執事愛撫喫茶 PART 1

今大人気の執事カフェに、癒しをもとめて巨乳女優の大槻ひびきちゃんが琥珀ちゃんと一緒にやって来た!!イケメン達にキュンキュントキメキ食事を楽しんだ二人はリラックスタイム!マッサージかリフレクソロジーのどちらかを選ぶ二人。足つぼマッサージのリフレクソロジーを選んだ琥珀ちゃん!イケメン執事が徹底的にご奉仕します!最初は、優しく足裏マッサージで、デトックスするために丁寧に足の指まで舐めて、クンニをしたらでるでる、大量の老廃物が!出るものだして、スッキリしたい琥珀ちゃんはもっと気持ち良くなりたいので、SEXをしちゃいます!流石、流行りの執事喫茶!エロい女にも優しく生で中出しまでしてあげるんですね!
動画:執事愛撫喫茶 PART 1

戦わなくてよかった。
こんな国と戦うことになったら、人々は戦いで命を落とすだけでなく、飢餓にも襲われただろう。相手も同じだから、なんてことは通用しない。
彼等が満腹で兵装を調える前で、空腹で砂の中を進むことになる。
国力の差に打ちひしがれている私に更に追い打ちをかけたのは、巨大な城だった。
天に聳える尖塔を抱いた石造りの大きな建物いいえ、建物と呼ぶには大きすぎる。まるで一つの街を石で築いたかと思うほどの大きさの城は、せんとうたとえキニアスの勇士達がここまでたどり着いても中へ入ることはできないだろう。
私の驚きを乗せたまま城内に滑り込んだ馬車は、「どうぞ、お降りください」
巨大な門の前で止まった。
揃いの制服を着た兵士がずらりと並び、私を迎えた。
彼等の目には一様に好奇の色が浮かんでいる。
その視線に負けぬよう、私は顔を上げ、ゆっくりと進んだ白い衣を重ねて着込み、一番上にはあの豪華な刺繍の丈の長い上着を纏っているこの姿は、キニアスでは最高の装いだった。
けれど、ここでは違うのだ。
だから彼等は私をもの珍しげに見るのだそして何より、この黒髪。
居並ぶ者の中に真っ黒な髪の者は一人もいない。
私は、ここでは異質なのだ。
高いアーチ型の天井を持つ回廊、柱には細かな細工、床に敷き詰められた絨毯。たわわな花があちこちに飾られ、装備を調えた衛士が並ぶ。
豊かさを誇示されている気分だそんな中を案内の者に導かれ最奥へ向かうと、巨大な扉が待っていた。
扉の左右に控えていた者が把手を取って大きく開くと、中には美しい部屋が待っていた。
広い部屋、赤い絨毯、きらきらと輝くシャンデリア、壁には美しい絵画や彫刻が飾られ、正面には一段高くなった場所に金で飾られた玉座。

そこに、男が一人座っていた。
金色の豪華な髪、目尻の上がったきつい青の瞳。真っすぐに上がった眉は意志の強さを表し、通った鼻梁が精悍さを示している。
真っ黒な服に身を包み、長い足を片方玉座の手摺りに掛けるように行儀悪く腰掛けている姿もみっともないというより尊大に見えた。
誰に訊かなくてもわかる。
彼が噂の王なのだと。
扉は私だけを呑み込み背後で閉じられた。
私と王と二人きりではないようだ。一段下りた場所に、側近らしいおとなしそうな男が一人、控えている。
えいしびりょうせいかんてすうわさ「キニアスの巫女殿か」
彼は上座から私を見た。
ぶしつけ不躾な、ジロジロとこちらを吟味するような視線だ。
正式な謁見は王の間で行われた。
納得したな?
これは私に向けた言葉だろうか?
「…ええ、確かに」
ではこれで礼儀は通した。キーン、着替えさせて来い。話し合いは私室で行う
「お待ちください。着替えとは…」
「この城でそんな格好は許されない。髪も結い直せ」
「アーティス殿。これはキニアスの正式な衣装で…」
「東の果てでどう言われようが、我が国ではそんなもの、ちょっと豪華なだけのガウンだ。
姿に着替えてこい。でなければ、寝間着で王の前に現れた無礼な蛮族の女にすぎんぞ」
「失礼な!」
「ここはグレディアだ、失礼なのはお前だ。連れて行け」
「アーティス殿」
私と対等に話をしたいなら、この国で淑女と認められる文句を言おうと一歩前へ出ると、彼はひらりと玉座から飛び降り、そのまま部屋を出て行ってしまった。
残ったのは、キーンと呼ばれた明るい茶の髪の男性だけだ。
ディリア様、どうぞこちらへ
私は着替えません。こちらのお国の服など持ち合わせておりませんから
私共でご用意させていただきました
これが私の正装です
存じております。大変美しい刺繡で。キニアスではなるべく多くの色と細かな模様を服に刺繍するのが高級品の証しだそうですね。ですが、その形が、私共の国では夜着の上に羽織るガウンに似ているのです。もしあなたなら「これは正装だと下着1枚で現れた使者を、正式な方だと扱いますか?」
屁理屈だわ
ししゅうあかよぎの通った話です。あなたはこの国では目立ちます。その黒髪と美しさのせいで。この国で問題を起こさずにいるためには、うにしていただきたい。容姿を変えるのは無理でしょうから、せめてご衣装だけでも馴染んでいただきたいのです
なるべく目立たぬよこの男は頭がいいそして口が上手い。
こういう言い方をされて断れば、うま自分が目立ちたいと言っているようだし、この国を侮辱しているとも取られかねない。

アナルに興味しんしん

最近の女性はみんな、そうなのでしょうか?そんな、疑問を浮かべてしまいそうな作品、その名も、アナルに興味しんしん!!かおりさんまずはお目覚めていきなりオナニーしちゃいます。お盛んですねぇ(笑)お次は、チンコを手コキでシコシコ、おっぱいでムニュムニュ、精子をおっぱいで受け止める。さらに、フェラチオで舌の上にどぴゅ~!!そして、初めてのアナルプレイ、アナルを舐めたり舐められたり、大忙し!ガンガンアナルを突かれた後、中出しされちゃいます。初めてのアナルプレイの感想は・・・?
動画:アナルに興味しんしん

「サイズが合わなければ着ませんよ」
「もちろんでございま等。どうぞこちらへ」
キーンは王が出て行ったのとは別の扉へ私を招いた。
供の者は…?
「彼等には別室で控えていただき手」
着替えを手伝わせたいのだけれど「それは私共の侍女がいたします。あなたの国の方には、お帰りいただく予定ですので」
帰す?どういうことです?
「お着替えいただいた後、陛下との私的な謁見がございますので、詳しいことはどうぞその時にお尋ねください」
いんぎ慇懃な態度ではあるが、それ以上の質問を受け付けないという態度だった。
仕方がない。
私はここのr客ではない。
私は人質なのだ。
彼に付いて、先ほど通ってきた時とは違う細い廊下を進むと、一人の婦人が立っていた。
この国の、腰のところが細くなったドレスを着ている「グリザリング夫人、アイリア様です。後はよろしくお願いいたし手」
「かしこまりました。どうぞ巫女様。巫女様がこの国に滞在中は私がお世話をすることになりました。
ぞアディーとお呼びください」
アドレイデ·グリザリングと申します。
どう私より、随分と歳が上のようだけれど、落ち着いて、穏やかな、美しい女性だ。
「ありがとうござい手。お世話になります。私のことはアイリアで結構ですわ」
キニアスを出た私は、巫女ではないのだから。
ではアイリア様、どうぞ
ドアを開ける度、見たことのない空間へ通される今度の部屋はこぢんまりとしていて、頭に白いレースの帽子を被り、紺色の服に白いエプロンをつけた侍女達が控えていた。
「それでは、お召し物をお脱ぎくださいませ」
「上着だけ?」
「いいえ、全て、です」
「全て?」
「さようでございす。御髪の簪も、刺繡の上着も、その下の白いドレスも、下着もでございます」
「下着も?」

「キニアスの下着はズボンのようなものだそうで。グレディアのドレスには似合いませんので、こちらのものにお着替えいただき手」
おぐしかんざし彼女はそう言って、侍女が捧げ持つレースのあしらわれた薄手のズボンを示した。
「布地が薄すぎるわ」
この上に更にシュミーズを重ねます。どうぞご安心を。ドレスのお色は黒髪に映えますから緑がよろしいでしょう。
「はい」
お前達、お支度を
三人いた侍女達はいっせいに私に襲いかかった。
丁寧にではあるけれど、有無を言わさず服を剥ぎ取る「砂漠のお育ちだとお聞きしましたが、肌が白くてようございました。きっとドレスがお似合いになりますわ。私のところにおります侍女が、そちらのお国の出なんですのよ。肌はアイリア様より浅黒いですが、頭もよくて、とてもよく働いてくれて、気に入っておりますの。ですから私にはキニアスに対する偏見はございません。けれどもこの国の婦人達の殆どはキニアスがどのような国なのか知りません。アイリア様がいらっしゃると聞いて、どんな山猿が…、失礼、どんな娘が来るのかと思っていることでしょう」
ほとんは返事をしてやりたかったが、服を剥がれ、髪をいじられ、また新しいドレスを着せられている身では口を利くゆとりもなかった。
「あなた様が、キニアスの代表です。あなたがこの国の貴婦人よりも貴婦人らしく振る舞えば、キニアスは知性のある国だと思われるでしょう。ですが、この国のことを何も知らなければ、野蛮な種族と見なされます。ですから、これから少しずつで構いませんので、私共のマナーを覚えてくださいませ」
ひもレースのたっぷりと付いたシャツ、その上から薄いドレス型の下着。
これには紐が付いていて、腰の辺りをきゅっと締め薄いズボンを穿くと、付けられた。
さらに上半身の身体のラインが出る、彼女達と同じドレス。
胸元が大きく開いていて恥ずかしいほどだ。
その開いた胸元を隠すかのように、豪華な宝石のネックレス。
「高価な品だわ」
らいひん「来賓には最高の待遇をするのが礼儀です」
「私は客ではないわ。人質でしょう?」
戦争が起きない限り、お客様ですグリザリング夫人はにっこりと微笑んだ。
「奥様、巫女様の御髪はいかがいたしましょう?今からでは巻くのが間に合いませんわ」
「そうね…。真っすぐなのが美しいから、前に1房ずつ残して後ろは軽くまとめましょう。
レスに合わせて翡翠に」

新入社員歓迎会乱交 前編

寒い中、OLのコスプレで参加してもらった梨央ちゃん(22)、理恵ちゃん(21)、沙織ちゃん(19)、せりなちゃん(21)。レッツランコー!で始まった今回の企画。まずは宴会場で乾杯、さっそく脱いでもらって賞金付きのゲーム開催です。内容はリンボーダンス。もしもくぐれなかったら脱いでもらってフェラをしてもらいます!なかなかオマンコが見えた状態でリンボーダンスは難しいらしく失敗者続出!フェラテクのみでイカセてもらいます。なかなかみんな上手で、口内射精でフィニート!女の子4人乱交本番後半は、5月10日に配信予定です!
動画:新入社員歓迎会乱交 前編

「かしこまりました」
おぐしボリュームを出すために両耳の後ろに髪飾りを。
色はドひす椅子に座らされ、髪をいじられている間にも、夫人は言葉を続けた。
ディリア様には、本日から離宮にお住まいいただきます。召し使いは全て我が国の者になります。
ご安心を
もちろん厳選された者ばかりですから、どうぞ
「私の連れは?」
「無事送り届けたことを報告するために、お戻りいただく予定です」
一人も残さず?
「はい」
「どうして?」
陛下のお決めになったことです。それに、報告の使者はお国の方のほうが信用していただけるのでは?
それでも、+人もいるのだもの、かかと半分は残してくれてもいいのに。
小さくて踵の高い靴をはかされると、侍女達は私から離れた。
奥様、仕上がりました夫人が吟味するように私を眺める。
ここでは私はいつも吟味されるのね。
「結構。
お美しゅうございす。
では参りましょう」
もうどうとでもなれだわ。
夫人に手を取られ、高い靴に少しふらつきながら部屋を出る今度はどこへ連れて行かれるのだろう。
慣れない服と靴に転ばないようにするのが精一杯で、長い廊下をどうやって歩いたのかもわからず奥へ進む衛士の立つ扉を二つくぐって、ようやく到着したのは、銀の飾りのある白い扉の前だった。
私はここまででございます。

「ここで私に何をしろと?」
「お話です。終わりましたら、どうぞ中へお入りください。
陛下がお待ちです」
私が離宮へご案内いたしますのでそれなら無体なことはされないだろう。
私に代わって夫人がノックすると、内側から「入れ」
と声がする「どうぞ、お入りください」
促されて、私は扉を開けた。
ああ、ここも美しい。
私の神殿も美しかったが、それとは別の美しさだ。
神殿は荘厳さを引き出すために造られた建物だが、ここは優美さと華麗さが際立っている。
ただ、そこにいる男は優美や華麗などという言葉からは縁遠そうだが。…存在感があることだけは認めよう。
黄金の髪と漆黒の衣服ソファに横たわるように身体を置く姿は、まるで休んでいる肉食獣のようだ。
そうごんそれとまあ…、威厳も少し。
ほう、上手く化けたな。
部屋に入った私を見るなり、「私を人前に出すつもりですか?
それなら人前に出しても恥ずかしくない」
彼はそう言った。
きょうみしんしん
皆興味津々だからな。
座れ彼は自分が腰を下ろしているソファの前の椅子を示した。
ほんの数歩の距離だ。けれど私には遠かった。ここまで歩く間に、ゆっくりと、転ばぬように進む私を見て、彼は口の端で笑った。
靴が擦れて少し痛みを感じていたし、まだ足元がおぼつかなかったので。
「生まれたての馬のような足取りだな」
「…靴に慣れておりませんので」
ようやく椅子までたどり着き、腰を下ろす。
「慣れろ」
「私はグレディアに染まるつもりはありません」
染まれれば褒めてやるさ。だが、無理だろうな。
「踊る必要がありません」
この国の礼儀はお前達の国よりも複雑だ。
ダンス一つ踊れやしないだろう
失礼な男。
失礼な男。
私を怒らせようとでもいうのかしら
お前は戦争を回避するためにここへ来た、わかっているな?
「当然です。でなければこんなところへ参りません」
ではその足りなさそうな頭に説明をしてやろう。どうしてお前が我が国に染まらなければならないか足りなさそうな頭ですって?
巫女になるには最高の教育を受けなければならず、私はそれをこなしてきたというのに。
アーティスは身体を起こした。
「お前を客人として扱ってやる我が国は心が広いからな。だが離宮から勝手に外へ出ることは許さん、逃げ出されては困る」
「逃げ出したりはいたしません」
「いいだろう。離宮での暮らしは不自由のないものにしてやる。この国がいかに素晴らしいかを伝えるのがお前の役目だ。