彼はいつもと同じく、黒いシャツと黒いズボンに身を包んでいた。
違うのは、シャツには細かく黒いビーズが縫い取られていることと、黒いズボンには銀糸のラインが入っていることだこ。
これでマントを羽織れば、誰も彼を泥棒だなんて思わないだろう。
立派な騎士だと、衛兵すら頭を下げるに違いない。
「私が玄関まで送るから、どうかここから帰って」
俺に帰れだと?
「手ぶらで帰れないのなら、私が今身につけている宝石を全部差し上げます」
宝石?
…それはこの会場に溢れているものに比べれば少しでしょうけど、捕まるよりずっとマシでしょう?
はずっと厳しいのあふ今日は国王陛下がおいでになるから、警備腕を組み、彼は値踏みするように私を見下ろした。