多彩なGカップ妻~潮吹き女王誕生~ 後編

この動画を除いた君はエライ!!何故なら、Gカップ美女妻でメチャエロのメチャカワのSS級女優、大塚咲の『多彩なGカップ妻~潮吹き女王誕生~』の後編だからです。しかも、咲ちゃんのアナル結合部が丸見えのアナルファックで2穴中出しまで決めちゃいます!!咲ちゃんはマンコを弄られると、すぐ足をガクガクさせて腰をくねらせて、快感に身を委ねるのですが、アナルでも同様に感じまくりです。ローターや指をアナルに入れるたびに激しく、くねらせるのですがアナルとマンコに同時にチンポを入れたら?さらにケツ穴とマンコザーメンを注いだらどうなる?これは、見逃せない!
動画:多彩なGカップ妻~潮吹き女王誕生~ 後編

母を敬愛はしていたけれど、離れて育ったせいで、夫人を母のようにも思えた。
濃密なものになった。
ひたぁしゃべ「社交界に戻られたら、またどこかでお会いできるわね」
王都へ戻られるのですか?
「ええ。だからきっと、びっくりするわ。偶然お会いできたら」
そんな日はもう来ないのだけれど、
楽しみにいたしますそれを言うわけにはいかない。
うそ嘘ではないけれど、実現できないことを口にするのは辛かった。
そうして一週間ほども過ごした夜、彼は再び私の窓辺に立った。
だがそれは、私が望んでいたものとは全く違う再会だった。
みやげししゅうその夜。夫人への別れの土産として懸命に刺していた刺繍が出来上がり、お茶を頼んで部屋でくつろいでいると、窓の方から物音が聞こえた。
何度も空耳で彼の出現を期待し、裏切られていたにもかかわらず、私は紅茶のカップを置くと窓辺へ向かった。
ばかね、彼ならすぐに入ってくるはずじゃない。
そう思ってはいても、もしかして誰かが窓に掛け金をかけてしまって、彼が入れないのかもしれないと心配だったから。
開けたままのカーテンに近づき、窓の前に立つ。
するとそこには、黒い人影があった。
身体中に喜びが溢れ、胸が高鳴るああ、来てくれたのだわ、この人はちゃんと私を迎えに来てくれた。
けれど、掛け金はかかっていないのに、彼はそこに立ったまま動こうとしなかった。
私は自分で窓を開け、彼を迎え入れた。
ガラス窓の向こう、ただ突っ立ったままだ。
「どうしたの?
さ、入って今は誰もいないわ」
だが彼は、今までで一番冷たい瞳で私を見下ろした。
「まんまと騙されるところだった」
低い、怒りに満ちた声。
「俺に抱かれて満足か?
だが一度だけのことだ。
遊びででもできることだ」
別れを惜しみ、

「な…にを…?」
愛しそうな微笑みを向けてくれた時とは全く違う顔つか彼の手は私の腕を掴んだ。
「痛!」
折れてしまうのではないかと思うほどの痛み。
どんな手でも使う貴族の娘らしいやり方だったな怒っている?
こうかつ「何が泥棒はやめてだ、何が王になれる人だ。
お前の狡猾さには反吐が出る」
鋭いトゲのような言葉が、全身に突き刺さる。
ひど「酷い!」
酷い?何がだ?
「どうしてあなたが怒っているのか、私にはわからないわ」
「わかりきったことだ。俺はお前などいらない」
その言葉に、息が止まりそうだった。
彼は何を言っているの?
本気で私を拒んでいるの?
「私を」
涙が溢れる「二度と顔も見たくない」
彼が遠い。
「迎えに…」
冗談だと笑って欲しい。
意地悪で言ってるだけなら許すから、それが本心だと思わせないで。
自分のいるべき場所へ戻って、「私はあなたを,.」
他の男を探せ。
傷物になろうと、欲しがる男はいくらでもいるだろう
愛しているのよ、と言う前に、突き飛ばされた。
「あ」
冗談やイタズラではない強い力に、床へ倒れ込むそれでも彼は手を差し出してもくれなかった。
「二度とお前には触れない。
どこで会っても」
さげす謝罪や心配の言葉を口にもせず、
早々にここからも立ち去れそれどころか蔑む視線で私を見ていた。
痕になっている。
掴まれた腕は赤く、「待って…」
それが見えているはずなのに、何も言ってくれない。
本気で、言ってるのかもしれない。
本気なのだ。
彼はもう私を求めてはいない。必要ともしていない。
最低の女だ身体が動かない。
全身が軋みを上げる何故?
どうして?
私を求めてくれたのではなかったの?
筋を通して迎えに来ると言ってくれたじゃない。
私の全てを受け取って、もう用済みになったというの?
きし床に這いつくばる私を置いて、彼が鳥のようにバルコニーから樹へ飛び移る。
別れの言葉はなかった。
再会の約束もない。
振り向くこともせず、引き留める言葉にも耳を貸さず、彼は夜の闇へと溶け込んだ。
「何故…」
私を喜ばせておいてから突き落とすなんて。
こんなに酷い仕打ちをするのなら、「何故っ!」
どうして最初からそうしてくれなかったの?
ほんの一週間だ。
たった1週間の時間を空けただけで、彼の態度は変わってしまった。
それが最初からの予定だったのか、突然何かが起こったのかも、私にはわからなかった。
彼を愛していた。

私の家で

たくさんの人に惜しまれながら、引退した淫乱変態女優の永久保存作品のご紹介!!引退をしても今尚人気が止まない宮沢ケイトの初裏デビュー作。まずは、プールサイドでの究極のフェラ抜きから。こんな顔でフェラされたらたまりません!見てるだけでかなり興奮しちゃいます!継いで恋人との生中出しSEXへ移ります。このときの本番前の濃厚フェラが最高です!そしてやさしく舐め回してくれるケイトちゃんがついに「入れたい…。」との一言! はいもう我慢の限界です!正常位→騎乗位→バックからの中出し!!中出し後はお決まりのお掃除フェラ!もう言う事ありませんね。さあみなさんも好きなだけ抜いちゃって下さい!
動画:私の家で

だから全て委ねたのだ。
彼はそれを喜び、それまで見せてくれなかった笑顔で私を包んでくれた。
激しい情熱で一つになり、迎えに来ると微笑んでくれた。
なのにどうして?
何が悪かったの?
全身を切りつけられたように、その場から一歩も動くことができず、這うようにしてバルコニーまで行き、手摺りから下を覗いた。
明かりのない庭に彼の姿を見つけることはできず、風のざわめきの中に彼の気配を感じることもできなかった。
泣いて泣いて涙が涸れるほど泣いてもまだ泣き続けている間に、夜が明けてしまった。
着替えを…
それでも立ち上がれたのは、こんな姿を夫人に見られたら、優しい彼女に心配をかけるからという気持ち一つだった。
どうすればいいのかわからない。
彼を追う術がないのは何度も不安に思ったことだ。
でもそれが現実になってしまった。
しかも、何とか着替えて朝食の席に着くと、また一つ私の心を打ち砕くものが待っていた。
すべ「…突然でごめんなさい、エレノア。
主人からの使いがあって、私はすぐに夫の下へ戻らなくてはならなくなったの」
癒しの場所だったここからも立ち去らなくてはならないのだわ。
「それは、喜ばしいことですわ」
彼が放ったトゲのような言葉通りに。
ここしかないの。
彼との繋がりはこの館しかないの。
どうか私をここに置いてください。
心ではそう叫んだが、口には出来なかった。
私は彼女が夫を愛していることを知っている。

早く健康になって、夫の下へ戻りたいと言っていた願いを聞いている。
愛する者と離される苦しみは、今、痛いほど感じている。
なのに夫の下へ戻らず、ここに私といてくれとは言えない。
主のいなくなった場所に、私だけでも滞在させてくれとは言えない。
そうね。ありがとう。せっかくあなたをお呼びしたのに、「またこちらへいらっしゃることは…」
「残念だけど、ない方がいいわね」
短い時間しか過ごせなくてとても残念だわ
ほほえ微笑む彼女は少女のようだった。
あふ愛する者の下へ戻れる、その喜びに溢れて。
「きっと王都でお会いするわ」
「そうですわね」
今度はその返事は嘘ではないだろう。
王都ではゆっくりとした時間は取れないかもしれないけれど、「私もです」
あなたとは一緒に過ごしたいわ
全身に、小さな針が埋め込まれたように、何をしても痛みが走る責め苦に負けず微笑もうとすると、涙が零れそうになる「私達、あちらでもいいお友達になれるわ」
ありがとうございます何もかも取り上げられてしまう。
こぼお手に入れたと思った喜びが、全て指の間から零れ落ちてゆく。
ゆったりとした時間も、母のように優しい夫人も何よりも全てを捨てて一緒に行きたいと望んだ愛しい人も二度と私の下へは戻ってこないのだ。
しゅったつ「ご出立は何時?」
忙しないけれど、明日にしようと思うの。
「はい」
今日はその準備があるからお互い別々ね
この声が届くのなら、誰か助けて。
悲しみだけでおかしくなってしまいそう。
愛し合ったと信じたあの時間まで、時を巻き戻して止めてしまいたかった。
でも現実は「お別れするのは本当に残念だわ」
全てのものとの別離しか残されていなかった…。
抜け殻だった。
何も考えられず、何も出来ずただ、こうしなければならないことを淡々と行うだけの人形に成り果てた。
旅装を整え、夫人と別れて馬車に乗り、自宅へ運ばれている間も、頭の中は空っぽだった。
悲しいのに、それを感じる心もない。
涙ももう零れることはなかった。
思い出すのはただ彼のことばかり。
初めて現れた時の不遜な態度魅力的で、聡明で、獣のようにしなやかで情熱的で…。
人形を愛でるように触れられたことも、愛を確かめるように抱かれたことも全て覚えている。
そして忘れてしまいたいのに、私を蔑み、突き飛ばした冷たい顔も.泥棒だとわかっても、捨てられたとわかっても、愛することが止められない。
もしかしたら、彼に追っ手がかかって、私に累が及ばないように別れを切り出したのかとも思ったが、こぼふそんそうめいそんな都合のいい考えは成立しないこともわかっていた。
あの怒りは本当のものだった。
では私の何が彼をそんなに怒らせたの?
何もしなかったのに。
ただ彼を待っていただけだったのに。
考えても答えの出ないことを考えて、やっと屋敷に帰り着いたのはもう辺りが真っ暗になってからだった。
夜は嫌い。
もう会えない人を思い出してしまう。
早く明るい部屋へ入って、泥のように眠ってしまいたい。
ところが、そこでも運命は私に苛酷だった。
馬車から降りた私に、こんな時間だというのにベアトリクスお姉様が駆け寄ってきた。
「エレノア!」
今は見るのが辛い幸福な笑顔「ただ今」
けれど微笑んで応える。だってこの苦しみはお姉様には関係のないことだもの。
「ああ、長旅で疲れたのね。とても疲れた顔をしてるわ」
「ええ,そうなの…。早く休みたくて」
召し使いが荷物を下ろすのを待たずに、肩を並べて屋敷に入る。
でもそんな疲れも吹き飛ぶようないいお話があるのよ

制服大好き!!vol26

こんな制服着せてエッチしたいなと思っている願望を満たしてくれてます。単にマニアの趣味ですがお楽しみくださいね。
動画:制服大好き!!vol26

「いいお話?」
「そうよ。すぐにお父様のところへ行きなさい。あなたが戻るのを心待ちにしてらしたわ」
夫人のところから戻るのは昨日決まったばかりなのに?
でも今夜はもう遅いわ。お父様もお休みになってるんじゃないかしら?
「大丈夫よ。戻ったらすぐに部屋へ来るようにっておっしゃってたもの」
姉は、不思議なほど昂揚していた。
私がいると喜びにくいでしょうから、私はここで戻るわ。
でも信じて頂戴。
私は自分の結婚に満足しているから、あなたのことは心から祝福して「私のこと?」
何を言ってるのだろう。
「さ、行きなさい」
それ以上の質問はさせず、お姉様は私の背を押した。
疲れた空っぽの頭でお父様に会うのは気が引けるが、待ってらっしゃるのなら会わないわけにはいかない。
ほうっとため息をつくと、私は肩にあったショールを取ってお父様の部屋へ向かった。
「お父様、エレノアです。
ただ今戻りました」
と父の声が返った。
扉をノックすると、「失礼いたします」
すぐに中から「お入り」
ドアを開けて中に入ると、父は奥の椅子に腰掛け、パイプをくゆらせていた。
「遅くなって申し訳ございません。お話があると知らなかったので」
「いや、いい。向こうは楽しかったか?」
その言葉に胸が締め付けられる「ええ」
「そうか、そうか。夫人とは仲良くなれたのだろう?」
「はい」
「うむ」
お父様もとてもご機嫌だった。
その理由は、すぐに知れた。
お前の婚約が整いそうなのだ
実はな、エレノア。
「…え?」
思わず持っていたショールを取り落としそうになった。
「それは、どういう…」
先日、お前の肖像画を描かせただろう。あれは見合い用だったのだ
そんな…。でもまだ私には早いことですわ。お姉様の婚約が整ったばかりですし。順番から言っても…
もちろん、結婚式はベアトリクスが先だ。それに、お前の婚約はまだ八分目だしな「八分目?」
「そこへ座りなさい。ちゃんと話をしてあげよう」
「…はい」
かたわ目眩を感じながら、私は傍らの椅子に腰を下ろした。
婚約?
私が?
ローグと別れたばかりなのに、他の男の人を受け入れろというの?
「実はな、王は以前から秘密裏に王子の結婚相手を探していたのだ。私としては歳から考えてベアトリクスを推そうかと思っていたのだが、あの子は子爵を望んだ。少し残念だが、娘の幸せを無視するわけにはいかん」
「…お優しい考えでしたわ」
お前達を愛しているからな。そこで、お前を推してみようかと思ったのだ。正直、お前はまだ幼いところもあるけれど年頃としては結婚を考えてもいい歳だ。そこで、お前の絵を送ったのだ
指先が冷たくなってゆく。
すると王はいたくお気に入りでな目眩がして、身体を起こしているだけで相当な努力が必要だった。

「近々王子も病気療養から戻られるその時に顔合わせをして、気に入られれば婚約を発表しようということになったのだ」
お父様の声が遠くなる。
「とはいえ、王は乗り気だし、王子がお前を気に入らないなどということはないだろうから、実質婚約は成立だろう」
嫌な汗が背を伝ってゆくのがわかった。
「どうした?驚いて声も出ないか?」
私には、まだ結婚は早いのでは…「心配するな。結婚までは時間も取れるだろう」
「でも」
「不安に思うのはわかるが、これは決定だ。すぐに王都の屋敷へ移り準備に入るお前も帰ったばかりで疲れているだろうが、用意しなさい。
スなどは皆向こうで買い揃えるから荷造りはいらん」
「はい」
「…本当に疲れているようだな。今夜はゆっくりと休みなさい。明日になればきっと喜びが溢れてくるだろう。何せ未来の王妃だ」
「失礼いたします」
ドレそろ上機嫌なお父様に挨拶して退室すると、私はついに我慢できず、ふらついて壁に身体を寄りかからせた。
そのまま壁に手をつきふらふらしながら何とか自室へ戻るけれど後ろ手に扉を閉めた途端、その場にへたり込んでしまった。
何ということだろう…。
もしもこのお話が彼と出会う前だったら、彼に恋をする前ならば、きっとお父様やお姉様のように手放しで喜んだだろう。
名誉なことだと。
侯爵家の娘として果たすには最高の勤めだと。
けれどもう私の心はローグのものだった。