19歳の本音

ウヒョォォォォォ!美味しそうな91cmGカップでペロペロしたい、爆乳ロリの芽衣奈ちゃん!ディルドーでマンコを貪りオナニーしてると、男たちが背後から現れ、ザーメンを爆乳めがけ発射!それでもまだまだザーメンを欲しがるエッチな19歳の芽衣奈ちゃんは、自慢の爆乳でパイズリをして男をまた一人イかせて満足気。後半は、芽衣奈ちゃんが責められる。バイブ攻め、電摩攻めで何度も昇天した後は男優のチンポを喉奥まで突っ込んでのディープスロート!最後は生ハメ中出しセックスでイキまくりでフィニッシュです。最近の10代って、エロいんだね!是非、おじさんのもしゃぶってくれない!?
動画:19歳の本音

その場所に触れられると、痺れは全身に広がった。
いつもそう。
彼の指は、そこが濡れていることを確認するように周囲を彷徨い、先にある小さな突起を弄んで私を追い詰めるのだ。
でも今日はそれも違った。
しびさまよ身体の奥、濡れる泉の真ん中に、指が入り込む中を求められたのは初めてだった。
指はぐちゅぐちゅと恥ずかしい音を立てながら、「や」
中を探った。
今日は抱き着いてもいいと言われていたから、堪らなくなった私は、初めて感じる彼の肉体張りのある肌。
自分のものとは全く違う、硬い筋肉でできた身体。
彼の肩に手を置いた。
「なぜ、そんな…」
今日はここを使うからな、「中へ入れるの?」
「そうだ」
たっぷり濡らしてやらないと…
それはr交わるということでしょう?
交わるのは結ばれるべき相手でないといけないのでしょう?
「お前のココが、俺を待ち望んでる濡れるのはその証拠だ」
言いながら、また中を弄られるから返事が出来なかった。
敏感な場所をあちこち触られて、身体はもうどこもかしこも溶けてしまいそうだった。
彼は指を引き抜き、自分の前を開いた。
「俺も、もう我慢ができない」
現れる彼の肉塊。
大きくて、それが自分の中に入るとは思えなかった。
「いや…」
怯えて私は足を閉じようとしたが、真ん中に彼が座っているからできない。
「もう少し、時間をかけるべきか?お前が何もわからなくなるほどに」
「ローグ、待って…っ!」
足が取られ、「いやっ!」
大きく開かされる恥ずかしくて声を上げたが、彼は聞き入れてくれなかった。
あらわそのまま足を抱え上げるようにされると、裾が捲れ上がる。
今まで、触れられはしても見られたことのない場所が露になる見ないで…
恥ずかしくて、恥ずかしくて、自分では直視できなかった。
手で顔を覆い、自分で自分の視界を遮ったが、そうするべきではなかった。
何故なら、そのせいでその後彼がしようとすることを止めることができなくなってしまったから。

「ひっ」
指ではない。
もっと柔らかくて、もっと濡れたものが、私の一番敏感な場所に触れる「ローグ…っ!」
彼の黒い髪が私の下半身に埋まっていた。
慌てて手を外してそこを見ると、
あ2じくじくとした痺れ指の先まで感覚が支配される。

先の、小さな場所を彼が舐めているとわかると、とくりと内側から何かが溢れてくる感覚だけではない、実際にそこからは彼を求めるものが溢れていた。
あふ「や…、だめ…」
捕まってもいいといったくせに、彼の身体は遠く、しがみつくものがない。
シーツを掻き毟ってみても、その疼きが止まらない。
かむしうず
ん…っ、は…あ2頭が真っ白になって、快感だけしかわからない。
「…もういいか」
やっと彼がそこから離れてくれた時には、俺を待ってるな
もう半分泣きそうだった。
ヒクついて、こんな時にも意地悪な笑い。
そして彼は身体を進めた。
「あ」
濡れた場所に何かが当たる「怖い…っ」
「怖がればいい」
当たったものが、中へ入り込むくわすぐには奥まで入ることができないでいると、手が入口を広げ、先を咥えさせた。
「…ひっ!」
色っぽくも何ともない声が上がる。
それでも彼は私を求めた。
あ、ああ…私も手を伸ばし、近づいてくる彼の身体を求めた。
身体には届かなくて、私の腰を支えようとする彼の腕を掴む精一杯力を入れて掴んだつもりだったけれど、力が入らなくて震えてしまう。
「あ…ん…っ」
痛みと共に、それは深く中に差し込まれた。
お姉様が、一つになると言った言葉の意味が、今わかった。
彼が私の中にあり、私が彼を包む。繋がって、一つになって、彼が少し動くだけでもその動きが私の全身に伝わる一人の男と、一人の女。別々の人間であるはずなのに、同じ動きを共有するつな「だめ…、もう…」
自分でも、彼を捕らえた場所がヒクヒクと動くのがわかった。
ローグの手は私の足をしっかりと掴み、さらに奥へ進ませようとするこんなにも身体の奥まで誰かを迎えることができるなんて、知らなかった。
擦り合う場所には何度も痛みが走ったけれど、それ以上に突き上げられると快感が走る。
呼吸は苦しく、唇を閉じることさえできない。
潤む視界の向こうには、だんだんと近づいてくる彼の顔険しく、冷酷で、それでいてどこか微笑んでいるようにも見えるその顔が、愛しくてたまらなかった。
うる「エレノア」
彼は私の名を呼ぶと、また突き上げた。
「あ…!」
もう離れられないほど深く繋がったから、「ああ…っ」
彼の手は私の足を放して胸に触れた。
ただ触れられるよりも繋がったまま触られる方が快感が強い。

ふしだらの虜 Vol.7

キリリとした、お顔の美脚スレンダー女優、長瀬あずさちゃんの登場です!!しかも、かなりのふしだらさぁ。生唾もの!最初から、男のチンコを超いやらしくしゃぶります。そして、痴女プリ全開で男優の身体に吸いつきまくり、自分もバイブで大量の潮吹きをしちゃいます。本当にエロ過ぎな、あずさちゃん。お次は、女王様になりきり、奴隷プレイを堪能し連続で中出しされてしまいます。ますます、ふしだらになって行く、今後のあずさちゃんから、目が離せません!!
動画:ふしだらの虜 Vol.7

揉まれ、転がされ、摘ままれ、柔らかい肉が彼の手で弄ばれるその度に快感が走り、快感が私を緊張させ、緊張が彼を締め付ける怖かった。
この波に呑まれてしまうことが
「だめ…」
やっと手が届くほど近づいた彼の身体に腕を回す。
「おかしくなる」
「なればいい」
「..。いや」
我慢など一つもするな。淫らに俺を求めろ。気持ちがいいと「そんなこと…」
「待ってたんだろう?ココがきゅうきゅう俺を締め付けてる」
「そんなこと、言わないで…」
みだ感じると、声に出して言え
でもそれは事実だった。
「もっと締めろ。
もっと呑み込め。
俺の全てを」
彼は私の肩に唇を押し当てた。
軽い痛みが走る自分では見えないが、これはあの時と同じ。私がここを離れる前に、彼の印なのだ。
私が彼のものだからつけられる印なのだと理解した。
彼が私の足にこっそり残した赤い痕をつけた時と。
「ん…」
唇はその後私の唇に重なり、舌を絡ませながら口を犯した。
その間も突き上げてくる腰からは、卑猥な音が聞こえる。
羞恥と痛みと快感と愛しさで、何もわからなかった。
自分からも彼を求めて身体が動いていたことも気づいていなかった。
ひわ「ん…」
何度も押し寄せる快感の波狂おしく私を追い詰めるその波の向こうから、捕まっていないと落ちてしまいそうで。
眩しい光のようにその瞬間が訪れると、私は彼の肌に爪を立てた。
「あぁっ!」
むなその努力も虚しく、突き抜けるような快感に声を上げる身体は主である私の制御を離れ、痙攣した。

次の瞬間、内側にスープを零したようなぬるりとしたものが注がれるけいれんeがローグの顔が一瞬だけ歪み、ふっと緩んだ。その表情が、切なく愛しかった。
それが、私の覚えている最後だった。
そのまま、脱力感に揺蕩い、意識が遠のいてしまったから…。
たゆたいつもことが終わればローグはすぐに帰っていた。
横たわる私を置いて、服を整え、窓から姿を消していた。
けれど今夜は違っていた。
手放した意識を取り戻し目を開けると、傍らには彼の姿があった。
服こそ整えていたが、持ってきた椅子に腰をおろし、私の髪を撫でていた。
かたわ
目が覚めたかまつげ睫毛についた涙の名残を指で拭い、「暫く、俺はここには来ない」
「どこへ!」
額のキスをくれた。
しばら再びベッドに倒れこんでしまう。
身体を起こそうとすると、彼と繋がった場所に鈍い痛みが走り、「無理をするな。初めてでは身体が辛いだろう」
「…あなたは何でも知っているのね。…悔しいわ」
「嫉妬か?」
彼は優しく微笑った。
「安心しろ。二度と来ないわけじゃない」
「本当?」
「ああ。お前を迎えにくる準備をしてくる」
「…私を?」
「そうだ」
泥棒をやめてくれるの?
彼はまた笑った。
「そうだな。もう泥棒はやめよう」
その言葉は何よりも私を喜ばせた。
「ああ、よかった…。そうよ、あなたに泥棒なんて似合わない。
あなたは王にだってなれる人だもの」
褒めたつもりだったのに、「俺が王に?」
彼は少し顔をしかめた。
いけない。彼は貴族が嫌いなんだもの、その最高位である王族が好きなわけがないのだわ。
「王が嫌なら、店の主人でもいいわ。…ちょっと愛想が悪いけれど、頭はいいもの」
俺に店屋をやれと?
「働かなくてはならないでしょう?」
「そうだな。まあ、それはおいおい考えるさ。まずは通すべき筋を通してくる」
泥棒を簡単にやめることはできるの?
「安心しろ。お前は何も考えず、ただここで待っていればいい。俺が迎えに来るまで」
「迎えにきてくれるの?」
「ああ」
優しい微笑み。
「待ちます。誰に呼ばれても、あなたが来るまでここを離れません」
な髪を撫でてくれていた手を握ると、彼は強く握り返してくれた。
約束の指輪も持っていなくてすまんな

ヒメコレ vol.63 高級ソープへようこそ

92センチGカップ、爆乳の黒ギャル・モカちゃんが初無修正で一本道に初登場!黒い肌に白いドレスをまとい、丁寧にお辞儀をしながら迎えてくれる高級ソープ嬢モカちゃん。まず最初のご奉仕はフェラチオ。舌と唇を上手に使って丁寧に丁寧にチンコを舐め上げ、美味しそうに頬張るとあっという間に発射してしまうお客様。しかもそのお客様の白いザーメンまでもごっくんしてしまうなんて、モカちゃんサービス精神多すぎますよ。その後はお風呂場へ移動して、自慢のGカップ巨乳と程よく引き締まったチョコレートボディ全身を使って、白い泡と一緒にカプチーノ秘儀を披露してくれました。でもお楽しみはこれからです。隣のベッドでモカちゃんのチョコマンをたっぷり食べれるデザートコース付き!さっきはモカちゃんにたっぷり奉仕してもらったので、そのお返しにモカちゃんを気持ちよくさせてあげましょう。ローターやバイブを使ってマンコを刺激すると、ビクビクとその黒アワビを震わせて快感に陥るモカちゃん。69でお互いを気持ちよくした後は、ビチョビチョ具合も万端な美マンに思いっきり反りたった硬棒をねじ込みましょう。騎乗位、立ちバック、背面側位、正常位…モカマンコがあまりに美味しすぎていろいろな角度で責めまくるお客様は相当ご満足頂けたご様子です。さーて、次は貴方の番ですよ。またのご来店をお待ちしております。
動画:ヒメコレ vol.63 高級ソープへようこそ

「いいえ。あなたのくれたブローチがあるもの」
「ガラス玉だ」
「それで十分よ。何かを得るためにまた罪を犯して欲しくないの」
では、罪を犯さずに渡せるものを持ってこよう
「それなら…」
ローグは慈しむようなキスをくれた。
それからゆっくりと私の手を解き、もう一度髪を撫でると立ち上がった。
すぐに背を向けず、一度にっこりと微笑んで。
その微笑みが、私を幸福で満たした。
彼と、心が通じた。私の恋が実った。
私は彼に愛されたという喜びに。
そうして、彼は私の前から去って行った。
「すぐに戻る」
そう約束を残して。
翌日、私は全身がだるくて起き上がることができなかった。
乱れたベッドには血の痕が残り、それが純潔が失われた証拠だとわかると恥ずかしさが顔を熱くさせた。
こんなもの、メイドに見られては大変重い身体を引きずるようにしてベッドから下り、生まれて初めて自分でシーツを洗った。
今日は奥様と遠乗りに行く約束をしている。でもこの身体では馬に乗るどころか出掛けることも難しいだろう。
どうしようかと悩んでいると、メイドがやってきて、今日は奥様の都合が悪くなったので遠乗りが中止になったと知らされた。
私も…、まだ体調が戻らないので、ではお食事もお部屋で?
「ええ、お願い」
今日は部屋で休んでいいかしら?
神の采配とでも言いたいほどの幸運だ。
お陰で一日ゆっくりと部屋で休むことができた。
朝食を部屋へ運んでもらったことで、「ベッドに紅茶を零してしまって…」と、シーツを洗った言い訳もできた。
心の半分は叶った恋に躍っていた。
ローグは泥棒をやめてくれる彼が私を迎えに来てくれる私達は愛し合っている。
その喜びで、踊りだしたい気分だった。
けれど残りの半分は、鉛よりも重く私を苦しめた。
彼と行くということは、両親を裏切るということだ。
格下の子爵との結婚は許しても泥棒との結婚など許してはくれないだろう。となれば、私は家を出なければならない。
両親を、兄や姉を、親しい友人達を、全て捨てて行かなければならない。
それに、この館から姿を消せば奥様にも迷惑がかかるだろう。
その点については、ローグに相談しなければ。

両親を悲しませても、自分の地位や立場を捨てても私はあの人と行きたい。
一生この苦しみを抱えて生きていかなければならないとしても、後悔はしない。
でも自分達のこれからのことは、真剣に考えなければ。
翌日になると、夫人は遠乗りの延期ではなく中止を口にした。
おどやかた「ごめんなさいね。もうそろそろ夫の下へ戻らなくてはならないから無理はしてはいけないと言われてしまって」
「ご主人のところへ戻られるのですか?」
「ええ」
では私は…ここを出てしまってはローグと連絡を取ることができない私は慌てた。
「大丈夫よ。
それはもう少し先のことだから、暫くはゆっくり遊びましょう」
そうは言ってもらえたけれど、彼の戻りを待つ気持ちは強まった。
彼が迎えに来たら、奥様と一緒に過ごせるのは、今回だけとなるだろう。そうなると、早く彼に来て欲しいのと、ゆっくり夫人と過ごしたいのと、気持ちは板挟みだった。
それは夫人も一緒だったようだ。
時間が早く過ぎてしまうのも辛い。
「早く夫の下へ戻りたいけれど、エレノアと一緒にもいたいし、辛いところだわ」
そんなわけで、お互いがお互いに親愛の情を抱き、別れを見つめながら過ごす日々は、一緒に食事を取り、衣装を選び、ピアノを弾き、本を読む。
時に他愛のないお喋りに熱中し、食事の時間を遅らせることもあった。